プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こんな事を改めて書いてしまうと、結構古くからこのブログをご覧になって頂けた皆様からは
「え・・?」とか「え・・そうだったの・・?」と思われてしまうのかもしれないのですけど、
実はこのブログの管理人が絶対的に得意にしているジャンルというか、
「これだけは絶対に他人には負けない!」とか
「このジャンルを語らせたら語るネタはほぼ無限大」というジャンルは、実はなのですけど、
プリキュアでも東方Projectでもなく、実は「吹奏楽」でもなくて、
「クラシック音楽」なのです!!

このブログは、とにかく語るネタがストライクゾーンが狭いと言うのか、語れるネタが限られていて、
基本的には、吹奏楽・プリキュア・東方・ユーフォ・ガルパン・浦和の調ちゃん・デート・ア・ライブぐらいなのだと
思います。

このFC2でも、とにかく数多くの素敵なクラシック音楽語りのブログが一杯ありますし、
別に音楽自体の正規教育は全く受けていない私が、あくまで私自身の趣味の一環としてクラシック音楽を
語るのも果たしてそこにニーズはあるもんなのかなぁ・・と感じておりますので、
特にこのブログにおいては、専門的に深く「クラシック音楽」の事はそんなには語っておりませんし、
それは今後においてもこの方針は変える事はないと思います。

あくまで私がクラシック音楽の事を語る時って、これまでの過去記事の経緯をご覧頂ければわかる通り、
「吹奏楽」とセットする形で今後も時々ですけど
語らさせて頂きたいと思います。



響け!



私の場合、吹奏楽コンクールにおける原曲の「クラシック音楽」を吹奏楽用に「アレンジ」されたものを聴いて
その「原曲」を改めて聴くきっかけになった事が非常に多いのですよね。
勿論「吹奏楽」そのものも大好きなのですけど、
「クラシック音楽」という「深い森の中」に誘い込まれるきっかけを作った吹奏楽コンクールが
好きなのも、その辺りに原因があるのかもしれません。

そして特に多大な影響を与えてくれたのが、このブログでは既に何度もこの偉大なお名前を出してしまいますが、
秋田県の花輪高校吹奏楽部と当時の指揮者の小林先生だと思います。

このブログでも既に何度も何度も何度も繰り返し書いているのですけど、
私が「クラシック音楽の深い森の中」に迷い込むきっかけを作ってくれたのが
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番第四楽章の
圧倒的名演に心の底から感銘を受けたという事実なのですけど、
これ以外でも例えば・・・

ハチャトゥーリアンの交響曲第2番・同/第3番「シンフォニーポエム」
プロコフィエフの交響曲第3番
ベルクの三つの管弦楽曲
シチェドリンの交響曲第2番
ブリス/バレエ音楽「チェックメイト」
ラフマニノフ/交響曲第1番などは、全て花輪高校の吹奏楽コンクールの演奏がきっかけとなって
「花輪の演奏素晴らしいな・・・ではその原曲はどういう感じなんだろう・・」と色々と興味を持っていったのが
まさに始まりでしたし、それを起点にして・・・
「それ以外にこの作曲家はどんな曲を残しているのかな・・」
「この時代、他にはどんな作曲家がいたのかな・・」と
クラシック音楽の入り込む「きっかけ」を私に作ってくれたのが、この花輪高校吹奏楽部なのだと
今でも思っていますし、
それゆえ私は永遠に・・・
「花輪高校吹奏楽部よ、永遠なれ!!」といつでも感じていますし、そして心より遠き埼玉の地よりエールを
送り続けたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3330-3ad73623
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |