プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この一つ後の記事が「病院に行かないで市販薬だけで早期の風邪治癒に効果があるお薬」の記事なのですけど、
その記事の私なりの結論といたしましては、こういう場合の市販薬は「ルルアタックEX」ではないのかという事を
書かせて頂きました。
今回の高熱と悪寒と関節の痛みの症状には、本当に効果があったよなぁ・・よかった、今回はとりあえずは
病院にいかずに済んだ・・とあの時は感じたものです。
風邪を引いた時って、何が嫌かと言うと、私の場合は咳と高熱ですね。
私の場合、風邪がひどい症状になると高熱を発する傾向があるようでして、風邪薬は風邪薬として
高熱の解熱に特化した市販薬の解熱剤をついつい求めたくなってしまう事もあります。
先日は、ルルアタックEXがかなり効いたため、解熱剤のお世話になる事は無かったのですけど、
今年の2月の風邪の際は、あの時は風邪の症状と言うよりは「高熱」の方が辛かったですね。
あの時は、病院で処方されたお薬で相当良くなったのですけど、
病院に行く前に「病院に行かないで、まずはこの38度を超えた高熱に速攻で効果がある市販薬はなんだろう・・」と
思ったものですけど、
そうですね・・これに関しては、私のこれまでの経験では、バファリンやイブも確かに一定の効能はあるものの
「即効性」と「必ず効果がある!」という事に関していうと
「ロキソニンS」ではないのかな・・・?と思っています。



ロキ



病院で風邪を引いたとか高熱とか言うと、結構な確率で「ロキソニン」を処方されることがありますけど、
このロキソニンを普通の薬局・ドラッグストアで購入できる市販薬として販売されたのが「ロキソニンS」との事です。

このロキソニンの効能として、メーカーの案内として

1.「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、
 すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。
2 . 胃への負担が少ないプロドラッグ製です。
3 .眠くなる成分を含みません。
4 .1回1錠でよく効きます。
5 .飲みやすいピンクの小型錠です。

以上のように書かれていますが、即効性・高い解熱効果は、私が実証済です!

解熱剤そのものは、病気そのものを治すではないため、高熱でない限り使わない方が良いと
誤解されがちですけど、解熱剤は本来、熱を一時的に下げて治療をサポートするものですので、
38度を超えるようなひどい高熱は、むしろ積極的にこうしたお薬を使用した方がいいんじゃないのかな・・?と
思います。

あ、そうそう・・この「ロキソニンS」は、日常雑貨と同じ感覚でドラッグストアでは買えないですよ!
ドラッグストアで処方箋なしで誰でも買える一般薬は、リスクが高い順に1類から3類に分類されます。
ロキソニンやガスター10などは1類に分類されており、
この1類に分類されるものは、薬剤師さんによる対面販売が義務化されています。

一つ後の記事でもその素敵なお名前を出してしまってはいるのですけど、
そうした場合、是非是非幻想郷の素敵な薬師様・・じゃない・・外界の素敵な薬剤師様の五月雨日記の管理人様の
風月時雨さんが、色々と素敵なアドバイスを頂きお薬を処方して頂けとしたら
とてつもなくハッピーになれそうで、それだけで速攻で風邪とか高熱なんかは吹っ飛んでいきそうな気がしますね! (笑・・)




えーりん



八意



外界の市販薬も勿論素晴らしいと思いますけど、幻想郷の永琳様が調合される「解熱剤」も
即効で効きそうですね!
外界の市販薬で時に「副作用」という思わぬマイナスもあったりするのですけど、
永琳様の調合されるお薬は、そうした化学物質としての副作用も少なく、なんとなくですけど
安心して飲むことができるような素敵なお薬みたいな感じもありそうですし、
そんな永琳様が調合されるお薬でしたら、私も是非是非飲ませて頂きたいものです! (笑)

永琳様は、幻想郷内では大変貴重な凄腕薬師として活躍をされていて、現在は弟子のうどんげちゃんを
使って(こき使って・・?)
幻想郷内の各家庭における「置き薬」配備の営業展開もされていますし、場合によって「女医」みたいな役割も担って
往診とか急患患者が永遠亭に運び込まれた際の治療なんかもされているようです。
時には手術なんかもされているみたいですけど、あれを見てしまうと単なる「薬師様」の領域をとっくに超越し、
本当に幻想郷内では、絶対にいなくてはいけない存在になっていると思います。

またまたこの素敵なお名前を出してしまいますが、
実はなのですけど、前述の風月時雨さんが東方キャラで一番好きというのか尊敬されているキャラと言うのは
この永琳様なのです!
風月時雨さんは過去記事の中でも
「彼女は…優しく芯が強く、
そして「薬師」としての才能を尊敬しているキャラクターです。」
と書かれていますが、本当に風月時雨さんの「永琳様・愛」が伝わってきますね!

永琳様は、私の脳内妄想では「臨床データ確保」とか「新薬開発」のために
幻想郷内における置き薬配備という事をやっていると解釈しているのですけど、
それでしたら、こんな私の「ポンコツデータ」で良ければ、是非是非この身を永琳様の人体実験として使用して頂き、
永琳様の臨床データとして活用して頂けばとっても嬉しいですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3329-cf5cf186
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |