プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回のお話ですけど、来月からはいよいよ最終決戦という事で、物語の「核心」に相当部分触れていたと思います。
ドキドキなんかそのあたりの核心部分が、年内一杯はずっと持ちこされていて、
年内最後の放送が「トランプ王国の核心の秘密に触れる」という大変おいしいところで終わってしまい、
「え―ー、このモヤモヤの状態で二週間近く待つのかよ・・!」と感じていたものですが、
今作の「魔法つかい」はストーリーとか設定が比較的単純でわかり易いという事で、12月の第一週で
こうした核心部分に触れていて、
ま・・予想通りの展開ではあるのですけど、
魔法界とナシマホウ界は実は元は一つであったとか
はーちゃんの正体はもしかして・・・? ラパーパの生まれ変わりかまたはラパーパの身内なのかもとか
魔法つかいプリキュアの主要呪文でもある「キュアップ・ラパパ」とは、その語源は生命の母・マザー・ラパーパなのか・・?とか
こうした重要な話が12月の初めの段階で示唆されていたのは、
むしろ歴代プリキュアとしては異例と言えるのかもしれないですね。
興味深いな・・と感じたのは、魔法界の文字がローマ字っぽく見える感じがあり、リコちゃんパパも
「ナシマホウ界に魔法界と同じ文字が存在していた」と報告している場面は、まさにこの二つの世界は
元は一つの世界である事が示唆されていたと思います。
確かに・・・なんとなく雰囲気的にですけどあのナシマホウ界の文字はギリギリ解読できそう・・みたいな感じもありそうですね。

今作の女王様・・妖精の里の女王様でしたけど、チクルン並みのちびっこさんでした! (笑)

チクルンが恐れている御方で、オルーバが「おまえがサボっている事を女王にチクるぞ!」と言っただけで
チクルンをヒビらせてオルーバの配下になってしまうほどでしたから、
前回の段階では「もしかして・・・おっかない女王なのか・・?」とも思ってはいましたが、よかったです!
優しくて気配りができる素敵な女王様でした!
ま・・だけど・・・「愛のムチ」だけは忘れない御方で、チクルンに対する制裁の「愛のチクチク」は見ていて楽しかったです!

歴代でとてつもないビッグサイズの女王様というと、初代とスマイルの女王でしたね!
というかあのお二方は、女王陛下というよりはむしろ「大仏さん」みたいな巨大サイズの方でしたね!
対照的に魔法つかいと同様にとてつもない女王というか王女様というと、SSのフィーリア王女がいましたね!
今回のチクルン並みのちびっこい女王様は、SS以来という事になるのかもしれないですね。
(ま・・・プリキュア5GoGoのババロア女王とかクレープ王女なんかは、ココ・ナッツ並の大きさでしたけどね・・)
それと・・・
フレッシュの国王と皇后は、なぜか関西弁というのが胡散臭かったけど面白い設定ではありました・・(笑)
あと見過ごされがちですけど、スイートのメフィストは、実は婿養子でもありました・・・
(ま・・だから奥様兼女王のアフロディテ様に全く頭が上がらない御方でもあり、これに輪を掛けて
先代国王でもあり同時にメフィストにとっては舅に相当する音吉さんという存在もいましたから、
メフィストにとってはメイジャーランドというのは案外針のムシロ状態だったのかも・・・・??)
ドキドキの国王は、なんか見方によってはジョー岡田による「王国の民主化」という名のある意味クーデターによって
王位を追われてしまった気の毒な御方・・という解釈もあるんじゃないのかな・・・?
ハピネスのヒメルダは・・・うーーん、このポンコツ姫が小国とはいえ一国の「王女」であったとは未だに
信じられない話なのかもしれないですね・・・・(笑・・)

そうそう妖精の里の現役女王様は3000歳!
そしてなんと! 先々代の女王もまだご健在という事が判明していましたけど、
確かにレジェンド女王の視点から見てしまうと、現役女王なんて「まだまだひよっこね・・」という感じなのかも
しれないですね。
どちらにしても妖精の里の女王様たちは、東方Projectでいう所の、八坂神奈子とか八雲紫様並のご長寿が
ありそうな感じはしますね。
ま・・・東方の場合、たとえ1000歳でも3000歳でも、はたまた永琳様のように何億歳(?)であっても
そのご容姿は「まるで美少女みたい・・」という雰囲気がありますので、いかにもおばあちゃんみたいな容姿のレジェンド女王とは
えらい違いがありそうですね・・・(笑・・)

レジェンド女王の長寿の秘訣は校長先生同様、薬膳茶でしたけど、この他に「花粉で出来たカステラ」というのが
ありましたが、あれって・・・花粉症の方にはつらい食べ物なのかも・・・??







399c9c4c-s_convert_20161205180117.jpg



今週のチクルンは・・・デコピンされただけでふっとばされてしまうほどの弱さでしたけど、

「おいらがバカなせいで、女王さまにすげぇ心配かけちまった。
 もうこれ以上女王さまを悲しませたくねぇんだ。だからやめてくれ!」というセリフはなかなか泣けるものがありましたし、
チクルンとしてのかっこよさがありましたね!
さすが歴代プリキュアの改心キャラは違いますね・・・(笑)

だけどチクルンは、当面は妖精の里で暮らすようですので、今までのようにみらいたちとの接点が減ってしまうのは
とっても残念です・・・(泣・・)

お前ら寂しいだろうからよ、またおいらが遊びに行ってやるよ!

今度はちゃんと女王さまにお許しをもらってからね! (笑)

あたぼうよ!

うーーむ、チクルンは「うめえ! うめすぎる」のあのセリフから「実は埼玉県民なのか・・」と思った事も
ありましたけど(苦笑・・)
あの「あたぼうよ!」なーんてセリフを聞くと、
「お前は江戸っ子かっ!」となんかツッコミを入れたくもなってしまいます・・・(笑)
なんか「あたぼうよっ」とか「べらんめえ!」みたいな言葉が似合いそうなのは、東方で言うと小野塚小町なのかな・・??




9eced67b-s_convert_20161205180051.jpg



はーちゃんは、マザー・ラパーパそのものなのか、果たしてその生まれ変わりなのか、はたまたその子供なのか・・

うーーん、この辺りは最終決戦までいかないと分からないかもしれないですけど、
確かにはーちゃんのこれまでの印象から考えると、「はーちゃん=実は妖精の里の女王」みたいに感じの方が
説得力があるのかもですね。

ラスト近くのレジェンド女王のセリフも大変意味深でしたね。

あの時、マザー・ラパーパは仰られた。

「いつか必ず世界は再び結ばれる。そう魔法をかけた」と・・・・

そうですね・・やはり魔法界とナシマホウ界は二つで一つ・・というか元は一つの世界という事で、
最終決戦後は、この二つの素敵な交流が示唆されてエンディング・・という流れになりそうな感じもありますね。



eed6fe80-s_convert_20161205180211.jpg



最後に・・・

女王の

「チクルン!今までどこをほっつき歩いていたのです!!」

「悪い子には愛のチクチクです!」

これはとっても楽しかったですね!!

そうですね・・これは「愛のムチ」という名の「ご褒美」なのかもしれないですね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

妖精の里と魔法つかい

まずスコルバではなくスパルダです。
魔法界とナシマホウカイがもとはひとつだったという点、「ファイナルファンタジーV」の世界を思い出しました。そして女王の“愛のチクチク”で、愛のムチのほかひとつ思い出したものがあります。「Dr.スランプ」に登場した栗頭先生の「愛の頭突き」です。
妖精の里の妖精達は皆蜂やほかの昆虫がモチーフ…なおが妖精の里を訪れたら大変なことでしょうか。
魔法つかいプリキュアも残りわずかとなりましたが、チクルンは最終回までに再ぴ登場してくれると考えています。

Re: 妖精の里と魔法つかい

鎌倉快速 様


そういえば栗頭先生というキャラもいましたね・・
随分と懐かしい感じがしました。
チクルンの仲間にもカブトムシもいましたけど、確かになおちゃんなら失神間違いないですね。

チクルンは素敵なキャラですので、是非再登場して欲しいものですね!



前の幹部さん、再登場したので、是非、ガメッツさんも再登場させて欲しいです。
あの人は、プリキュアのことを認めそうな気がするので、再登場したら、面白いと思うのです。
でも、そうしたら、お話しをまとめるのに、話数が足りなくなるのかな~
あと少しで、おしまいですね。
どんな終わり方になるのかな~

かしこ

ガメッツ

みかんゼリー 様


ガメッツ・・・なつかしいですね!

あの御方は敵幹部にしては珍しく礼儀正しく「紳士」みたいな感じもありましたので、バッティ―さんと共に
復活してくれるといいですね!

いよいよあと数回で最終回ですけど、どんな結末になってもプリキュアは不滅だと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3323-99e3a3d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |