プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「響け! ユーフォニアム」は、アニメ本編が終わってEDの歌が終わっても次回予告はありません。
見ている方はお分かりの通り、次回予告はその翌週の月曜日にユーフォのHPでupされています。
そんな訳で、月曜日に第9話のタイトルは見た際は、思わず・・・
「え・・!? ユーフォって今回がもう最終回なの!?」と思わずぼやいてしまったものでした! (笑・・)

あすかは・・・そうですね・・・正直第一期の頃から「何を考えているのか皆目見当もつかない御方」とか
「絶対に自分の本心を他人に見せない人」とか「心の深層のガードがとにかく硬い人」みたいなイメージが大変強く、
それを私なんかは「あすかの心の闇」と呼んでもいたものです。
だけどあすかがどうして「自分の本音を他人に明かさないか」とか「あすかが本当にやりたい事ってなんなの・・?」
みたいな事にも大変丁寧に心理描写がされていて、
従来までの「あすか=なんか正直煙たい御方・・」みたいなちょっとダークな印象を完全にではないけど
ある程度はその霧を晴らしてくれていて、見ていて大変好感が持てる回だったと思いました。
あすかが、ここまで自分の過去の話とか家庭環境の話を素直に話し、
自分の心情をここまで吐露するなんて予想もしていなかっただけにこの展開は正直嬉しい誤算みたいなものも
あった感じがします。
アニメタイトルをそのままタイトルに持ってくるユーフォパート同士の信頼による繊細なやり取りが
心に響く素晴らしい回だったと思います。

さてさてこの第9話ですけど、とにかくBパートのとてつもなく濃密な心理モノローグみたいな展開がとてつもなく
印象的でした!
Bパートは、あすかと久美子のほぼ二人っきり状態でしたけど、ああいう久美子を見てしまうと
「やっぱり久美子は響け! ユーフォニアムの主役なんだぁ―!」と実感したものでした(笑)
よかった・・久美子は麗奈との百合要員とか失言女王のためだけの存在ではなかったようですね!

このBパートについては正直、ツッコミどころが満載ではあるのですけど、うちのブログでは二点に絞って
語らさせて頂きたいと思います。
一つはあすかは母親の事を「あの人」と呼んでいる事と
二つ目は香織があすかの靴ひもを結び直している祭のあすかの不穏な雰囲気が意味するもの・・
この点に特化して簡単に下記に記させて頂きたいと思います。


1.あすかは母親の事を「あの人」と呼んでいる

久美子があすかの家に勉強を教わりに行く事を口実に、夏紀・香織たちから
「なんとかあすかが部に復帰して一緒に全国大会のステージに立てるように説得してきて!」みたいなとてつもない無茶振りを
されてしまいますが、あすかの家でいきなりあすかは母親の事を「あの人」と呼んでいる事が判明し、
親子なんだけど「とてつもなく遠い心理的距離感」を感じさせてくれていました。

ユーフォ、持って帰ってるんですね!

あの人には内緒だけどね~

うーーむ、この時点で「なるほどねぇ・・」と感じていたものでした。

そして、前回の久美子と麗奈が感じていた「このCDのユーフォ奏者の音、あすか先輩によく似ている・・」という
暗示はまさに「その通りでした!」という展開になっていました。
そう! 、あの進藤正和というユーフォ奏者こそがあすかの実の父親であり、あすかの母親とは既に離婚が成立している事が
判明します。
そうですね・・ここにきて、どうしてあすかの母親があんなに頑なに「あすかの退部」を強硬に申し出てくるのかが
わかります。
ま・・母親としては、別れた元・旦那の事なんか思い出したくもないし、口にするのも嫌だし、
ましてや娘が元・旦那と同じ楽器を吹く事自体、許せないものがあるというか「嫌悪感」があったのでしょうね。

「あぁでも私、あの人のこと嫌いってわけじゃないの。
 ここまで育ててくれたわけだし、その借りは返さなきゃって気持ちはちゃんとある」

「好きとか嫌いとかじゃない。だって母親はどこまでいっても母親だから。
 どうあがいてもその人から生まれたという事実は動かない。枷ね。一生外せない枷」

「あの人の中には明確な幸せの理想像があって、そこに吹奏楽は入っていない」

そうですね・・・あすかの上記のセリフが全てを物語っていると思います。
あすかの母親は親としての想いもあるでしょうし、自分の別れた旦那に関わる領域にあすかが関わる事を
忌み嫌うというのも心情として・・一人の人間としては分かる気もします。
だけど前回の感想で既に書いた通り、
「私が嫌いなんだから吹奏楽するな! そのユーフォという楽器は吹くな!」というのはあくまでも「親のエゴ」に
過ぎませんし、親の権威を盾にあすかに退部を迫る事自体言語道断と言えるのは間違いないと思います。
だけどあすかの視点で見ると・・・
「あんなんでも親は親だからねぇ・・・」という事なのでしょう。

そうですね・・・それに関しては、私自身もあすかに実は共感する想いはあります。

なぜ共感できるのかと言うと、それは既に前回私自身が「自分の言葉」で記したとおりですので、ここで
蒸し返すつもりもありませんし、既に他界している人を論評するのも嫌なものでして、
ここでは再度書くつもりはありません。

だけど一つ言える事は、あすかの気持ちは私も分かるという事なのです。

聡明で賢いあすかは母親に対して「私自身が大好きな事をしてなにがいけないの!」みたいな母親と同じような感情的な理屈で
反抗しないで
「私の成績が少しでも落ちたらユーフォも吹奏楽部もやめる」という理論武装を展開してここまで吹奏楽を続けていたのだと
思われますし、あすかにとっては
いわばあすかが大好きな吹奏楽とユーフォを母親に対して「人質」として差し出したと言ってもいいのかもしれません。

逆に言うと、それだけあすかにとって「ユーフォニアム」というのは大事な存在だったと言えるのかもしれないですね。

あすかの母親は職員室であすかをひっぱたいてまで内心を吐露し、自分の感情をぶちまけていました。
改めてですけど、あれは親のわがままでありエゴであり、いくら親とはいえあそこまで子供を束縛出来る資格は
無いとすら私には思えます。
あすかの心の深層としては二律背反なのかな・・?
「親は大切にしないといけない」という世間体と「母親と私は違う! 私はあなたの操り人形ではない!」という心の本音で
動いてはいると思うのですけど、
あすかの本音としては、私の解釈としては・・・というか親と必ずしもと言うか全くうまくいっていなかった私自身の感覚としては
「親元から一日も早く巣立って自活したい!」という気持ちなのかもしれません。
そしてそうした想いと言うか本音が、あすかをして母親の事を「あの人」と呼んでしまう背景といえるのかもしれません。
あすかとしては、「親」というのは、血縁的には近くても心情的には「遠い存在」と言えるのかもしれませんね。
そして・・・あすかは「あれでも親だから」と、無機質に母親を許容しているに過ぎませんから、
ああした危うい親子関係をとりあえずはキープ出来ているのだと思います。

そしてその関係性はまさに「脆い関係」なのだと思います。


2.香織があすかの靴ひもを結び直している祭のあすかの不穏な雰囲気が意味するもの


あのシーンは正直・・リアルタイムで見ていた時、私は怖かったです・・・・

確かに深夜の放映時間なのですけど、背中が凍りつくような寒さを感じたものです。

香織の家庭環境は正直よく分かりませんけど、あの雰囲気から察すると恵まれた環境にいるのは間違いないと
思われます。
香織は、優しくて可愛くて美人で、トランペットも上手いし非の打ち所がないまさに「天使」みたいな御方です!

上記で記した通り、あすかは、常に自分のやりたいことを人質に取られていて、
あすか自身はまだ「自活」出来ている状態ではなくて母親の「保護」に置かれている状態であるので、
にっちもさっちもいかない八方塞りの状態でもあると思われます。
そういう意味では、「嫉妬」というレヴェルではないにせよ、もしかして・・・あすかにとって香織は
存在が眩しすぎて「妬ましい存在・・」という立ち位置になるんじゃないのかな・・・とも思ったりもします。
妬ましく感じるその思いは、あまりにも自分勝手だから誰にもぶつけられないし
あすか自身がどうやってコントロールすればいいのかわかっていないのかもしれないです。
聡明なあすかだって、一応はまだ高校生ですし、「そんな嫉妬の感情なんて抱くな!」という方が無理があるようにも
思えます。

だからこそ、香織が何気なくですけど(香織自身には、邪心とかそうした感情が無いのは自明な事です!)
あすかの靴ひもがほどけているから結び直してあげるシーンの
あのあすかの冷たい表情と言うのは、
もしかしてですけど・・・・香織のそうした「優しさ」を「母性の象徴」とあすか自身が解釈し、
あすかも無意識のうちに、そうした香織の優しさに母親を重ね合せてしまい、母親を拒絶するという意味で
ああした冷たい表情・・不穏な空気を生み出したと言えるような感じもあります。

要は・・・・

「私のお気に入りの新しい靴に気安く触るんじゃねぇーー!」というあすかの心の底辺にあるものは、
やはり「自分を拘束する母親への嫌悪感」を示唆していると思いますし、
香織の「靴ひもを結んであげる」という香りの優しさは、あすかにとっては
「母親が小さい子供に余計なおせっかい・世話焼きをしている」という行動に見えたのかもしれません。

あすかの香織に対する視線は母性に対する拒絶と言えるのかもしれません。
「〜してあげてる」という香織の態度が、あすかにとっては「逆撫で」されるものだったのかもしれません・・

靴ひもは香織の行き過ぎたおせっかいが母親の束縛を思い起こさせてしまったという解釈を
私は採用したいと思います。
それにしてもあのシーンは何度見ても私はこわいです・・・




710b194b-s_convert_20161203203613.jpg







以前からこのブログでは何度も書いている通り、私は大のポニーテール好きです。

「響け・・」においては、夏紀といい希美といい、
そしてコンクール当日限定でポニーテールになる久美子・あすか・麗奈を含めて
ポニーテールキャラが多いこのアニメは、本当に大好きです!!

あれれ・・もしも本当にあすかが全国大会で吹かないでその代役として夏紀がコンクールメンバーに出場したとすると
ユーフォパートのファーストとかソロは久美子があすかに代って吹くのかな・・・?
県・支部とそうした経験が無い久美子が全国大会の本番でそうした重責を担うというのも
一年生にとってはまさにシビアな事になりそうですね・・

あ・・私はこの「響け・・」の原作を既に読んでいますので、久美子の隣でユーフォを吹く人が誰なのかは知っていますけど、
それが誰になるかは、ここでは重大なネタバレになるので今は書けません・・・(笑・・)




ad9788b5-s_convert_20161203180621.jpg



改めてですけど・・あすか怖すぎ・・・



0de5bfdf-s_convert_20161203180531.jpg



あすかの家での久美子は、ある意味いつも通りの失言女王そのものだったのかも・・・??

「嫌いなんですよね…お母さんのこと?」

うーーむ、こういうド直球をあすかに放り込める人って、久美子以外はいないのかもしれないですね・・・(苦笑・・)

それとあのシーンで久美子は「漫画みたいな話ですね」とか何とか言っていましたけど、
こらこら久美子・・君だってアニメキャラでしょ・・・とツッコみたい気持ちで一杯でした・・・

あすかは最初から久美子が実は「大好き」だったのかもしれないですね!

あすか自身が言っているように
久美子はあすかにとっては「まさにユーフォそのまんまの子」というイメージだったのかもしれないですね・・
さてさて・・その「ユーフォそのまんま」というのは
「絆」という意味なのかな・・??

父親と自分を繋げる唯一の楽器のイメージを具現化させたような子が、まさに入部してきた!という感じだったのかな・・?

それにしてもラストシーンで川辺でユーフォを吹くあすかは、やっと本音というか・・素に近いあすかが
ようやく垣間見えて大変好感度が高かったです!

最後に・・・・

あすかは「全国大会の審査員の一人が実は自分の父親」という事で
「全国に進めば父親に自分たちの・・否! 私の音を聴いて貰える」という私利私欲で吹いてしまった・・
だから今の私は天罰が当たったと言っていましたけど、
それは違うと思います!
あすかの心情はまさに自然そのものだと思いますし、
私自身だって・・・・
「どうして吹奏楽を続けたか」という問いに対しては「普門館で一度吹きたかった!」という事ですし、
これはまさに私の私利私欲だったと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ソコまでは考えなかった

こんばんは。

この回を見ていたのですが、管理人さまの観点はスゴいと思いました。
香織先輩が、あすか先輩の靴ひもを直すシーンなんか「香織先輩は優しいなぁ、ボクもされてみたい」なんて甘っちょろい考えが吹っ飛びました。
そんな・・・コワいよ。
と同時に「あ~、アタシのバカー」という久美子ちゃんのセリフで自分の浅はかさを呪います。

あすか先輩が久美子ちゃんを可愛がっている理由がわかりました。
ともに父親が監修した本でユーフォを学んだっつうコトは兄弟子・弟弟子の関係に似ているのかと。
あすか先輩には本能的に久美子ちゃんが自分と同じ音楽の基礎を持っていると分かったから、他の部員とは違う接し方なのかな。

ま、そう思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あすかの心の闇・・・

五航戦の愛鷹 様


この回は、とにかく例の靴ひもシーンが強烈過ぎて、あの場面はリアルタイムで見ていた時は
戦慄すら感じたものです。
それだけあすかの「心の闇」が深いという事を示唆するものですけど、
あすかがあの家庭環境でぐれなかったのは、まさに素敵な奇跡といえるのかもしれないですね・・(笑)

確かに・・・

ご指摘の通り、久美子とあすかは「心の姉妹」なのかもしれないですね。
実の父親を通した心の師弟関係とも言えるのですけど、全国大会の審査員の件も含めて
この辺りは原作の設定がうまいとも感じたものでした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3320-5116b9ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |