プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、とある御方より京都の老舗和菓子屋の甘春堂さんの「貝合せ」という柚子あんの和菓子を
頂いたのですけど、これがとっても上品なお味でとっても美味しかったです!
昨年ぐらいから当ブログで登場する和菓子と言うと、そりゃ言うまでもなく「浦和の調ちゃん」ネタでもおなじみの
あの「うまい、うますぎる」でお馴染みのふくさやの「十万石まんじゅう」なのですけど、
この甘春堂さんの貝合せもまさに「うまい、うますぎる!」という感覚の美味しさでした!

甘春堂は、1865年の創業から数えて現在の店主は六代目に至っている大変な老舗だと思います。
神社仏閣とのつながりも古く、豊国神社・旧六条御所など伝統菓子の御用達をも務めているようですね。

さてさて、今回お土産として頂いた「貝合せ」ですけど、
おめでたいモノの一つの象徴でもある蛤(はまぐり)に、葛で柚子餡を包み込んだ大変上品な和菓子です。








「貝合せ」とはその由来なのですけど、平安時代に王朝貴族によって行われた歌合せの一種です。

その後、内側に彩色をほどこし和歌を加えたものを左右に分けて、
ぴったり合う貝の数を競った貝覆いが、現在のの貝合せとなったと伝えられているそうです。

そうした伝統な遊びを現代の和菓子として蘇らせたのがこのお菓子なそうです。
身体に良いとされる葛を用い季節によって餡の中身を変えているのが中々素敵な趣向だと思います。



002_convert_20161202135523.jpg


004_convert_20161202135543.jpg



うーーむ、これは見た目はまさに「ハマグリ」そのものですね!! (笑)

一番最初にこのお菓子を見た際は、「え・・これが本当に和菓子なの・・? どうみたって蛤そのまんまじゃん!」と
感じたものでした・・・(笑)

そうですね・・・一番最初の印象は、このハマグリの中に「蛤の時雨煮」が詰まっているのかな・・・?と感じたものでした。
あ・・、なんか「時雨煮」なんて書いてしまうと、どこかのとっても魅力的な五月雨日記という素敵な管理人さんを
ついつい思い出してしまいますね・・・(笑)



005_convert_20161202135602.jpg



季節に応じて、中身の餡が変化するというのがとっても素敵ですね!

うーーむ、埼玉のあの例の「うまい、うますぎる!」なんていうお饅頭は一年中普通の餡とか無いですから、
さすがに東京の隣の大いなる田舎の埼玉と古都・京都は「やっぱりどっか違うね・・」と感じたものでした! (笑・・)

春 → 桜あん
夏 → 抹茶あん
秋 → 柚子あん
冬 → 黒豆と金粉

こうやって季節によって餡が変わるというのも素敵ですよね。

秋の柚子あんは季節に合っていると思います。
初秋から初冬には最適の生菓子だと思います。

この柚子餡は本当に上品で爽やかで素敵な美味でした! マジでとっても美味しかったです!!



8da31677-s_convert_20161202181946.jpg


ba26e986_convert_20161202182009.jpg




さてさて・・ここから先はなぜか突然(?)「ハピネスチャージプリキュア」第14話になってしまいます・・(笑)

なんで唐突にハピネスチャージの話になるのかというと、この第14話は、
初代プリキュア第1話から通算して第500話に相当し、ある意味大変メモリアルな回とも言えると思います。

そしてこの第14話というのは、めぐみたちの潮干狩りの話で、その砂浜で探し集めていた回が「ハマグリ」だったのでした!

同時にこの第14話なのですけど、色々と興味深い仕掛けも用意されていたと思います。
歴代プリキュアに関する「小ネタ」というかオマージュが色々と仕掛けられていて
これは初代から見ている人でないと中々わかりづらいものはあるとは思いますが、
私ははリアルタイムで見ていた時にすぐにピン!とくるものがあり、演出の巧さに「さすが!」と当時感じたものでした。

増子美代(マスコミヨ)の再登場は、プリキュア5の増子美香(マスコミカ)へのオマージュですし、
ラブリーが後半叫ぶ「プリキュアの美しき魂が・・・」のセリフは
完璧に初代プリキュアに対するオマージュですし、
最後にオレスキーが言っていた「その手は、桑名の焼き蛤」は
完璧に「ハートキャッチプリキュア」のブロッサムのパクリでしたね・・・(笑)

この第14話は、プリキュア500回記念という事で
現役のプリキュアから、過去の歴代の先輩プリキュアに対するオマージュというのか
「受け継がれていく魂」みたいなものは感じたものです!!



d212179f_convert_20161202182032.jpg



7f8f24e7_convert_20161202181921.jpg



それにしてもハマグリをバクバク食べるひめとかめぐみがとっても可愛かったです!

ゆうゆうは、どちらかというと給仕に専念していましたけど、もしもこの回でゆうゆうが焼き蛤を食べたとしたら、
さぞかし美味しそうに食べていたと思います。
このゆうゆうほど「食べる事」がよくお似合いのプリキュアはいないと思いますし、
歴代黄色系プリキュアでも群を抜いて大好きで大好きなプリキュアでした!!
(こらこら、つい最近までブッキーを超越する黄色系はいないとかありすの聡明さを超えるプリキュアは
存在しないと言っていたくせに・・・笑・・)

2017年2月から放映開始となる新しいプリキュアもお菓子というか「食べ物」が一つのテーマになっているようですし、
こちらの方もそろそろ気になる時期でもありますね!

この第14話ですけど、
「めぐみちゃんは、もっと好きとか嫌いとかに興味を持った方がいいよ!」と指摘するゆうゆうのこの言葉が
今回の最大のポイントだと思います。

さすがに、ゆうゆうは既に分かっているし見抜いている!

ゆうゆうは、キュアハニーとしても相当変な要素もあるのですけど、さすがにめぐみとひめよりは
「大人」という感じですね。

めぐみは、歴代ピンク系としては珍しく
自分に対して「確固たる信念」を持ち切れていないプリキュアにしては大変珍しいタイプですし、
他人からの自分自身に対する評価も他評価も低いと思っているタイプです。
めぐみに必要なものとは何でしょう・・・??
他人に与える「愛」というのは、実は既にめぐみ自身既に内在し持っている・・・
それではめぐみの「愛」とは何なのでしょう・・?
それは「他人から存在を認められる事」又は他人から与えられる愛・・・
プリキュア活動以外でそれが出てくる面というと、それが「恋愛関係」だったのでしょうけど、
その恋愛関係で最終決戦直前に相当痛い思いをしていたのは今にして思うと大変印象的でした!

今現在の視点で見てしまうと色々と意味深な回でもありましたけど、リアルタイムで見ていた時は、
めぐみ自身の「愛とは・・?」とか「自分の意義ってなんなの・・?」
そうした事をめぐみが今後模索していくのかな・・と感じていたものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/
なかなか美味しそうな和菓子ですね。和菓子はまず見た目を楽しむものとも言いますが、これは見た目のインパクトも楽しめますね!機会があれば食べてみたいです(^^)
プリキュア的に和菓子と言えばどうしてもこまちさんが…ちょっと前の記事でも話されていましたがあの羊羹の衝撃は…。
ハピネスチャージ放送中は歴代プリキュアのお祝いメッセージも楽しみの1つでした。まさしく受け継がれるべきもの!

これは、上品なおかしですねえ~~~(^^)❤
ぷりきゅあたち、おいしそうにもぐもぐ…(>ω<)❤

めっちゃ上品で、美味しそう♪
さすが京都!雅だわぁ~
ハマグリ?…おっ、中は!!…ほぉ〜
そんな感じで拝見しちゃいました(^-^)

こまち・・・・

ごにぎり 様


確かに・・・・見た目のインパクトは大きいのかもですね・・・(笑)

次期プリキュアはパティシエ系みたいですけど、是非是非こまちさんにゲストとして乱入して頂き
どんなものにもようかんをぶちこんで欲しいものですね・・(笑)
歴代プリキュアのお祝いメッセージは、ドリームとメロディの美人さはお見事でした!

確かに!

Baby pink amy 様


そうなんですよ!

見た目もユニークで味は上品でさっぱり系の美味です!

蛤をおかずにご飯をパクつくハピネスチャージのプリキュアたちはとっても可愛かったですね!

見た目は貝そのもの・・・

napo 様


そうなんですよ・・・

まさに見た目は貝そのものですけど、中身はまさに「京都」そのものみたいなお味でした!

京都のお菓子のあの独特な上品さと風情さが一つのお菓子に詰まっている感じでした。

こんばんは。12日の更新では、盛大にお祝いしてくださり、本当に本当に
ありがとうございました☆すぐに紹介更新をさせて頂きたいですが、素敵な紹介
記事に負けない記事を鋭意執筆中!につき、こちらの長文お礼記事は週末まで
お待ち頂けると幸いです。
私のブログ開設5周年を「素晴らしき軌跡」「大いなる誇りでもあり、矜持」と
お誉め頂き本当にありがとうございます!!私のブログでほんの少しでも
ぬくぬく先生様にとって、ひと時の憩いの時間を過ごして頂けると幸いです。

そして私のブログが「本館」、そしてこの誇り高き素敵過ぎる「受け継がれる
べきもの」が別館だなんて…!いえいえそれはむしろ逆ですよ(滝汗)
「受け継がれるべきもの」はまさに高級な巨大ホテル!毎日豪華な記事が
たくさんでいつ訪問しても次々と、味わい深い新しい記事が更新されていて
贅沢な時間を味わえますよね☆そんな大手ホテルの素晴らしいオーナー様!
にいつもたくさん誉めて頂け感激です♪私もぬくぬく先生様に負けない位、
今後も心の底から応援させて頂きますので、よろしくお願いします!
ぬくぬく先生様はポンコツでもないですし、ずーずーしくもないですよ!

またこちらの記事では時雨煮で、とっても魅力的な五月雨日記という
素敵な管理人さん…と私を連想して頂け嬉しかったですし、とても誇りに
感じます。とても綺麗な和菓子ですね…!写真からもおいしさ伝わりました♪
そして!ハニーちゃんとオレスキーのハマグリトーク懐かしいですね…!
楽しいやり取りはもちろん、最大のポイントの言葉も印象的で、
やはりゆうゆうは色々見抜いていて大人だなぁ…と改めて感じました~。

たまーにしか更新していませんが、また余裕があって何か描けましたら
あの隠し部屋も更新できたら良いな、と思います。週末にはついに
文なおちゃんが卒業ですが…もう既にこの「受け継がれるべきもの」で
公式の形で、立派に羽ばたかせて頂けて、とても嬉しいです!
取り急ぎのコメント、失礼しました。また週末お会いできましたら
幸いです。では読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3317-19fb9d8f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |