プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事の前に一言だけお礼をお伝えさせて頂きたいと思います。

実はなのですけど、12/14に当ブログで掲載をさせて頂きました「dream fantasy」の管理人様の
アミグリさんの「創作オリジナルイラスト記事 その⑦」のご紹介記事なのですが、
なんと!!
12/15のFC2の会社員記事ランキングでなんと! 6位にその記事が入っていました。
このランキングは毎日見ているものではないのですけど、私が知る限りにおいて、私のブログの記事が、
こうした記事ランキングの上位に入るなんてありませんでしたし、
せいぜい過去最高30位ぐらいしか今まで入っていなかったのに、いきなりこの6位という数字は、まさに
アミグリさんの「ハッピー」をはじめあの素晴らしいイラストの効果以外原因は考えられません!

本当に今回はありがとうございました!
私自身とても驚いておりますしもアミグリさんのイラストを転載して良かったなぁ・・と改めて
実感した瞬間でもありました。

そしてあのアミグリさんの創作オリジナル記事 その⑦と翌日のフランちゃん記事におけるアミグリさんの
あの素晴らしきフランちゃんのイラスト等については、
本当に数多くの皆様より温かく素敵なコメントを頂戴した事に改めて感謝の意をお伝えさせて頂きたいと思います。

本当にありがとうございました!!

ちなみにですけど和風メイドさんをモチーフにされた「ハッピー」は下記の素敵なイラストです!!


wamd-001_convert_20161117162922.png


本当にこの和風メイドさんは可愛いですね!!

私はアミグリさんが描かれた「flower」も大好きですけど、この「ハッピーも本当に大好きです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「東方儚月抄」においては、ゆゆ様は妖夢と共に一か月近くを月界で過ごされていたので、
その感は「白玉楼」を留守されていた事になり、当然ながらこの間は、冥界における「幽霊管理」は誰もしていません。

そういえば、「東方文花帖」のあややの文々。新聞においても
「最近は冥界と現世の結界が緩んでいるせいか、以前ほどこの二つの世界の行き来がし易くなっている。
そのためにお彼岸等の際には、自分がかつて暮らしていた現世に遊びに行きたくてうずうずしている
幽霊たちが大挙して幻想郷を訪れ、幻想郷内に幽霊が溢れかえっている」みたいな記事が掲載されていましたが、
あの記事の中では、妖夢が一人孤軍奮闘して幽霊たちを冥界に連れ戻しに励んでいましたけど、
何やらキリがないみたいですね・・・
そっか・・・ゆゆ様と妖夢が一か月以上も冥界を離れてしまうと、その間に冥界の幽霊たちは
まさにやりたい放題の鬼の居ぬ間の洗濯状態になってしまい、
閻魔様の四季映姫様の「頭痛のタネ」は増えるばかりだったのかもしれないですよね。

元々冥界における幽霊管理という仕事は、地獄の閻魔様・四季映姫様からゆゆ様が委託を受けたものでありますので、
四季映姫様にとっては、この一か月間の放置は中々頭が痛かったのかもしれないてすよね・・・(笑)
あれれ・・・四季映姫様には結構「頭痛のタネ」があるのかもしれないですよね。
ゆゆ様の一か月程度の冥界放置はいいとして(?)、
旧・地獄における怨霊管理を四季映姫様より委託されたさとり様は、地霊殿にてほぼ引きこもり状態で、
実質的な管理者はお燐ちゃんというペットの化け猫ちゃんですし、
そして何よりも四季映姫様の直属の部下の小野塚小町は例によって仕事をサボりまくりで、
求聞口授の挿絵においては、三途の川の舟をムラサによって沈められそうになるみたいな事も
やらかしてくれていますから、
ま、そうですね・・・・当分四季映姫様の「憂鬱」は続くのかもしれないですね・・・・(笑)

そうそう・・・あややの「東方文花帖」にて興味深い記述があり、その中で明らかにされた事は・・・

なんと・・・!!

妖夢はほぼ「ただ働き」だったのですね!! (笑・・・)

妖夢は、日々・・・白玉楼の警備・ゆゆ様への剣の指南・冥界の幽霊管理・幻想郷に遊びに行ったまま戻ってこない
幽霊の連れ戻し・ゆゆ様のお食事の準備などなど仕事はかなり多岐に渡っていますよね・・・
紅魔館の優秀なメイド長の十六夜咲夜も、ま・・・確かに似た感じで大変な量の仕事をほぼ一人でこなしているのですけど、
咲夜さんの場合は「時間を操る程度の能力」により仕事がテンパってきたら時間を少しだけ止めちゃって、
仕事の遅れを取り戻す事は可能と思われますし、
紅魔館自体には、一応は、大量の妖精メイドもいますから
妖夢みたいに一人で何から何までやるという感じではないのかも・・・?
もっとも白玉楼にも、あの広大なお屋敷の掃除担当みたいな使用人はいるという設定にはなっているのですけど、
妖夢のキャパは既にオーバーしているのかも・・・?
それに妖夢が日々お仕えしている御方は、飄々として何を考えているのか分からないゆゆ様ですし、
ゆゆ様にはかなり以前から「腹ペコキャラ→大食いキャラ」という設定もあり、
一説には白玉楼のエンゲル係数は7割を超え、その原因のほぼ100%はゆゆ様という感じですからね・・・(笑)
なんか・・・
妖夢の一日は「ゆゆ様のお食事づくり」だけで終わってしまいそうな気も・・??

だけどそんな頑張る妖夢のお給料は・・・ほぼゼロである事が判明したのが、上記の東方文花帖における
あややの妖夢に対するインタビュー記事で明らかになったのでした。
ま妖夢は元々「住み込み」みたいなものですし、
先祖代々西行寺家にお仕えする身という事を考えると、妖夢自体に「え・・お給料、なにそれ・・!?」みたいな
発想なのかもしれないですよね・・・・(笑)
あややに対しては、
「給金なんて貰った事ないし、休みってなんでしたっけ・・?」
「だけど三時のおやつは毎回出して貰えるし、病気になった際は三日ほどお休みを貰っていますし・・」などと
言ってはいますが、その際のあややの「しくしく・・・」という反応がとっても面白いです。
あの「しくしく・・」というのは、あややとレティさんのインタビュー記事においてレティさんが発したものなのですけど、
あの言い方を面白いと感じたあややが、もしかしたらパクッたのかもしれないですね・・・(笑)

うーーむ、白玉楼は、意外と「ブラック企業」なのかも・・・?? (笑)

ま・・・ブラック企業といっても身内みたいな会社みたいなものなのかな・・・??

あややは「天狗社会」という一つの階層社会の中で生きているのですけど、
あの社会の中では、あややは果たして「お給金」みたいなものを少しは貰っているのかな・・・?
狡猾で計算高い天狗が、果たして妖夢のようなタダ働きをするのかというと、はやりどう考えても
「それはさすがに無理でしょ・・給金ゼロだったら、さすがに天狗の山でストライキが起きてしまいそうですし、
あややなんかも給料ゼロではさすがに文々。新聞は発刊しないでしょ・・・」と
思ってしまうのですけど、
いやいや、そこは狡猾な天狗社会・・もしかして、どっかの会社の営業に対する「完全歩合給」みたいなシステムになっていて、
固定給はほぼゼロなんだけど、
各天狗が発刊する新聞の売上度合いに応じて給金とボーナスを出すみたいなシステムになっているのかも
しれないですね。
そうなると、設定の上であややが毎年開催さる天狗の新聞大会で上位入賞を目指して日々頑張っているのも
単なる名誉のためではなくてあやや自身の「生活防衛」のためという動機も成立し、
案外私のそんな推測も当たらずとも遠からずなのかもしれないですね!
あやはは紅魔館における文々。新聞の大口契約にも成功していますし、最近では小鈴の鈴奈庵にも
人間版の文々。新聞の委託販売にも成功していますし
(というか・・・小鈴を半分恫喝してのあの強硬な「うちの新聞置いて~!!」はまさに押し売りあやや!でしたね!! 笑・・)
天狗の新聞大会では惨敗しても、意外と歩合給自体は高くて、
そうですね・・・あややとしては「名」よりも「実」を取ったと言えるのかもしれないですね!

そうそう・・・妖夢と言うと、ZUN神主様の見解は極めて興味深いものがあります。

ZUN神主様の見解としては、早苗さんは「非常に使い勝手がよいキャラ」との事です。
当初は確かに霊夢の「ライバルキャラ」という意味合いが強かったとも思えるのですけど、
早苗さんは人当たりもいいし、礼儀正しいしある程度の常識はわきまえていますし、
何よりも・・・・・
他のキャラとのコミュニケーション力も大変高いものがあります。
それゆえ、幻想郷内の色々なキャラと大変絡ませやすく、その辺りが「使い勝手が良いキャラ」という評価に
繋がっているのかな・・とも思います。
確かに・・・・早苗さんは、東方風神録以降、東方ゲームとか公式漫画等の露出度は極めて高いと
思いますし、東方の早苗さんの「地位」はほぼ確立されているのも
この辺りに理由があるのかもしれないですよね。
それに対して、ZUN神主の評価として、
妖夢に関しては、「早苗さんみたいな役割を妖夢に担って貰おう」と考えていた時期があったとの事です。
ちなみにこれはとある雑誌インタビューの中で゛そのように明記されていました。
当初は霊夢のライバルキャラ、そして他のキャラとの絡みみたいな事も想定したらしいのですけど、
神主曰く「妖夢は意外と扱いにくい・・・」という感じだったとの事です。

この辺りは、大変興味深いものがありますね。

妖夢の意外な生真面目さ、その生真面目さが他のキャラとの深い交流に当たっては、意外と扱いにくい面があり、
ZUN神主様としても「さてさて、どうしたものか・・」と頭を悩ませていた時に浮かんだキャラこそが
あの「早苗さん」だったと言えるのかもしれないですね!

「東方文花帖」におけるあややの妖夢へのインタビュー記事の中では、妖夢のそうした「生真面目さ」が
くっきりと浮かび上がっていたと思いますし、それを引き出させたあややの新聞記者としての腕も
相当冴えているものがあり双方共に「素晴らしいな・・!」と感じる部分は間違いなくあったと思います。

「死者はあの世に、生者はこの世に、当たり前のことが一番正しいはずなのに、それが今回の騒動(注.東方妖々夢異変など)
でそれが少々ずれただけでも世の中は案外正常に動く事が分かってしまった。
ではどうして幽霊を冥界に連れ戻す必要があるのか、
生きている人間がどうして冥界に入っていけないのか、私自身もよく分からなくなってしまった・・・」

「当たり前のことが一番正しいこと。
死者はあの世で暮らし、生者はこの世で暮らし、妖怪は人を襲い、人は妖怪を恐れるべきもの、
そして時に人は妖怪を対峙する。
当たり前の事は誰が見ても究極の真実」とあややに語る妖夢がいましたけど、
さすがにこの辺りは東方屈指の生真面目さを誇る妖夢らしい話だと思いますし、それを巧みに引きだしていた
あややも立派なブン屋さんだと思います!

ま・・最後にあややから「その当たり前が給金なし、休みなしなんですね!」とツッコまれた際の妖夢の
「ぐすん・・」がとっても可愛かったのは大変印象的でした!!







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「妖夢」のとっても素敵なイラストを描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!
ちなみに上記のイラストの妖夢は2010年11月に描かれたもので、その当時、二次創作やpixivにおいて
「しまむら妖夢」というものが流行っていて、
2010年当時にアミグリさんがその流行に乗って描かれたのがこの「しまむら妖夢」なのです!

妖夢というと、「東方儚月抄」の紅魔館パーティーにおいてゆゆ様と共に冬服の正装をされていたあの衣装が
とっても素敵でしたけど
(ゆゆ様もいかにもマダムみたいな雰囲気で素晴らしかったです! ま・・パーティーの帰りがてら、紅魔館から
お酒を一本ちょろまかしてくる辺りはさすが、ゆゆ様!という感じでした! 笑・・)
こういうファションセンターしまむらでいかにも売っていそうな「ニット帽・ピンクのマフラー・手袋」を身に纏った
「しまむら妖夢」はとっても庶民的な雰囲気が漂い、
正装した妖夢ももちろん素敵ですけど、
アミグリさんが描かれた「しまむら妖夢」みたいな親近感が伝わってくる妖夢も素晴らしいと思います。

それにしてもアミグリさんが描かれた「しまむら妖夢」はとっても可愛いですね!

私自身もpixivでこの「しまむら妖夢」を描かれた他の東方絵師様の素敵な作品をいくつも拝見させて頂いてはおりますが、
あくまで私の感想としては
「アミグリさんが描かれたこのしまむら妖夢を超越するしまむら妖夢は無いのかも・・!?」という印象があります。
そのくらいアミグリさんが描かれたこのしまむら妖夢はとっても可愛いし、
なによりもニット帽・手袋・マフラーという冬の衣装が「冬の白玉楼」の雰囲気にぴったりあいそうで、
妖夢と冬の相性はいいんだなぁ・・と感じさせるものがあると思います。

長いマフラーがとても印象的ですし、そのマフラーで口元を隠した妖夢がとても新鮮に感じ、
まさに「冬の日の妖夢」という雰囲気がとてもよく表れていると思います。

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用・転載は、
あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

最後に・・・今回のイラスト転載は「しまむら妖夢」ですけど、同じようなイメージで
2013年12月に描かれた 冬こいしちゃん もとっても可愛いですよ~!!

→ 冬こいしちゃん 

このしまむら妖夢と冬こいしちゃんは、ある意味素敵な「姉妹作」と言えるのかもしれないですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

改めてですけど、FC2会社員記事ランキングで、「創作オリジナルイラスト その⑦」が6位にランクイン、おめでとうございます!

私のブログの「dream fantasy」は、ランキングとかには無縁のブログなのですが、ぬくぬく先生の素敵な「受け継がれるべきもの」でランクインされたというのは、なんだか自分のことのように嬉しくてハッピーな気持ちになってしまいますね!!
上位にランクインは本当に素晴らしいことだと思います。
あの記事は読んでいる私もとても楽しく読ませていただいたので、きっとほかの皆様も楽しんで読まれたんだと思います!!
そして、「ハッピー」を載せていただき、ありがとうございます!!

「しまむら妖夢」のイラストも載せていただき、ありがとうございます!
比較的初期の作品なのですが、自分でもお気に入りの作品なので、紹介してくださってとてもうれしかったです!「冬こいしちゃん」の記事紹介もありがとうございます!

いやいや、アミグリさんのおかげですよ!! (笑・・)

アミグリ 様


ありがとうございます!!

アミグリさんからこうした素敵なお言葉を頂くと、本当に「アミグリさんの作品の紹介記事を書かせて頂けて
よかったなぁーー!」と実感しますね!
こちらこそ本当にありがとうございました!

ちなみにですけど、会社員・OL注目記事ランキングですけど、多分ですけど今まで30位以内なんて
入った事ないと思いますよ。
事実、最近の記事も、せいぜい150~200位ぐらいですので、
やはりあの「アミグリさんの創作オリジナルイラスト作品集 その⑦」の注目度が高かったと思いますし、
何よりも「ハッピーをはじめとするアミグリさんの素敵な作品があってこそのあの順位だと思いますので、
あの評価は「私」に対するものではなくて
間違いなく「アミグリさん」に対するものだと思いますよ!!

しまむら妖夢はとっても可愛くて大好きですし、それをベースにされた「冬こいしちゃん」も同じくらい
素敵だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3312-e0c045e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |