プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.関東第一高校


A/「オセロ」~Ⅰ.前奏曲 Ⅲ.オセロとデスデモーナ Ⅳ.宮廷への入場(A.リード)



関東一高と言うと、世間一般のイメージで言うと、楽天のオコエ選手に代表されるように野球部が強いというイメージを
持たれている方も多いのかなと思います。
だけど、私的には関東第一というといまだに「塩谷先生指揮の吹奏楽部」というイメージが大変強いです。
現在は男女共学になっていると思いますが、関東一が吹奏楽コンクールで栄光の3年連続金賞を
受賞していたころは、まだ男子高校でしたので、
絶対的なクラリネット奏者不足の状況の中で、サウンド構築という意味ではかなり大変だったと推察されるのですけど、
関東一は男子校特有のパワーと音量でねじ伏せる豪快な演奏ではなくて、
柔らかい響き・洗練された響き・丁寧な音楽運び・よく練られた音楽構成などかなり繊細な音楽づくりを
している印象がありました。
高校当時は男子校に在籍し、関東一と同じく慢性的なクラリネット奏者不足に泣かされていた私としては、
まさに羨ましい話でありましたし、羨望の眼差しで見ていたものです。

関東一高は、これはあくまで私の意見・感想なのですけど1990年の「華~吹奏楽のために」で「大化け」した印象が強いです!!
1984年~86年は限りなく銅賞に近い銀賞だったと思いますし、
87年~89年のロシアアレンジシリーズは、まさに「技術低迷・個性無し・感銘性無し」という
言わば「無い無いづくし」だったと思いますし、
「せっかく全国大会に出場しても銅賞ばかり取るこんなしょーもないチームが都大会代表になるくらいなら、
よっぽど関西・関東の代表校の枠を一つ増やして、都大会の枠を一つ減らせばいいのに・・・」と
思った時機さえあったものです。

だけど・・・・

関東一高は、上記の通り、1990年以降は別のチームのように進化を果たしましたし、
あの「突然何の脈絡もなく唐突に飛躍したような素晴らしい演奏」は、まさに「レジェンダリー」に相応しい数々の
見事な演奏を後世の私たちに残してくれていたと思います。

サウンドが別人チームのように生き生きと躍動し、技術も安定し、従来までのクラリネットの絶対的不足も解消され、
男子校特有の「木管セクションの脆弱さ」が見事に解消されていたと思います。

1989年から90年の一年間の間に一体何があったのでしょうか・・??
勿論、私は部外者なので知る由もありませんけど、1990年~95年の関東一高の演奏は
サウンド的にも音楽的に充実した内面性的にも、とにかく見事な演奏を聴かせてくれていたと思います。

さてさて、例えば「カンタベリーコラール」とか「ベトナムの回顧」などのような素晴らしい歴史的名演を後世の私達に
残してくれて関東第一高校も初出場の1983年は、「ちょっとね・・」と感じさせてくれる演奏だったのかなと
思います。
ま、初出場ですし、1983年の関東第一は学校全体が、ま・・そのちょっと「やんちゃな学校」でしたので、塩谷先生の
ご苦労も相当なものがあったと推察されますし、それでも都大会を突破されての全国大会出場を
果たされたのだから、それはそれで大変尊い事だと思います。
初出場時の演奏に関しては色々な方が「下手くそ」とか「とても後年の関東一とは思えないほどひどい演奏」と
言われているのを耳にしますけど、
そうですね・・・・私自身はあの「オセロ」の演奏は他人が言う程の酷い演奏とは思っていません。
(大変古くてローカルマニアックネタになりますけど、1982年の東北大会・高校B部門の保原高校の
あの惨憺たるオセロに比べると・・・全然普通の演奏です・・・)
1983年の関東第一の「オセロ」は、一言で言うと大変音色が暗いサウンドというか、音色が大変くすんでいるのが
大変気にかかります。一言で言うと「陰気な音」というのか「辛気臭いサウンド」だと思います。
この「暗さ」は逆にいうと「オセロ」の悲劇的なストーリーにとてもマッチしているようにも感じたりもしますけど、
同時にあの暗さは課題曲A/インヴェンション第一番の「健康的な明るさ」には程遠いものがあったと思います。
「男子高校」の演奏とは思えないほど演奏に元気とか活気が無く、陰鬱で地味極まりない演奏を聴かせてくれています。
オセロの第Ⅲ曲の「オセロとデスデモーナ」をかなり大胆にカットしていたのも少し印象を悪くしていたようにも感じます。
(あの大胆なカットの直前に瞬間的に塩谷先生が音楽を止めたかのような「瞬間の間」があったのは
大変印象的でした!)
Ⅳの宮廷への入場なんかは、さすがにもう少し絢爛豪華さとか派手さとか明るさはもう少し欲しかった感じはあります。

それと・・・
関東一の前の演奏団体があの・・・花輪高校!!
1983年の自由曲は、最早伝説と化しているベルクの「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲という
現代無調音楽バリバリの陰鬱極まりない曲でして、もしかして、関東一も花輪のあの陰鬱なベルクの世界に感化されてしまい、
「オセロ」をあんな陰鬱気極まりない演奏になってしまったのでは・・・?なーんて事をいう人も
自分の周囲に何人かいたのも何か今となっては懐かしい思い出です。

関東第一の魅力の一つは、どちらかと言うと「サウンドの渋み」なのだと後年認識しましたが、その渋みが
いい方向で発揮されていったのが、1990年の「華」や91年の「トッカータとフーガ」なのだと
思いますし、開花したのが94年の「カンタベリーコラール」と翌年の「ベトナムの回顧」なのだと
思います。
そして1983年の「オセロ」については、まだそうした魅力が十分に聴衆に伝わりきれていなかったという事なのだと思います。

関東第一は、今現在はどうかわかりませんけど、当時は都内でも屈指のやんちゃな学校の一つだったと思いますが、
そうした「やんちゃ・・」みたいな感じは、その音楽からは感じませんでした。
恐らくですけど、関東第一をずっと長期間指導されていた塩谷晋平先生の類稀なる指導力が
相当大きかったと思われますし、塩谷先生の絶え間ない努力の結晶が
後年のあの素晴らしい名演に繋がったのだと思います。
私自身、都大会や全国大会で何度も塩谷先生の指揮を拝見させて頂きましたが、
何となくですけど・・・
生徒全員が塩谷先生を信じきっている雰囲気が、部外者の私にも伝わってくるかのような印象がありました。
塩谷先生自身は、大変惜しまれる事に2012年に急逝されてしまったのですが、
塩谷先生のご冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います。
塩谷先生は、1997年以降は関東一を離れてその後青森山田高校に移られましたけど、
吹奏楽コンクールは、2012年にブリジストン久留米を振られています。
その全国大会の際には、既に体調も相当悪かったと聞いていますが、
それでも無事に全国大会でブリジストンを見事金賞に導かれ、そして・・・その数日後に
息を引き取られています。
あの話を聞いた時は、なんか心がきゅっ・・と引き締まる思いはありましたし、
「人生最期の瞬間まで、吹奏楽の指導という塩谷先生のライフワーク」をまっとうされた塩谷先生のそのお姿は
まさに尊いものがあると思いますし、
吹奏楽指導者というか一人の人間としての「矜持」を感じさせるものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3311-f0b01c29
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |