プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前魔法つかいの感想記事にて
「チクルンはいずれ改心キャラ?」とか「敵側サイドとプリキュアサイドの両方サイドで揺れ動くチクルンの葛藤」とか
「プリキュア側にでも敵側にでもどちらかを裏切る場合のチクルンの憂鬱」とか
書いたような事がありましたし、
「チクルンが握られている弱みこそがなにか魔法つかいプリキュアのキーポイントとなりそうな重大なネタが
含まれているのかも・・?」みたいな事を書いていたと思いますが、
否! なんか意外としょぼい理由でしたね・・(笑)

「へっ!1人くらいサボってたって…
まぁバレたら怖~い女王様にとっちめられちまうけどな!」とかなんとかうそぶくチクルンでしたけど、
それをオルーバに聞きつけられて
「面白いね。では、僕がバラしに行ってあげよう」
「ふふ。ちょうどお友達が欲しかったんだ。力になってくれるかい?」という事で
オルーバたちの仲間にさせられてしまったというのがその真相のようですけど、
う―――む、なんという期待外れの(?)しょぼい理由!
まったく・・「お前、そんなしょーもね―ことで妖精の仲間たちを裏切るんじゃねーよ!」というツッコミを入れたい所では
ありますが、これってそんだけ「妖精の女王」が怖い御方・・という事でもあるのかな・・?
そしてもしかして・・、案外その女王様が実は「真の黒幕でしたぁ・・!」なーんてオチはある訳ないですよね・・・
そしてラストでなぜか唐突に「ドア」が出てきて、そのドアからその妖精の里に行けるとの事ですけど、
あのラストのあの妖精の里の風景ってたしか、はーちゃんのうっすらとした記憶にあった場所ですよね!
うーーむ、次回はもしかして案外・・? はーちゃんの秘密に触れる核心の回だったりして・・?
そうそう、考えてみると、はーちゃんは元々は「妖精」でもありますので、はーちゃんとチクルンって元々は
同系列とも言えるのですよね!
そして妖精の里とか妖精の里の女王が、もしかして終盤の「魔法つかいプリキュア」の核心として抵触する
可能性もあるんじゃないのかな・・?

だけど結果的にこれでチクルンも今後オルーバたちに恫喝される事もスパイ活動をさせられることもなくなり
ここに晴れてチクルンはプリキュア達のメンバーとして認知されるようになったのは大変嬉しい事ですね!
そして同時に、まさか最終決戦を前にシャーキンスが殉職して退場するとは思わなかっただけに
こちらの方も予想外でした!







改めてですけど、チクルンに「女王にいいつけてやるぞ!」と恫喝するオルーバは、
そうですね・・・東方で例えると、うどんげちゃんの永琳様に対する愚痴とか陰口みたいなものを
永琳様にチクリを入れようとしている因幡てゐみたいなものでしたね・・・

今回のお話で一番印象的だった場面なのですけど、
「さてさて、どうやってリンクルストーンを盗み出しオルーバたちに渡せばいいのだろう・・」と思案するチクルンに対して、
「何してるモフ?」とチクルンの背後にそっと近づくモフルンがいましたけど、
「びっくりさせんなよ! おいらの後ろに立つヤツはチクチクしちゃうぜ~!?」とか何とか言っているチクルンが
とっても面白かったです!
あの時のチクルンに対しては
「おまえはゴルゴ13なのかっ!?」とツッコミを入れたい気持ちで一杯です!! (笑)
ま・・・ゴルゴ13の背後に立つ人はどんな人でもゴルゴによって撃たれるか空手技を食らってしまいますけどね・・(笑)

ラストでみらいたちがチクルンのために作ってあげたプリンを食べているチクルンはとっても可愛かったですけど、
あの時のチクルンは「うめぇ!ほんとにうめぇ!」と言っていましたけど、
そうですね・・埼玉県在住で「浦和の調ちゃん」とか「十万石まんじゅう」をよくネタにしている私としては、
チクルン初登場時のように「うまい、うますぎる!」と言って欲しかったですね!! (笑・・)



859ffbbd-s_convert_20161128104742.jpg



プリキュアたちというのか、魔法学校の生徒たちはプリンも魔法で作ってしまうのですね!

というか・・一瞬でプリンを生み出すというのではなくて、プリンの調理過程の中で
例えば卵を割るとかミルクをかき混ぜるといったあくまで補助的な作業のみ魔法を使用していましたけど、
あれって、
そんな部分的な事で魔法を使う手間暇かけるのだったら、最初から全部手作業の方が効率いいじゃん!とも
感じてしまうのですけど、
今作のテーマでもある「魔法は必ずしも万能じゃない!」とか
「自分の努力で出来る事は魔法を使わないで自分たちの力で成し遂げましょう!」みたいな事をやはり示唆する話でもあり、
そういう意味では十分にストーリーとしての妥当性はあるもんだと感じたものでした。

あ・・そう言えば、ドキドキのまこぴーはオムライス調理の際に、卵をうまく割れませんでしたし、
プリキュア5のかれんさんに至っては「卵雑炊づくり」の際に普通に卵の中に殻を落としていましたし、
それを見ていたこまちなんかも「あら~、卵の殻はカルシウムの栄養があるから別にいいんじゃないの~」
とか何とか言っていた頃から比べると
後輩たちも随分と進化をしたものですね・・・(笑)


0eefca23-s_convert_20161128104720.jpg



64180524-s_convert_20161128104803.jpg



「こやつはオルーバの手先。ヤツの命令でリンクルストーンを盗んできたのだ!」と
あっさりとチクルンの正体をばらすシャーキンスでしたけど、
ばらされて頭を抱えるチクルンは、ハピネスでキュアフォーチュンから「この世界にサイアークが撒き散らされる
原因をつくったのはキュアプリンセス」とやはり秘密をばらされて頭を抱えるひめと
なんか似ているような感じもありました!
ま・・いおなはあの頃は融通が利かない御方で
「私はあなたを許さない! 絶対によ!」と公言しちゃう人でもありましたけど、
魔法つかいのプリキュア達は本当に優しい人たちばかりですよね! (笑)

チクルン決死の変身アイテム奪取も立派でしたけど、プリキュアたちを一度は裏切ったチクルンに対して
「女王さまにも、モフルンたちが一緒に謝りに行くモフ」とか
「まずはプリン食べるモフ・・」と優しく語りかけるモフルンはもっと立派だったと思います!

さてさて、この回をもってチクルンもプリキュアの正式なお友達入り!!

そして物語はいよいよ最終決戦に向かって動いていくことになります!

なんかあれは、蜂が熊に改心を促されてデレるみたいな雰囲気がありとってもよかったです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

チクルンのオマージュ

チクルンのことをばらすシャーキンスと頭を抱えるチクルン…いおなが「この世界にサイアークが撒き散らされる原因をつくったのはキュアプリンセス」と秘密をばらし、ひめが頭を抱えるところは全くその通りです。チクルンがリンクルストーンを盗み、シャーキンスに渡すところも、かつてシロップがローズパクトを盗み、アナコンディに渡しかけたところを彷彿とさせていました。
チクルンがオルーバに従っていた理由は、妖精の里でサボっていたところをオルーバが目撃、オルーバから「ばらして来よう」と言われたところ、女王から叱られることを恐れて「何でもしますから秘密にして」という…。以前オルーバの台詞に「あのことを言いふらしてもいい」のようなものがあり、この台詞の秘密はこのことだったようです。敵から味方になった妖精はセイレーン(エレン)やファンファン(ファントム)以来でしょうか。もしエレンやせつな、トワがいたら、チクルンを諭していたことでしょうか。映画NS2でグレルを諭したように…。妖精の里の女王ですが、デストマストが操っていた…とは考えたくないです…。
チクルンの背後に立つと「つっつくぞ」とは、ゴルゴ13のほか、それをモデルにしたこち亀の登場人物「ボルボ西郷」も、人が背後に立つと無意識に乱射する癖があります。
蜂蜜プリン作り、「卵ぐらい自分で割れ」などのようなツッコミが出ていました。モフルンとチクルンが蜂蜜を持って来ますが、ゆうこなら大喜び、そしてハニーキャンディの原料に使いそうです。

Re: チクルンのオマージュ

鎌倉快速 様


あ・・・、そう言えばシロップも一瞬ローズパクトを渡そうとしていましたけど
「やっぱり嫌だ!」と拒否していたのはチクルンとの違いなのかもしれないですけど、
チクルンのお咎めが無しだったのはいかにもプリキュアらしい話だったと思います。
これでチクルンも正々堂々プリキュアの仲間入りですので、最終決戦まで活躍を楽しみにしたいと思います!

チクルンは敵→プリキュアへの転身キャラとしては、
葛藤が少ないという意味では大変画期的なものがあったとも思いますね。

「ボルボ西郷」・・・・うーーむ、なつかしいですね! (笑・・)

ゆうゆうだったら確かに蜂蜜は応用範囲が広そうですね!

チクルンやっぱり可愛いですね(o^^o)
プリキュアのお友達になれたみたいで、
良かったです(^^)
たくさん活躍してほしいです!

チクルンと開かずの扉

先程、アニマックスで放映されていた「ゲゲゲの鬼太郎」(第4作。松岡洋子版)を観て思い出したことですが、どうもチクルンの立場はねずみ男に似た印象があるように感じました。ねずみ男の場合は欲に目が眩んで鬼太郎の敵方につき、最後にコケるか鬼太郎やねこ娘らに懲らしめられるか、改心して鬼太郎に味方するかのパターンです。この第4作では鬼太郎役がキュアエンプレスの妖精・メラン役の松岡さん、ねこ娘役がれいかと同じ西村さんでした。ねずみ男は第4作で千葉繁さん(エターナル館長)、第5作で高木渉さん(ウラガノス他)の担当でした。
話をプリキュアに戻します。あの開かずの扉が出現したときのことです。MHでポルンがホームシックにかかる回があり、このときにその扉が出現したならポルンは光の園に帰れる…とも考えていました。さらになおがカタツムリニアに乗らずに魔法界に行く場合の手段にもなりそうです。開かずの扉、まさにどこでもドアのような印象です。

安堵しました!!

kirakiya.rumari 様


そうなんですよ!!

あのチクルンが意外と(?)あっさりとプリキュアサイドに立つことになり、無事に改心(?)してくれましたので
安心したものです!

これでチクルンも晴れてプリキュアの味方ですし、これからの活躍とツッコミが色々と
楽しみになってきそうです!

Re: チクルンと開かずの扉

鎌倉快速 様


なるほど!

「ゲゲゲの鬼太郎」にもこうやって「プリキュア」との素敵な共通性もあるものなのですね!

その関連性は私にとっては全く思いがけない事でもありましたので、色々と教えて頂き、
いつもながら「感謝、感謝」という感じです。
ありがとうございます!

ねこ娘がれいかさんとはなんか笑ってしまいそうですね・・

ラストのあの扉で「妖精の里」に行くのでしょうけど、あれはまさに「どこでもドア」の世界ですね! (笑)

斎藤キャラへのジンクス

度々すみません。チクルンの仲間入りで、思い出したことがさらにありました。
ある話によれば、モフルンは日向みのり(咲の妹)と同じ齋藤彩夏さんが演じており、「一般人の小学生(みのり)との交流で考えが変わった」桐生薫、そして映画のクマ太といい、「齋藤彩夏さん演じるキャラと交流した敵キャラは、その魅力に逆らえない」というのがプリキュアの絶対的な法則…というような話が聞かれています。

Re: 斎藤キャラへのジンクス

鎌倉快速 様


これは「なるほど!」と感じさせてしまう鋭いご指摘ですね!

みのりのあの「ロリボイス」はとっても可愛くて魅力的でしたね!

モフルンもクマ太もあのみのり役の声優さんだったのですね!

あ・・・そう言えば、SSの薫は途中で無念の声優さん交代があったのも
なんだか懐かしい話でしたね!

モフルンとクマ太

>モフルンもクマ太もあのみのり役の声優さんだったのですね!
違います。クマ太役は浪川大輔さんです。ウィキペディアによると、物語終盤にて、キュアモフルンとの激闘の末、自身の攻撃によって元のぬいぐるみの姿になったモフルンをみて嘆き悲しみ、自身の魔法の能力そのものが嫌になり、その感情が暴走して身体から魔法の力が抜けだしてクマタの姿へと退化し、抜けだした魔法の力は「シャドウマター」という闇の化身になって暴走する、とのことでした。混乱させてしまいすみません。
浪川さんはクマ太、ダークマター、シャドウマターと三役を担当しており、代表作には石川五ェ門(ルパン三世)などがあります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3310-b9d7a22f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |