プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.花輪高校


C/三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲(A.ベルク)


1978年に小林先生が花輪高校に赴任され、ラフマニノフの1番~ショスタコ―ヴィッチの1番~
ハチャトゥーリアンの2番~プロコフィエフの3番と
「俺が花輪の小林だっ! どだっ! 参ったかぁー!」みたいな独特のロシアマイナーシンフォニー路線を歩み、
小林先生のこの間の歩みは、まさに「軌跡は奇跡!」みたいなものだったと思います。
本当に素晴らしい名演が続出していました!
そうした順調な軌跡の中、1982年の東北大会では、ウィリアム=ウォルトンの「交響曲第一番第四楽章」を
感動的に高らかに鳴り響かせてくれて、当時、吹奏楽とかクラシック音楽なんかそれほどまだ興味がなかった私自身を
クラシック音楽の深い森の中に引きずり込むきっかけを作ってくれたのですけど、
結果はダメ金で全国大会に進めないという大変残念なな結果になったものでした。
私としては今でもそう感じるのですけど、是非是非全国大会の普門館の聴衆にあのウォルトンの孤高な世界を
聴いて欲しかったですし、出来ればあの交響曲のテーマでもある
「人間の不安感は不安をもって対処するしかない」という不安と葛藤のシンフォニーのあの重量感ある響きを
伝えてほしかったです!
そしてCBSソニーから出ている「日本の吹奏楽」というレコードという一つの記録媒体にあの素晴らしき花輪の演奏を
しっかりと刻印して欲しかったですし、
目に見える音源として永遠に記録を残して欲しかったです!

そしてその翌年に小林先生=花輪高校が自由曲として選んだ曲が、ベルクの「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲
というものだったのです。
タイトルを初めて耳にした時の私の率直な感想と言うものは、
「そっか・・花輪高校の小林先生は前年のダメ金が余程悔しかったのかな・・」
「今までのような難曲のマイナーシンフォニー路線から、万人受けする明るく爽やかなマーチ路線に
シフトしたのかな・・」と当時は思ったものでした。
(当時高校生の自分には、ベルクみたいな無調音楽の存在は知る由もなかったです・・
 というか、マーチという曲のタイトルから「そうなんじゃないのかな・」と勝手に連想しただけです。)

だけど・・・ そう! 花輪高校の小林先生はそんな一年足らずの挫折だけで、自分のやりたい音楽を
引っ込める御方ではないのです!

でも当時は、まさかああいう無調音楽バリバリの路線で勝負を掛けてくるなんて夢にも思わなかったです。

この演奏を初めて聴いた時は、「何じゃ、これ?」という感じでした。
だってメロディーは全くないし、喜怒哀楽のような表情が全くないし、
何となく音符を機械的に割振っただけのような感じもありました。
当初は、「一体この曲のどこが行進曲なの・・?」みたいな思いで一杯でした!

このベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」は、とてつもない陰鬱な曲でして、
この曲を耳にしただけで「生きているのが嫌になってしまう・・」みたいな感じでもありました。
前年のウォルトンの1番が「不安感」をテーマにした曲とするならば、ベルクのこの曲は、私のイメージでは
不安どころじゃなくて、絶望・死・憂鬱・負の連鎖みたいな言葉がぴったり合いそうな感じです。
さてさて、この曲は途中で視聴覚的にとてつもないインパクトを与える箇所が登場します。
何かと言うと、打楽器奏者が木製のハンマーを持ち、このハンマーでもって鉄の棒らしきものを叩きつける
場面があったりもします。
あのハンマーは、叩きつけられた瞬間に「ゴツン!!」ととてつもない残響音を発生させ、
聴く者に間違いなくインパクトと驚きは与えていると思います。
ちなみにですけど、マーラー/交響曲第6番「悲劇的」~第四楽章でもこのハンマーの叩きつけが登場しています。
参考までに・・マーラーはベルクの師匠でもあります。
マーラーの場合のあのハンマーが象徴している事は「英雄が一撃で倒されること」との事です。
ベルクの場合はどうなんだろ・・・? あのハンマーは「どうしようもない自分の運命を呪う呻き」みたいにも聴こえたりもします。

「日本の吹奏楽83」のレコードの裏ジャケットには、花輪高校の演奏写真がカラーで掲載されていて、
その演奏写真を見てみると、打楽器奏者の一人が、まさにハンマーを叩きつけている演奏箇所のようにも見えます。

結果的にこの年の花輪高校の演奏は、吹奏楽コンクールとしては銅賞という評価を得ているのですけど、
花輪高校の演奏は決して悪いものではなく、技術的には確実性があります。
1983年の同じ銅賞でも、関東一高とか日大豊山みたいな演奏と同一レベルでは絶対にとらえて
ほしくないと思います。
あの曲の難解さや鬱々とした感じが審査員に受け入れられなかった事なのだと思いますし、同時にこうしたコンクールは、
審査員の好き嫌いが間違いなくあるもんだな・・と感じたものです。

1983年前後の高校の部って、まだ普通にヴェルディとかワーグナーが自由曲として演奏されていて、
ベルクやシェーンベルクみたいな超難解の無調音楽バリバリの音楽を
自由曲にしようなんていう発想はまずありえなかったと思います。
だけどそうした従来の「吹奏楽コンクールの非常識」にあえて積極果敢に挑戦し、
「吹奏楽コンクールは常識に囚われてはいけない世界」という事を私たちに提示してくれた花輪高校の小林先生の
功績はあまりにも大きいと思いますし、
この小林先生の姿勢に、この演奏から33年後の私から、強く強く敬意を表させて頂きたいと思います。

1983年のBJ12月号の講評において、花輪高校の演奏は、とある審査員から
「あの演奏は曲解である」と評されていましたけど、この場合の「曲解」とは「音楽の解釈上での誤解」との事らしいです。
でもそれって違うんじゃないのかな・・・・?
音楽という一つの素材をどのように料理し、その素材からどのような表現をもって聴衆に自分たちが伝えたい音楽を
伝えるのかというのが指揮者の役割なのだと思いますし、
指揮者というものは自分の解釈を最大の拠り所にして音楽づくりをしていくのだと思います。
だからそうした「指揮者としての解釈」を単に「曲解=誤解」という表現でバッサリ切り捨てるのも
果たしてどうなんだろ・・と、1983年に高校生だった私は考えておりましたけど、その思いは今も全く変わっていないと
思います。
確かに小林先生=花輪の課題曲C/カドリーユは、少し風変りです。
テンポをいじくり廻しているし、この課題曲はどちらかというと前のめりみたいな感じのほうが曲のイメージには
相応しいのかもしれないですけど、花輪のカドリーユは、少し後ろのめりみたいな感じがあり、
なんとなくわざとリズムを後ろにずらしてどことなくですけど「音を引きずっている」みたいな雰囲気を
出しているのかな・・?と私的には感じております。
だけどそうした解釈は小林先生の自由な発想と音楽づくりに基づくものですし、それも一つの立派な音楽表現なのだと
思います。
(自由曲を含めて聴く人による好き嫌いがはっきりと分かれる演奏というのは私も認めますけどね・・)
指揮者がその音楽から何を感じ取り、それをどう表現するかは指揮者の自由であり、それは最大限尊重して
然るべきものじゃないのかな・・?
だって・・そんな「曲解」なんて言葉を出されてしまうと、そうですね・・・たとえばクラシック音楽の巨匠と言われる先生でも、
ストコフスキー指揮/フィラデルフィア管弦楽団のあの個性的な演奏は、まさに「曲解」だらけだと
思うのですけどね・・・・

自由曲のベルク/三つの管楽曲~Ⅲ.行進曲ですけど、
今現在の感覚で聴いても「よくこんな難解な曲をこれだけ立派に消化したもんだ・・」と舌を巻くばかりですね!
小林先生のアレンジも原曲の雰囲気を全く損なわせない素晴らしい編曲だと思います。
確かにあの花輪の演奏も、そうですね・・・たとえばカラヤン指揮/ベルリンフィルの王道的解釈から見てしまうと、
確かに「曲解」と言われてしまうのかもしれないですけど、
高校生の技術・感性でもってあそこまでベルクの「陰鬱で無機質な世界」を立派に表現していたのは
驚異的だと思います。
あの演奏を改めて聴いてみても、技術的に消化できていない箇所はほぼないと断言したって構いませんし、
トロンボーンの弱奏の幽玄極まりない音とかトランペットの勇壮さと狂ったような感じの混在感とか
全体をしっかりと支えてコントロールしている強いクラリネットセクションなどは本当に立派だと思います。
原曲は前述の通りバリバリの無調音楽なのですけど、そうした曲を演奏した楽器がたまたま管楽器と打楽器のみであったと
言ってもいいほど、原曲を尊重したというのか原曲の雰囲気を壊さずに
吹奏楽としての「無調音楽」に積極果敢に挑戦した大変意欲的な演奏とも言えるのだと思います。

最後に・・・

ブレーン社の「レジェダリシリーズ」の第一弾が発売されていた当時、
確か初回特典として「第一弾の5枚のCDを購入された方に、埋もれている名演三つを収録したCDを
プレゼント!」というものがあったと記憶していますけど、その三つの中に、
銅賞ではあるのですけど1983年の花輪のベルクが収録されていたと思います。

そうですね・・・これは私から言わせて頂くと「わかっている人はちゃんとわかっているんだねぇ・・!!」というもので、
当時の私も妙に嬉しかったものでした!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

どうしても見つからない音源。。。

この1983年の前後2~3年や平成になってからの小林先生指揮の花輪高校の演奏はYouTube等、何らかの動画は見つかるんですが、この年だけはどうしても見つかりません……。
惜しくも東北大会で涙をのんだ年の演奏もUPされているのに、この年はどうしたことでしょう。音源をお持ちの方がいらっしゃればぜひともUPしてほしいですね。
1983年は東北大会~高校Aクラスの部で悲願の秋田県勢東北代表独占の年、そして今や社会人バンドの代表格である大曲吹奏楽団が全国大会初出場を決めた年として、関係者ではありませんでしたが同じ吹奏楽をやっている秋田県人として嬉しかった年でした。
この花輪高校で東北代表では一番最初の出演順なのを考えると、東北代表の出演順は本当によかったんですね。しかも秋田南高校の出演順は一番最後だったし。
結果としては秋田南高校と仁賀保高校が銀賞、そして花輪高校が銅賞と審査結果としては残念なことだったとは思いますが、審査結果を超越した感動があったと確信します。
ここ数年、高校の部の秋田県勢は小編成部門も含めて、残念ながらやや不振なところはありますが(これは中学の部にもいえますが)、そういう中でも結果を意識せず、個性ある自由曲の選曲をして、音楽的には多少アバウトな演奏でもライヴ感かある演奏を期待したいです。(個人的には、先輩格の秋田吹奏楽団と大曲吹奏楽団の演奏を聴いて勉強してほしいです)
管理人様、話がそれた上に長文失礼いたしました(笑)。

銅賞だけど、まさに先駆的名演だと思います!

一秋田県民 様


1983年のベルクは、当時高校生だった私の脳みそを直撃破壊する壮絶な名演だと思います。

あの時代にベルクを取り上げる発想自体の小林先生の偉大さを痛感させられますね!

記事でも書いた通りブレーン社の「ボーナス盤」の一つとして83年の花輪は収録されていますけど
たぶん入手は相当困難なのかなと思います。
その意味では「日本の吹奏楽83」のレコードは大変貴重ですね!

83年といえば、大曲も「トリティッコ」で全国に出場されていましたね!
特に第二楽章の落差の大きさが大変強く印象に残っています。

秋田県の吹奏楽の歴史は「偉大」です!

その歴史の重さに敬意を払いながら、その貴重な財産を受け継いだ現役の奏者の皆様にも
是非是非「過去」を超えるような素晴らしい演奏に期待させて頂きますし、
間違いなく出来ると確信しております!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3309-bdc0849c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |