プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回は「プリズムリバー三姉妹」についてほんの少しだけ語らさせて頂きたいと思います。
今年の冬頃にプリズムリバー三姉妹の事は一度語らさせて頂いてはいたのですが、
どうして今回急にこの三姉妹について記事にしてみようかと思ったかと言うと、
当ブログの大切なブロとも様のお一人で、同時に当ブログの素敵すぎるヒロインのお一人でもある
「五月雨日記」<仮の宿>を運営されている風月時雨さんが11月に描かれたこの「プリズムリバー三姉妹」が
とっても素敵に描かれていて、三人の姉妹の「個性」がそれぞれ魅力的に的確に描かれているのを拝見
させて頂きまして
「あーー、やっぱり幻想郷内で古くから音楽を担当しているこの3人の騒霊姉妹もいいもんだ!」と思い、
風月時雨さんが描かれたこの三姉妹をベースに何か記事を書かせて頂きたいなと思い立ち、
風月時雨さんからのイラスト転載の快諾も頂けて、今回掲載をさせて頂きました!

そして今回なのですけど、この記事の一つ前の記事が「クラシック音楽カテゴリ」になっておりまして、
そこでテーマにしている曲がマーラー/交響曲第3番「夏の朝の歌」とさせて頂いております。
そしてこれは初めての試みなのですけど、どちらかというと堅めのクラシック音楽記事に「東方」ネタとか
東方のイラストをコラボさせて頂き、その記事の中にも前述の風月時雨さんの素晴らしいイラストを転載させて
頂いております!
クラシック音楽と東方イラストのコラボという初めての試みなのですけど、
そうしたある意味「実験台」(?)にさせてい頂く事もご了解して頂けた風月時雨さんに
「ありがとうございます!」という感謝の気持ちをお伝えさせて頂きたいと思います!
この記事をご覧になって頂けた方は、もしも宜しければですけど、この後の記事もご覧になって頂ければ
とっても嬉しいです!

本記事でもって、「プリズムリバー三姉妹」の中で長女のルナサと三女のリリカを取り上げさせて頂き、
この一つ後のクラシック音楽記事で次女のメルランを取り上げさせて頂きたいと思います。

「プリズムリバー三姉妹」は、彼女たちも楽器【ルナサ→ヴァイオリン・メルラン→トランペット・リリカ→キーボード兼打楽器】を
奏でていますし、
一応私自身もかつては10年以上楽器を吹いていた経験があり
彼女達と私は「楽器を奏でる」という大変大きな共通点があり、その意味においては
結構早い段階から気になっていて、東方で大好きなキャラでもあります。
(と言うか、東方で好きじゃないキャラはほぼ皆無で、全員大好き!という感じです!)

さてさて、この「プリズムリバー三姉妹」ですけど実はこの3人には元々血の繋がりはありません。
いわば義姉妹関係という感じです。
東方の世界では結構「姉妹関係」が存在していて、例えば・・・さとり様・こいしちゃんの古明地姉妹とか
スカーレット姉妹とか綿月姉妹とかいますけど、彼女たちは実姉・実妹の関係です。
ちなみにですけど、音楽を奏でる姉妹というのもありましてそれが「九十九姉妹」です。
この「プリズムリバー三姉妹」なのですが、元々はプリズムリバー家の四女であったレイラ・プリズムリバーという御方が、
自分自身の姉達をベースにしていわば「魔力」みたいな感じでいわば「幻の存在」として生み出されたものです。
最初は単なる幻影・幻聴のようなものだったらしいのですけど、次第に自我と実体を持つようになったとの事です。
本来こうした存在と言うのは、主の死亡と同時に消滅というパターンを辿るものなのですけど
この3人は・・・・消えなかった・・・
そして・・・楽器を吹く事と演奏する事を覚えていき、「楽団」を形成し、
お祭り会場等でライヴ演奏をするようになり、次第に幻想郷内でも認知され始め、ファンクラブのようなものも
結成され、かなりのファンが存在するようになったという感じです。
「プリズムリバー三姉妹」の分類としては、妖怪とか精霊というものではなくて大まかに言うと「幽霊」に近いものが
あると思います。
実体はあってないようなものなのかな・・・?
だけど、「幽霊」といってもゆゆ様=西行寺幽々子みたいな本格的な(?)亡霊ではなくて、
また妖夢のような半人半霊みたいな存在でも無くて
厳密に言うと「騒霊」=ポルタ―ガイストみたいな位置づけとの事です。
阿求ちゃんによると、
「幽霊ではないのだが、他に分類する項目がないのでとりあえず幽霊として分類しておく・・」というアバウトな
立ち位置のようですね。
「プリズムリバー三姉妹」の能力は「手足を使わずに楽器を演奏する能力」なのですけど、
彼女達の演奏は、彼女たちが各々担当しているヴァイオリン・トランペット・打楽器の三つの音しかしない訳ではないのです。
阿求ちゃんが指摘しているように、
例えば二女のメルランが吹くトランペットの音は、トランペット単体の音ではなくて
「金管アンサンブル」のように幾つもの複数の音がしているとの事ですけど、
持っている楽器自体から音が鳴っているのではなくて
楽器自体はあくまで「象徴」という感じなのが面白いと思います。
ま・・・要は・・・
プリズムリバー三姉妹が鳴らす「音」自体が「音の幽霊」という感じなのかもしれないですね。

プリズムリバー三姉妹はかなりの人気楽団のようでして、
なんと・・・
妖怪たちの宴会だけにとどまらず、冥界からもお花見の時期にはお呼ばれしているようですので
これは・・・妖夢から依頼を受けた白玉楼の主のゆゆ様に対しての演奏会なのかも・・・?

この三姉妹は、長女:ルナサ、次女:メルラン、三女:リリカの三人から構成されていますけど
3人ともみんな可愛いですよね!!
ルナサは陰気とか暗いとか言われたりもしているようですけど
私はああいうしっかりものの真面目なおねーさんは大好きです!!
リリカは一番ちびっこいのに一番大きい楽器を担当していてその健気さと元気さが人気の秘密なのかもしれないですね。
この三姉妹の一番人気は三人の中では一番明るくてノリがいいメルランなのかもしれないですね。

上記でちらっと書きましたが、東方の世界においては血の繋がりが無い姉妹関係と言うと
他には「九十九姉妹」という姉妹がいますけど、
この九十九姉妹も、プリズムリバー三姉妹と同様に「楽器」を扱い、
プリズムリバーは西洋の楽器を、そして九十九姉妹の方は琵琶と琴という和楽器を扱っている点が
相違点であり面白いと思います。
できれば、プリズムリバー三姉妹と九十九姉妹の共演が実現出来れば、
それこそ「西洋」と「和」の融合が穿かれるのかもしれないですよね。
それともしもですけど、プリズムリバー三姉妹がボーカルと共演しようと考えた場合、
やはりうってつけなのはミスティア・ローレライあたりなのかな・・・?、それともミスチーのパンクロックバンドのお相手の
響子でも面白いのかもしれないですね!








「プリズムリバー三姉妹」の中では、まずは長女のルナサを簡単にご紹介させて頂きます。

上記でちらっと書いた通り、ルナサの性格は、陰気とか暗いとか評されることが多いのですけど、
別に根暗とか性格が悪いとかそういう事ではないと思います。
むしろ、真面目とかしっかり者とか二人の妹思いとか「プリズムリバー楽団」のリーダーとしてのしっかりとしたサポート役
というプラスの印象が大変強いと思います。
というか・・「長女」というとやはり「おねえさんなんだからしっかりしないと・・」みたいな周囲からの目に見えない
プレッシャーもあり、どちらかというと自分を抑えがちみたいな傾向もあるのかもしれないですけど、
そうした意味においては、このルナサは典型的な長女タイプと言えるのかもしれないですね。

長女のルナサが弦楽器担当、侍女のメルランが管楽器担当、そして三女のリリカが打楽器を担当という事で
これはこれでもう立派な弦+管+打の「ミニオーケストラ」として成立していると思います。
上記で書いた通り、一人一人が複数の楽器を同時に鳴らせる訳ですから、これはもう完璧な指揮者無しの管弦楽団として
十分機能的に成立していると思います。
そして長女のルナサが奏でる楽器は「ヴァイオリン」なのですけど、このヴァイオリンを通して
弦楽器全般の音をたった一人で奏でているのでしょうね。
ルナサは、「長女」というイメージ通り、落ち着いた感じで「鬱」の音楽を担当しています。
明るい感じのメルラン、少し暗い感じのルナサ、そして二人の姉の音を中和させるのリリカ・・・
やはりこの楽団はかなりバランスが取れているのだと思います。
ゆゆ様が白玉楼で催されるイベントにこのプリズムリバー三姉妹をよく招くという設定も大変よく分かりますね!
というか、幽霊・亡霊同士、話が合うのかもしれないですね・・(笑)
ルナサは、長女的立場として、「プリズムリバー楽団」の中では、妹二人を日々管理・指導する役割という意味において、
苦労人みたいな香りも漂うと感じるのですけど、
苦労人ポジションの観点では、白玉楼の妖夢と意気投合しそうな雰囲気もあるのかもしれないですね。
ルナサの場合は、楽団内の事務方・外部折衝窓口担当というマネージャーの役割も担い、同時に
楽団内においては、リーダーとして・・選曲とか曲順とかライヴ中の全体の音楽へ注意を払ったりと
オーケストラでいう所の「コンサートマスター」みたいな役割も担っていると
言えるのかもしれませんね。

さてさて・・上記のルナサ・プリズムリバーを描かれたのは、
当ブログの大切なブロとも様のお一人で、同時に当ブログの素敵すぎるヒロインのお一人でもある
「五月雨日記」<仮の宿>を運営されている風月時雨さんなのですけど、

掲載時の風月時雨さんのお言葉を引用させて頂きますと・・・

「まずは長女のルナサ。個人的にはしっかり生真面目でクールな性格、黒のシック
な衣装に金髪ショートカットが似合って見た目も3姉妹の中で1番好みです。
背景は楽譜イメージ。フリルとボタンの立体感を意識しつつ。ルナ姉の愛称は
可愛いですね。」

おーーっと! この三姉妹の中では、風月時雨さんと私の一推しが一致しとても嬉しいです!! (笑)

そう! 私もこの三姉妹の中では一番好きなキャラは長女のルナサだったのでした!!

やっぱりこういう真面目でしっかりもののお姉さんは素敵ですよね!

風月時雨さんが描かれたこのルナサのクールで知的な雰囲気が素晴らしいですよね!
一見クールなんだけど、間違いなく常に二人の妹たちの事をあれこれと気遣ってくれる強さと優しさが両方伝わってくる
とっても素敵な一枚だと思います。
全体のトーンは黒なのですけど、陰鬱という雰囲気は感じさせず、むしろ「落ち着いている」みたいな雰囲気を
出させているのは絵師様としては大変難しいと思うのですけど、そうした事をさり気なくやってのける風月時雨さんの
絵師様としての「気合」も感じさせてくれる素晴らしい一枚だと思います!
ルナサだけ音符がいかにも「楽譜」で書かれたような仕上がりなのも
面白い描かれ方だと思います。
金髪も可愛いですし、目に力を感じる描き方も大変巧いと思います!



tohoririka3.jpg




続きまして三女のリリカです! 先ほどのルナサに続きまして上記のとっても可愛いリリカを描かれたのは
風月時雨さんです!
このイラストについては後半に触れさせて頂きますね!

それにしても三女のリリカは本当に可愛いですね!

末っ子で一番背が小さくて、小さくても一生懸命楽器を奏でている点が人気の由縁なのだと思います。

ルナサが落ち着いた感じで「鬱」の音楽を担当し、対照的にメルランがライヴにおいてもセンターボジションから
ノリノリで聴衆を煽ったりするなど威勢の良い「躁」の音楽を担当する中で
このリリカの果たすべき役割とは・・・・
やはり躁鬱という相反する「感情」を中和するという感じなのでしょうね。
そうした点が阿求ちゃんから、最も人間らしい性格で話がしやすいし、常識的で、安心して聴く事が出来ると
高い評価を受けている理由なのだと思われます。
東方文花帖におけるあややのリリカへのインタビューによると、
ルナサは「鬱」・メルランは「躁の感情の起伏」を、リリカは「残った想い」を曲にしている
とリリカが語っていますけど、
分かりやすく言うと、とかく両極端に聴こえかねない二人の姉の音楽を
あえて自分が二人のそうした「感情」という毒を抜いて中和させて、躁でもなく鬱でもなくそれ以外の感情を
安らかに自分なりに表現したものだと言えると思います。
姉達の音に乗っている別々の感情の強さや質に合わせた想いの乗った音を、
演奏中リアルタイムで調整しつつ鳴らしていますし、
鬱」と「躁」の音をまとめて聴きやすくする効果も的確に果たしていると思います。
三姉妹の演奏が耳障りの良くて安心して聴けるものになるのは、実はリリカが陰で色々と頑張っているおかげなのかも
しれないですね!!

上記のとっても可愛いリリカを描かれたのは、ルナサに続きまして、風月時雨さんです!

掲載時の風月時雨さんのお言葉を引用させて頂きますと、

「ロリ全開!(笑)ウインクで楽しそうに演奏、服の白い部分はクレヨンツール
仕上げ。赤が鮮やかなデザイン、キーボード、周りの人魂の表現がお気に入り♪」

このリリカはまさに「可愛らしさとお茶目さ」に溢れていて、まさに素敵な三人姉妹の末っ子だと思います!

赤のコスチュームがエネルギッシュなリリカの演奏スタイルにも びたりととマッチしていると思います!!

この屈託のない笑顔がとても素敵です! ウィンクもとってもキュートです!

それと・・・このキーボードの描き方が巧いですね!  さすがも元楽器経験者!と申し上げたいです!
この話書いちゃっていいのかな・・?
実はなのですけど、風月時雨さんもこのポンコツ管理人同様吹奏楽部経験者でいらっしゃいまして、
風月時雨さんと私が吹いていた楽器が共に「クラリネット」というのはまさに嬉しすぎる偶然でした!!
そうですね・・・だからこそ、このリリカもそうですし、前述のルナサもそうでしたけど、
楽器に対する「愛情」みたいなものも、私はこのイラストから素敵に感じとり、
人物の描き方ではなくて、こうしたモノの描き方にも風月時雨さんとしての「気持ち」が素敵に込められているのを感じ、
やっぱり風月時雨さんは素敵な御方だなぁ・・としみじみ実感したものでした!

そうそう、確認ですけど、当ブログでの風月時雨さんのイラスト使用・転載は、
あくまで風月時雨さんのご厚意によるものですので、無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

今回の記事、およびこの後のマーラー/交響曲第3番記事は、風月時雨さんの素敵なご協力無しには
とても書けないものでした!
風月時雨さん! 今回は色々とありがとうございました!
どうかこれからも何卒宜しくお願いいたします!

ちなみにですけど、風月時雨さんの プリズムリバー3姉妹! 記事では、この3人が勢揃いしていますので、
こちらの方も是非ご覧になって頂ければ幸いです!

→ プリズムリバー3姉妹!

最後に宣伝ですけど、12/12は、風月時雨さんの「五月雨日記」<仮の宿>の開設5周年となります。
当ブログでは、それに対する「おめでとう記事」を掲載させて頂く予定ですので、
どうかこちらの方もご覧頂けると幸いです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。こちらの記事ではたくさんのお誉めのお言葉ありがとうございました!
これから更新するぐーや&もこちゃん記事で本日更新の2記事の紹介&リンク貼り
もさせて頂きますね。1人でも多くの方にこの記事やすぐ下の記事を見て頂ける事
を願いながら、ぬくぬく先生様の魅力が伝わるように、感想はそちらでたくさん
書かせて頂きます!ちなみに少ししてから眠ってしまいましたが…本日更新の
記事は両方共、拍手1番乗りできて嬉しかったです(笑)

ひっきちゃんの件にも素敵なお言葉の数々、追加のご感想ありがとうございます!
今度ひっきちゃんに送るメールの中でもお話させて頂きますね!
ひっきちゃんからの温かいお言葉は…ボケッとしてしまうほど舞い上がって
しまいますよね(笑)そしてひっきちゃん自ら無から有を産み、創造した
創作オリジナルの2人も優雅で美しく、個性的で…独創性溢れて魅力的!
素晴らしく、生き生きと輝いていますよねー!!やはりぬくぬく先生様も
私のように(笑)ライラちゃんの強さ、美しさに魅かれちゃいますよね!
そして私が苦手とする(滝汗)建物等風景描写もすごいですよね。
ひっきちゃんは来年の私のお誕生日に向けて、私の小説の一部を漫画化して
くれる予定です。来年のひっきちゃんの活躍も乞うご期待です!

最初の方の記事は…私もそうでしたが(笑)今より文章が少なめでしたね!
ぬくぬく先生様は今でもショート記事を書かれていらっしゃいますが、それと
同じ位かも…?それとやはりお互い、過去記事の読み返しは…恥ずかしいもの&
なつかしいものがありますよね。こちらこそ「温故知新」のように今との違いを
再認識させてくださるきっかけをありがとうございました!忙しいと忘れがち
ですが…たまにこうして開設当初の目的や…初めてメッセージを頂けた時や
紹介頂けた時の新鮮な嬉しさ…等々思い返すのも良いな、と思います!

そして私のジャンプ系作品愛を感じて頂き(笑)かなり初期の作品の
Toloveるダークネスのヤミちゃんに温かい感想もありがとでした!ぬくぬく先生
様もお読みだったようで嬉しいです。今もこの作品ではヤミちゃんが1番です!
ツイン、ミニスカ、クールな雰囲気とっても素敵と言って頂け感激です☆そして…
あの台詞はヤミちゃんに相応しいですよね♪今のダークネスはたまにそわそわ
しながら立ち読みしています!個人的にはWJ本誌のギリギリ感が好きでした(笑)
白黒アナログ時代も素敵、どことなく「なつかしい…」みたいな味わいもあって
素晴らしいと言って頂けとっても嬉しいです!また適度に白黒絵も入れたいです!

いつもたくさんの温かいお言葉、本当にありがとうございます☆私も素敵な長文
コメントを嬉しく読ませて頂いてます!母校やゆかりのある高校に関する記事の
感想は…今後もメッセージ等非公開で触れさせて頂けると良いなぁと思います!
そしてもったいないお言葉でたくさん褒めて頂け幸せ者!な関西の素敵な薬剤師様
&ライター&絵師のとある方…の喜ぶ姿が目に浮かびますね(笑)

年末という事もあり…来週はあまりお話ができないかもですが…(涙)朝ご飯でも
祖母のシチューを食べつつお仕事も頑張りたいです!ではまた紹介させて頂く
記事の方でもお会いできると幸いです。読んでくださり、ありがとでした☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3306-38ea47dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |