プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ベリーを摘んだらダンスにしよう」は1994年の吹奏楽コンクール課題曲Ⅰです。

いや~、自分で言うのもなんですけど、とっても懐かしい課題曲ですね。この課題曲が吹奏楽コンクールで
演奏されていた頃は、私が吹奏楽コンクールを卒業してから既に7年の歳月が流れていましたけど、
この課題曲は、「自分が現役奏者の頃だったら絶対に演奏してみたい課題曲の一つ」だと思います。
既にこの年のコンクールから22年以上経過しているのですけど、この課題曲の素晴らしさは永遠に受け継がれていくといいな・・
と思っています。そのくらい大好きな課題曲の一つです。
先ほど自分が現役奏者の頃だったら絶対に演奏してみたい課題曲の一つ」と記しましたけど、この課題曲以外では、
90年のランドスケイブとか92年のフューチュリズムとか98年の稲穂の波とか00年の道祖神の詩とか01年のSLが行くなどは
一度は吹いてみたい課題曲の一つですね。

1994年の吹奏楽コンクールの一年前の1993年のコンクールでは、吹奏楽連盟としてかなり大胆な改革が断行されまして、
その最大のものが、従来の課題曲は書き下ろし作品とマーチが混在される形だったのですけど、
93年以降は、奇数年の課題曲はマーチのみ、偶数年の課題曲は比較的長めのマーチ以外の書き下ろし作品のみ
という事になり、それが結構最近まで続く事になりました。
最近のコンクールは、従来型に戻し、マーチと書き下ろし作品が混在型という形式になりましたけど、
私はこの方がしっくりくるような気もしています。
吹奏楽コンクールの一つの矛盾点と言えるのかもしれないのですが、課題曲と自由曲において、技術と表現という
二つの審査基準から採点がされていき、その採点の高い順から金・銀・銅が振り割れられていくのですけども、
例えば1984年の課題曲のように、課題曲A/変容-断章みたいに技術的にも音楽表現的にも大変難易度が高く
演奏する事自体が大変困難な曲があったかと思えば、課題曲D/マーチ「オーバスワン」のように技術的に大変易しいという
課題曲もあったりして、極端に難解な課題曲と極端に平易な課題曲を単に課題曲の採点」という同じ土俵に乗せて
審査するのは果たしてどうなんだろう・・と思う事も実はふとあったりもします。
当時の吹連が意図していた事は、もしかして当時の私が考えていた事と同じことを吹連が考えたのかな・・?とも
思ったりもしたものですけど、易しいマーチならばマーチとしての審査基準、難解な課題曲に対する審査基準が
それぞれ明確に定まっていれば理想的なのかもしれないのですが、
音楽に対する感じ方・捉え方は人それぞれですので、そうした価値基準自体を明確化する事自体に無理があるのかな・・とも
思いますし、こうしたコンクールのいい所でもあり悪い所でもあるのですけど、
そうした「多様な価値観」を一日のコンクールでその違いを楽しむところにあるのかな・・とも思っています。
とにかく当時の吹連としては、課題曲の審査に対して、マーチとマーチ以外に分ける事で、
そうした難解な課題曲と平易な課題曲のアンバランスの解消を図ったという意図が当時はあったのかもしれないですね。

私のようにオールド吹奏楽ファンですと、いまだに課題曲の呼び方はA~Eという表記の方がしっくりきて
現在のⅠ~Ⅴみたいな表記は、実は未だに違和感があったりもします・・(苦笑・・)
ちなみにこの課題曲の呼称が現在のⅠ~Ⅴみたいな表記に変更されたのは1993年の話です。

93年の課題曲はマーチのみで、正直そんなには吹連としての改革みたいな雰囲気は感じなかったのですけど、
94年の課題曲はマーチ以外の書下ろしのみで、この年をもって
「ああ、吹連はやっぱり制度改革を断行したんだ!」みたいな感覚があったりしたものです。
そしてこの年・・・94年の課題曲は、四曲ともかなり難解でしかも長大なものばかりで、
Ⅳの雲のコラージュは6分半~7分程度、ⅠとⅢは6分程度の課題曲としてはかなり時間が長く、
おかげでこの年の自由曲は軒並み5分程度になってしまうというとてつもない珍現象が起きていたものです・・・
その関係で、この年は演奏時間が4分半程度のキャンディード序曲と演奏時間が5分程度のスペイン狂詩曲~Ⅳ.祭りが
異常に演奏頻度が高くなってしまうという現象も起きていたものでした。
そして多分ですけど・・・私が知る限りにおいて、過去から現在の吹奏楽コンクール課題曲の中で
最も演奏が困難で技術的に難易度が高い課題曲こそが、この年・・・1994年の課題曲Ⅲ/饗応夫人なのだと思います!
あの饗応夫人のソロ楽器・・ファゴット・テナーサックスなどを担当した奏者はマジで大変だったと思います・・

それにしても1994年の吹奏楽コンクールを聴衆の立場として聴くと、正直・・この年ほど
「聴くのが嫌になるコンクール」はなかったと思います。というかあの年のコンクールは聴く事自体が苦痛だったのかも・・?
その苦痛の原因の99%は、あの大変な難曲で嘲笑的で分かりにくくてしかもとてつもなく長い「饗応夫人」と
私が吹奏楽コンクール史上一番大嫌いな課題曲の一つである「雲のコラージュ」を何度も何度も嫌でも聴かされることに
あったのかもしれないです・・・(苦笑・・)

そして残念なことにこの年の課題曲はⅢの「饗応夫人」とⅣの「雲のコラージュ」に人気が集中してしまい、
あのⅢとⅣを聴くたびに
「うーーん、頭いてぇ・・・」という状態になったものです・・・

輪を掛けて課題曲Ⅱ「パルスモーションⅡ」もその内容のあまりのくだらなさに、嫌気が差していましたね・・

さてさて、そんな中、正直それほど数多くのチームが選んでいた訳ではないのですけど、
ⅢとⅣの課題曲が続いていた中で、たまーにこの課題曲Ⅰ「ベリーを摘んだらダンスにしよう」が演奏されると
気分としては、まさに「地獄に仏!!」みたいな感覚を当時覚えていたものでした。
この課題曲Ⅰを演奏するチームを見ると、何かホッ・・とするものが間違いなくあったと思います。

間宮芳夫氏の吹奏楽コンクール課題曲は、90年の「カタロニアの栄光」とか
86年の吹奏楽のための序曲とか、どれも魅力的な素晴らしい曲ばかりです。
間宮氏の課題曲は、吹奏楽のための序曲を除くと、打楽器にティンパニを使用しないというのが
面白い特徴のような感じもあります。
間宮氏の意図としては、曲の重低音感を回避し、特に「ベリーを摘んだらダンスにしよう」は、
天国的な色彩と言うのか、フワッとした感じとか、のんびりとした感じ、ほのぼのとした雰囲気を醸し出したかったのでは
ないのかな・・?みたいな意図も感じたものです。
音楽評論家で激辛コメントで有名な上野晃先生は、なぜか知りませんけど
吹奏楽コンクールの審査員とか吹奏楽雑誌「バンドジャーナル」のコンクール評の執筆を依頼されることが多い先生
でしたけど、ま・・・あのコメントはとてつもない辛口コメントが多かったですね・・・
その上野先生のこの「ベリーを摘んだらダンスにしよう」についての曲自体のコメントとして
「これはまさに間宮ワールド、この音楽はこれこそまさに間宮語に尽きる!」みたいないい方をされていたのが大変
印象的ではあるのですけど、確かにこの課題曲からは、独特な間宮氏でしか書けないような音楽づくり、
独特の世界観が提示されていると思います。

「ベリーをつんだらダンスにしよう」は、構成的に三部構成です。
一部の比較的テンポの速い部分、二部のしっとりと聴かせる部分、三部の再度のアレグロ部分、
そして最後は、あっさりと弱奏で閉じられます。
全般的に、マリンバ・シロフォーンといった鍵盤打楽器の使用方法が実に巧みで印象的です。
また、二部のクラリネットのソロとアルトサックスとトランペットのソロも実に
「のんびりとした感じ」・「おっとりとした感じ」が出ていて、この部分は何回聴いても
爽やかな感じはします。
全般的に、何となく漠然とした印象ですが、
マーラーの交響曲第4番「大いなる喜びへの讃歌」の世界につながっているような感じがします。
曲全体を貫く「子供たちが語りかれるような感覚」とか「汚れを知らない子供たちの純粋な感覚」
みたいなものをなぜかこの曲から感じ取ってしまいます。
個人的には、二部のクラリネットとかトランペットのソロは、あまりテクニックの上手さは
求めたくない感じがします。
少々たどたどしくても構わないから、子供のような「素直さ」が出ていた方が何かこの曲が求めている感覚には
近いような気もします。

そうした事を上手く表現した数少ない私のお気に入りの演奏は、池袋中学校の演奏です。
「よくこれで金賞に入賞したな・・」と思えるほど、たどたどしい心細い演奏なのですけど、
その素人っぽい感じが実にこの曲にマッチしていると思います。
だけど、このチーム、自由曲の「ハーリ=ヤーノシュ」では、トランペットが思いっきりスカってしまい
一瞬全音が止まるという珍プレーも起こしています・・・
だけどそれがまた実に自然に感じたりもします。
阪急百貨店もこの課題曲を演奏しているのですが、池袋中との音楽のアプローチは全然異なっているのが
一目瞭然で、正直上手過ぎて「何かスカしている」演奏という感じで、
あまり好きではありません・・・
どちらかというと、銅賞なのですけど、一般の部の習志野ウインドの演奏が、池袋中の世界に
近いような気もします。

三部で、シンバル奏者が終始連打していますが、この部分は結構神経を使うと思いますし、
難しい部分だと思います。

全体的に前述の「間宮ワールド炸裂」という感じで、この曲を聴くと何とも「不思議な感覚」に陥るのが不思議です。

だけどこの課題曲の決定的名演ってないのですよね・・・

もしも自分が指揮者だったら「このように表現したい!」という脳内イメージはあるのですけど、それに応えてくれる演奏が
一つもないというのがもったいない感じもあったりもします。

この記事の一つ後の記事が東方の「レティ・ホワイトロック」なのですけど、レティさんのおおらかな雰囲気を音楽したのが
この「ベリーを摘んだらダンスにしよう」みたいなイメージも私の中にはあったりもしますね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3305-09d0ca24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |