プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


20.東邦高校


B/吹奏楽のための組曲「ハムレットへの音楽」~Ⅰ.Ⅲ(A.リード)


「とうほう」というとなんか最近の当ブログは「東方Project」の事ばかり書いていますけど、
吹奏楽でとうほうというと「東邦高校」なのかな・・?
余談ですけど、Yahoo!で当ブログの名称でもある「受け継がれるべきもの」と検索を掛けると、なぜか・・・?
補助ワードとして「ハピネスチャージプリキュア」と「東邦高校」と出てくるのはどうしてなのかな・・?

世間一般には東邦高校というと高校野球というイメージがあるのかもしれませんし、古いファンの皆様ですと、
あの「バンビくん」というピッチャーを思い起こす方も多いのかな・・とも思います・・(笑)
あのバンビくんは、最近で言うと日ハムの元・ハンカチ王子の斎藤投手とか元ヤクルトの荒木投手のような
元祖・女の子たちから人気が高く追っかけも現れた「甲子園のアイドル」の走りと言えるのかもしれないですね。
あ・・甲子園のアイドルの元祖というと、三沢商業の準優勝投手の太田投手の方が印象が強いのかな・・?
(そういえば、太田投手は「巨人の星」でも原作漫画に登場し、オープン戦とは言え星飛雄馬と投げ合い、最後は
握手までしていましたよね! 笑・・)

冒頭から話がそれました・・・

オールド吹奏楽ファンというのか・・・私の世代よりももう少し上の超(?)オールド吹奏楽ファンの皆様の視点で
見てみると、稲垣先生が指揮された「東邦高校」というのはとてつもなく懐かしい名前じゃないのかな・・?とも
思いますね。
東邦高校が順位制で優勝を成し遂げた頃の高校の部って、例えば・・・天理高校・天王寺商業・大宮工業・福岡電波
あたりがとても際立っていたと思いますし、そうした中での有力校の一つがこの東邦高校だったと思います。
稲垣先生の東邦高校の演奏は、私自身も支部大会・全国大会で拝見させて頂きましたが、
一言で言うと大変端正な指揮という印象で、稲垣先生自身はいかにも「昭和の頑固おやじ」みたいな雰囲気も
あったのかな・・とも感じたものでした。
余談ですけど、稲垣先生の吹奏楽コンクールご勇退の年は1987年で、まさに昭和が終わる直前の時代でした。
普門館最後の演奏のヴェルディの「レクイエム」も、悪く言うと「時代錯誤」みたいな雰囲気もあったのですけど、
それでも稲垣先生らしい正々堂々とした「貫禄」は十分に客席にまで伝わっていて、確かに音量過剰気味の演奏で、
評価も銅賞でしたけど、あの演奏は稲垣先生の勇退に相応しい正攻法の演奏であり、
当時普門館で直接あの演奏を生で聴いていた私の胸にもどこか熱く響いてくるものは間違いなくあったと思います。

1950年代~60年代の高校の部の吹奏楽界をリードした東邦高校も80年代以降になると、東海地区の
御三家(名電・浜松工業と商業・東海大学第一)に代表の座を明け渡すことが多くなり、
全国大会に出場する事自体が大変厳しい感じになっていたと思います。
東海支部は、たまにですけど白子高校も全国に出場していましたし、82年は、私がとにかく大好きで仕方が無くて
いまだに当ブログでも定期的にその名前を挙げている松村禎三の交響曲を演奏した屋代高校みたいな新鋭が
代表の座を掴むこともありましたし、当時の状況は結構厳しかったのかもしれないですね。
そうですね・・・・東海大一がダメ金の時とか、浜松工業を長年指導されていた遠山先生が浜松商業に異動された前後の頃に、
東邦高校が「漁夫の利」みたいな感じで(?)代表になるというパターンがこの当時はあったような気もします。

1983年は、78年の「カディッシュ」以来だから5年ぶりの全国大会出場を果たしていました。

そうそう、この当時の東邦は、まだ男子高校でしたけど、サウンドが意外と柔らかく、クラリネットの音色が
非常に美しかったのが印象的です。
よく言えば、非常によく統率されていて端正で、演奏自体は特に大胆な解釈とか表現はとらずに
どちらかというとオーソドックスな演奏をしていたと思います。1960年代のような正統派の正攻法の演奏スタイルだったと
感じ取れます。
悪く言うと、指揮者の棒の通り吹いているという感じの演奏でした。
(指揮者の先生の言われたとおりに吹くという雰囲気は、1981年の逗子開成みたいな雰囲気に近かったような印象もあります)
少しこじんまりとまとまり過ぎているというか、若干スケールに欠けるとか
「盆栽」みたいな演奏になっていたのは惜しまれますし、時代は既に80年代に入っていた訳ですから、
もう少し個性とか奏者の自発性とか積極性も出して欲しかったようにも思えます。
サウンド自体は大変音に透明感があり技術的には特にいう事はない演奏だとは思えます。

課題曲の白鳳狂詩曲は、もう少しサウンドにうねりとスケールの大きさを伝えてほしかったですし、
どちらかというと無難にまとめ過ぎこじんまりとした演奏になっていて、
私の印象としては「少し消極的な表現なのかも・・」と感じたほどでした。
木管セクションが優秀なんだけど、課題曲前半のクラリネットとピッコロの掛け合いの部分がもたつくようにも
聴こえましたし、金管の破裂音も少し気になったものです。
自由曲の「ハムレットへの音楽」は、プロローグとエルシノア城あたりは、大変丁寧で誠実な音楽づくりをされている意図は
とてもよく分かるのですけど表現自体はかなり淡白すぎて、もう少し「歌って欲しい・・!」と感じたものでした。
少し淡々と進行しすぎていたのかもしれないです。
この部分を例えば1984年の野庭とか88年の市立川口のたっぷりと歌い込んだ演奏を一度聴いてしまった後に
東邦のハムレットを聴くと、いかに東邦が淡白なのかはわかって頂けると思います。
Ⅲの役者たちの入場のクラリネットセクションの優秀さと美しさは際立っていると思います、
Ⅰの後半部分のクローディアス王の宮中も、ラストは大変高らかに鳴らして歌い上げていましたので、
この辺りの追込みは「さすが名門校!」みたいな貫禄は感じさせてくれていたと思います。
個人的にはラストのチャイムはもっと盛大に鳴らして欲しかったし、金管はもっと音量があってもよかったと思います。

翌年のジェイガーの交響曲の際は、83年とは逆に幾分「荒っぽいドライヴ」の演奏になっていて、
あれはまさに「豪快なやんちゃな男子校」みたいな演奏でして、83年との違いが感じられて大変興味深かったです!
東邦は確か、1985年以降から男女共学になったと思います。

東邦高校って面白いのは、毎年そうなのですけど、演奏が終了すると同時に、小太鼓が「タンッ」と一叩きして
奏者全員が間髪入れずに立ち上がるというスタイルがありましたけど、
あれは東邦の「伝統」だったのかな・・・?
指揮者の稲垣先生が勇退された最後の全国大会の1987年のヴェルディ/レクイエムの時も
ああいう感じで演奏を閉じられていたのは大変印象的でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ココも吹奏楽がスゴいのか

こんにちは。

東邦高といえば、バンビ坂本投手が投げて来年で40年。
他には平成初の春の選抜で逆転サヨナラ優勝してます。
ココも吹奏楽が強いんですね。
体育会系の野球部よりハードな練習量の吹奏楽部。
どっちも好きじゃないと、やっていけないですよね。

東邦高校

五航戦の愛鷹 様


坂本投手の伝説から既に40年の歳月が流れているのですね!

考えてみると、吹奏楽が上手い学校と高校野球の強さはリンクしているかもですね。

銚子商業・常総学院・作新学院・埼玉栄・春日部共栄・関東第一・名電・天理・大阪桐蔭など
例を挙げるとキリがないですね。
東邦の吹奏楽部は最近ではすっかり没落しちゃいましたね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3301-45eb74b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |