プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11/29の記事で既に散々愚痴っている事なのですけど、東方のレティ・ホワイトロックが少し不遇キャラの傾向にあり、
東方妖々夢からのキャラという比較的古参キャラであるのにいまだに公式で「フィギュア」が発売されていなくて、
公式グッズも少ない・・・
更にいうと・・・チルノが主役の「妖精大戦争」にも出演機会が無かった等
なんかレティさんが少し気の毒に思ったりもします・・・(泣・・)
その①でも書いた通り、レティさんはおっとりとした雰囲気の大人キャラみたいな感じもあり、
あのおおらかな雰囲気は、チルノの保護者として相応しい感じもありますし、東方キャラ全体のお母さんみたいな
優しさとか慈愛みたいなものを感じてしまうのは、果たして私一人だけなのかな・・・?
「雪女」なのにどことなくふっくらとしたイメージがあるのがそのように感じさせれる要因なのかもしれないですけど、
雪女=悲哀とかおっかない冬の妖怪みたいなイメージを打破した意義は私としては大きいんじゃないのかな・・?とも
思ったりもします・・(笑)
現在放映中の「響け! ユーフォニアム」の第一期において、久美子は麗奈を「雪女」みたいなイメージとして捉えていたのが
あの百合回の名作回として誉れ高い第8話だったのですけど、
麗奈のようなクールで常に冷静で自分を厳しく律しているようなイメージがある女の子だったら、
まさにたとえ話としたら「雪女」と言うイメージがピッタリだと思います。
レティさんの場合は、雪女なんですけどそうしたクールさとか自分に厳しいというイメージはあんまり無くて
どちらかと言うと「細かい事は気にするな!」みたいなタイプの御方だと思いますし、そうしたおおらかさこそが
レティ=幻想郷の聖母みたいなイメージを私が持ってしまう理由なのかもしれないですね。

その①で既に記したとおり、レティの能力とは「寒気を操る程度の能力」という事なのですけど、
これはチルノのように目の前にあるものを瞬間的に凍らせるという感じの能力ではなくて、レティの場合は、
対象物を自身の力で急速冷凍するとか、吹雪を生み出したり雪を降らせたりする能力ではありません。
自然界に存在する「冬」そのものを強める能力というのがレティさんの力なのです。
いわば自然界そのものの力を身に付けているという事なので、自然界の力を借りるのではなくて自身の能力を使って
周辺を凍りつかせるチルノとは、その能力もパワーも桁外れに大きいというのが
レティさんの能力なのだと思います。
反面、季節が冬でないと強化すべき寒気が周囲に無いためその能力を発揮する事は出来ず、
レティは冬以外の季節では半分ポケッ・・・と過ごすことになってしまいます。
その点、チルノは周囲の環境とか自然の力を借りることなく、チルノ自身の能力だけで限られた周辺だけを
氷漬けにする事が出来る属性のため、夏でも秋でも冬でも一年中活動をしています。

だけど同じ「寒さ系」であってもチルノとレティさんじゃ格が違うという印象が強いですね!
もちろん、チルノは妖精、レティさんは妖怪という事で元々の種族が違うから力量関係は最初から妖精のチルノには
勝ち目がないというのもあるのかもしれないですね。
それに・・・チルノ自身、東方キャラでも数少ない公式の「おバカ認定」キャラですからね・・・・(苦笑・・・)
妖怪全体の傾向として「妖精」を格下として見下しているような雰囲気もあり、
レティ・ホワイトロックは、妖精・チルノについて、
「冷気を操るどこぞの妖精なんかと一緒にされても困るわ」
「あの妖精は、自然の中の小さな歪み。私の場合は自然に生きる妖怪様」と発言しており
レティさん自身、東方最強の(?)おバカさんキャラであるチルノなんか眼中にないという感じもありますね。
だけど、レティの場合は、そんなに「冷淡」みたいな印象はあんまりなく、
話せばわかるとか雪女なんたけどどこか温かみは感じられそうとかシャレとかギャグは意外と通じそう
みたいな雰囲気はあると思います!
(それを示唆していたのは、東方妖々夢における咲夜に対する「くろまく~」という発言なのかもしれないですね)

レティさんは「東方のお母さん」みたいな雰囲気があると上記で書いたのですけど
(レティのエプロンは、咲夜みたいなメイドさんという感じではなくて、なんかお母さんみたいな雰囲気がありそうです!)
同時にチルノの保護者的な存在というイメージも実は私の中ではあったりもします・・・(笑)

私の脳内妄想としては・・・

慧音大先生の寺子屋に「パカルテット」の一員として通っていたチルノでしたけど、
一週間連続遅刻とか二週間連続の宿題ど忘れとか、
何を聞かれてもルーミアは「そーなのかー」とばかり言うし、チルノは「わかんなーい!」を炸裂し、
ついに慧音大先生の堪忍袋の緒を叩き切ってしまい、
「お前の保護者を呼んでこーーい!!」と言われて、しぶしぶ連れてきたのが
同じ「寒さ系列」のレティさんみたいなイメージをついつい持ってしまいますね。
レティは「なーんで私が・・・」とブツクサ言いながらも付き合ってくれて
「本当に・・・チルノはしょうがないね・・・・くすっ・・・」みたいな事を実はいいそうな雰囲気もあるのではないのかなと
妄想しております・・(笑)

さてさて・・・次回のレティさん その③では、あややとのインタビューとか
博麗神社の「春乞いの儀式」にて、あの紅白のめでたい巫女さんによって叩きのめされてしまったレティさん等について
少しばかり語らさせて頂きたいとと思います。








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2011年5月に「冬と春」とタイトルが付けられた
リリー・ホワイトとレティ・ホワイトロックのツーショットの素敵なイラストです!
ちなみにですけど、アミグリさんがこうしたツーショットというか複数キャラのイラストを描かれるというのはどちらかというと
珍しい事なのかもしれません。
過去の作品の中でこうしたツーショットイラストは、れいまりとか星熊勇儀とパルスィの地底コンビとかチルノとにとりなどが
大変印象的ですけど、今回転載をさせて頂きましたリリーとレティのツーショットイラストは、
複数キャラ掲載の作品の中では私が特に大好きな作品の一つです!
実はこのリリーとレティの二人のイラストは夏の頃から「早くあのイラストを皆様に見てほしい、早く転載したい・・」と
ワクワクしていたものでしたけど、ま・・真夏の盛りにこの二人のイラストを紹介させて頂いたとしても
なんか「ちょっと季節外れ・・」みたいなものもあったものですので、私としては泣く泣く(?)自粛をさせて頂いておりました(笑・・)
だけど暦は既に師走にまで来ていますし、実際外は寒くて、まさにレティさんにとっては「絶好調」の季節でもありますので、
イラスト転載のタイミングとしては丁度いいのかな・・・?とも思っていました!

それにしても素敵な「冬と春」の組合せの一枚ですよね!
冬のレティさんから春告精のリリーへの 素敵なバトンタッチに相応しい、まるで「一粒で二度おいしい」みたいな
古いCMのコピーが似合いそうな素晴らしい一枚だと思います!
レティさんの季節が終わったと同時にあの「春ですよー」のリリーが
出没しますので、まさに可愛い交代劇とも言えそうですね!
上記でレティさんの事を「東方のお母さん」みたいな事を書いてしまいましたけど、アミグリさんのこの素敵なイラストからは、
レティ―がなんとなくお姉さんっぽく感じられて、リリーが妹っぽくも
感じたりもしそうです。
秋姉妹や古明地姉妹・スカーレット姉妹も素敵ですけど、こういう季節感のある冬・春の姉妹も素晴らしいコンビだと
思います!

ちなみにですけど、アミグリさんは、2013年4月にも「春ですよー」と題されたとっても可愛い リリー・ホワイト/春ですよー 
を描かれています!
リリー・ホワイト/春ですよー

上記のリリー&レティさんの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

それとまたまた宣伝になってしまいますが、当ブログでは、12/14(水)に
アミグリさんの「素晴らしき創作オリジナル作品 その⑦」を掲載させて頂く予定ですので、
今回はアミグリさんが描かれた「和風メイドさん」をメインに据えて、またまた素敵なオリジナルをご紹介させて
頂きたいと思いますので、
是非ご覧になって頂ければとっても嬉しいです!

何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

色々と、ご心配をおかけしております(=人=)❤
励ましのコメント、ありがとうございました!
がんばりますので、これからも宜しくお願いいたします!!

祝! amy様の復活!!

babypinkamy 様


先ほどamy様のブログも拝見しましたよ!

やっと待望の「復活」ですね!!

これは皆が待っていた事だと思います。

どうぞこれからも宜しくお願いします。

amy様のブログでは後日きちんとまたコメントさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします!!

最近ぬくぬく先生のブログに訪問できていませんでしたね…(汗)これからも、しばらくは忙しいので、ぬくぬく先生や皆様のブログに訪問させていだだく頻度が低くなるかもしれないですが、時間を見つけて訪問をさせていただこうと思います。

そして、あらためてですけど、本日の私のブログにコメントを2つもいただき、とてもうれしかったです。
ありがとうございます!!

ぬくぬく先生のおっしゃるように、レティさんは、雪女なんだけど、ふっくらとした感じとかおおらかな雰囲気はまさに、「お母さん」ですよね!!
チルノの保護者というイメージもぴったりですよね。

そして、「冬と春」の、レティとリリーのイラストを載せてくださって、ありがとうございます!!
夏のころからこのイラストを転載したいと思ってくださっていたということも,
とてもうれしいですし、
今回バッチリなタイミングで載せていただくことができて、嬉しいです!


本日は・・・

アミグリ 様


何かとお忙しようで大変ですね・・

本日は予告通りアミグリさんの素敵な創作オリジナルのその⑦の日でもありますので、
お時間がある時にでも見て頂けると嬉しいです。

レティさんとリリーは本当に素敵な姉妹みたいなイラストで、あれはとても可愛いと思いますし、
季節的には今まで転載を待った甲斐があったという気がしますね! (笑)
レティさんのあのふっくらと優しい感じを今現在のアミグリさんが描いたらどうなるのかな・・と
すこーし気になったりもしますね!
(リクエストじゃないですよ・・・笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3297-50143c05
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |