プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あややが普段手にしているアイテムって、やはり「文花帖」というあややの取材ノートとも言うべき手帳とか
葉団扇が大変印象的なのですけど、あややが取材用に手にしている写真機というかカメラもとっても印象的ですね!
そうですね・・なんかあややがああした写真機なんか持っているとどうみても「パパラッチ」にしか見えない
感じもありそうですね・・・(笑)
「東方儚月抄」の底巻のラスト近くにて、レミリア様が霊夢と魔理沙を紅魔館に招待して
「この間は月にまで行くという事に巻き込んでしまってすまなかった・・」みたいな感じで
パチュリーさんが作った「プール」での水遊びを楽しんでもらおう!みたいなレミリア様にしては大変珍しい「労いの会」が
あったのですけど、なぜかあの場面においても、あややは紅魔館に(いつも通り)侵入し、
咲夜とかレミリア様暗黙の了解みたいな流れで取材を敢行していましたけど、あのシーンにおいては、
あやや自身なぜか「スクール水着」みたいなものを着用して、前述の写真機で霊夢やレミリア様を撮りまくっていたのは
大変印象的でした!
当然ながら、翌日の「文々。新聞」の一面トップ記事は「紅魔館にてプール開き! 幻想郷初のプールお披露目!」
みたいなものだったのかもしれないですよね。
余談ですけど、あのシーンは十六夜咲夜は水着姿になりませんでしたけど、レミリア様のおこちゃま水着よりは
咲夜さんのスレンダーな水着姿をお目にかかりたかったです!! (笑・・)

あややが使用する「写真機」は、どこなくですけど昭和のコンパクトカメラに近いような雰囲気があったりもしそうです。
あややの同僚と言うかライバル関係にあるはたてが使用するカメラは、携帯電話に近いような形状でも
あるのですけど、あややの写真機はいかにも「昭和のちょっとレトロなカメラ」という感じだと思います。
でもあややの写真機は謎みたいな要素もあるのですよ!
フィルム式でありながら、撮影した写真はその場で現像されて出てくると言う、なんとも常識の枠を超えたカメラなのだと
思います。そうですね・・・まさに「幻想郷とは常識に囚われてはいけない世界」なのですけど、
幻想郷内の妖怪が手にするグッズも常識に囚われてはいけないのかも・・・?という感じなのでしょうね。
(それを象徴していたのが、茨歌仙で河童のにとりが作り上げた「プラネタリウム」なのかもしれないですね
うどんげちゃんの月の電磁波を応用した鼠避けの置物もそんな感じなのかもしれないですね)
ちなみにですけど、あややとかはたてが使用するカメラは、河童の製作した道具の一つとの事です。
そうそう、余談ですけど、あやや自身は案外この写真機に関しては「あまり詳しくない」というか使用方法すらも
実はあんまりよく分かっていなかった・・みたいな事が示唆されている一場面があり、あれはとっても面白かったです!
それは「ダブルスポイラー」におけるワンシーンだったのですが、お空の弾幕の写真について
「逆光で良い写真が撮れません・・・(泣・・)にとりに聞いたら『逆光なら露出を調整すると良いよ』と言われましたが、
熱くてこの上にさらに服を羽織るのはちょっと……」とコメントしていたのは色々な意味で突っ込みどころ満載なのだと
思います。
というか・・あの聡明なあややがカメラにおける露出の調整とか絞りについて知らなかったというのも意外ですけど
「露出の調整」をあやや自身の服装というのか・・・服を着たり脱いだりする事と勘違いしていたのは
何とも言えず楽しいものがあったと思います! (笑・・)
そうですね・・私としては、是非是非あややに服を一枚脱いで頂き、薄着とか水着等で写真撮影してくれると
とっても嬉しいものがありますね!

あややの名前は「射命丸文」=しゃめいまる あやなのですけど、
実はですね・・・・
私、そんなに東方に詳しくない頃って、あややの「しゃめいまる」というのは2001年頃に急速に普及しだした
携帯の「写メール」=しゃめーるに由来する名前なのかな・・と思っていた事もあったのですけど
そんな事はある訳ないですよね・・・(苦笑・・)
余談ですけど、携帯電話って急速に普及しだしたのは1995年前後なのかなぁ・・と思います。
そして1996年辺りから広末涼子等のCMによる「文字も送れるポケベル」も登場したのですけど、
そんなポケベルすらもあっという間に凌駕する携帯のメール機能とか上記のカメラ機能とか
はたまた・・携帯でネットからも出来る時代なんてのは、そこからわずか数年後というものでしたから、
まさに時代の進化というものは特に最近は速いものがありますね! 

さてさて・・・話はガラッと変わるのですけど、当ブログの10/9で掲載した記事「10月9日は天狗の日」でも記載した通り、
幻想郷内の妖怪の山を実質的に支配している「天狗」はどちらかというと階層社会であり、色々な種類の天狗が、
それぞれに課せられた役割を担って生活をしていると記したのですけど、
あやや・はたては鴉天狗であり、犬走椛は白狼天狗という位置づけになります。
なんとなくイメージで言うと鴉よりは白狼の方が強そうで、鴉の上に君臨しているのが白狼みたいな感じもあるのですけど、
妖怪の山においては、実は椛が属する白狼天狗は「下っ端」という位置づけになっているのは
大変面白いものがあると思います。
ちなみになのですけど、二次創作でもそうなのですけど、実は公式設定においても、
あややと椛は「不仲設定」というものがあります!
どうなんでしょ・・・? 元ネタが「白狼」である椛としては「なんで私がカラスの下で働かないといけないんだ・・なんか面白くない!」
みたいな感覚があるのかもしれないですね。
それに加えて、暴走がちなあややに対して生真面目な苦労人タイプの椛は「お互いの性格の不一致」
というものがもしかしたらあるのかもしれないですね。
実際公式設定でもあのコミュニケーションの高さと誰とでも仲良くなってしまうあややにしては珍しく
「私は椛が少し苦手かも・・」と言っているくらいですからね・・・
そうですね・・
私の解釈としては「昔は不仲だったけど、今はね・・」とか「そんな時期もあったかもしれないけど、今は普通の関係ってとこかな・・」
みたいな説を採用したいです!
実際、東方三月精でも東方茨歌仙においても、天狗の宴会シーンとか霊夢の宴会シーンにおいても
何回かあややと椛がセットで登場し、一緒に酒を飲んでいそうな雰囲気もありましたから、
昔は少しは確執めいたところもあったけど、今は二人とも大人になって「大人の関係」になっている・・という
感じなのかもしれないですね。

椛というと特徴的なのがなんといってもあの「灰色髪の短髪と犬耳っぽい髪型」だと思います。
あれは獣耳なのか髪型なのか、いまだに定説がないような感じもするのですけど、逆に東方のキャラとしては
こうした銀髪ショートというのも比較的珍しいので貴重だと思います。
こうした髪型は豊聡耳神子もそうでしたけど、神子の場合はあれは「髪型」です!
椛の場合はどうなんでしょ・・? その辺りは公式でも見解が分かれているようでして、椛のあの獣耳は
本当に耳なのか髪型なのかは、いまた゜に正体不明で、真実は「幻想」の中にあるのかもしれないですね。
そうですね・・・私としてはあれは「獣耳」じゃないのかな・・?とも思っています。
ま・・耳でも髪型でもどちらにしても椛は可愛いですからね!

そうそう・・椛なのですけど、実はZUN神主様が公式というか「東方求聞口授」でもはっきりと認めていた通り、
椛とはたては「東方でも屈指の不遇キャラ」との事なそうです。
そうですよね・・椛とはたては、「東方求聞口授」が出版された時期には既に「東方風神録」・「ダブルスポイラー」で
登場しているにも関わらず、あの著書の中では「キャラ紹介」として一言も紹介されていませんでしたし、
挿絵も紹介記事すらも何もない・・という確かに不遇な感じはありましたね・・・(泣・・)
うーーむ、やはりZUN神主様お気に入りのあややと「不仲設定」だと、公式的には不遇扱いを受けてしまうものなのかも
しれないですね・・
だけど二次創作においては、椛は実は意外とかなりの「人気キャラ」にもなっていまして、
今年の東方人気投票ランキングでもかなりの上位に食い込んでいます!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーに入らさせて頂きたいと思います。

今回のアミグリさんのイラストですけど、比較的初期の作品・・2009年に描かれた「犬走椛」のとっても可愛い
イラスト2枚を当ブログにて転載をさせて頂き、皆様に是非ご覧いただければと思います。

まず一枚目なのですけど、こちらは2009年7月に描かれた椛です!

これは文句なしに可愛いですね!

あややがどちらかと言うと「素敵なおねえさん」という感じなのに対して、こらちの椛は「可愛い少女」みたいな
雰囲気が漂っていると思います。
椛を描かれる絵師様の描き方としては、椛は長めのスカートまたは袴姿みたいなイメージという感じが
多いのかな・・とも思うのですけど
(実はなのですけど、上記の椛・不遇キャラ説ではないのですけど、椛の公式における立ち絵すら
存在していないのはなんか気の毒です・・それゆえに椛の描かれ方は東方キャラの中でもかなり多種多様な
描かれ方の解釈が取られているのは大変興味深いものがあります!)
アミグリさんが描かれる椛は「ミニスカート」という解釈を取られていて、これがかなり新鮮にも感じられます!

二次創作でもミニスカート風にこんなにも少女らしい雰囲気でのびやかに描かれる方って実は私もそんなに
お目にかかった事がないだけに逆にとっても見栄えがすると思います。

アミグリさんの解釈では、どうなんだろう・・・椛は髪型なのか獣耳なのか・・・?
これは是非ご本人様の見解なんかも一度聞いてみたい感じはありますね。
私としては「アミグリさんは獣耳として描かれたのかな・・?」とも感じていたりもします(笑・・)



125982945719938_convert_20091204151551.png



続きまして2枚目のイラストは、2009年12月に描かれたやはり椛です!

これは・・当ブログのあやや その②記事の際に転載させて頂きました「ポートレイト風のあやや」に
近いようなイメージが私の中ではあったりもします。
そう! どこなくですけど、椛自身の「自画像」みたいな雰囲気があるのかなぁ・・と感じています。
椛らしい「真面目さ」が伝わってくるイラストなのですけど、私としては、やはりアミグリさんが描かれた椛は
獣耳じゃないのかな・・とも思ったりもしますね。

髪型であったとしても獣耳であったとしてもとっても清楚で可愛い雰囲気の椛である事は間違いないと思います!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので何卒宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


最後に宣伝ですけど、先日・・12/1にアミグリさんの素晴らしき「創作オリジナルイラスト その⑥」を記載させて
頂きましたが、
アミグリさんが11月に描かれた新作の創作オリジナルイラスト「ハッピー」という和風メイドさんが
とてつもなく可愛かったものでして、この「ハッピー」をメインに据えたアミグリさんのオリジナル創作記事 その⑦も
近日中に掲載をさせて頂き予定です!

こちらの方も是非楽しみにして頂きたいと思います!!

というか・・あの「ハッピー」を一人でも多くの皆様に見て頂きたい気持ちで一杯ですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

椛のイラストを紹介していただき、嬉しいです!

椛のイラストを載せてくださって、ありがとうございます!

椛は髪型か獣耳か、についてですが…
私自身は、「獣耳」という感じで描いております!

やっぱり・・・・(笑)

アミグリ 様


あの椛のイラストは2枚ともとっても可愛かったと思いますよ!

椛を描かれる絵師様はロングスカートとか袴で描かれる人も結構多い中、
アミグリさんが描かれた椛のミニとかへそ出しは逆にとっても新鮮に感じたものでした。

そうですよね・・やっぱりあれは髪型ではなくて椛自身の獣耳と解釈するのが妥当ですね!
そのあたりは神子との大きな違いと言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3292-16e7f0ce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |