プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方Projectの世界に登場するキャラの皆さんはとにかく全員可愛くて魅力的なキャラばかりだと思います!

霊夢・魔理沙・妖夢・早苗さん・さとり様・こいしちゃん・アリス・咲夜・秦こころ・ルーミア・チルノなどに代表される
「東方の素敵な美少女たち」も本当に魅力に溢れていると思いますし、
永琳様・ゆかりん・ゆゆ様・あやや・茨華扇・神奈子などの大人の成人女性としてのしっとりとした「美しさ」に溢れている御方も
いらっしゃいます。
東方の創造神とも言えるZUN神主様の御言葉によると「東方キャラは、あれは全員少女・・」みたいな発言も
あったのですけど、いやいや・・! 神主様!!
「少なくともゆかりんや永琳様・神奈子が10代の少女の訳はないでしょ・・」とツッコみたい気持ちもあったりはします・・(笑)

さてさて、そうした東方のしっとりとした風情のある大人ポジションキャラの中で、私がとにかくやたらめったら大好きなのは、
そりゃ言うまでもなくゆかりん=八雲紫様なのですけど、ゆかりんとは違う意味で
大好きな大人ポジションキャラの妖怪さんと言うと、東方の雪女というのか「レティ・ホワイトロック」を推したいと
思います!
レティは「東方妖々夢」以降は目立った登場も活躍もしていませんし、公式漫画でも登場がほぼ皆無という事もあり、
もしかして・・・・??
東方では「忘れられがちなキャラ」の一人なのかもしけないですけど、
とにかく私はこのレティも大好きです!
(というか、東方の世界で「この人ちょっと苦手・・」という御方が皆無なのは、好き嫌いが多い私にとっては
珍しいと言えるのかもしれないですね・・笑)

レティ・ホワイトロックは、冬の間だけ姿を現す妖怪で、冬以外は日の当たらないところに隠れているそうです。
阿求ちゃんの表現をお借りすると「雪女みたいなもの・・」との事です。
ちなみにですけど、阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においては、
「レティは真夏は力が弱っているので、万一夏場にレティを見かけたら、冬の寒さをもたらす元凶に対する
鬱憤を晴らす絶好の機会!!」と書かれてしまっています・・(笑)
うーーむ、阿求ちゃんはやっぱり東方屈指の毒舌キャラかもですね・・・(笑)
参考までに、設定の上では、夏場に幻想郷内でレティを目撃した人は皆無との事です。
前述の通り、レティは夏場でも決して「冬眠」はしていませんし、まどろみなか゜らも起きてはいますので、
魔法の森の人目に付かないところとか、はたまた外界の南極や北極みたいに一年中寒い所に身を潜めているのかも
しれないですよね・・・
レティの能力は「寒気を操る程度の能力 」なのですけど、これは、冬の大自然そのものを操る能力であり、
冬の吹雪とか寒波なんかはこのレティがもたらすものとの事です。
こうした「寒さ」を操るキャラで東方で被る御方というと・・・そりゃ、言うまでもなく「チルノ」だと思うのですけど、
レティは妖怪、チルノはあくまで自然現象そのものでもある「妖精」であり、
チルノはレティみたいな大自然を操作する事は出来ず、あくまで「冷気を操る程度」の能力という事で、
チルノの半径2~3m内を氷のように冷たくする程度に過ぎず、
やはりレティとチルノの力の違いは相当大きいと言えるのだと思います。

「雪女」というと、そうですね・・最近では現在東京MX等で放映中の「響け! ユーフォニアム」のメインキャラの一人の
「高坂麗奈」のイメージが大変強いです!
麗奈のクールな雰囲気とかスレンダーな容姿はまさに「雪女」そのものだとも思ったりもします。
余談ですけど、楳図かずお先生が1970年代に連載され単行本化もされた「のろいの館」という漫画の中に
「怪談」という短編も収録されているのですけど、この怪談は、
雪山で遭難した人々が眠らないように一人ずつ自分が体験した怖い話をしていくというオーソドックスな話なのですけど、
この中でのラストのオチで大きな役割を果たすのはこの「雪女」なのだした!
楳図先生が描かれたあの雪女は、まさに「怖い・・」とか「おっかない・・」みたいな要素に溢れていましたし、
容姿もスレンダーで細身という雰囲気だったと記憶しています。

だけど・・・! 東方に登場されるこの素敵な雪女のレティは、怖いとかおっかないとか細身という印象が
あまり無いのが実に面白いと思います。
勿論、雪女ですし、冬場の幻想郷内の「寒さ」の主原因にもなっていて基本的には「少し迷惑なのかも・・・?」という
感じもしなくはないのですけど、
そうですね・・・「冬なんだから寒いのは当たり前じゃん! レティはこんだけ可愛いのだから少しぐらいの寒さは
我慢してあげましょうね!  幻想郷の外の外界では温暖化とか暖冬みたく言われているのですけど、
こうやって幻想郷内のいかにも日本本来の四季そのものをはっきりと感じさせてくれる要因を生み出してくれる
レティさんには感謝をしてあげないといけないですね!!」と
皆様に申し上げたい気持ちで一杯ですね!! (笑)

レティは「冬の妖怪」なのですけど特に厚着をしている様子はないにも関わらず、全体的にどことなく
ふっくらというのかゆったりとした雰囲気があるのかなとも思います。
雪女みたいな細身というイメージとは明らかに一線を画していて、どちらかというと細身ではなくて逆に
「ふっくら・・・」みたいな雰囲気すらあるのがとっても面白いと思います。
そうですね・・・そうしたふっくら・おおらかという雰囲気のため、そのあたりが怖さを感じさせず逆に「親しみ」みたいな
雰囲気すら感じさせてくれる要因になっているのかなぁ・・とも思ったりもしますね。
レティ自身の性格もおっとりとしてのんびりとしていておとなしいという感じでもありますので、
どちらかと言うと「ふっくら=日本のお母さん・・」みたいなイメージもあるんじゃないのかな・・と思ったりもしますね!
ロングスカートにエプロンという衣装は、どことなく十六夜咲夜を思わせるものがあり、
ターバンみたいな帽子の形状とウェーブのかかった髪型は、なんとなくですけど、ゆゆ様を彷彿とさせるものが
あるのかな・・とも思ったりもします。

レティ・ホワイトロックはまさに「冬の風物詩」みたいな妖怪ですね!

東方には、リリーホワイトという「春ですよー」といって幻想郷内に春を告知するとっても可愛い妖精がいるのですけど、
その意味においては、レティ・ホワイトロックは「冬ですよー」と幻想郷内に冬を告知する妖怪とも
言えるのかもしれないですね。

リリーホワイトは、春が近づくと人間達に「春ですよ――」と告げるだけの可愛いかわいい妖精です!

普通の人間では気付かないほど些細な春の訪れの兆しを見つけて、
春の到来を伝える妖精なのですけど、春以外の季節では見かけることも少なく、春の季語にもなっているとの事です。
リリーホワイトは別名「春告精」とも言われていて、
「雪落ちて まだかまだかと 白の山 春告精の 跡探す道 」という歌を詠んだ人もいるようですね。
リリーホワイトが通ったあとは一気に春が訪れ、つぼみしかなかった桜の木を一瞬で満開にしたり、
種の状態の花を一瞬で咲かせることもできる能力があるとの事です。

春が近づいてくると人々に「春ですよ―――」と明るく伝えて廻るだけの妖精なのですけど、
まさに「吉兆を告げる妖精」といっても過言ではないと思います。
なんかイメージとしては・・・いつもニコニコしていて満開の笑顔で春が近づくと
「春ですよ――――」と告知して廻るという天真爛漫さが実に素晴らしいと思います!!
誰からも愛されるとてつもなく可愛い妖精ちゃんなのだと思います。

さてさて・・・リリーホワイトは「春を運ぶ妖精」なのですけど、
レティが冬の間に暴れ放題暴れて退場する頃に到来するのが、このリリーホワイトと言えるのかもしれないです!
リリーとレティは二人で一つの役割を果たして言えるのかな・・?
幻想郷内の冬→春への「引き継ぎ」という役割をこの二人が担っていると言えるのかもしれないですね。
まさに「冬と春の交代」を象徴しているのがこのリリーとホワイトだと思います。
2016年の「流行語大賞」の中に週刊誌の「文春」関連が三つもノミネートされていましたけど、
東方における「文春」というと、そりゃ言うまでもなくあやや・・射命丸文とリリーホワイトのカップリングなのかも
しれないですね・・・(笑)
2月後半あたりに「春の気配」を感じて目覚めだしたリリーホワイトが、「春の訪れの前兆」を色々と見つけ出し
それを嬉しそうに文に喋り
それを「小さなスクープ」として「文々。新聞」に記事として掲載するあややの様子が
何となく思い浮かんだりもしちゃいますね・・・(笑)

上記にて、同じ「寒さ」系の能力であっても、チルノとレティは本質が全然違うと記しましたけど、
妖怪・レティ・ホワイトロックは、妖精・チルノの事を
「冷気を操るどこぞの妖精なんかと一緒にされても困るわ」
「あの妖精は、自然の中の小さな歪み。私の場合は自然に生きる妖怪様」と発言しており
確かに両者の格の違いは一目瞭然みたいな感じも間違いなくあると思いますね!

その辺りの事はその②でも少しフォローさせて頂きたいと思います。







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーです!
アミグリさんはこうやっていつも東方イラストで大変お世話になっているとても素敵な絵師様なのですけど、
先日当ブログで既に6回に渡って展開させて頂きましたアミグリさんの素晴らしい「創作オリジナルイラスト」を
ご覧になって頂ければわかるようにこうした「オリジナル」にも素敵な絵を一杯いっぱい描かれている
本当に素晴らしき絵師様だと確信しております!

今回は、そうしたオリジナルではなくて、過去の東方作品からご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のレティ・ホワイトロックを描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、このレティさんは2009年12月にアミグリさんが描かれたものです。
12月というとまさにレティさんの季節に相応しい時期でもありますし、「冬の風物詩」に相応しいとっても素敵な
イラストだと思います。
2009年というアミグリさんにしてはかなり初期の頃の作品ですけど、この完成度の高さは
昔も今も変わりがないですね!
その辺りはいつもながら「さすがっ!!」と感心させられてしまいます。

上記の記事でレティさんの「ふっくらとした感じ」とか「おおらかな雰囲気」がとっても素敵と申し上げたのですけど、
アミグリさんが描かれるレティも全然「ぽっちゃりさん」という描き方ではないのですけど、
全体的には、おおらかさ・ふっくら感・健康的な雰囲気・丸みと優しさが見ている人にもきちんと伝えているのが
素晴らしいと思います!
アミグリさんが描かれるレティさんは、日本の伝統的な怪談の「雪女の怖さ」というものではなくて、
まさに「東方の世界」に相応しいとっても可愛くておおらかな雰囲気がやんわりと伝わっているのが
とても魅力的だと思います。

アミグリさん! いつも素敵なイラストをありがとうございます!

アミグリさんというと・・・11月の半ばに「ハッピー」と題されたアミグリさんの十八番の「メイドさん」をモチーフにされた
とっても素敵な「創作オリジナルイラスト」を「dream fantasy」内に掲載されていましたけど、
あの「ハッピー」はまさに見ている人をそうしたハッピーな気持ちにさせてくれる素晴らしい名作だと思います。
そして、当ブログでも近日中に、その「ハッピー」も含めたアミグリさんの素敵な「創作オリジナルイラスト その⑦」の記事を
掲載させて頂きたいと思っております。

また・・・上記の記事にてレティとリリーの絡みも書かせて頂きましたが、
レティ その②記事以降にて、アミグリさんが描かれたレティとリリーり「冬と春」の素敵なイラストとか
はたまた・・・レティ―のコスプレをした魔理沙のまさに「芸術作品」みたいなイラストも
アミグリさんの了解を頂ければ、転載をさせて頂きたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

レティさんは他の季節はひっそりしているのですね。
神様とか妖怪系は大抵どの話でも
出現方法に制限がある事が多いですよね。
力が弱っていても温泉などに入って、
みんなとお茶したり温まってほしいですね。
溶けちゃったりするんでしょうか。
見た目はほのぼの系みたいなので、
気になります(^ω^)

レティさん!

kirakiya.rumari 様


レティさんは雪女なのですけど、一年を通して一応活動はしていて、真夏だからといって消滅しないのは
大変面白いですね!
「春は春眠、夏は惰眠、秋はまどろみの時間。全く日の当たらない場所で隠れて休んでるわ。
余り動くと息が上がっちゃって」と本人が言っている通り、
真夏でも一応は動いているようです。
よく二次創作においては、真夏に氷のプールで泳いているとか
日陰で水着を着ているみたいな事が描かれているのはとっても面白いです!
そして二次創作においては、春のリリー、夏の幽香、秋の秋姉妹の季節ごとの妖怪・妖精・神様が
宴会している絵があったりするのも微笑ましいものがありますね・・(笑)

レティさんのイラストを載せてくださり、ありがとうございます!!

レティさんのイラストを載せていただき、ありがとうございます!

そして、創作イラスト その⑦の記事も楽しみにしております。どんなふうに素敵に紹介してくださるのかワクワクです!

12/14も宜しくお願いします!

アミグリ 様


あのレティさんはとても温かみとおおらかさが伝わり改めて素敵だなぁと思いますし、
むしろ親しみやすい雪女さんに見えますね!
公式でもチルノとセットで登場してくれればうれしいものがあったりもします。

さてさて、12/14の創作イラスト記事 その⑦ですけど、
書いている管理人がポンコツさんで、文章力とか表現力の幅広さが皆無に等しくて
素敵に書けているかどうかは分かりませんけど、あの記事を書いている時の気分は
とってもハッピーだったのは間違いないと思います!!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3289-ad4a385e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |