プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.逗子開成高校


A/バレエ組曲「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日(A.コープランド)


この学校は神奈川県代表のチームなのですけど、この年は「野庭高校」があの突然の途方もない大飛躍を果たし、
とてつもない普門館デビューを果たすことになるのですが、そのあおりを受けたという訳では無いのでしょうけど、
2016年現在で、結果的にこの年が今のところ最後の全国大会となってしまっているようです。
こういう知的な男子高校の演奏も比較的珍しいだけに勿体ないなあ・・と感じる事もあったりもします。
80年代前半の神奈川県というと「逗子開成」というイメージがあったものですけど、80年代中盤から90年代中盤の
神奈川県の吹奏楽と言うと、そりゃ誰が何と言っても「野庭高校」以外あり得ないのかも・・!?という雰囲気が
濃厚だったようにも感じます。

さてさて・・逗子開成高校と言うと、吹奏楽コンクール歴はかなり長く、70年代の全国大会にも既に出場を果たし、
80年代に入ると1981年~83年の三年連続の全国大会出場を果たしています。
1981年の「海のうた」なのですけど、この演奏は結果的に金賞を受賞しているのですけど、
これ・・・レコードでもそうした雰囲気は大変よく伝わっているのですが、演奏がいわゆる「優等生の模範解答」みたいな
演奏で、いかにも指揮者の西野先生が「ここはそのように吹きなさい!」と命令されたからまるでロボットのように
機械的に吹く・・みたいな感じだと思います。
確かに上手いはうまいのですけど、正直、聴いていて全然つまらない演奏で、「海のうた」本来のあの抒情的な感覚は
あんまり伝わってきません。だけどあの演奏はなぜか金賞なのです!
だけど・・・
翌年の1982年のバレエ音楽「四季」と翌年の83年の「ロデオ」は、81年のような「奏者の自主性の欠如」というものは
ほとんど感じさせません。否! 奏者の「自発性」というのか積極的に「ここはこのように自分たちの音楽を聴かせよう!」という
主体性が大変顕著になっていると感じさせてくれています。
だけどこの2年間のコンクールの評価としては銀賞なんですよね・・・
うーーむ、やはりこの辺りは「コンクールの審査は水物・・」という事を示唆しているようにも思ったりもします。

1982年の「四季」も自発性と才気煥発に溢れた溌剌とした素晴らしい演奏でしたけど、演奏自体は大変オーソドックスで
正統派という印象が私の中ではありました。
(だけどあのハイレヴェルな演奏が銀と言うのは少し合点がいかないですね・・)
そして翌年、83年の「ロデオ」はどちらかというとクセがある個性的な演奏を聴かせてくれたと思います。
曲自体とってもけたたましくて野性味溢れるどちらかというと荒っぽいやんちゃな曲なのですけど、
音自体は洗練されている事をベースに、そうした清楚な音を強みにしてソロ楽器の特徴的な歌い廻しとか
部分的にテンポを緩めたり唐突にアップテンポにしたり、更にはわざと一旦弱奏に抑えたところを突然の強奏を
がなり立て、そのダイナミックスレンジの巾の広さは目を見張るものがあったと思います。
この「カウボーイの休日」は、中間部にこの曲の大きな見せ場とも言えるトロンボーンの比較的長めのソロもありますし、
これ以外にもクラリネット・コルネット・フルート・オーボエにも見せ場的なソロもありますし、
上記のトロンボーンソロを支えるファゴットの少しとぼけた様なリズムの展開もあったりして、
各ソロ奏者の技量が求められる曲でもあります。
この年の逗子開成の各ソロ担当奏者は、ソロはほぼ全員カッチリと決めていて、そのソロにもユーモアあり、
テンポの揺らしあり、茶目っ気ありととにかく「粋な雰囲気」が感じられ、
素晴らしかったと思います。
ソロがしっかり安定し、各人の技術が大変優れていますので、全体のアンサンブルの際には、強奏の際も弱奏の際も
更に威力が効果的に発揮されていたと思います。
そうした上に西野先生のややクセのある解釈が加わっていますので、
とにかく面白い演奏だったと思います。

このバレエ音楽「ロデオ」は変拍子ですし、上記の通り、ソロ奏者の負担はかなり大きい曲とも言えますし、
私自身何度かプロの管弦楽団の演奏を耳にする機会がありましたけど
(例/井上道義指揮の日本フィル)
プロが演奏しても「不安定感」みたいなものを部分的に感じたりもしましたので、
この逗子開成の演奏は変拍子の不規則な感じもあまりギクシャクとせず、むしろスッキリとなおかつ個性的という
相矛盾する要素を見事に両立できた素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。

それにしても82年の「四季」と同じくらいとてつもなくハイレヴェルの銀賞で、この時代に入ると
こうした演奏でも必ずしも金賞わ取れる保証はないという時代に既に入っていた・・みたいな事も示唆する
演奏ではないのかなと思ったものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3287-ca5f25f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |