プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.中村学園女子高校


A/イタリア奇想曲(P.チャイコフスキー)


1982年はなぜか中村学園はコンクール不出場でしたので、2年ぶりの吹奏楽コンクールという事になります。
81年の「スペイン奇想曲」でも部分的に気にはなっていたのですけど、この年の演奏はサウンドが
かなりベタベタしているのがかなり私としては気になってしまいます。
演奏全体が俗にいう「ダーダー吹き」みたいな奏法で吹かれている傾向も感じられ、リズムが決してカッチリと決まっている
訳ではありませんし、音自体がどこか「ふわっ・・」とお菓子みたいな感じで、確かに柔らかさはあるものの
あんまりサウンド自体に「芯」がないような感じもあり、
それがどことなく演奏全体の印象を悪くしているようにも感じられます。
二年ぶりの普門館という事で少しばかり勘が鈍っていたのかもしれないですね。
全体的にリズムが大変甘く、スタッカートを全部わざとスラート気味にというか、押して吹いているような
感じがあって、この年は正直あまり良い印象は持っていません。
中村学園が化けるのは、1985年のコッペリアと1986年のあの歴史的な稀有なウルトラ名演のパリの喜びなのだと
思います。

この年の中村学園の課題曲も自由曲は「ファンファーレ」で開始されるのですけど、
課題曲も自由曲もその部分が決してカッチリと決まっていた訳では無く、どことなくあやふやな部分が感じられ、
部分的にトチっているのも少し勿体なかったのかもしれないです。
自由曲のイタリア奇想曲は、もう少し「いかにも陽気なイタリア!!」みたいなスカッ!!とした太陽サンサンとしたものを
期待してはいたのですけど、前述の通り、決してカラっとした演奏ではないもので、その辺りも
少しマイナス要素としてあるのかもしれないです。
課題曲の中間部は、アルトサックスのソロも含めて大変しっとりとした抒情的な香りも伝わり、その点はとてもよかったと
思いますが、アレグロ部分はもう少しスピード感を演出して欲しかったと感じます。
自由曲も決して下手な演奏ではないのですけど、どこか「ほわん・・」とした演奏になっていて
中間部のトランペットとトロンボーンの掛け合いの部分もどことなくモサッ・・とした雰囲気のまま曖昧な感じで
展開されていたのは中村学園らしくもないな・・とも感じていたものでした。

全体としては、可もあんまりなくて不可が少し目につくという印象で、銀と銅のボーダーラインみたいな
演奏だったと思います。
私の採点は銅賞ですけど・・

この年のBJの講評で、ある審査員が
「中村学園は女子高だけど、トランペット奏者が全員ガニマタ気味に吹いていたのが印象的・・
トランペットは本来立って吹くべきものだが、座って吹くと自然と足は左右に広がるもの・・・
だからああいうガニマタスタイルはむしろ理にかなっている」と大変面白い事を書かれていましたけど、
何となく言いたいことは分かる気はしますね。
当時の「日本の吹奏楽83」のレコードの裏ジャケットのカラー写真を見ると「確かにそうなのかも・・」
という感じもあったりもします。
今現在の福岡県の「名門女子高吹奏楽部」と言うと、そりゃ言うまでもなく精華女子高校なのですけど、
彼女たちの演奏は私も何度もコンクールの生演奏を聴かせて頂きましたけど、見ている感じでは、
トランペットの女の子たちもそんなガニマタとかどこか力んでいるような感じとかは皆無に等しく
とてもナチュラルに吹いていて、見た目も大変洗練されていてスマートに吹いているみたいな印象も感じ受けたものです。

ま、もっとも中村学園の「イタリア奇想曲」の冒頭は少しトチっていますけどね・・・

冒頭のトランペットファンファーレが実に気持ちがいいと思います。
このファンファーレは、チャイコがイタリア旅行中に滞在先のホテル近辺の
騎兵隊宿舎から毎朝聴こえてきたファンファーレがモチーフになっているそうです。
オーボエで奏でられる6/8のメロディーは、イタリア民謡「美しい娘」に基づいているとの事です。
色々随所に「イタリア」が盛り込まれていますが、
メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」もそうなのですけど、他国からきた旅行者が
イタリアを訪れると、なんかこうやって「太陽サンサン!!」みたいに明るく陽気な曲を作る傾向に
あるみたいですが、それは何か分かるような気がしますね。
私は残念ながらイタリアは行った事がありませんけど、
イタリアというと、真っ先に、太陽とか陽気という言葉がついつい連想されてしまいます。
イタリアと言う陽気な気質が、普段はお高くむっつりされているエライ作曲家の先生達も
何か普段の「自分」という殻を打ち破ってしまう「何か」がイタリアの雰囲気にはあるのかもしれませんよね。

吹奏楽コンクールでは、1970年代頃はこの「イタリア奇想曲」もよく自由曲として演奏されていましたけど、
最近はほとんど演奏されていないようですね。
曲が15分近くもあるので、やはり「どこをカットするか」という問題が大きいのだと思いますし、この曲の素敵なアレンジ譜面が
なかなか出てこないというのもあるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3279-83684f0b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |