プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.愛知工業大学名電高校


B/プラハのための音楽1968年~Ⅳ.トッカータとコラール(K.フーサ)


この年から名古屋電気高校という名称からから現在の校名に変更されました。
私の記憶では前年の1982年の「交響的断章」の頃は、男性奏者しかいなかったような気もしたものですけど、
この年あたりから女子生徒がちらほら混ざるようになり、82年の「交響的断章」の
圧倒的な威圧的サウンドから少しずつマイルドなサウンドの方向性へシフトされていったような感じもあります。
ちなみにですけど、この年までは名電のステージ衣装は学ランでしたけど、翌年の「呪文とトッカータ」以降から
青のブレザーが名電のステージユニフォームになっていったと記憶しています。

全体的に伝統的に愛工大名電のサウンドは、精密さ・劇的な緊張感が一つの「売り」だと思います。
そしてこの緻密さと緊迫感が極限にまで達したような演奏と曲こそが、
このフーサの「プラハのための音楽1968年」だと思います。

松井先生名電のコンピは、この年に初めて「プラハのための音楽1968」を自由曲として演奏しました。
松井先生は、「プラハこそが私の代表曲!」と思われていたかどうかは定かではないのですけど、
1983年の演奏以降も、85年・87年・92年と計4回もこの「プラハのための音楽1968年」を自由曲として取り上げています。
松井先生の気質とこのプラハの音楽は内省的に相当相性はよいものがあったのかなとも感じます。
4回の演奏ともそれぞれ素晴らしい演奏を聴かせてくれてはいるのですけど、
私個人としては、回を重ねるごとに「曲の峻烈さ」が増していき、87年と92の演奏に「音楽としての劇的緊張感」を
遺憾なく発揮させてくれていると思います。

この年、1983年の演奏は、85年の演奏と比べても何か「未消化」のものを感じてしまいます。
松井先生としても奏者としても初挑戦という事もあったと思うのですが、曲のニュアンス全てを理解して演奏している
感じではないよな・・という雰囲気は感じます。
楽譜を適切に音にしているものの、1985年のあの感動的な演奏に比べて、聴衆に対して「何か」を伝えるという事には
至っていないような感じもします。
この曲自体、大変政治色が濃厚で「メッセージ色」が大変強い曲ではあるのですけど、
83年の演奏は、確かにとてつもない難曲をよく音にはしているのですが、「音楽としての感銘性」とか「音楽上のメッセージ」を
普門館の聴衆に伝えるまでには至らなかったと感じます。
曲全体の切れ味もあまり鋭くなくて、少しモヤモヤしているのも気になります。
課題曲の「白鴎狂詩曲」もピッコロとクラリネットのソロの掛け合いが決まっていないせいか
どことなくちぐはぐしな印象もありました。

1985年の演奏と83年の演奏の違いはどこにあるのかというと細かい部分の消化具合と奏者の理解度だと
思ったりもします。
もしかして、松井先生としても83年の演奏にはどこか不本意なものを感じ、リベンジ的な意味で85年のコンクールに
臨んだような感じもあります。
「83年のようには済ませないぞ!」みたいな指揮者としての気合とか奏者の気合は、
当時普門館で生の演奏を聴いていた私のハートにもガンガン響いてきたと思います。
85年の演奏は、ラスト近くのティンパニソロのチューニング不調がどうしても気になってしまいますけど、
87年の演奏は、その点もクリアにされていて、全体的には計4回の演奏の中では「最高の演奏」と言えるのかも
しれないです。
あえて難を言うと、87年の演奏は、課題曲が風紋のため、85年に比べてカットが多かったのが少し残念な感じです。
だけど、だからといって無理なテンポ設定はしていませんし、比較的節度を保っての
テンポ設定と解釈でしたので、安心して聴けます。
その点、全く同じ課題曲と自由曲を取り上げた吉永陽一先生の西宮高校は、両曲共にテンポが速すぎて
いくぶんせっかちに聴こえたりもします。

フーサの「プラハのための音楽1968年」の全国大会初演は実は名電ではありません。
実は1978年の総社東中学校という中学生の演奏なのです!!
あの演奏をレコードで聴いたときは、かなり驚いたものです!!
決してあなどれない演奏ですし、トロンボーンのグリッサンドは驚異的なものがあります!!

一般的に「プラハのための音楽1968年」のカット方法は、第3曲の打楽器アンサンブルからスネアドラムのロールを経て
第4曲「トッカータとコラール」に入るのがセオリーなのかもしれませんが、
第1曲と第4曲をうまく構成したのが、1988年の東海大第四高校であり、
かなり個性的なカットをしたのが89年の下松高校だと思います。

「プラハのための音楽1968年」の私にとって印象に残る演奏は、名電も素晴らしいのですけど、それ以上に
素晴らしい感銘的な演奏を聴かせてくれたのは、1990年の東京都大会の都立永山高校だと思います。
あの演奏は、本当に「訴えるもの」がありました!!
都立永山は全国大会の演奏も素晴らしかったですけど、それ以上に都大会予選も圧倒的に泣ける演奏を
聴かせてくれていたと思います。
あの日の都内は台風の悪天候で外は大荒れの天候で、普門館もガラガラでした。
そんなガラガラの普門館で熱い、ホントにあつーーーーーい演奏をしてくれたのが
都立永山高校だったのでした!!
吹奏楽コンクールで涙が出そうなほど感動したという記憶はあまりないのですが、
この日の永山の演奏は、本当に心の底から胸を打つものがありました。
曲の中の「メッセージ性」も充分伝わり、本当に何か大切なものがしんしんと
伝わってくるかのようなまさに「神がかり」のような奇跡の演奏だったと
思います。
特に、打楽器、特にヴィプラフォーンの鉄琴というよりは、熱い鉄のかたまりのような
響きには心を動かされました。

最後に・・・この曲は、実は管弦楽曲版も存在しますし、実際にCDも出ています。
珍しい吹奏楽曲から管弦楽へのアレンジ例です。
マルコポーロというレーベルから出ていましたが、演奏は正直何の感動性もメッセージも
ない最低の淡泊な演奏だと思います。
オーケストラの技術も下手だし、音楽的テンションは極めて低いですね・・・

やはりこの曲は、吹奏楽の色彩性と甲高い響きがよい方向で用いられたことに
意義があるのかもしれないですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~!

名電さんは77年~79年には女生徒さんも居ましたよ~v-266
男子生徒も気合いが入った学生服でしたが女子生徒も気合いの入った長いスカートだったと思います。普門館の駐車場で軽くにらめっこした記憶が有ります(笑)

だけど名電と言えば東海地区の最大のライバルでしたし毎年素晴らしい演奏を聞かせてくれたバンドでした。

指導者も変わり年月も立ちましたが今も全国大会に変わらず出場して素晴らしい音楽を聞かせ続けてくれる事に感謝しています。

松井先生時代の名電は凄かったです!!

カリオストロ 様


浜工にとっては名電は強烈なライバル校だったのではないでしようか?

松井先生時代の名電は、ネリベルとかフーサという絶対的な十八番があったのが強烈な武器だったと
思います。
私はネリベルというと市立川口の「二つの交響的断章」ではまってしまいましたけど、
「交響的断章」の方は77年の兵庫高校と82年の名電でドツボにはまってしまったようなものです。

77年~79年にも名電に女性奏者も既にいたのですね!

確かに・・・79年の「道化師の朝の歌」のレコードに同封されている写真を見ると数名いましたね!

名電の77年の「エル・サロン・メヒコ」は大変がっちりとした骨太の素晴らしい演奏でしたけど、
翌年の78年は確か「幻想交響曲」でまさかの東海・ダメ金というのは意外な感じもありました。

松井先生後も指揮者が何人か交代しても現在も素晴らしい演奏を聴かせ続ける名電は
やはり凄いな・・と感じますね。
だけどそれ以上に改めて松井先生は偉大だったな・・と感じますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3278-df358ff5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |