プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方Project」の世界では、結構「コンビ」というのか共通属性による組合せというカップリングが意外と
多いのかなぁ・・と思ったりもします。
霊夢と魔理沙が東方ではやはりベストカップリングなのかな・・?
百合カップリングというと、色々と思い浮かびそうですけど、私としては慧音と妹紅が印象的です。
それと・・魔理沙とアリスなんかもとっても素敵な組み合わせだと思います!
勿論、さとり様-こいしちゃん・レミリア様-フランちゃん・綿月姉妹・秋姉妹といった実の姉妹カップリングといった
身内コンビも素敵なのですけど、東方のコンビで意外と多そうなのが
「上司と部下の素敵なカップリング」なのではないのかなとも思ったりもします。
その代表例は、レミリア様と十六夜咲夜とかゆかりんと藍とか、ゆゆ様と妖夢とかさとり様とお燐ちゃんとか
永琳様とうどんげちゃん辺りなのかなとも思うのですけど、
実はもう一組素敵なカップリングを忘れてはいけないと思います。それが、そう! 地獄の閻魔様と三途の川の舟渡しという
地獄における上司と部下の関係性である四季映姫様と小野塚小町なのだと思います。

そしてこの東方の素敵すぎる上司と部下のカップリングのフィギュアも、結構古い話ではあるのですけど、
確か2009年頃にピンクカンパニーから発売されていた事がありました。
このフィギュアは、ねんどろいどみたいにちびっこいものでデフォルメ化されたものですけど、とっても可愛いですので
改めて当ブログでも取り上げさせて頂きたいと思います。



縺薙∪縺医>_convert_20161110202516



四季映姫様と小野塚小町の正統派のフィギュアは、グリフォン制作によるあの素晴らしいフィギュアに
尽きると思いますし、あの完成度は本当に素晴らしいものがあると思います!
まさに地獄の閻魔様と死神に相応しい堂々とした威厳と風格を感じさせるフィギュアだと思います。

それに対して今回のピンクカンパニー制作による四季映姫様と小野塚小町のゆるくて可愛いフィギュアは、
威厳さはほぼ皆無だと思いますけど、なんか思わず「くすっ・・」と笑ってしまいたくなるような可愛らしさとゆるさも
間違いなくあると思います。

この二人の商品概要は下記の通りです。

サイズ:全長 約8cm
パッケージ形態:台紙付きブリスター入り

セット内容→小野塚小町・四季映姫・台座×2

原型:ぐらすぃズないふ(四季映姫)・アリヌ(小町)

デザイン:AngelType

地獄の閻魔様と死神というカップリングですのて、本来は「ちょっと怖いのかも・・」という仕上がりになったとしても
全然文句は言えないと思うのですけど
(グリフォンの四季映姫様の仕上がりは、まさにそんな雰囲気だと思います!)
このピンクカンパニーのお二人は、とにかくとっても可愛いです!
全体的にデフォルメ化された仕様なのですけど、特にあの目のくりくりっ・・・とした感じがとてもお茶目で素敵です!




譏蟋ォ_convert_20161110202641




四季映姫様というのは、死後の世界にて、私達の生前の行いを裁き、冥界行きか地獄行きかを
最終決定する閻魔様・・・、そう・・地獄の最高裁判長であり、あのサボマイスター(?)の小野塚小町の直属の上司になります。
ちなみにですけど、四季映姫様の場合、名前は「四季映姫」であり、
その役職名は「ヤナザナドゥ」という事になります。ヤマザナドゥとは「幻想郷を担当する閻魔」という意味になります。

罪人を罪の数だけひたすら殴る「悔悟の棒」は、両面に模様が再現されているのは、なかなか芸が細かくて素敵です!



譏蟋ォ2_convert_20161110202706



四季映姫様にはおまけとして○×棒が付属されています。上記の懺悔の棒と差し替えることが出来ます。

さてさてあなたの死後の世界の判決は・・・!?

〇ならば冥界または極楽行き! ×ならば地獄行き!という判決が、こういう〇×棒で提示されるのかな・・・?

東方花映塚においては、四季映姫様はほとんどのキャラ達に「そう、あなたは、××すぎる! このままでは地獄行き!」と
素敵な(?)忠告を発せられていますけど、
さてさて・・・実際の判決はどうなってしまうのでしょうか・・?? (笑)
特に特に・・・・もしもあのゆかりんが死亡した場合にゆかりんに対して下される判決と言うのは、やはり「地獄」行き
になるのかな・・?
ま・・それ以前に多分ですけど、ゆかりんは永遠に死なないと思いますけどね・・・(笑)



蟆冗伴_convert_20161110202730



小野塚小町は実は「死神」です!
一度「残りの寿命と引き換えに、お前の眼を・・」か何とか言っていた事がありましたけど、
間違ってもこまっちゃんはどっかのノートのなんとかという死神ではありませんので・・・(苦笑)
だけどあんな可愛くてグラマラスな死神様ならば、是非是非・・・
「あなたと一緒にあの三途の川を渡りたい!!」と死後の世界で叫びたいものですね・・・
小野塚小町は、地獄の閻魔様というのか地獄の最高裁判長でもある四季映姫様(役職名=ヤマザナドゥ)の
直属の部下であり、
その主な仕事は、死者の魂を彼岸へ運ぶ三途の川の船頭という事です。
ちなみにですけど、小町と映姫様の担当エリアは幻想郷内ですので、
幻想郷内での人間とか妖怪の死者は、小町によって三途の川を渡り、そして映姫様によって最後のお裁きを
受けるのです。
小野塚小町の最大の特徴でもあり魅力でもあるのですけど、
仕事がヒマな時はいいとして、仕事の合間とか休憩時間とかなんとか色々「言い訳」をしまくって、
持ち場を離れてよーーく幻想郷内をぶらついて仕事をさぼっている姿が目撃されていて、
幻想郷内最大の「サボマイスター」とか「必殺! サボり人」とか言われています・・・(笑)
東方三月精でも、霊夢から「あれ、小町、今日も三途の川の船は運休なの?」とツッコミを入れられているのが印象的です。
幻想郷内を散歩ならまだしも・・・昼寝をしたり昼間っから酒をかっくらっているその堂々とした「サボり具合」に
本当にホレボレとするものがあったりもしますっ!!
いや―――、あの小町の「サポリッ振り」は見ていて本当に逆に気持ちがいいですね!!
そしてよく上司の映姫様より「またサボっていて!!」とお叱り&小言を食らうのですけど、
そうやって怒られた時の、あの・・「きゃん!!」という叫び声はとにかくとっても可愛くて、あの「きゃん!!」
だけで「こまっちゃんだーいすき!!」となってしまいそうですね!!

小野塚小町は列記とした幻想郷内を担当する死神の一人です。
さてさて、この「死神」なのですけど、
その役目は大まかに三つあり、死者の魂を迎えに行き刈り取る係、
死者の霊を船に乗せて三途の川を渡らせる係、そして地獄の雑務一切を請け負う事務係の三種類あるとの事です。
ちなみに・・・・地獄の雑務とは、生きている人間の寿命の管理と記録とか
死者に対する地獄の説明や案内と言う・・・いわば受付みたいな仕事とか
地獄の閻魔様の裁判記録の管理や書記などとの事です。
うーーん、地獄の「事務方」というのも、なんか人間社会の事務と大して変わりがないのかも・・・??
一般的なイメージとしては「死神」というと大きな鎌を手に持ち、死者の魂を刈取りに行くという「怖い」イメージが
あるのですけど、小野塚小町は、そういういわゆる死神らしい死神ではなくて、
三途の川の船頭という役割を担っていて、死者の魂を刈取る仕事はノータッチです。
船頭係の仕事は仲間内の死神の間でも「地味すぎる・・・」とか「単調」という事で人気は高くないとの事です。
だけど・・・・
船頭の仕事は一人で行うもので、マイペースで仕事をしたり、
色々な人間社会からやってきた幽霊と話す事は出来るので、
話好きで上司の四季映姫様の影響を受けて(?)やや話し方が説教くさい小野塚小町にとっては
まさに・・・「天職」なのかもしれませんよね。




蟆冗伴2_convert_20161110202753



このフィギュアの小町はとっても可愛いですね!

ジト目みたいな感じもあるのですけど、全体的には余裕すら感じられる表情で、
上司の四季映姫様の少しイラッ・・とした雰囲気とは対照的に小町らしいおおらかさが感じられるのが素敵だと思います。

ツーサイドアップの髪型も髪飾りもとっても可愛いですけど
鎌はやはりいかにも「地獄の死神」という雰囲気が漂っていると思います。



まんが



縺薙∪縺医>繧後∩_convert_20161110202616



このピンクカンパニーの四季映姫様と小町のフィギュアがセットされた箱の裏面には、
レミリア様を裁く! というある意味とてつもない四コマ漫画が描かれているのがとっても面白いです!!

無罪と見せかけて・・・・有罪!! と断罪するのがいかにも四季映姫様らしいですよね!! (笑)

しかも・・・!! 吸血鬼で「水」には極めて弱いレミリア様に、むかーしフジテレビで放映されていた「オレたち、ひょうきん族」の
懺悔コーナーで神様の×判決により、上からドバーッと水が落ちてくるのと同じように
水を頭から浴びせてしまうとは・・・・!!

うーーむ、さすが地獄の閻魔様は情け容赦ないですね!! (笑)




縺薙∪縺医>2_convert_20161110202550


さきほどちらっとゆかりんの事を書きましたけど、

最近何気なく発見した東方の二次創作の中のお話でしたが、
幻想郷・冥界・月世界など・・・全てを手中に収めたゆかりんが「今度は地獄を手中に収めよう・・」と思い立ち
地獄の最高裁判長・四季映姫様に戦いを挑み、
最初は・・「なにこれ・・こいつ楽勝だ・・!!」と思った中・・・四季映姫様の前に完膚なきまでに叩きのめされて惨敗・・・
ゆかりんは半分意識朦朧状態でとある「幻想」を見ることになります・・
その幻想とは・・・
ゆかりん自身が地獄に叩き落され、
あのゆかりん自身がこの世のものとは思えない絶叫をしてしまう程のすさまじい拷問と責苦を味あわせられ、
「あの時、こいつに勝負を挑みさえしなければ・・」と薄れいく意識の中で
感じていたものでした・・・

そして・・・

「ゆかり様!、ゆかり様!! 大丈夫ですか・・・何か悪い夢にでもうなされていましたか・・・?」という
藍の声で目覚め
はっ・・と我に返ったところで物語が終わる・・みたいなストーリーだったと記憶しているのですけど、
なんかこの二次創作上では、あのゆかりんすらも超越する力を四季映姫様がお持ちという事になっていて、
それも意外と「ありなのかな・・」とも思っています。

果たして四季映姫様がゆかりんに対して下す判決はどっちなんでしょうね・・・??

胡散臭さと策略ぶりをマイナスと評価するのか、常に幻想郷の事を考え愛し続けていた事をプラスとして
評価されるのか・・・
そのあたりは、「私、とっても気になりますっ!!」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

四季映姫様と小町はよいセットですね。四季映姫様の顔もそれっぽくてとても良いです^^

地獄の名コンビ!

八咫烏(冬眠中) 様


確かに・・・!!

ゆるい仕上がりのフィギュアですけど、小町がいかにも部下っぽくて
四季映姫様がゆるい雰囲気の中にもちょびっと威厳も感じさせてくれて、なかなか名コンビの仕上がりだと
私も思います!

四季映姫様が下す判決は、なんか全員「地獄行き」みたいな風格もありそうですね(笑・・)

映姫様とこまっちゃん、かわいいです!

映姫様とこまっちゃんの組み合わせ、素敵ですね!

映姫様が持っている悔悟の棒もインパクトがありますし、こまっちゃんのツーサイドアップがかわいく表現されているのが素晴らしいと思います。

素敵な地獄のコンビ!

アミグリ 様


この記事にもコメントを頂けてとっても嬉しいです!

いつも本当にありがとうございます!

四季映姫様の悔悟の棒のインパクトがいつの間にかクイズみたいな〇×に変容しているのは
素敵な遊びだと思います。
小町のツーサイドアップと髪飾りはとっても可愛いですよね!

まさに素敵すぎる地獄のコンビですよね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3274-457622c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |