プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.習志野高校


C/交響曲~第四楽章(矢代秋雄)


習志野高校は、1981年が全国大会初出場でしたけど、初出場からの3年間の自由曲は、
この当時はまだ習志野としての方向性が手探り状態という印象が感じられるのも興味深いものがあると思います。
新妻先生時代の習志野というと、海・ダフニスとクロエ・寄港地・スペイン狂詩曲といった繊細なフランス音楽に
絶対的な自信を持っているといったイメージを感じていたものですけど、
1981~83年の自由曲は、寄港地というフランス音楽→呪文とトッカータと言うバリバリの吹奏楽オリジナル曲
→矢代秋雄の交響曲という現代邦人作品というまさに三者三様的なものがあり、
特にあの習志野が「呪文とトッカータ」みたいな吹奏楽オリジナル作品を自由曲に選ぶこと自体、
異例中の異例みたいなものでしたし、82年の演奏はそういう意味では大変貴重な演奏だったと思います。
あくまで個人的な感想なのですけど、習志野の方向性が見え始めたのは85年の波の見える風景とローマの祭りで、
その方向性が確固たるものとして完成されたのが、あのあまりにも繊細で美しい87年の
「ダフニスとクロエ」第二組曲~パントマイム・全員の踊りなのだと思います。
「ダフニスとクロエ」って今現在も吹奏楽コンクールの大人気自由曲ですし、この曲に関しては、
とにかく色々と素晴らしい名演が続出している訳なのですけど、
私個人の個人的感想を記すと、ダフクロで87年の習志野を超越する演奏はいまだに出現していないような気さえします。
87年の習志野はブログラム3番とかなり早い出演順だったにも関わらず、あのように奇跡的な名演を
後世の私たちに残してくれてのは、本当にありがたい事だと思いますし、あの演奏を直接普門館のステージで聴く事が
出来た私はまさに果報者なのかもしれないですね・・

1983年の習志野は3回目の全国大会出場なのですけど、この時点では既に「名門校」みたいな雰囲気もあり、
大御所みたいな貫禄すら感じさせてくれていました。
「これが自分たちの音楽!」という確固たる方向性が決定づけられてはいないとは思うのですけど、
既に習志野らしい「個性」は間違いなく聴衆にアピール出来ていたと思います。

課題曲C/カドリーユは、大変繊細で軽快で曲自体がうすく書かれていまして、
この曲を選んだチームの多くはなんか重たい感じで透明感に欠けるような印象もあったものですし、
花輪・野庭・明石北などのようにどちらかというと「ちょっとクセのある演奏」をしている学校の方が
印象度としては強かったような感じもありました。
その点、習志野のカドリーユは、作曲者の後藤洋氏が「この課題曲はこのように演奏して欲しい・・」と内心
考えていた通りの演奏をしてくれているようにも思えます。
私自身の印象としては「愛くるしい女子高生」みたいな印象で、あの軽快感とチャーミングな響きとサウンドの透明感は
高校の部においては右に出るものはいなかったと断言しても決して過言ではないと思います。
矛盾する発言かもしれないのは重々承知しているのですけど、カドリーユの演奏としては、私自身が最も大好きな演奏は
明石北高校のかなり個性的でクセのある演奏なのですが、
明石北・花輪・野庭のカドリーユを聴いた後に習志野のカドリーユを聴くと、とにかくその素直な響きとか可愛らしさに
なんか思わず胸きゅんきゅん・・となってしまいそうですね・・(笑)

自由曲の矢代秋雄/交響曲~第四楽章も、文句の付けようがない演奏だったと思います。
結果論になりますが、習志野は1991年にもこの矢代秋雄の交響曲を自由曲として演奏しているのですけど、
音楽的感銘度の高さという点においては、1983年の方がはるかに上みたいな印象を私自身は感じています。
これはあくまで私個人の見解なのですけど、矢代秋雄の交響曲の吹奏楽コンクールにおける演奏の中では、
1982年の仁賀保高校を超越する演奏は恐らく今後も存在しないだろうと思っています。
そのくらい仁賀保の「スピード感溢れる怒涛の後半部分と前半のひそやかさの対比」はほぼ完璧に
近いものがあったと思います。
矢代秋雄の交響曲~第四楽章なのですけど、吹奏楽コンクールにおいては
とにかくやたらと前半部分のホルンの雄叫びが強調される傾向にあると思うのですが、
あれって、私も何度かプロの管弦楽団による原曲の演奏を聴いたことがありますけど
あのホルンの部分はそんなに吹奏楽コンクールほど叫ばないみたいな印象があります。
この交響曲を吹奏楽コンクールで全国大会で初演したのは1979年の秋田南高校なのですけど、
秋田南にしたって前半のあのホルンは、そんなにシャウトしていないと思います。
1982年の仁賀保も勿論秋田南よりははるかに強調してはいるのですけど、
感覚としては「秋田南の解釈に近い」と言えると思います。
そうですね・・・
あの交響曲の前半部分の原曲におけるホルンに近いのは、意外かもしれませんが
1981年の田柄中学校なのではないのかなとも思っています。

そして・・・・
あのホルンを吹奏楽コンクールで初めてあんなにも強調したというのか「雄叫び」に近い感覚でシャウトしたのが
1983年の習志野高校だと思います。
最初にあの演奏を聴いた時はまさに「目から点・・・」だったと思います。
だって・・・・まさに「地響き」みたいな感じで、うぉぉぉーーーーーーんと叫ぶかのような雰囲気だったと思います。
多分ですけど83年の習志野のあのホルンの雄叫びは、その後のあの交響曲の演奏にあたっては
結構他校に与えた影響は大きいと思いますし、
83年以降、ああしたホルンの雄叫びを強調した演奏が増えてきたかのようにも感じられます。

習志野の演奏は、部分的に少しだけ木管、特にクラリネットセクションの動きが不鮮明みたいな感じられ、
全体が少しぼやけてしまう部分もあるのですけど、
サウンド自体に「ひそやかな透明感」に包まれているため、あまりそうした弱点を感じさせないのはさすがだと
思いました。
ラスト近くの金管のコラールの「清楚な響き」が本当に胸を打つものがあると思います。

まさに「習志野の今現在につながる伝説」は、ここから始まったといっても過言ではない素晴らしい演奏だと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3267-8ad1d5a8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |