プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.淀川工業高校


A/吹奏楽のための神話~天の岩屋戸の物語による(大栗裕)


課題曲と自由曲共に本当に素晴らしい演奏でした!!

この年1983年の高校の部は、金賞のレヴェルがとてつもなく高く、1970年代以前のような一位・二位・三位といった
順位制の場合だったら、どのチームが優勝かなんてまさに審査員泣かせみたいな様相を呈していたのかも
しれないですね。
金賞受賞チームの中でも、野庭・習志野・高岡商業・明石北・福岡工大付属、そしてこの淀工の演奏は
ハイレヴェルであり、この演奏がアマチュアのスクールバンドの高校生とは到底思えない信じらない名演を
後世の私たちに残してくれていると思います。
そうですね・・・私個人の評ですと、一位は高岡商業なのかな・・?
二位が野庭で、三位に来るのが明石北か淀川工業だと思います。
そしてこの年は銀賞にも素晴らしい演奏が多く、秋田南・茨城・東海大学第一・兵庫・嘉穂なども
限りなく金賞に近い銀賞だったと私は思っています。
花輪の銅賞は、あれはほぼ100%審査員の好みと好き嫌いだと思います。

淀川工業の課題曲Aですけど、淀工はこうしたがっちりとした骨組みのあるような課題曲を演奏させると
なんか右に出るものはいないような気がしますね。
こうしたインヴェンション第一番みたいに序-A-B-Aみたいな形式美がはっきりと提示されている曲とか
1984年のシンフォニエッタのようなミニシンフォニーみたいな感じの曲とか
79年のフェリスタスみたいな曲は本当に上手いと思います。
先日、茨城高校の課題曲Aが大変個性的であったみたいな記事を書いたのですけど、淀工はまさに
「これぞ正統派の演奏!」みたいな印象で、ヘンな小細工とかせずに正々堂々と真正面から音楽に取り組んだ印象が
大変強いですね!
課題曲Aとしては、高校の部の中でもトップクラスの素晴らしい演奏だったと思います。
冒頭の健康的なファンファーレが素晴らしい! まさに出だしから「キラリと光る何か」はあったと思いますし、
展開部の音楽的流れがまさに自然体そのもの!  少しあっさりとした中間部を経てラストの追込みは見事でした!
そうそう、この課題曲Aですけど、中間部が終わってからのAの再現部分がなんか極端に短すぎ・・・みたいな印象も
感じさせてくれた課題曲ですけど、これは「4分程度に収めないといけない」という吹奏楽コンクール課題曲の
宿命みたいなものなのかもしれないですね。

淀川工業は、1995年から2016年の吹奏楽コンクールは、スペイン狂詩曲・ダフニスとクロエ・大阪俗謡による幻想曲の
三曲以外の自由曲は一度も演奏した事がないのですけど、
そうですね・・それに関してはこのブログでも色々と書いたことはありますし、色々な賛否両論の声も多いみたいですね。
「大阪俗謡・・」をあんだけやるのだったら、同じ作曲家ということで「神話」もたまーにはやればいいじゃん・・みたいに
感じる事もありますね。
吹奏楽の為ための神話~天の岩屋戸の物語によるですけど、この素晴らしい名曲は、
富田中学校と尼崎吹奏楽団によって世に知られるようになったのですけど、
今現在に至る「継続されて演奏され続けるオリジナル邦人作品」としての不動の人気を決定づけた演奏というのが、
まさにこの年、1983年の淀川工業による演奏であった言っても過言ではないと思います。
そうした意味ではこの演奏は、「神話」のまさにパイオニア的演奏であり、名曲の名演なのだと思います。
淀工は、1988年にも「神話」を自由曲として取り上げていますけど、
そうですね・・これはあくまで私の個人的感想ですけど、音楽的感銘度の高さは1983年の方が上だと思います。
淀工はこの時代はまだ女性奏者が一人もいない次代でしたけど、男子高校にしては木管、特にクラリネットが
抜群に上手いですね!
あの甲高い響きとかあんなややこしくて面倒くさい変拍子なんかも
不規則な変拍子を少しも変拍子と感じさせないほどリラックスした気分で表現されていたあのテクニックは
まさに高校生の領域をはるかに超えていると思います。
踊りの部分が一旦おさまった後の静粛な部分のクラリネットのソロのミステリアスな雰囲気は、まさに圧巻であり、
あのソロを超越させる演奏って、私が知る限りでは1985年の尼崎吹奏楽団と89年の東海大学第四高校以外
ないのかもしれないですね。
それにしても「神話」の変拍子って奏者もそうですし、指揮者にとってはまさに「指揮者泣かせの曲」だと思います!
私自身もこの曲は何度もコンクールで聴いたことがあるのですけど、あの変拍子はどのチームも結構
ギクシャクする事が多かったと思います。
そうした中、淀工のあの変拍子の表現の巧みさは素晴らしいですね!
打楽器のコントロールも大変申し分なく、ドラのすさまじいロールとか一撃も、まさに「素敵なスパイス」だったと思います。
踊りの部分が終わった後のクラリネットの不協和音による三度の音のぶつかり合いも
まさにツボを得ていたと思います。
ラストの追込みもお見事!! まさに「太陽が再び地上を照らしてくれた!」みたいな狂乱と喜びが
音楽の上でも見事に描写されていたと思いますし、自分たちの音楽としてこの「神話」を表現してくれたこの姿勢は
本当に尊いものがあると思います!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は少し余談です。

実はなのですけど「大阪俗謡による幻想曲」もこの「神話」も原曲は管弦楽曲なのです!

その管弦楽作品を大栗先生自らが吹奏楽版としてアレンジされたのが、吹奏楽コンクールで聴かれる
俗謡と神話なのです!

「吹奏楽のための神話」の管弦楽版のタイトルは、「管弦楽のための神話」という
「そのまんまじゃん!」みたいなツッコミが入りそうなタイトルでもあるのですけど、
吹奏楽版も管弦楽版の「神話」も、古事記の世界をイマジネーション豊かに忠実に表現している素晴らしい曲です。
天照大御神がお怒りになって岩戸の中にこもってしまい、地上の世界が真っ暗闇に覆われて人々が困り切っている祭に、
「どんちゃん騒ぎを起こせば天照大御神も気になって出てくるんじゃないの・・?」という発想による
神々が踊り狂って乱痴気騒ぎを起こしている踊りのシーンのリズムの複雑さと高揚感は
目を見張るインスプレーションがあります。
又、「何だろう」と岩の隙間から顔を出した瞬間に大男の神に引っ張り込まれて
再び太陽がサーーッと出る場面だろうと思われるシーンの描写力は、もはや「奇跡」という
感じです。
全体的には、非常におぞましい曲なのですが、日本人でないと分らない表現も多々あり
「日本人のココロ」といった作品なのかもしれません。

そうそう、この管弦楽版による原曲は実はとてつもなく長いです! 確か演奏時間は17分程度だったと思います。

吹奏楽コンクールの演奏に慣れてしまうと、
原曲版を聴いてみると、正直・・「なんか無駄な部分が多いな・・」みたいに作曲家の先生に対して大変失礼な
感想すら感じてしまう傾向にあるのは、仕方がないのかな・・?
吹奏楽コンクールのカット版の方が実に密度が高く音楽的緊張も高いような印象もありますし、
大変ひどい事を書いてしまうと、原曲で少し無駄でジャマなのかな・・と思える部分をカットしたのが
あの吹奏楽コンクールのカット版のようにも感じたりもします。

だけど原曲のあのおどろおどろしさは、あの長さでないと十分表現されないかもしれないし、
うーーん、どちらが良いかは正直困ってしまいますね・・・
私は、この曲に関しては、吹奏楽版のコンクールカットヴァージョンの方が大好きです。

最後に・・・
1970年代の頃の話ですが、朝比奈隆が大阪フィルを率いてベルリン公演に臨んだ際、演奏した曲の一つが
管弦楽版の「大阪俗謡による幻想曲」でした。
日本の音楽とか大阪の俗謡を全然知らない外国の人がこのいかにも「コテコテの大阪やねん」みたいな
この曲を聴いたら、どのように感じるのか、どのようなイメージを持つのか
なんか興味深いものはありますね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

淀工の神話

この1983年の淀工の演奏、ぬくぬく先生とまさしく同意見です(^^)v
この淀工の神話をレコードで聴いたことが、僕が吹奏楽の深み
にはまってしまった原因ですw
当時中3だった僕の耳には、完璧な演奏としか思えませんでした。
確かに1988年の演奏も素晴らしいのですが、1983年の勢いや、緊張感には敵わない気がします。
この年の中学校高校のレベルはとんでもないものでしたね。
採点上の順位は
富山商、習志野、淀川工、野庭、明石北、東海第四、福工大附、高岡商で、次点が札幌白石と東海第一のようです。
まぁここまでレベルが高いと点数は単なる好みにしか感じられませんがw

あ、ちなみに俗謡は管弦楽が先ですが、神話は吹奏楽の方が先です。管弦楽は朝比奈さんからの依頼で吹奏楽から編曲されたらしいです。最近は時々聞きますけど、吹奏楽から管弦楽って結構珍しいですよね。

まさにコンクールの「神話」というか伝説的な神がかりの演奏だと思います!


ゆーすけ 様


ぞうなんですよ! 同じ「神話」でも88年は少し洗練され過ぎているというのか少しすかした感じが
少し気になったりもしますし、この年の課題曲のカーニバルのマーチのリズムのずれがとてつもなく気になったりもします。
その点、83年の演奏は「おぞましい雰囲気」・「ドロドロとした情感」みたいな日本の古代美の世界が感じられ、
少し荒削りの感じも余計にこの曲にマッチしていて素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。

私個人としては、83年の高校の部は高岡商業・野庭・明石北・淀工が四天王ですね!

銀では秋田南・兵庫・茨城・東海第一が印象的で
銅なのが今だに納得いかないのが花輪ですね!

吹奏楽から管弦楽に逆アレンジされた作品というと、ぐるりよざとプラハのための音楽1968が印象的ですけど、
プラハは、マルコポーロというレーベルから出ていますけど、
音楽の感銘性が極めて低い淡々とした演奏でとってもつまらなかったのが逆に印象に残っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3265-509a6832
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |