プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.茨城高校


A/歌劇「ローエングリン」第二幕~エルザの大聖堂への厳かな行列(R.ワーグナー)


この年、1983年の吹奏楽コンクールの課題曲A/吹奏楽のためのインヴェンション第一番は、
序奏-A-B-Aのシンプルな構造を取っていて、
出だしの健康的なファンファーレに続いて展開されるフーガ的な部分が実にノリが良いし
メロディーラインも聴くだけでもわくわくさせられるし
中間部のBのしっとりとした歌も魅力的ですし、ラストもいかにも吹奏楽らしい豪快な感じですっきりと終わります。
そして何よりも中間部のアルトサックスのあのしっとりとしたソロが極めて印象的ですね!
吹奏楽コンクールの課題曲におけるアルトサックスのソロというと、79年のフェリスタスとか
81年の東北地方の民謡によるコラージュとか85年の波の見える風景なども素敵でしたけど、
この年のインヴェンション第一番も本当に素敵なアルトサックスのソロだったと思います。

課題曲A/吹奏楽のためのインヴェンション第一番は、
出だしのインパクトが結構大事で、この部分を外すとそれを取り戻すのは正直至難の業です。
感覚としては、この課題曲は出だしで大体方向性が決まるという感じもあり、
出だしに「キラリと光る何か」を表現出来たチームは中間部もラストもスムーズに展開できていたような
感じもありました。
この課題曲Aで素晴らしい演奏を聴かせてくれたチームは色々ありますけど、
私個人の感想としては、今回ここで取り上げさせて頂く茨城高校の演奏がかなり気に入っています。
男子高校らしい豪快さと中間部の繊細な歌が印象的で、
前述の中間部のアルトサックスの幾分ハスキーな歌い方が実に渋くて良かったです。

茨城高校の課題曲Aはかなり風変わりな作りです。オーボエ奏者が上手という事もあるのですが、
課題曲前半は、オーボエがしっとりと歌い込み、それをうまく木管楽器につないているようにも感じられ、
あのオーボエ→木管セクションへのつなぎはまさに「フーガ」という感覚もあったと思います。
このチームは男子校なのですけど、意外と金管楽器が意外ともっさりとしているので、
鋭角的なサウンドには至らず、何かどよーんとした感じになっているのが惜しまれます。

自由曲の「エルザの大聖堂への厳かな行列」は、考え込まれ練りに練った「知性的な演奏」とも
言えると思います。
カイリエ編曲を楽譜の通り演奏すると、オーボエのソロからクラリネットのソロへとつないでいくのですが、
茨城高校の場合、カイリエ編曲でありながらも、オーボエがクラリネットへとつなぐことなく
オーボエが一人でソロを奏でていますから、余程オーボエに自信があったのかもしれませんね。
だけどあの前半のオーボエ奏者は光っていたと思います!
全体的に知性的で構成がしっかりしている印象がある中で、矛盾しているのかもしれませんが
同時に「感受性」がとてつもなく強い演奏のようにも感じられます。
ラスト近くのホルンの雄叫び以降の展開は、金管楽器と打楽器が、これまで抑えに抑えていた
感情の高ぶりを一気に爆発させているような感じもしました。
音が多少硬いというのが金賞には至らなかった原因の一つかもしれませんが、惜しまれる銀賞の一つです。
演奏終了後の、多分OBとか関係者だと思うのですけど、「ブラボー!」じゃなくて「ウォー―――!!」みたいな野生の雄叫び
みたいな声援がとてつもなく印象的です。

ここから先は少し余談ですけど、ワーグナーの「エルザの大聖堂への厳かな行列」というと、
オールド吹奏楽ファンの皆様ですと、条件反射的に、1966年の豊島第十中学校とか1974年の首里高校と
言われるのでしょうけど、私にとっても「ベスト・エルザ」は誰が何と言っても、1987年の雄新中学校の
奇跡的名演ですっ!!

あそこまで素晴らしい演奏を聴かせてくれたのに、あの演奏が審査結果で「銀賞」と発表された時は、
冗談抜きに「審査員、全員死んでしまえ!!」と思ってしまいましたけどね・・・・(苦笑・・)

1987年の雄新中学校は、何と恐るべきことに36人編成です。
当時、私自身は普門館で生でこの演奏を聴いていましたけど、生で聴いても録音で聴いても
とても少人数とは思えません。とにかくサウンドは豊かです!!
そして何よりも表情は極めて豊かですし、感受性が大変豊かなのですけど、それがちっとも不自然ではないし
実に素直で伸び伸びと吹いている所がすごいですし、
指揮者の先生が「こう吹け!!」と言ったから言われたまま吹いているみたいな「お人形さん」みたいな演奏では
ありません。
鈴木先生の解釈では、ところどころにテンポルバートをかけたり、音を微妙に揺らしたり
音楽を大胆にも途中で静止寸前までテンポを落としたりと色々と「やりたい放題」という感じも
するのですけど、それがちっとも作為的でないというか、自然体な所が
本当に素晴らしいです。
ま・・・鈴木先生自体の指揮はかなり大振りですけどね・・・
(私の周囲では、あの指揮は・・・「まさに踊る指揮者」と評する人もいました・・)

この年の雄新は課題曲のマーチでは、金管の優秀さ(特にユーフォニアムの裏メロは素晴らしい!!)
自由曲においては、金管は比較的抑制し、
木管を情緒たっぷりにしっとりと吹かせていたのが大成功だったと思いますし、
とにかくあのサウンドとあの音色は・・・とにかく・・・あの演奏から20年が経過した現在でも
一聴の価値ありと確信していますし、
とにかく・・現在の若い奏者の皆様にも是非是非「あのしっとり感+みずみずしい感性」を
聴いて欲しいと思っています。
前半のオーボエソロなんかは絶品ですね!!
中盤の瞬間的に音楽の流れを止めかけた時は・・
生で聴いた時は「あれれ・・・鈴木先生、ここでまさかの演奏中止・・・??とも瞬間的に感じたのですけど
ここから、テンポルバートをかけまくって音楽全体をファンタジーに染めていた
あの解釈は・・・
今聴いても斬新ですし、とにかく美的限界をとっくに超越した「退廃的美しさ」がそこにはありました。
ラスト近くのホルンの雄叫びも良かったし、終わらせ方も一旦音量を落としてから盛大にフォルテ
していくのもむしろ自然体なような感じもします。
音楽が本当にワーグナーの求める重厚さ・神秘さ・透明な清涼感を見事に醸し出していたと
思います。

この演奏から既に29年も経過しているのですが、
この雄新中の素晴らしさは・・・・・
私は、永遠に語り継いでいきたいと思いますし、
永遠に後世の人達に受け継がれて欲しい素晴らしい演奏の一つだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです^^;

 やっぱり「エルザ」といえば鈴木先生ですよね^^
雄新中もそうですが、菊間中時代の「エルザ」も素晴らしいものがありました。

雄新中のほうは一応顔も見たことがない後輩たちの演奏なんですよねぇ。。。(卒業は別の中学でしたのでアレですが・・・)

菊間中のほうは、約半数が高校で一緒でした。
やっぱり鈴木先生はご自身がホルン奏者ですので、特にホルンについては恐ろしかった・・・・らしいです。。。

実は鈴木先生。不定期ですが、とある吹奏楽団の指導をされていました。
現在はわかりませんが、「どつかれた会」という菊間・雄新中吹奏楽部OB(ただし鈴木先生ご指導時代に限る)吹奏楽団があり、不定期でコンサートを開いていました。

当時のメンバー勢ぞろいで「エルザ」や「うんりき」などを演奏して、大好評だったらしいですよ。

私は鈴木先生の前任の田村先生時代ですので、残念ながら「どつかれた会」の入団資格がありませんでした。
高校時代に課題曲のモデルバンドとして、当時菊間中学校在任中の鈴木先生にご指導を受けたことがありますが、とても教え方がお上手で、すごくわかりやすい説明でした。
「鬼の鈴木」はどこに行ったんだ?という感じでしたねw


エルザというと、茨城高校も首里高校もいいけどもやっぱり1987年の雄新中の奇跡のような名演が最高です!!

なおりパパ 様


そうですよ!!!

エルザと言えばだれがなんといっても1987年の雄新中だと私は確信しております!

あの鈴木先生指揮のエルザを普門館で聴けたことは、私自身の「生涯の大きな宝物」だとすら思っています!

だからこそ、鈴木先生の直接の門下生・生徒ではないにせよ、こうやってたとえわずかでも
鈴木先生と関わり合いがあったなおりパパ 様が私は心底羨ましいと感じますね!!
まさになおりパパ 様にとっても「生涯の大きな宝物」とも言えるご経験なのだと思います。

鈴木先生がこうやって今でも指揮をされているニュースを聞くと、本当に嬉しいものがありますし、
いつまでもお元気でおられて頂きたいと切に願っております!

素敵なコメントを頂きありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3263-99029444
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |