プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.東海大学第四高校


A/古祀(保科洋)


このチームは、80年代後半から急激にサウンドが華麗になった印象があるのですが、
初出場の「ジークフリートの葬送行進曲」とか80年の「リエンチ」とか82年と84年の「天使ミカエルの嘆き」、
85年の「バストラーレ」、86年のドビュッシーの「小組曲」、
そして、83年の「古祀」はどちらかというと演奏が内省的で地味な印象がありました。
83年の古祀はサウンドが実に渋くて暗い表情を持ち、表現自体も控えめという印象すら感じたものですけど、
とても後年の「ローマの祭り」の爆発的サウンドと同じ指揮者・演奏団体とは思えない感じすらあると思います。
全国大会初登場の頃は、重厚なワーグナー路線、そして地味で内省的な邦人路線を経て、繊細なフランスものとか
華麗で大音響みたいな時代もありましたけど、
最近では、邦人作品もアレンジものも「とにかく洗練されてバランスが大変よい」という印象が大変強く、
現在のスクールバンドのまさに「生きるお手本」みたいなチームの一つがこの東海大学第四高校ではないのかな・・?とすら
感じる事もありますね。
そしてこのチームで特筆すべきことは、1978年の全国大会初出場の時から現在に至るまで、終始一貫して
井田先生が指揮・指導をされていて、
このように40年近くも同じ高校を一人の指導者が指揮をされ続けている事例は、淀川工科の丸谷先生を別格とすると
ほとんど例が無く、この点においても井田先生の「偉大さ」を痛感せずにはいられないですね!
井田先生の指揮とか解釈というのは、どちらかというと「酸いも甘いも全部わかりきっている」みたいな大人の風格
という傾向が強いのかな・・?
85年のバストラーレとか87年のダフニスとクロエなんて絶対にあの演奏は「銅賞」という評価はおかしいと思いますし、
あの審査結果は私もいまだに納得がいかないのですけど、
そうした「コンクールにおける理不尽さ」なんかも全て体験されているだけの
全てを「寛容し受忍するような大人としての懐の深さ」を昔も今も感じさせてくれている点は、素晴らしいとしか
言いようがないと思います。
あまり関係ないですけど、1970年代後半のまだ20代の頃の若かりし日の井田先生は、
「こんな曲どうせ審査員は知らないだろう・・審査員が聴いた事ない曲を自由曲に選べば、多少審査が
甘くなるのかな・・?」と期待して(?)選んだ曲がバルトークの「小組曲」という曲らしいのですけど、
すいません・・この曲、私も聴いたことすらありません・・・
だけど実際のコンクールの審査表には結構手厳しい事が書かれていたとの事で、
「うーーーむ、やはりコンクールというのは安易な気持ちで臨んじゃダメなんだ・・」と自覚されたというのも
なんか面白いエピソードだと思いました。

1983年の演奏、はしっとりと仕上げ、サウンドも柔らかく、
何よりも渋いこの曲を情緒たっぷりに歌いこんでいる姿勢が素晴らしいと思います。
地味ながらも大変印象的な演奏です。
課題曲は自由曲とは逆にもう少し「華やかさ」が欲しかったのかなぁ・・と感じるのは、これはもう贅沢な注文という
感じでしょうね・・(笑)
冒頭のファンファーレはもう少しカッチリとしたものを聴かせて欲しかったし、中間部が意外とあっさり淡々と流れていたのも
もったいない雰囲気はありましたが、その分ラストの追込みは申し分なかったと思います。
これは後日触れますけど、課題曲A/吹奏楽のためのインヴェンション第一番の全国大会・高校の部において、
「茨城高校」というとてつもなく個性的な演奏がありましたので、どうしても茨城高校の演奏を一度聴いてしまうと
他校の演奏がなんとなく平凡に聴こえてしまう感じも無くはないと思います。
自由曲は既に前述していますけど、こうした地味な曲をここまでしっとりと情緒感溢れ
「音楽的に聴かせる演奏」をお披露目してくれた井田先生と奏者の皆様に対して敬意を表したいと思います。
全体的に「くすんだ音色」が自由曲のイメージにドンビシャだったのは素晴らしかったと思います。
特に木管セクションが素晴らしかったですし、コールアングレ・フルート等も光っていましたし、
金管の適度なコントロールも抜群だったと思います。

保科洋と言うと、既に1970年代より「吹奏楽邦人作品」としてはかなり有名な方で
その作品も兼田敏と並んで比較的全国大会の自由曲としても選出される事が多い作曲家の一人でした。
私が高校生の頃ですと、「保科洋」と言うと・・

〇カタストロフィー

〇カプリス

〇交響的断章

なとの曲に代表されるように「陰気」な曲想が多く、そのあまりの「暗さ」に
「この作曲家は根暗なのかな・・・」と思った事すらありました・・(苦笑・・)
(というか、「根暗」なんて言葉、既に「死後の世界」ですよね・・・なんか、こんなところでも年がバレてしまいます・・・)
だけど1980年代に入ると、「古祀」とか87年の課題曲にもなった「風紋」のように「和」のイメージを曲に取り入れ始め
特に「古祀」は、日本の古代の儀式みたいなイメージを曲に大胆に取り入れ
その「鄙びた感じ」と「躍動する静のリズム感」がまた独特の世界を生み出し、一時かなりの人気曲だった
時もあったような気がします。
この時代に「バストラーレ」(牧歌)みたいに
曲想が優しく終始穏やかな響きにまとめ、かつてのような「陰気さ」が潜めてしまったような曲も
ありました。

ちなみに、保科洋の作品は、全国大会では1991年の「祝典舞曲」を最後に20年程度全く演奏
されていませんでしたけど、
2010年以降「復興」という曲が全国大会でも何度も自由曲として演奏され、
再度この作曲家の作品が取り上げられているのは
何かとても嬉しい気がします。
というかこの「復興」は私も大好きな曲ですし、今年の全国大会でもいくつかの学校が自由曲として
演奏しています。

保科洋先生の仲間の兼田敏先生が既に彼岸に旅立たれていますので、保科洋には、
指揮活動・教育活動、そして作曲もまだまだ現役第一線で頑張って頂きたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

今年から改称

こんにちは。
東海大学の系列の高校は今年から名前が少し変わったんですよね。
例えば東海大四は東海大札幌っつう地名入りになりました。
1986年は野球部も夏の甲子園に出場しました。
そのときの主砲がロッテに行った大村厳選手。
いーわーいーわーおーの応援が頭から離れない。
ココも吹奏楽の名門校とは知らなかった。

東海大学第四

五航戦の愛鷹 様


初めて知りました! 教えて頂きありがとうございます!

東海大学第一は数年前に「翔洋」と名称が変わりましたけど、第四も随分と普通の校名に変ったのですね!

ちなみにですけど、東海大学第四は大変な吹奏楽の名門校でして、
まさに北海道の雄です!
そうですね・・九州ブロックで例えると精華女子みたいなものですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3261-f5e8fcc7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |