プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.富山商業


A/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話(C.ドビュッシー)


7.観音寺第一高校


A/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話(C.ドビュッシー)


この年のプログラム6番と7番の演奏は、全く同じ課題曲と自由曲が続けて演奏されるという事で
こうした場合は往々にして後の演奏順のチームにどこなくプレッシャーが掛かってしまい演奏崩壊という事例も
しばしばあったりもします。
練習過程の間では自分たちの演奏にそれなりの自信があったはずだとは思うのですけど、自分たちの一つ前の出演順の
演奏のチームが自分たちと全く同じ課題曲と自由曲を選んでしまうと、「隣の芝生はよくみえる」という訳では
ないとは思うのですけど、奏者自身が自分たちの演奏と一つ前の演奏をなんとなく「比較」をしてしまい、
「え・・自分達よりもうまいじゃん・・」みたいな感じでヘンに委縮してしまうような演奏になってしまう事も
あったりもします。
1983年の高校の部は、そうした事例の典型的事例であったと思いますし、観音寺第一の皆様には大変申し訳ない
言い方になってしまうのですけど、レヴェルの高い富山商業の演奏を見せ付けられた観音寺第一は
少しと言うかかなり気の毒だったような感じがあります。
せめて観音寺第一の後に富山商業が演奏する出演順だったら、当日の出来も少しは変わったかもしれないですね。

富山商業の「海」は大変完成度が高い演奏だったと思います。

富山商業と言うと、例えば78年の火の鳥とか81年のシンフォニエッタ、前年のロメオとジュリエットに象徴される通り
どちらかというと金管を主体によく音が鳴っていて大音量の魅力が大変魅力的という「パワー系」の演奏のような
印象がありましたが、この年はそうした「バリバリに音を鳴らす」という傾向が比較的感じられず、
内省的にしっとりとした演奏という印象があり、それ以前までの富山商業のイメージを根底からひっくり返すような
演奏だったと思いますし、それだけ逆になんかインパクトがありました。
富山商業の「海」は、これはあくまで私の感じ方の問題なのかもしれないのですけど、
「日本海の冷たい海の荒涼とした雰囲気・・」みたいな場面が脳裏に浮かぶような演奏だったと思います。
どちらかというと「しっとりとした」感じで、
従来の富山商業はどちらかというと「ドライ」みたいな感じもあったものの、この年に関しては「ウェット」みたいな印象が
あったりもします。
いかにも荒波が岸壁に叩きつけられているみたいな「寂寥感」といった雰囲気すらあったようにも思えます。
そしてこの年は富山商業にしては大変珍しく金管を意図的に抑制し、全体のコントロールが大変的確に図られて
いたようにも感じられたものでした。
この年の富山商業は結果的に金賞を受賞し、3年連続金賞となったのですけど、
十分に納得できる文句なしの金賞だったと思います。
ちなみにですけど、富山商業は翌年の1984年は、またまた「いつも通りの」(?)富山商業になってしまい、
組曲「ハーリ・ヤーノシュ」をまたまた男気溢れる極めて音量過剰の豪快な演奏を聴かせてくれていましたので、
83年に抑制された鬱憤(?)を84年にぶつけてしまったような印象もありますね・・・(笑)

それとこれは後述しますけど、富山商業の「海」は駒澤大学の上埜先生のアレンジによるもので、
富山商業のライバル校の高岡商業も1986年の自由曲の「海」も上埜先生のアレンジによるものです。
だけど同じアレンジャーでも、富山商業と高岡商業の演奏は、私個人としては、方向性が全然異なっているようにも
感じられ、その点は大変興味深いものがあったりもします。
富山商業は上記の通り、荒涼とした内省的な海であったのに対して、高岡商業は大変メカニックで機能的な海で、
編曲が同じであっても指揮者の解釈の違いによって全然変わってくるもんだなぁ・・と感じたものです。
ちなみに高岡商業は、グロッケンの共鳴効果を利用したキ――ンという金属的な効果音を巧みに利用していましたけど、
富山商業の場合は、そうした演出は行わず、むしろ正攻法の内省的な演奏をしていたと思えます。

観音寺第一の「海」は、そうですね・・、大変申し訳ない言い方になってしまいますけど、
聴いていてあまり伝わるものが感じられない淡泊な演奏だったと思います。
その原因はどこにあるのかというと、サウンドの透明感なのだと思えます。
どちらかというとサウンドがかなり「もっさり・・」としており、そうした少し泥臭いサウンドが、「海」という大変繊細な音楽との
相性が今一つよくなかったのかな・・とも思えます。

どちらにしても同じ課題曲と自由曲が続くというのは、後の出演順のチームには、少し不利なのかな・・とも思えますし、
その意味では観音寺第一は少し気の毒た゜ったようにも思えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は少し余談です。

上記の話の中で、同じ自由曲で全く同じアレンジャーでも指揮者の解釈によってはその表現もかなり違ったものになる
みたいな事を書いたのですけど、
それを踏まえた上で、同じ自由曲でアレンジャーがそれぞれ異なる場合は、演奏やその表現がどのように変わるのかという
かなり面白いテーマを吹奏楽コンクールの場で提示してくれた事例もありました。
その一つが1986年の高校の部における「海の競演」なのかな・・とも思ったものです。
1986年の高校の部は計3チームがドビュッシーの「海」を自由曲として選曲し、3チームとも編曲者が異なるという
とても興味深い「海の競演」を聴かせてくれました。
ちなみに3チームとも、課題曲が全て異なるというのも何か面白かったです


○高岡商業【上埜孝編曲】

 いかにも高性能・高機能といった感じのサウンドでした。傾向としては大変音楽が「メカニック的」とも言えると思います。
 同じ曲でも「ひそやかさ」を強く感じさせた内面的な海の習志野とはかなり目指している方向の違いを
 感じたのも事実です。

 「海」の中間部で一旦静寂となってオーボエが美しい旋律を奏でているバックで、打楽器奏者の何人かが、
 手にコントラバスの弓を持ち、グロッケンの横部をこするように上下になぞり
 弦楽器の高音部分をこうした方法で代用していた「荒業」にも当時度胆を抜かれたものです・・・
 何か共鳴管をコーンと鳴らすと隣の共鳴管がウワーーンという音を立てるような
 感覚の音でした。
 試みとしては面白い表現でしたけど、
 何となくですけど「人工的・作為的」についつい聴こえてしまい、意図はわかるけど、不自然でやりすぎ・・みたいな
 印象も感じたものでした。


○習志野【八田奏一編曲】

 3団体の中では、一番しっくりくる素晴らしい演奏でした。
 サウンドに気品があり、前半を相当抑えて演奏していて、後半にいくほど
 高ぶった気持ちをうまく柔軟に表現していましたし、音楽が自由自在という感じでした。
 生で聴くと一見冴えない演奏にも聴こえてしまうかもしれませんが、その真価は
 CDで聴くとよく分かると思います。

 当日の会場内で、私の座っていた席の丁度後ろ側にいた人が、演奏終了後に
 「うーーん、何か冴えない演奏・・・」とか呟いていましたけど
 自分の演奏終了後の感想は、
 「なんて張りつめた演奏、なんてひそやかな演奏、そして何と感動的な演奏」といった
 「冴えに冴えた演奏」という印象を受けましたので
 同じ演奏を聴いても、人によってやはり「感じ方」は異なるものなのですね。
 ま、それが「人間の多様な感性」でありますし、そうしたものは、一人一人が尊重する必要が
 あるのかな・・とも思います。


○神戸【藤田玄播編曲】

 サウンドが重厚でした。
 音楽としては「フランス系の響き」というよりは「ドイツ的な響き」という感じがしたものです。
 分厚い響きでしたので、繊細な表現の「海」には部分的に合わなかったのかな・・とも感じるのですけど、
 全体のがっちりとした骨太の響きは逆に言うと「武骨な海」という雰囲気もあり、
 「スケールの大きさ」という観点では、この三校の中では群を抜いていたと思います。


番外編として、1993年の関西大会の洛南高校を推したいと思います。
洛南は、この年は関西大会ダメ金で全国大会には行けなかったのですが、演奏は非常にユニークで、
第二楽章と第三楽章を取り上げていて、
カットは痛々しいけど、何を言いたいのかとか、曲のニュアンスは充分伝わってきました。
第二楽章に、ソプラノサックスをソロとして使用していたのは、意外に合っていてとても面白い表現だと感じたものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3257-191e15d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |