プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5.野庭高校


C/アルメニアンダンスパートⅠ(A.リード)



最近の若い世代の皆様ですと、「野庭高校吹奏楽部」とか「中澤忠雄先生」と言われても
もうあんまりピンとこないのかもしれないですね。
私としては、花輪高校・市立川口・秋田南高校・就実・屋代高校・仁賀保高校・雄新中学校等の「伝説的名演」を
ずっとずっと後世に語り継いでいきたいのですけど
上記の学校以外でも、色々と後世の方達に何か「言葉」として受け継いでいきたいような演奏も数多くあると思います。
その一つの学校が「野庭高校」なのだと思います。
そうですね・・・この学校に関しては、正直・・・私の中では見解が二つに割れています。
アルメニアンダンスパートⅠ・ハムレット・オセロ・春の猟犬の頃のようにリードを主なレパートリーとしていた時代と
アパラチアの春以降、クラシックアレンジ路線に転じ、
「くじゃく」以外は・・・何だかすっかり去勢された様な牙を抜かれた様な演奏になってしまった時代を
何か同次元に扱って果たしていいのかな・・・・とも感じています。
これはあくまで「私の意見」というあくまで一個人の見解なのですけど、
私はリード等吹奏楽オリジナル作品を演奏していた頃の中澤先生=野庭高校は大好きなのですけど
クラシックアレンジ路線以降の野庭高校のサウンドは今一つしっくりこないものがあります。
(例外は、1993年のハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲)
いかにも生徒の首根っこを無理やり押さえつけ「型」にはめ、去勢された様なおとなしくて消極的なあの演奏を聴いてしまうと、
「うーーん、アルメとかハムレットをやっていた頃の中澤先生=野庭高校は一体どこにいってしまったのだ・・・
こんな洗練され過ぎた控えめな演奏は野庭じゃない・・・」と例えば1995年の控えめなベルキスを普門館で
聴いていた際にはリアルタイムで感じていたものです。
現在の視点・感覚で改めてあのベルキスを聴いてみると
「もしかして、中澤先生は吹奏楽の別の魅力とか可能性を感じていたのかな・・・
そして・・道半ばにして・・・彼岸の方になられてしまった・・・
中澤先生としても、少し悔いが残られる中でこの世を去られたのかな・・・」としみじみ感じる事もあります。
 
これはあくまで「個人の感じ方」の問題だと思うのです。

私のように・・・あの個性的で躍動的で・・・とにかく音楽というものをあんなにも楽しく生き生きと聴かせてくれたリード時代の
中澤先生=野庭高校が大好きという人間もいれば、逆に・・・
音の洗練さ・静かな熱演を心掛けたと思われる1992年以降の中澤先生=野庭の方が大好きという方も大勢いるでしょう・・・・
どちらもそれは他ならぬ中澤先生=野庭高校の「軌跡」だと思うのです。
それを「こちらの方が好き」と感じるのはあくまで個人の感じ方の問題であって、
それを単純に好き嫌いだけで論ずることは出来ないのでしようね・・・
だけど・・まさに、野庭高校吹奏楽部の「軌跡」は本当に「奇跡」なのだと思います。
1980年代~90年代にかけてのあの激戦極まりない「関東大会」にて・・・・
あんな公立の無名校が・・・あんな強豪校がひしめく関東大会を何度も何度も勝ち抜け
全国大会であんな素晴らしい演奏の数々を聴かせてくれたのですよ!!
あれは・・本当に当時から・・「すごいな・・この学校は・・」と思っていたものでした。
確かに今現在は・・・学校統廃合により「神奈川県立野庭高校」の名前は消えています・・・
特に特に・・・あの伝説の名演、アルメ二アンダンスパートⅠとかハムレットとかオセロとか春の猟犬等の
数々の中澤先生が残してくれた名演、陳腐な表現で申し訳ないのですけど、永遠に私達の心の中に生き続けると思いますし、
あの素晴らしい演奏は、後世の人達にも是非是非語り継いでいければいいな・・・とも思っています。

野庭高校が全国大会初出場そして初金賞を達成したのは1983年・・・
この年は私自身高校3年生で、
当時後輩達か部室で「日本の吹奏楽83 高校の部 vol.5」だったかな・・・野庭高校の
アルメニアンダンスパートⅠ」が収録されているレコードを聴いていて、
私自身も最初にあの演奏を聴いた時の衝撃は・・・・これは多分・・・死ぬまで忘れないと思います。
そのくらい・・・大変個性的でインパクトが強く、とにかく・・・「躍動感」に溢れた生き生きとした語り口で
同時に表現が実に斬新・・・・!!
あの第ⅴ曲をpから徐々にあんなに盛り上げていく演奏はかつてなかったと思いますし、
とにかく一つ一つの音が「生命感」と「躍動感」に溢れていて・・・
「うわわわ、なんだこの素晴らしい演奏・・・これで全国大会初出場・・・
しかも・・・あの激戦の関東大会を公立の全くの無名校が勝ちぬけている・・・??
それに比べて自分達は・・・何とふがいない・・」としみじみ感じていたものです!
私自身、高校の定期演奏会でこの「アルメニアンダンスパートⅠ」を演奏する機会に恵まれたのですけど
残念ながら、楽譜を音にするのが精一杯で、とてもとて・野庭みたいなあんな「自由な表現」なんてできなかったですっ!
とにかく・・・圧倒的に素晴らしい伝説的な名演だったと思います。
そうですね・・・あの野庭のアルメ二アンダンスに関しては、あんな個性的な演奏ができるチームは今後も
中々簡単には出てこないと思いますし、あの演奏を超える演奏は、私が知る限りでは、
1987年の創価学会関西だけだとすら思います。
だけど音楽の躍動感・個性的な表現力において野庭を超える演奏は存在しない・・というのが
私自身の今の所の定説みたいなものです!

1983年の演奏ですけど、とにかく課題曲から個性的でした!

課題曲C/カドリーユもダーダー吹きに近い、音をわざと押した様な感じのする
少し変わった演奏です。
あのレガート奏法を極端にしたような感じの解釈は、明石北高校の解釈にも近いような感じもあったと思います。
音の軽快さと流れの良さは、「課題曲としては最高の名演」と当時高く評価されていた習志野高校よりも
むしろ上なんじゃないのかな・・?と私的には感じたりもしています。
課題曲も自由曲も、共に演奏が非常に新鮮で、全く違った方向からアプローチをかけてきた若々しい楽しさが
随所に散らばっています。
88年の春の猟犬もそうでしたけど、この野庭のアルメニアンダンスパートⅠの特にⅤ・Go! Go!においては、
急激なpからffへの唐突感すらも感じられる急激なクレッシェンドとか、
ppからffへと一気に駆け上っていく爽快感は、やはりとてつもなく新鮮なものがあると思います。
普通はあんだけ個性的な表現を取ってしまうと演出過剰とかやりすぎ・・みたいに感じてもしまいがちなのですが、
それが少しも不自然に感じられない「爽やかさ」があるのも事実だと思います。

野庭高校のアルメニアンダンスパートⅠのど゛こが素晴らしいのかと言うと、やはり音楽の瑞々しさと感動性に
あるのだと思います。
83年出場のチームの中では「聴衆に何かを伝える」という意味では、確かに一部やり過ぎという側面は
否定できないのかもしれないですけど、「やはり野庭の感動性には敵わないよなぁ・・」と
今現在の感覚で聴いても、そう感じさせる「何か」は間違いなくあると思います。
この年は特に木管セクションの響きが美しかったのも、類稀なるこの名演の一因にもなっていたと感じられます。







最後に「ブラパン・キッズ・ラプソディー」という野庭高校を取材した1991年刊行のノンフィクション作品を
簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。
ちなみにですけど、この作品をベースにしたテレビドラマも放映されていたようですね。
(私は、その日は仕事でしたので見ることが出来なかったのが少し悔やまれます・・)

この本を読むと分かるのですけど、当時の中澤先生は、相当の短気&怒りんぼうだったのですね!
だけど生徒に対する「熱い気持ち」は本当に胸を打たれるものがあります。
野庭高校吹奏楽部というと、1983年の普門館に彗星の如く登場したみたいな印象もあるのかとは思うのですけど、
いやいや、その陰では中澤先生をはじめ、部長・部員達なとの間で色々な葛藤や事件もあったのですね!
あの作品の中では、1982年の関東大会・銀賞の「海のうた」と翌年の全国大会初出場・初金賞の快挙を
前半のハイライトとして描かれてはいますけど、
確かに、実績も伝統も経験も抜きん出て上手い奏者が何も無いまさに「無いない尽くし」の中から、
まさに無から有を創造される産みの苦しみを経てのあの素晴らしい演奏が普門館初出場の舞台で
繰り広げられたまさに「軌跡は奇跡」もたいなドラマが展開されていたのですね!

初期の頃は・・・中澤先生と生徒達の関係は一対一の対等なパートナーという感じもなくはなかったのですけど
段々と野庭高自体が「吹奏楽有名校」としてマークされ
他校の追い上げが段々ときつくなる中で、徐々に・・・対等な関係から
幾分上から目線の奏者対圧倒的なカリスマと実績を誇る指揮者みたいな弱者対強者みたいな関係に
変わっていったのかもしれませんよね。
初期のアルメニアンダンスとハムレットがとてつもない「新鮮で瑞々しい音楽」であったのに対して、
1992年以降のクラシック音楽アレンジ路線へ転向して以降は、どことなくですけど
「オレがこの通り指示しているんだから、その通りに吹け!」みたいな幾分ですけど「奏者の自発性」が
薄れていった演奏になっていったような気がするのも、もしかしたらその辺りに関係あるのかな・・・?と
部外者的な視線では思ったりもします。

この「ブラバン・キッズ・ラプソディー」を読むと、1990年の結果的にダメ金になった関東大会のエピソードとして
興味深いエピソードが紹介されていました。

関東大会の前日に、トランペット奏者が自由曲で使用する掛け持ち用のコルネットを学校に置き忘れ、
部長もその奏者も中澤先生に中々報告できずにいて、
ついに練習中にそれが発覚し、中澤先生が大激怒したというエピソードが語られていますけど、
当時は既に中澤先生は大御所だったから、生徒も中々悪い報告はしにくいという
雰囲気はあったのかもしれませんよね。

実は、1990年の市川市で開催された関東大会は私も聴いていたのですけど
野庭の演奏は・・綺麗なんだけど・・・なんかおとなしい・・・・
飼い馴らされた羊・・・みたいな感覚もあったのですけど
もしかしたらですけど、前日のそうした事件がひきずられたままだったのかもしれませんよね・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |