プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.就実高校


C/組曲「イベリア」~Ⅲ.港 Ⅳ.トゥリアーナ(I.アルベニス)


まず初めに冒頭で是非お伝えさせて頂きたい事があるのですけど、こうしたブログを始めて良かったと思える点の一つとして、
このブログでは「吹奏楽カテゴリ」においてよく吹奏楽コンクールの過去の素晴らしい演奏について触れる事が
あるのですけど、私自身は音楽に関しては専門的教育は何も受けていないし、所詮は素人みたいな感想記事を書かせて
頂いているにも関わらず、支部大会・全国大会で実際にそうした名演を残された奏者の皆様・OBOG・関係者の
皆様から素敵なコメントを頂く事が多々あり、
例えば・・・花輪・秋田南・弘前南・植田中・平第一中・市立川口・野庭・関東第一・新潟明訓・高岡商業・
浜松工業・徳山大学・屋代高校等において
当時の全国大会出場奏者の皆様から演奏当時のあまりにも貴重な情報とかエピソードを教えて頂く事が
多々あり、本当に感謝しております。
そうしたお話は、当時の関係者にしか分からないようなあまりにも貴重なお話でもありましたので、
本当にとてつもなく興味深いお話であり、とても嬉しいものがありました!

本当に皆様、いつもありがとうございます!

そうした中、頂けたコメントの中で一番課数多かった関係者のコメントの学校は岡山県の就実高校のOGの皆様方でした!

就実高校のOGの皆様から頂くコメントで共通しているのは、当時の指揮者の村松先生の事を
卒業から既に十数年以上経過されているのに、皆様異口同音に「わたしたちの永遠の素敵なおとうさん」みたいに
言われていて、いまでに多くの尊敬と親しみを集められている村正先生のそのお人柄は、
本当に素敵なものがあると感じたものでした。
そして就実のOGの皆様から頂いたコメントは例外なく全て温かくて親切なものばかりで
私としても本当に感謝するばかりです!

就実高校吹奏楽部のOGの皆様、本当に色々とありがとうございます!!

私、以前から何度と書いているように、中学の頃までは、とにかく「音楽大嫌い、吹奏楽はもっと大嫌い!」という感じでして、
あの頃のとにかく無理やり指揮者の先生から「俺がこの通りに指示しているのだから、お前らはその通りに
吹けばいいんだ!」みたいな圧倒的威圧的態度の超・上から目線による「音楽の押し付け」が
トラウマになる程だったのですけど、高校入学と同時にその高校が伝統的に指揮者を生徒の中から選出し、
まさに「手作り感覚の音楽」を全員で創り上げていくそのスタイルに共感するものがあり、引き続き吹奏楽は
続けていましたが、そうした中で「大きな変化」になったのが、このブログでも既に何度も何度も書いていて
大変恐縮ではあるのですけど1982年の東北大会の花輪高校のウォルトンの交響曲第一番終楽章と
同大会の仁賀保高校の矢代秋雄の交響曲第四楽章のあまりにも素晴らしすぎるウルトラ級の名演を
生演奏で聴いた事なのでした!
そして同じ年の1982年の全国大会における就実高校の幻想舞曲集~Ⅱ.夢 Ⅲ.酒宴の演奏と
やはり同年の全国大会の屋代高校の松村禎三の交響曲第三楽章のあまりにも素晴らしい演奏は、
私がクラシック音楽の森へと迷い込むきっかけにもなりましたし、
これらの演奏は、まさにその後の私の「音楽の方向性」を決定付けるものになったと思います。
だからそういう意味では、とにかく、花輪高校・就実高校・仁賀保高校・屋代高校・市立川口高校・秋田南高校の
素晴らしい音楽と出会えたことは、私の人生の「一つの大きな宝物」と言っても決して過言ではないと
思っています。

就実の吹奏楽コンクールにおける名演というと、1995年のキューバ序曲とか1987年のルーマニア狂詩曲第一番も
素晴らしいと思いますが、やはり双璧は1980年のル・シッドと1982年の幻想舞曲集だと思います。
ル・シッドの冒頭のコールアングレとフルートのソロの掛け合いとか一点の曇りなく澄み切った透明感とリズムの切れの良さは、
まさに超高校生クラスの圧倒的名演だと思います。
しかもあの演奏、普門館のブログラム一番なのですよ!
そして「幻想舞曲集」は本当に素晴らしいです!
ここであの素晴らしき幻想舞曲集を語ってしまうとキリがないものですので、
これについてはこちらの過去記事をご覧になって頂けると幸いです!
→ 1982年/就実高校・幻想舞曲集

本当に私は、1982年の「幻想舞曲集」と共に、就実高校の村松勲先生、奏者、そしてOGはじめ関係各位の皆様に
「こんな素晴らしい演奏を後世の私達に残して頂きありがとうございます!!」と心の底から敬意を表したいです!!

本当に素晴らしい演奏を聴かせて頂きありがとうございました!!

村松先生自身は本職は地理の先生で、音楽には元々何の縁もゆかりも無かったとのことです。
昭和30年代に岡山県で国体が開催され、当時、就実高校に「鼓笛隊」として参加が要請され、
吹奏楽の指揮・指導経験が全くないのに村松先生にその大役が仰せ付けられ
国体が終わっても、そのまんま吹奏楽部の指導も要請され、それが結果として30年近くも続いてしまったらしいですね。
村松先生自身も、西日本では初めての「バトンボーイ」という事だったらしいですけど
若かりし日の村松先生がどんなバトントワリングを見せてくれたのかなんか想像するだけで楽しくなりそうですね。

音楽経験が全く無い中で
本当に文字通り「ゼロからのスタート」であったと思いますし、その過程の中で色々と大変なことも
あったと思いますが、
それを全て乗り越え、ああした素晴らしい名演の数々を残されてきた村松先生、そして就実の
当時の奏者の皆様お一人お一人に改めて
「素晴らしい演奏を残してくれて、ありがとうございます!!」の言葉をお伝えさせて頂ければ幸いです!!

就実高校吹奏楽部は、今現在は女子高ではなくて男女共学になっていて、一時期吹奏楽部も低迷していた時期も
あったのですけど、2014年に久しぶりに全国大会出場も果たされていましたけど、
昔の素晴らしき伝統は伝統として受け継ぎ、今現在の就実としての個性を発揮されて、新しい就実の名演を
聴かせて頂ければとっても嬉しいです。

就実高校については、1983年にエイト社から発行された「吹奏楽と11人の先生」という本の中で
詳細に語られていましたけど、あの本の中で村松先生は、
「生徒にとっての吹奏楽部との存在とは?」という質問に対して
「辛い事に耐える忍耐力、自己抑制、公共性、責任感を身に付け、ハイ・いいえ・すみません・失礼します等を
 美しく話せる人間になって欲しいし、ひいては音楽を通して、
あらゆるジャンルの教養を体得し、立派な妻となり、母親になり、そして感謝の気持ちが持てる
女性になって欲しい」と
言われていますが、これも中々含蓄のあるお言葉だと思います。

今だったら、
「立派な家庭人となり、母親父親になり、子供にとって最良の教師になって欲しい・・・
そして感謝の気持ちがもてる社会人になって欲しい」と
言い換えてもいいのかなとも思えますね!

あ・・・なんか話がそれまくっていました。この記事は1983年の就実の演奏でしたね。

一つ言える事は、こうした「スクールバンド」というものは大変興味深いものがあり、
たとえ前年に「幻想舞曲集」みたいな素晴らしい名演を残してくれていたとしても、翌年も同じように
素晴らしい名演が残せるのかと言うと、必ずしもそういう訳では無いという事を証明したような演奏であったと
思います。

課題曲のカドリーユの冒頭から既に不安定さが出ていて、音色がパート間でバラバラで全体のサウンドが
統一されていないような印象も受けました。
「軽さ」もそれほど巧みに表現されておらず、リズム感としては少しべったりと重たい印象です。
サウンドがやたら「薄い」感じなのですよね。
自由曲の「イベリア」も全く同様な傾向で、アレンジで色々足りないものを補いカバーしているのだけど、
やはり全体のサウンドが薄い、というか貧弱・・・
サウンドが何かモゴモゴしていて、言語不明瞭意味不明というような演奏でした。
前年と対比して何が違うのかなと思ったら、
第一に曲に対する「共感度」の違い、及びソロ楽器の安定度の違いなのではないかと感じたものでした。
港の冒頭は「お・・」と共感する部分も多々あり、マリンバのリズムの刻みに乗っかる形で木管セクションが
頑張っていましたけど、ここに金管の貧弱な破裂音が加わると、とたんにサウンドが貧弱に聴こえ、
そうした印象がトゥリアーナまで続いてしまった感じがあったものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3234-2f9aceb2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |