プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の「魔法つかいプリキュア」は素晴らしいですよねぇーー!!

なんでそんな風に感じるのかと言うと、オルーバ等新しい敵幹部が魅力的であるとかそういうのもあると思うのですが、
やっばり・・・チクルン!!
そう! チクルンの存在が極めて大きいですね!
後述しますけど、チクルンは今はオルーバが放ったスパイみたいなものですけど、
これはどうみてもいずれチクルンがプリキュアサイドに寝返りそうな香りがぷんぷんと漂っています。
果たしてチクルンは、オルーバとプリキュア達のどちらを選ぶのか・・・・
チクルンがオルーバに握られている弱みとは何なのかを含めて、これは最終決戦までの「一つの見どころ」に
なってきたような感じもあります。
そうなんだよな・・・私、今作の「魔法つかいプリキュア」で一つ勿体無いな・・・と感じる点は、
序盤~中盤の敵幹部のドクロクシー一派とかヤモーとか結局何だったんでしょ・・・、あれじゃ最初から
オルーバ等を登場させていた方がもっと面白かったじゃん!とか感じる事もあるのですけど、
そうですね・・・オルーバみたいな涼しいイケメン敵幹部さんは、バッディさんたちみたいな連戦連敗キャラは
似合わないから後半にもってきたという感じなのかもしれないですね。

オルーバが「倒すだけならいつでもできるさ」とうそぶいていましたけど、
こらこら・・・君達そんなプリキュアたちをなめかかっていると、「早く倒さないからお前らいつもやられるんだよ!」
みたいなツッコミが入りますよ・・・(笑)
確かに、初代から今作まで敵幹部達は「プリキュアみたいな可愛い少女たちなんていつでも倒す事は出来る」
なんて余裕をぶっこいていて
「今はプリキュアたちの力のレヴェルを調べている」とか「あの力の源がなんなのか見極める必要がある」みたいな事を
言っている内に連戦連敗を経て、そして季節はいつの間にか「最終決戦」に向かって突き進んでいくというのが
最早定番になっていますよね! (笑)







久しぶりに校長先生のご登場!!

いや―――! この御方はまさに歴代プリキュアの「素敵な大人ポジションの鑑」みたいな存在だと思います!
またまたこの話になってしまいますけど、最近のプリキュアのジョー岡田やどっかの青い神様みたいな
胡散くさい御方とは全く異なっていて、
爽やかで老獪なんだけど気持ちは優しくて常に生徒思いで、例えば「うまし!」みたいな言葉に代表されるように
結構お茶目なところはあるし、まさに言う事なしの大人ポジションだと思います!
今回も力を使い果たし、またまたご高齢のおじいちゃんのお姿に一時戻ってしまったけど、
ああやって「薬膳茶」を飲むだけで若返ってしまうなんて、まさに「凄い!」としか言いようがないですね・・・(笑)
そういえば東方Projectにおいて、完璧なメイド長の咲夜さんがやはり吸血鬼の御年500歳のレミリア様に
福寿草という薬膳茶を飲ませていましたけど、そっか・・・もしかして咲夜としては「若返り」みたいな効果を
この薬膳茶に期待していたのかもしれないですね。

さてさて・・・校長先生の大好物でもある「冷凍ミカン」の原材料となる「ピーカンみかん」のみかん狩りの話が
今回のメインの話なのですけど、
ここで校長先生とチクルンは「初顔合わせ」という事になります。
改めてですけど、少女の敵幹部がプリキュアたちの通う学校に転入してくるとか友達の振りして近づいてくるというのは
何度か見られてのですけど、敵系のこうしたちびっこい妖精ちゃんみたいな存在がプリキュア達に近づき、
こうやってプリキュアたちの「日常」にずっと寄り添って行動を共にするというパターンも初めてだと言えると思います。
こういう「試み」はとっても面白いと思います。
今はチクルンはオルーバの指示に従ってプリキュア達と日常を共にし、そうしたプリキュアたちの様子を
オルーバに逐一報告する「スパイ」みたいな役割を担っていますけど
ま・・・そういうチクルンのスパイ活動によって、オルーバ達は、
「モフルンが大事な役割を担っている」とか「リンクルストーンの重要性」について知る事になるのですので、
チクルンが果たしている役割は意外と大きいと言えるのかもしれないですね。
そして同時にチクルンの報告からオルーバはプリキュアたちの魔法の変身の呪文の言葉にも関心を寄せます・・・
「キュアップ・ラパパ…。ラパパか…」
うーーん、もしかしたらこのラパパみたいな一つの「言葉」に何かしらの意味があるのかもしれないですし、
そうした事を早い段階から見抜いているオルーバは、やはり歴代のポンコツ敵幹部さんたちとは
ひと味もふた味も違いそうですね!
うーーむ、この御方はなんか既に見た目からして「出来る御方」っぽいですよねっ! (笑・・)
それに比べて・・例えばフレッシュのウエスターとかハピネスのオレスキーはいかにも「マヌケ幹部」という感じでしたね! (笑)
(関係ないけど、先週10/12のめぐみのお誕生日は同時にオレスキーのお誕生日でもありましたっ!!)
だけど、もしかしてなのですけど、チクルンもそうやってプリキュアたちの普段の裏表の無い素敵な素顔を分かるにつれて、
プリキュアたちに「実は・・・」と、敵側の例えば「間もなくとてつもない闇の勢力が蘇る」とか
「明日、ナシマホウ界への侵攻を開始する」みたいな情報を提供するような結果として「二重スパイ」みたいなものになっていく
可能性だってあるのかもしれないですよね。

とにかく、チクルンには当分目が離せそうもないですし、今作は物語の終盤になって
とてつもなく魅力的なキャラを投入してきたと思っています!

君は…妖精か?

おう!妖精の里から来たチクルンだ!

という校長とチクルンの会話がありましたけど、もしかして・・・聡明な校長先生はもしかしてこの時点で既に
チクルンの正体を見破っていたのかも・・・・?
校長先生の「ふむ。しばらくお会いしてないが、女王は達者でおるかな?」という発言は、あれはチクルンに対して
「カマをかけた」というか誘導尋問みたいなもんじゃなかったのかな・・?
そしてもしかして・・・オルーバたちを封印したというのが実はこの「妖精の女王様」じゃないのかな・・・・?
そして・・・校長先生はわざとチクルンを泳がせているのじゃないのかな・・・?
それともオルーバたちを封印したのは、もしかして校長先生自身なのかな・・・??



710717e3-s_convert_20161017152623.jpg



それにしてもオルーバ達に色々と「報告」というのか「チクリ」を入れているチクルンがとっても可愛いです!

なんかあの様子は、そうですね・・・東方Project風に言うと、うどんげちゃんが人間の里で師匠の永琳様の無茶振りに対して
魔理沙や光の三妖精なんかに一生懸命愚痴っていて、それを背後で耳をダンボのようにして聞き込み、
そうしたうどんげちゃんの愚痴を永琳様に「ご報告」の形でチクってしまう因幡てゐみたいなものですね・・(笑)

オルーバへの報告のため一時姿を消していたチクルンに対してみらいたちは・・・

「いなくなったから心配したよー」と思いっきりチクルンを気にかけています。
というか、みらいたちはこの時点においてはチクルンに対する「疑い」は微塵も無い感じですね。

そして戦闘の際にもミラクルたちは
「まだ冷凍みかんを食べたことのないチクルンの為にも!」とやはりチクルンを何かと気にかけ心配をしてくれています。

そして・・・トドメの言葉はモフルンの「チクルンにも食べてもらいたいモフ!」なのだと思います!

そうですね・・・・この時点でのチクルンの胸はもしかして・・・チクチクと心が痛んでいたのかもしれませんよね。

自分は確かにオルーバから指示されてプリキュアたちのスパイをしているのだけど、
実はプリキュアたちってみーんないい奴ばっかりじゃないか!
オルーバたちはプリキュアを倒さないといけないと言っているが、こんな素敵なプリキュアを倒す事なんか
自分には出来ないし、ましてやそんなスパイみたいな事でオルーバたちの片棒担がされるなんて
真っ平ごめんだっ!!

そのようにチクルンが考えて、もしかしたら・・・チクルンなりにその小さな胸を痛める日が近いうちにくるのかも
しれないですよね。
そうですね・・・今後のチクルンの立ち位置は「プリキュアの情報収集を図るためにプリキュアたちに近づいたものの
プリキュアたちの優しさにすっかり魅了されてしまい、私はプリキュアを倒す事は出来ません!」とアクダイカーンに
泣きの報告を入れたSSの満と薫みたいなものになりそうな感じもあったりしますね。

モフルンの言葉はまさに素敵でしたし、まさにそのたった「一つの言葉」がチクルンの運命を変えてしまうといえるのかも
しれないですね。
まさに今作の「魔法つかいプリキュア」の大切なテーマの一つが「魔法は全てじゃない」という事でもあるし、
「一番の魔法はやっぱり言葉じゃないのかな・・」という事なのだと思います。
あれれ・・この「一番の魔法はやっぱり言葉じゃないのかな・・」というお言葉は、
このブログの大切なブロとも様のお一人の五月雨日記<仮の宿>の管理人さんでもあられる風月時雨さんが
既に昨年述べられていた素敵なお言葉ですよね!
うーーむ・・・まだ「魔法つかいプリキュア」が世に出る前からこうした素敵な言葉を述べられ、まるで今作のプリキュアを
「予感」されていたみたいな風月時雨さんは、まさに・・・「素敵な魔法つかい」と言えるのかもしれないですよね!!




fb21b740-s_convert_20161017153002.jpg


abbfc195-s_convert_20161017152718.jpg



さてさて・・・・上記の「言葉」とか「魔法のことば」というと、やはりこれを素敵に提示しているのが
はーちゃんだと思いますし、はーちゃんの名前自体が「ことは」でもありますからね!

言葉は同時に「言葉の魂」でもあります。

魔法も大事だけど普段の日常で使用する「言葉」こそがやはり一つの素敵な魔法なのかもしれないですよね!

そして今回は、アイスドラゴンを陥落させてしまったはーちゃんのあの笑顔には、私もとーーっても癒されました!!
(アイスドラゴンのドレ顔も可愛いですね・・)

やっぱり、はーちゃんはとっても可愛いですね!! この子はまさに「無邪気な天使」そのものだと思いますっ!!

そしてラストのチクルンの「冷たいが心が温まるぜ…ったく」の言葉は本当に素敵なものがありました!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

まさにカオス回、チクルンは2度も凍結

今話でフェリーチェが両足を凍らされるシーンがあり、これを見て「聖闘士星矢」に登場するキグナス氷河の技のひとつ「シベリア仕込みの足封じ技(凍結拳)」を思い出しました。そして笑えたのは、アイスドラゴンに凍らされたチクルンとモフルンが風呂でクシャミ…というシーンです。しかもチクルンは2度も凍らされるという…。その風呂を作るところでは校長と水晶の入浴シーンが回想シーンとして展開されますが、その際には「お前の入浴シーンかよ」「みらいかことはの入浴シーンかと思った」などのような声あったとか。
校長がピーカンみかんを収穫していましたが、丁度みかん狩りのシーズンです。自分は小学校の遠足で三浦半島の津久井浜へみかん狩りに行った思い出があります。
チクルンは蜂の妖精、もしなおの前に現れたら気絶することでしょうか。
先週、中の人が埼玉県出身のプリキュアの話が出ましたが、魔法つかいだけでも校長とかなは中の人が三郷市出身で、水晶はさいたま市中央区の出身です。

まさに「埼玉の宝庫・・?

鎌倉快速 様


今回のチクルンは「うめぇ」とは言っていましたけど「うますぎる・・」の言葉は続かなかったですね・・(笑)

さすがに二週連続は「パクリ」と言われてしまうのかも・・・??

そうなんですよ! 私も鎌倉快速 様と同じで、今回の話を見ていて
「あれれ・・みらいたちの入浴シーンはないの・・?」と思わずツッコミを入れたくもなりましたね。

そうですか・・・中の人たちも結構埼玉ご出身の人が一杯いるのですね!
教えて頂きありがとうございます!
なんか前作と言い今作と言い最近のプリキュアは「埼玉絡み」のネタが散見され、嬉しいものがありますね!

チクルン何度見ても可愛いですね(o^^o)
だんだんいい子になってくれるといいなと思います。
校長先生イケメンですね!
校長先生がイケメンだと
朝礼もウキウキになるかもしれません(笑)

チクルン、味方になりそうですね。
そうするのは、優しい心に触れたから、て感じで。
う~ん、プリキュアは、素晴らしい教育番組(?)です。

冷凍みかん、魔法で凍らせたのでは、美味しくならないのですね~
暖かいものに、憧れる心が、秘訣で。
う~ん、心が大事て、教えてくれていますね~
良いアニメです、ホントに、プリキュアて。

かしこ

チクルン!

kirakiya.rumari 様


そうなんですよーー!

チクルンはまだ登場間もないキャラでもあるのですけど、その可愛らしさとか
今後の一つのテーマになりそうなその「心の葛藤」とか
とにかく見どころ満載で興味が尽きないキャラだと思います。

蜂ゆえに「チクリ」とか告げ口の「チクリ」とかのネーミングの由来みたいなものもとっても
楽しいものがありますね!

プリキュアの歴代の大人ポジションのイケメンさんも、今回の校長をはじめ、みんな素敵な人が多いのも
印象的ですね!

チクルンは後半の鍵を握るのかも・・??

みかんゼリー 様


チクルンは魅力尽きないキャラだと思います!

果たして敵組織にこのまま忠義を貫くのか、はたまたプリキュア達の「温かい心」にそのまんま陥落してしまうのか・・
そうしたチクルンの葛藤なんかも今後どう描かれるのか楽しみの一つだと思います。

そうですよね!!

まさにご指摘の通り「プリキュア」は「人の道」を提示する良質なアニメだと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3225-450b51e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |