プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


下記の一文は、昨年私が毛虫に刺されてエライ目に遭った時の記事の抜粋です。

「あまりにも太ももがちくちくするのでよーく見てみると・・・・
かなり大きめの赤いブツブツが10箇所ぐらい出ていて、これがとにかく・・・痒くて痒くてどうしようもない・・・
結果論から言うと、この時にかゆさの誘惑に負けないで
まずは水できちんと流した上で、軟骨の塗り薬を塗っておけばよかったのでしようけど、
あの時はとにかく「かゆさ」に負けてしまい、思いっきり掻いてしまったら
ま・・・一時的には痒みは取れたのですけど、その後一晩寝て翌朝起きてみると・・・
太もも全体が炎症起こしたみたいに赤く晴れあがっていて、とにかく歩くだけでなんかチクチクする感じ・・・
会社にたどり着いて、現場監督に見て貰うと・・・

「あーー、こりゃ・・毛虫だね・・・刺されたんだね・・・・ご愁傷様・・・しばらく痛痒い状態続くよ・・
あ、これ、絶対に掻いちゃダメだよ・・・
え・・・? 既にかきまくった・・・・??
ダメだこりゃ・・・・毛虫は毒針があるんだよ・・・
刺された部分を掻いてしまうと、毛虫の毒針がさらに、肌に食い込んでしまうんだよ・・・
だから・・・
毛虫に刺されたら、水で洗い流して粘着テープを肌に触れさせて、それで針を取るのが
一番なんだよ・・・」
と教えて頂いたのですけど
結果的に後の祭り・・・

赤いブツブツがその後、どんどん大きくなり、太もも全体がなんか腫れ上がってしまう感じになってしまい、
歩くのすら痛いという状態にも一時期なっていました・・・

うーーん、たかが「毛虫」と思ってバカにしているとエライ目に遭うものですね・・・

というか・・・

あの時・・・毛虫とは全然分からず、ただの「蚊」と思って蚊に刺されと思って普通にボリボリと掻いてしまった事が
全ての敗因でした・・・

そしてその後勧められた「リンデロンvg軟膏」という塗り薬を塗ったところ・・・
翌日には痛さも痒さもなくなり、腫れも引いていき・・・
なんとか元の状態に戻りました・・・

ま・・・・今回の教訓ですけど
チクッと何かに刺されたら、それは蚊や蜂に限らない事・・・・場合によっては毛虫という事もあるのです・・・
そして・・・
万一毛虫に刺されたら・・・・
絶対に絶対に掻いたらダメ・・・!!という事なのです!!

あーあ・・本当に今回は・・・・痛痒かったけど、いい勉強にはなりましたね・・・」

そうですね・・昨年のこうした教訓があった故に、今年は最悪の事態は防止できたのかなと思っています。
(こんなポンコツ脳の私でも、昨年の教訓を活かせる事もあるのですね! )
何かと言うと、先日、なんか首筋にもそもそ動いているものがいるなぁ・・なんだろう・・? 蠅かな・・?と思っていたら、
季節は既に10月下旬だというのに、「毛虫」でした!!
今年は確かに8月までは暑かったけど、10月に入って急に寒くなってきたし、なんでまだ「毛虫」なんているのかな・・?とも
思いましたし、何よりも昨年のあの経験があったゆえに、毛虫というと少し「トラウマ」気味になっていたせいもあり、
マジで悪寒が走ったものでした!
というか・・も―――、私は「毛虫」は大嫌いですっ!!!

速攻で首から払落して、掻かないで水で洗い落し、念のためガムテープで首周辺を拭いて軟骨を塗っておいたら
翌日になっても特に腫れや痒みも起きずに
なんとか無事に対応できたと思っています。







e9b9923b_convert_20150609183717.jpg



歴代プリキュアで、毛虫に限らずとにかく「虫」が大嫌いと言うと・・そりゃもー、「なおちゃん」でしたね!
スマイルプリキュアの「チイサクナール」の回において、なおちゃんはどうなったのかというと、
大の虫嫌いのなおちゃんが、虫を避けるために大暴れ、そして疲労困憊の末ら失神という事なのですけど、
歴代で終始「変顔」を披露しまくった挙句の果てに悶絶・・・・というのは歴代シリーズでもそんなにある話ではないですので、
ある意味貴重な回と言えるのかもしれないですね。

結局、なおも地上の虫とか小動物に色々と助けて貰ったり、
小さい虫でも「立派に堂々と皆生きているんだ・・・」みたいな事を示唆されたり、闘いが終わった頃には、
「あれれ・・・いつの間にか自分の虫嫌いがなおっている・・・」というオチになりがちなのですけど、
そこはスマイルの世界・・・・そうした安直なオチを回避して、
「結局虫はダメでした・・・」みたいなオチで終らせるのがいかにもスマイルらしい展開だったと思います。

「ダメなものはいくら頑張ってもダメ」というある意味子供らしい素直さを前面に出していたお話でもあったのかなと
今更ながら感じたりもしますね(笑・・)



1.jpg



2.jpg



スマイルの場合、なおちゃん以外には、ピンク×黄色の鉄板コンビとも思えるみゆきとやよいという
絶対的なあざと可愛いエースがでーーんと控えていますし、
知的+ボケを巧みにブレンドしたれいかに初の関西弁キャラのあかねのように特にスマイルはある意味「スター」が
揃っていたようにも思えます。
一般的な展開ならば、緑系プリキュアのなおちゃんは、
こうした個性の煌きの他キャラに埋没されてしまう危険性が大変濃厚だった感じもするのですけど、
いやいや・・・
全然そんな事はありませんでしたね・・・!!
むしろ、主人公・みゆきすらも色々な意味で超えてしまうようなエピソードがたくさんありましたし、
スマイルの中では、むしろ「濃いキャラ」みたいな雰囲気すらあったようにも感じられます。
元々の正義感が強く曲がった事が大嫌いな一直線勝負という基本キャラをベースにしたまま、
虫嫌い・お化け嫌い・高所恐怖症という妙な属性が「これでもか・・・!!」というくらいに勢揃いし、
子だくさん家族の長女としての家事上手のやりくり上手という「オカンキャラ」も随所で光っていたと思います!

特にサッカー部での活躍、あの俊足は、まさに「疾走する神」そのものという感じもしましたね。
以前も書いたと思いますけど、
もしも歴代プリキュアの中で「100m徒競走」をしたら誰が一番速いのかな・・・・
なぎさ・りん・響・なお・マナ・・
この4人だったら、やっぱり本命はなおとマナなのかな・・・??

なおちゃんは基本的には「ポニーテール」なのですけど、
私、ハピネスチャージのめぐみが本当に大好きだったように、ポニーテールの子に本当に弱いのですよね・・・・
だから、このなおちゃんのポニーテールを初めて見た際も・・・・
「え・・・、なにこの反則的可愛さは・・・」とみゆきに感じたような印象をなおちゃんにも持ってしまったものです! (笑・・)



あや



ここから先はちょっとした余談です・・・(笑)

なおゃんは、生真面目・少し融通が利かない・可愛い・何事にも一生懸命・他者とのコミュニケーション力が高い
という基本パーソナリティーを有し、
尚且つ「足が速い」という特技を持っていますけど、
あれれ・・・東方projectにもそうした基本属性の方がいらっしゃいましたよね・・・

そう、あやや! 射命丸文ですっ!

あややは、鴉天狗の妖怪で、天狗という一つの組織社会の中では、
「鴉天狗」として報道部隊に属している新聞記者とも言えまして、
「文々。新聞(ぶんぶんまるしんぶん)」という個人新聞を発行しています。
性格は基本的には大変真面目で融通が利かない面もあるのですけど、
取材対象の誰とでも友好的に話す事はちゃんと出来ています!
また、足も大変速くて、幻想郷内での最速No.1という事で瞬間移動みたいな域に達するレベルとまで言われています。
あややが手に持つ団扇を振ることで風を起こせるのですけど、その風は何でも吹き飛ばす台風レベルの風まで
起こすことが出来ます!

なおちゃんは、キュアマーチとしては「風のプリキュア」みたいな感じで、まさに疾風のように駆け抜けていく
プリキュアですけど、そうした「風」みたいなイメージは、
まさに射命丸文のイメージに近いと言えるとも思いますね!!

なおちゃんがあややのコスプレしてもとってもよく似合いそう・・!! (笑)
なおちゃんに是非是非あの黒のミニスカートを穿いて頂き、その格好のまんま駆け抜けて頂きたいものです!
あややが「キュアマーチ」にコスプレする事は難しいのかも・・・?
だって、あややは髪はショート系ですし、キュアマーチの「ツインテール+ポニーテール」の髪型をするには、
さすがに髪のボリュームが足りないのかも・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

毛虫といえば…

毛虫は意外と怖い…それはなおに限らず、リコも開かずの扉回において毛虫を警戒していたといいます。リコの場合は魔法界の法外な大きさを持つ毛虫が苦手のようですが、人間界あるいは下界(魔法つかいで言う「ナシマホウカイ」)の普通の毛虫はリコにとってどうか…。ともかく、魔法界の毛虫はスーパーマリオワールドの敵キャラ「ハナチャン」を連想させました。
話をなおに戻しますが、なおはダンゴムシや蜘蛛のような虫はおろか、蝶やテントウムシでも駄目と…。もしなおが魔法界の毛虫を見たら、間違いなく気絶することでしょうか。虫嫌いはえりかも確かそうだったような…。

Re: 毛虫といえば…

鎌倉快速  様


そういえばなおちゃんは、夏祭りの回の射的の場面でも鼻にテントウムシが止まっただけで
パニックを起こしていましたよね・・(笑)
毛虫は相当程度怖がるのは予想済みですけど、例えばカブトムシとかクワガタみたいな強い系の虫でも
なおちゃんはダメなのかな・・?

そういえばえりかも虫はあまり好きではなかった印象はありますね。

こまちなんかどんな虫でも平気で手づかみしそうな気もしますね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3222-03f7d9b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |