プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7月頃の当ブログの記事にて、
「最寄駅前の駐車場跡地に住宅展示場が建築中で、10/8にオープン予定
敷地内に最新鋭のモデルハウスが8棟建築予定」と書かせて頂き、七月末頃の段階では、
「駐車場の土間コンの撤去は完了したものの、造成工事も整地もまだこれからという感じですし、
モデルハウスは、今回、一条工務店・セキスイハイム・積水ハウス・ダイワ・アキュラ・へーベル等計8社が
出展予定となっていますが、
果たして・・・10/8までのオープン予定に果たして間に合うのかな・・?
モデルハウスは見学客を引き付けるためにもとにかくやたら豪華な仕様をしますし、
内装・設備もとにかく凝りに凝ったものを使っていますし、モデルハウスで「雑な工事」をやらかしてしまうと、
来店客に「モデルハウスでこんだけボロを出しているのだから、実際の工事なんか相当酷くなりそう・・」みたいな
イメージを持たれかねませんから、
こうしたモデルハウスの施工は、メーカーとしてもまさに腕の見せ所となります。
果たして・・残り三か月で本当にオープン出来るのかな・・??
だけど、現場は突貫工事でこれから大変でしょうね・・・・」
みたいな内容の事を書かせて頂いたと思います。

さてさて、それでは10/8は果たしてどんな状況であったのかと言うと、一言で言うと「未完成のまんまのオープン」でした!

というか・・8棟建築予定のうちわすが3棟しか完成していなくても、ああやって一応は「オープン!」という形を
取るのですね!!
うーーん、見方によってはなんという強引な展開なのかも・・?という感じですね・・(笑)
前述の通り、8棟オープンのうち、完成しているのはわずか3棟、2棟は現在もまだ足場が立っていて、
まだまだ構造体そのものの工事という状況ですし、残り3棟はまだ更地のまんまです。



001_convert_20161015162852.jpg


だけど・・そんなまだ全然未完成の状態の「住宅展示場」も、確か見切り発車みたいなものかもしれないですけど
実際にこうやって既にオープンしていますし、
ぼちぼちイベントも色々と既に展開されているようです。
ワンちゃんショー・ウルトラマンメビウスショー・スタンプラリー等色々あるようですけど、
私的には・・そりゃ言うまでもなく「キュアミラクルの単独イベント」ですね! (笑・・)
ま・・私、土日祝日は出勤なのですけど、同じ「住宅業界」に所属する者同士、「敵地視察」も悪くないでしょ・・
みたいな事を口実(言い訳・・?)にして、ミラクルを見に行っても・・いいんじゃないのかな・・?? (苦笑・・)

それに、一応真面目な話をしておくと、こうした最新の住宅展示場に行くと、最新の住宅設備等が
とにかくてんこ盛りですので、私としてもかなり今後の参考にもなりますし、
私自身もとてつもない勉強になったりもします。
私自身は2001年~2006年あたりは、某木造住宅メーカーのモデルハウス住宅営業担当をしていて、
当時、埼玉県所沢市内の20戸のモデルハウスが建っている総合住宅展示場の中で日々仕事をしておりました。
当時の住宅展示場は、どちらかというと「二世帯住宅」をイメージしたモデルハウスが多く、
一階が親世帯を二階が子世帯をイメージした間取りが主流だったと思います。
そして当時は「高気密高断熱計画換気」みたいな健康住宅というのがどの住宅メーカーも「一つの売り」だったのかも
しれません。
だけど最近の住宅展示場は随分と様変わりしたものですね!
私が在籍していた頃のような普通の二世帯住宅ハウスも依然多いのですけど、それ以外で、
賃貸住宅併用型・店舗兼居宅型・4階建住宅・三世帯住宅といったタイプのモデルハウスもあるようですし、
このまだ未完成状態の住宅展示場も、そうしたイメージのモデルハウスも幾棟かあるようです。
そして何よりも、スマートハウスとかゼロエネルギー住宅みたいな「節約型タイプ」が主流になっているのかな・・
みたいな印象もあったりします。

今、うちの会社も「RC工法の住宅」を一つの生命線みたいに位置づけていて、新築・建替えの方に会社全体が
シフトされているようにも思えますので、
やはり今のうちから、昔の経験を活用しつつ最新鋭の情報もインプットしつつ、新築の方にも
何か貢献できればいいなぁ・・なんて思ったりもしています。

よく「家は一生の買い物、だから計画は早めにかつ慎重に!!」とか言われますし、
中には比較的お若い頃から「人生計画」とかプランニングをされている方も中にはいたりもしますけど、
住宅の購入(新築・建替え・建売)とか既存住宅の大規模リフォームというのは
意外と・・・
「衝動買い」みたいな感覚が結構強いような感じもいたします。
こうした住宅展示場にご来場されるお客様って・・漠然と「そろそろ自分も考えないと・・・」みたいな
大雑把な漠然とした意識でお見えになる方って結構多いような印象もあります。
勿論、定年退職をされて
「さーて、残りの人生は家を新しく建替えてのんびりと暮らすぞ!!、そのために・・・退職金等による自己資金の
計画も以前から練っていた・・・」みたいに
資金計画とか建物自体のイメージプランニングが既に固まっている中年ご夫妻のご来場の方も
たまーーにあったりするのですけど
こうした「上得意のお客様」(当時の自分達は・・・カモ客と呼んでいました・・・まったく・・・失礼な話ですよね・・・苦笑・・)は
そんなにいる訳ではありませんし、
こういうお客様は・・・・
各住宅メーカーの間でし烈気廻りない争奪戦が開始されます・・・
ま・・・結局・・・各メーカーの足の引っ張り合い・相見積合戦・各営業担当の夜討ち朝駆け等で・・・
そのお客様も多分・・・疲れるでしょうね・・・・
その位、計画性があるお客様の「奪い合い・相見積合戦」は壮絶でしたね・・・
ま・・・私自身もあの頃に比べたら、今の自分なんて・・・「楽しているな・・」なーんて事をふと思ったりも
しちゃっています・・・・

だけど・・・

20代後半~30代、そして40代の小さいお子様等をお連れした家族客というものは・・・
そうですね・・・
正直そんなに「具体性」とか「いますぐにでも・・」という感じはありません・・
どちらかというと、こうした総合住宅展示場の土日とか祝日とか先日の連休とか、お正月とかお盆とかGWの場合、
上記の通り、ワンちゃん猫ちゃんショーとか仮面ライダーショーとか大道芸人ショーとか飴細工職人ショーとか
ポニーやラクダに乗っての動物とのふれあいショーとか
戦隊ものイベントとか色々なイベント・企画という「客寄せ」を頻繁にやっていて
最初はそうした客寄せイベントに対して「家族でのひまつぶし」にご来場される方はかなり多かったと思います。
そうですね・・・
そうした若い層のほとんどは・・・建てる土地が無いとか自己資金計画が全く出来ていないとか
本当に純粋にただ遊びに来ているだけ・・・
みたいな方ばかりなのですけど、
そうやって最初はイベントにつられる形で住宅展示場に遊びに来て、何棟かモデルハウスを見学している内に
「そうだな・・・自分もそろそろ・・」とか
「マジで・・・親との二世帯同居を考えるか・・・両親のあの建物を建て替えするにはどうすればいいのか・・」
「住宅メーカーでは土地の紹介とかあっせんとかしているのかな・・」などのように
最初は漠然と・・・
だけど・・・
何かのきっかけで・・・
たまたまよい営業担当に巡り合えたとか、
あの住宅メーカーのこの仕様が気にいったとか、あの外観に一目惚れとか
現在だったらキャンペーン中で、この予算でここまでできる事が初めて分かったとか
今金利も安いし、35年住宅ローンをシミュレーションしたら、今現在の家賃よりも安いじゃん・・みたいな事に気づいたとか、
結果的に衝動買いみたいな形でご自身の「新築計画」をスタートされる方もかなり多いと思います。

私自身もそうしたモデルハウの営業時代は、
「たまたま・・・・自分がいたあの住宅メーカーのモデルハウスにたまたまそのお客さんがご来場され
たまたま・・・自分が登板だったからそのお方をご案内していたら
たまたま・・・計画がとんとん拍子に進展していき、
結果として、
契約→着工→竣工というご縁があった・・・」
そういう方は結構多かったと思います。

だから・・・こういう総合住宅展示場の「イベント」というのは、単なる客寄せと思ってバカにしていると
結構・・・痛い目に遭いますし
そうですね・・・・
当時、自分なんかも・・・
「こんな仮面ライダーショーみたいなしょーもねーイベントに寄せられる客なんてロクなもんじゃねー」と思っていた時期も
ありましたけど・・・
ま・・・そういう時期は・・・まさに自分自身低迷期でもありましたからね・・・(苦笑・・・)

ハピネスチャージプリキュアの最終回で、めぐみ(キュアラブリー)は・・・
「たまたま・・ひめがテキトーに投げた愛の結晶が私に当たったから・・・」とか
「たまたま・・ゆうゆうとかいおなちゃんにも出会えたから・・」とか
そうした「たまたま・・」みたいな言葉を多用していましたが、
そうですね・・・
人生とは・・まさに・・・そういう「たまたま」の連続なのかもしれないですね・・・・







ミラクルのダイヤスタイルの衣装は、まさに「可愛らしさの王道」ですね!!

ミラクルはいかにも「アニメ」からそのまんま抜け出してきたような印象があり、
まさにお人形さんみたいな可愛らしさに満ち溢れていると思います。

やっぱりこうした「プリキュアショー」をゆっくりとプリキュア達からかなり近い位置でお目にかかれるという意味では
「住宅展示場」でのショーが一番適していると思います。
どうしても大型商業施設とか自治体のお祭りとかだととにかく人が一杯いっぱい押し寄せますからね・・・
「住宅展示場」の場合、それ程多くの人は来ないし、
とにかくプリキュア達を
「え・・・こんなに間近で見ちゃっていいの!?」と思えるぐらいほとんど目の前で見ることが出来るパターンも
多いので、私としては、住宅展示場のプリキュアショーの方が好きです。



CIMG9651_convert_20160505132337.jpg



改めてですけど・・・・

やっぱり「キュアラブリー」はアニメ本編もとにかくめちゃくちゃ可愛いのですけど
こうした被りものの世界でもとてつもなく可愛いですよね!
私も色々なプリキュアのこうしたショーにおける「被りもの」を見て来ましたけど、
個人的には「キュアラブリー」の完成度が一番高いと思いますし、とにかくめちゃくちゃ可愛いと思います!!

ラブリーに迫っているのが、ハッピーと現役のミラクルなのかな・・・?

こういう場合の結論は、最終的には「ラブリーこそ永遠に不滅なれ!」となってしまいますね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

結構、イベントだけで住宅展示場に行く方は多いのですね。
私は「家を買う余裕がなければ行ってはいけない」という所だと思っていました(^^;)

勢いで家を買う方が多いとの事。だから新築なのに「ローンキャンセル」になっていたり、新しい家なのに売家になったりしているのかもしれないですね。

高い買い物ほど意外と衝動買い?

薬屋の嫁 様


そうなんですよ!!

これは私自身の経験から確実に言えるのですけど、2000~4000万クラスの家の買い物という高額商品でも
そのきっかけは
「たまたま案内した営業担当がいい人だった」とか
「条件がドンビシャだったから、全く迷いがない感覚で、まるでコンビニでおにぎり買うような感覚で
契約書にサインしてしまった」とか
「たまたま子供と一緒に猫ちゃんショーを見に来たついでにモデルハウスも覗いてみたら、
 たまたまキャンペーン中でいい提案が聞けたから、なんか勢いと流れのまんま一週間後に契約してしまった」
みたいな話は山のようにありました!

「財布のひもは確かに固い」のですけど、要は一つのちょっとしたきっかけでそれも切り崩すことが出来るという事
なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3221-44a3bb93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |