プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


大栗裕と言えば、誰が何と言っても
「吹奏楽のための神話~天の岩屋戸の物語による」・「仮面幻想」・「大阪俗謡による幻想曲」が
3大メジャー作品と言えるのかもしれません。
またこの大栗先生は、吹奏楽コンクール課題曲として、1977年の「吹奏楽のためのバーレスク」という
素晴らしい名曲も後世の私達に残してくれています。

その中でも、吹奏楽のための神話と大阪俗謡による幻想曲の人気は全く衰えることなく
現在も支部大会・全国大会で演奏され続けている事は本当に凄い事ですよね。
というか・・・大阪俗謡は、ほぼ3年に一度の割合で淀川工科が演奏し続けている事が大きいのでしょうね・・・
確かに現在の吹奏楽コンクールは「邦人作品」がかなりの頻度で演奏されていますけど、
果たして10年後にどれだけの曲が継続して演奏され続けているかと言うと
正直かなりの疑問もあります・・・・
ま、確かに耳に心地よいし演奏効果としては抜群なんだけど、
「後世に受け継がれていく曲としてはどうなのかな・・・」と少し疑問に感じる事もあったりはします。
ま、その辺りは今後注視していきたいと思いますし、
10年後の「吹奏楽の近未来」も非常に楽しみですよね。
だって例えば、
田中賢の「メトセラⅡ」とか天野正道の交響組曲「GR」なんか一時はあれだけ人気曲として
当時かなりの演奏頻度があったのに、
最近ではメトセラⅡなんて、とっくに忘却の彼方・・・・という感じですからね・・・・(苦笑・・)

ま、そういう「吹奏楽コンクール」の流行り廃りはスピードがとても早すぎて、最早私もついていけていない
状況ですね。

だけど、30年~50年程度と言う中長期の視点から眺めてみると
初登場から30年程度経過しても、その曲が飽きられることなく演奏され続けているという事は
その曲に何らかの魅力があり、
「名曲」として認知されたという事でもあるのだと思います。

そういう意味では、大栗先生の「神話」とか「大阪俗謡による幻想曲」は
凄いですよね・・・・
確か「神話」の全国大会初登場は1975年の富田中ですから、それから実に40年程度経過しても
この曲の魅力は全く色褪せていないし、
毎年毎年魅力的な演奏とか、新しい演奏解釈とか表現スタイルが生まれているのは
やはり曲自体の魅力が大きいのだと思います。

さてさて・・・大栗裕の作品の中には、「巫女の詠えるうた」という大変不思議な曲もあったりもします。

この「巫女の詠えるうた」は、コンサートや吹奏楽コンクールでは滅多に演奏されませんよね。
全体的にもやもやした曲で、一見聴くと「何を言いたいのかさっぱり分からん曲・・」みたいに誤解されちゃう側面も
かなり強いと思われます。
この曲のメロディーラインは、正直私もいまだによく分かりませんし、神話みたいな劇的ドラマとか
大阪俗謡とか仮面幻想みたいな分かり易い演奏効果というのもあまりないのかなとも思えます。

ま、確かに今一つ人気が無いのもよーく分かるのですけど
その「もやもやした感じ」とかいかにも「古き日本人の心の源流」みたいな感覚は
神話みたいに世界観が明瞭な曲と対比してみると
意外な魅力もあるのかもしれません。

「巫女の詠えるうた」は、
青森県下北半島恐山のカルデラ湖を8つの霊峰が囲む奇観と、
霊場に集まるイタコが死者の霊を呼び寄せる口寄せを描いています。
尼崎市吹奏楽団の委嘱で1979年7月1日に完成して、
翌年3月26日、同団第15回定期演奏会で初演を果たしています。
生前、山歩きが趣味だった大栗裕は、何度か恐山に足を運んだとの事ですけど
この恐山の「ゴツゴツとした岩肌」とか霊感に満ちてピンと張りつめた空気に多分何かを
感じたのかもしれませんよね・・・
中盤のピッコロとクラリネットは、巫女が祖先の霊を呼び出す祝詞を、
トロンボーンのグリッサンドは、巫女が呪文を唱えながら、梓弓をビンビンと叩く様子を表現しているのかも
しれません。
ラストは、祖先の霊がたおやかに語りかけて
霊を鎮め、遺族たちを慰めている様子を描いているようにも感じられます。

うーーん、だけど
中々イメージしにくい曲なんですよね・・・・
「神話」みたいな分かり易さが全くない曲だから
結局「聴き手に自由に印象を委ねている」ようにも感じられます。
何というのかな・・・・
何回かじっくりと聴いてみて初めて何となく分かるような曲というのか
「するめ」のように噛めば噛むほど味わいが出てくる曲なのかもしれません。

ま、このイメージのしにくさが、
吹奏楽コンクールにおいては人気が今一つの理由なのかもしれませんよね・・・
事実、この曲が全国大会で演奏されたことは一度もありません。
一つ惜しかったのは、
1986年に、この曲を元々初演した尼崎吹奏楽団が自由曲として演奏しているのに
関西大会でスカ金に終わり、全国で演奏されなかった事ですね・・・
関西大会の尼崎の演奏は、後日ブレーン社のカスタムテープで聴いたけど
やはり印象は「モヤモヤしてよく分からない・・・」という感じだったと記憶しています。
1992年に高松市役所がこの曲を自由曲に選び、四国大会で全国大会代表となったのですけど
なぜか全国大会の出場は辞退していますから
この「巫女の詠えるうた」が全国大会で演奏される事はありませんでした・・・
うーーん、今にして思うとかなり勿体ない話・・・

私自身、この曲の生演奏は一度しか聴いたことがありません。
確か1992年頃だったと思いますが、関東大会B部門で聴いた韮崎高校の演奏でした。
この演奏、かなり面白くて
演奏技術はかなり低いのだけど、何か妙に聴くものに「何か」を訴えるものがあり、
「霧の湖の中に何か魔物が潜んでいる・・」みたいなイメージは何となく伝わってきました。
現在では大阪市音楽団による素晴らしい「大栗裕作品集」のCDが出ていますので
この曲の魅力もこの一枚だけでも十分に伝わっていると思います。



繧後>縺輔↑_convert_20160930140710



話は全然違うのですけど、「巫女さん」というと、2014年辺りまでは、
「ハピネスチャージプリキュア」のクイーンミラージュの前世でもある巫女さんというイメージが
私の中にはあったりもしたものです。
ミラージュは結局地球の神・ブルーに振られてしまい
そのショックのためか(?)闇堕ちしてしまい、一時期は悪の組織の親玉に洗脳されていましたね・・・

だけど、巫女時代の優しくふわっとした感じとクイーンミラージュとしての「極悪振り」のそのギャップが
実にたまらないのですけど、元の巫女さんの姿に戻って以降は、なんか印象が薄く、今一つモヤモヤしているので、
そうした「モヤモヤ感」がこの「巫女の詠えるうた」にも繋がるようにも感じられ、何かこの曲の新しい魅力のようにも
感じられたりもしたものです。

ま、これはさすがに「こじつけ」なのかな・・・・(苦笑・・)

だけど今現在の私自身における「巫女さん」とは、そりゃ言うまでも無く、東方projectの二人の素敵な巫女さんなのかな・・?

霊夢との比較論になるのかもしれないですけど、
霊夢と早苗さんは「巫女さん」という同業者になるとは思うのですが、
両者は似ているようで実はキャラは全然違うな・・とも感じてしまいます。
ま・・・勿論それは早苗さんの外部出身とかその現代っ子感覚とか色々言われてはいるのですけど、
もっと別の意味で「あ・・・なんか二人は違うな・・」とも感じる事もあったりもします。
一般的な物語ですと、同業者とかなんとなく似た雰囲気というと、お互いに「嫉妬の対象」になってしまうとか
「焼きもち妬きの結果としてお互いの足の引っ張り合い」みたいな感じの展開になりがちなのかもしれないですけど、
東方の世界の場合、そうした世俗的な展開にはならない点が実に素敵ですね!!
「東方風神録」において結果的に神奈子と早苗さんたちは霊夢の博麗神社組に退治されてしまい、
やっつけられてしまうのですけど、この一件以降も別に早苗さんは霊夢に対して「恨み」を抱くことは一切していませんし、
この異変以降は早苗さんは高圧的な雰囲気から随分と変化し、人間が丸くなったような感じさえあります。
霊夢も霊夢で、早苗さんという新しい神社勢力が登場しても
「私という古くからの巫女がいるのに・・・あいつが登場したおかけで・・・あいつだけは絶対に許さない!!」みたいな
ギスギスとした感じにならなくて、
単に「新しい神社が出来てしまうと只でさえ少ない博麗神社のお賽銭収入がまた少なくなってしまう・・」みたいな
「商売敵」みたいな感じでしか早苗さんを見ていないのは、なんかいかにも中性的な霊夢らしい話だと
思います。

とにかくこの二人の巫女さんは「素晴らしい!」というのが実は本記事の結論でもあったりします・・・

あれれ・・・そうなると大栗先生の「巫女の詠えるうた」はどこにいってしまったのかな・・・? (苦笑・・)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3219-32a373ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |