プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いや――――、やっぱりルーミアはとっても可愛いですよね!!
東方の世界ではそんなにゲームとか公式漫画でも頻繁に登場するキャラではないのですけど、
東方人気投票では毎年安定の上位位置をキープし続けていますけど、それはとてもよく分かりますね!!
やっぱり、この金髪・紅いリボン・人食系妖怪でありながらこの幼い雰囲気、
そして何よりもあの「そーなのかー」ネタ一本でここまでの人気キープ・・・・
やっぱりルーミアは東方には必要不可欠な魅力的なキャラですよね!!

ルーミアは両手を左右一杯に広げているあのポーズがとても印象的ですけど
このポーズは、三月精等公式漫画でも随所に見せれますけど、あのポーズが意味するものって
何なのかな・・・?
ちなみにですけど魔理沙はあのボースに関しては「人類は十進法を採用しました・・という事なのか」みたいな事を
言っていましたね。
ちなみにですけど、二次創作ではよく「ルーミアは頭のリボンを外すと真の能力が覚醒する」とか何とか
言われていますけど、
何となくですけど、レミリア様の頭のリボンとルーミアのリボンの雰囲気が似ているような気も・・・・??

ルーミアは一応は「人食い妖怪」系となっていますし本来はむやみやたらに近づいたら危険なのかも・・・?
という感じも無くはないのですけど、本人自身が、
「えーーーー、人間を襲うの・・・? めんどうくさーーい!」とか何とか言っていますし、
東方の世界において、「妖怪」は基本的に人を捕食する事になってはいるのですけど、ルーミアに関しては、
人を食うというよりは「人の心を食う」みたいな解釈も取ってもいいのかな・・?とふと思う事もあります。

ルーミアは「宵闇の妖怪」という事で「闇を操る程度能力」を持つという設定なのですけど、
周囲を闇で球状に包み込むことで昼間でも夜と同じ暗さにするというのが最大の特徴で、
要は、ルーミアの周辺にいる人達全てを一瞬で真っ暗闇に放り投げる事が出来るみたいな能力です。
でもこれって結構厄介かもしれないですね。
あたりは何にも見えないし、
「あ・・・誰かいた・・」と思ってもそれが味方なのか敵なのかさっぱり分からないし
視界ゼロの状態に強制的にさせられてしまう・・という感じですね。
この闇に乗じて襲われるとひとたまりもなく、逃げ道すら見えなくなるそうですので、もしもですけど、
妖怪同士連携して徒党を組まれて襲撃されたら、相当恐ろしいものはありそうですね・・・

だけど・・・・

ルーミアの場合、基本的に単独行動だし、「人を食うのか・・」みたいな幼い可愛い雰囲気ですし、
何よりも・・・
周囲を闇で包んでしまうのだけど当の本人が、本人も視界を奪われてしまう欠点があるのが何ともマヌケな所ですね!
あたりは真っ暗闇なのですけど、ルーミア自身も実は・・・この闇の中では本人も何も見えていないとの事です・・(笑)
自分で闇を発動しておいて、実は、ルーミア自身も全く闇の中の自分の位置を把握できていませんし、
同時に、闇の外の様子も全く見えていないそうです。
だから・・・
あちこちで木にぶつかっている姿が目撃されているとの事です。
そして基本的には・・あんまり人も襲わず、昼も夜もあてもなくふよふよと空を飛んでいるだけの事が多いとの事です。

ま・・・そういうちよっとおバカさんみたいな所とか可愛い容姿とかなんかが
人気の由縁だと思いますし、そうした「何も考えていなそうな雰囲気」がルーミアの可愛らしさであると思いますね。

そういう少しポンコツさんな所も人気の秘密なのかもしれないですよね。
ルーミア自身は、阿求ちゃんにも「もしかして相当間抜けなのではないか・・」とはっきり
書かれていますけどね・・・(笑・・)

ルーミアというと「そーなのかー」というあのセリフが大変有名なのですけど、
実はこのセリフが初登場したのが、レミリア様・フランちゃん・咲夜等が大活躍したあの「東方紅魔郷」なのです!
ちなみにですけど、あややとのインタビューにおいては、ルーミアは「へー、そーなのかー」となっています。

あの「東方紅魔郷」の1面ボスのルーミアと霊夢のバトルを少しばかり再現すると・・・

霊夢:人は暗いところでは物が良く見えないのよ。
ルーミア:あら? 夜しか活動しない人も見たことある気がするわ。
霊夢:それは取って食べたりしてもいいのよ。
ルーミア:そーなのかー。

こらこら、霊夢・・・異変解決の巫女さんが、妖怪の「人間食い」を容認しちゃだめでしょ・・とツッコミは入れたいですね・・(笑)

前述のあややとルーミアの「東方文花帖」でのインタビュー記事の中では、

「何処へって事も無く、ただふらふらと移動しているだけなのですか?」
「当たり前じゃないの。暗くて何にも見えないんだから何処に行ったって同じだもん」
「暗くて何も見えないのは貴方の所為です」
「へー、そーなのかー」

ここでは「そーなのかー」ではなくて「へー」が入る点がルーミアの一つの進化なのかもしれないですね・・(笑)

さてさて・・・東方キャラの日という事に関しては、当ブログでも、例えば3月7日は「早苗さんの日」とか
3月10日は「さとり様の日」とか、またまた最近では「10月9日は天狗の日」みたいな事も取り上げさせて
頂きましたけど、その中の一つに「毎月7日はルーミアの日」というものもあったりもします。
実はですね・・・、私、最近までその由来が分からなくて「なんで毎月7日がルーミアの日になるのかな・・?」と
感じていたのですけど、最近になってそま謎がやっと解明できました!
当ブログがいつも大変お世話になっているアミグリ様の「dream fantasy」の過去記事の中にその解答が明記されていて、
私自身もそれを読んで「そーなのかー」と感じてしまいました・・・(笑)
要は単純な事でして、上記で述べた通り、ルーミアの一つの決め台詞(?)というかネタが
「そーなのかー」なのですけど、
「そーなのかー」→「そー7日」→「もう7日」という事に変遷していき、
ルーミア好きの絵師の皆様たちが毎月七日にルーミアを描こうじゃないか・・という事になっていったようですね。

うーーむ、これはまさに「へー、そーなのかー」という感じですね! (笑)

今回、こうやって久しぶりにルーミアの事を取り上げさせて頂きましたが、当ブログがいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の素敵な管理人様のアミグリさんも、実は過去から現在に至るまで
このルーミアのイラストを何度も描かれています。
今回「毎月7日はルーミアの日」の由来がアミグリさんの過去記事で解明されましたので、
これも何かの一つの縁と考え、ここに改めてアミグリさんが過去~最近描かれたルーミアの素敵なイラストを幾つか
転載させて頂きたいと思います。

アミグリさんと言えば・・・! そう先日10/25(火)の当ブログにおきましては、アミグリさんの過去の素晴らしい
創作オリジナルイラストをご紹介させて頂きましたが、その際もアミグリさんは、当ブログに対しての転載も
気持ちよく快諾して頂き、本当にいつも感謝しております。いつもありがとうございます。
先日の創作オリジナル作品の中では、私は特に「flower」が大好きです!








こちらのルーミアは2012年11月に描かれたものです。

ちなみにこの作品は同時にpixivでも掲載をされています。

両手を左右に広げ、どことなくミステリアスな雰囲気を醸し出していて、今回転載をさせて頂きました4枚の
イラストの中では、ある意味一番「宵闇の妖怪」のイメージに合致した作品なのかな・・とも思いました。

この「これぞルーミア!」みたいなあの両手拡げポーズがとっても可愛いと思います!



ru-mia_convert_20091212085017.png



こちらはかなり初期の頃の作品です。

2009年12月に描かれたものですけど、このふわっとしたスカートの感じも素敵ですし、
やはりルーミアの可愛らしさが「闇の妖怪」という怖さを脇に追いやっているようにも見えますね・・・
だけどそれがルーミアの素晴らしい点なのだと思います!



mega-rumi!!_convert_20140807164506.png



こちらは、2014年8月に描かれた「眼鏡ルーミア」です。

ルーミアはよく、チルノ、ミスティア・ローレライ・リグルと共に「東方パカルテット」みたいな扱いを
される事もあるようですけど、
そうですね・・・・東方の「おバカさん」はチルノ一人で十分過ぎるような気もしますけどね・・・(笑)

ミスチーとお空は「鳥頭」という事でやはりおバカさん設定はほぼ定着されていると感じるのですけど、
あやや=射命丸文だって、一応は・・・鳥・・カラスという事なのですけど、あややは、ミスチーやお空と違って
頭脳は明晰ですけどね・・・
「鳥」は必ずしもおバカさんではないという事なのかな・・・?

それにしても「眼鏡」を掛けただけで随分と知的なルーミアに見えますので、
やはりアミグリさんの表現がそれだけ巧みなのだという事を立証していると思います。

こういう知的雰囲気のルーミアも素敵ですね!



hiyohiyo-ru-mia_convert_20140507165947.png



こちらの「びよびよルーミア」は2014年5月に描かれた作品です。

これは、まさにひよことルーミアの素敵なコラボですよね!

ルーミアも可愛いですけど、ひよこちゃんもとっても可愛いですね!


最後に・・・・季節はもう「秋なのか―」なのですけど、
この水着ルーミアもとっても可愛いです! → いぇい☆

アミグリさん! これからも素敵なルーミアを描いて下さいね! 今回は色々とありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ルーミアはかわいい&描きやすい!

毎月七日はルーミアの日の由来を知っていただくことができて、良かったです!!

そして、ルーミアのイラストをいっぱい載せていただき、ありがとうございます。

東方キャラは、意外と帽子をかぶっているキャラが多い気がするのですけど、ルーミアは帽子をかぶっていないし、シンプルなデザインで結構描きやすい……という理由でいっぱい描いているのもありますね(笑)
もちろん、ルーミアのことも大好きですけどね!

個人的な話ですが……、デザインが複雑なキャラだと、「描くのどうしよっかな~」ということになりがちなのですけど、ルーミアだったら、「デザインもシンプル&かわいい」ので気軽に描けるのも素敵なポイントだと思います。

最新掲載のルーミアもとっても可愛かったですよ!

アミグリ 様


先日は、あの素敵なアミグリさんの創作オリジナルを転載させて頂きましたが、
こうやって今回はアミグリさんのルーミアのイラストをいくつか転載させて頂く事ができて
とっても嬉しいです!
いつも本当にありがとうございます!

確かにルーミアはZUN帽みたいな頭の被り物をしていませんし、服装も比較的シンブルなのですけど、
そういうシンブルなものをあれだけ可愛く描けて、アミグリさんとしての「ルーミアの多様性」をこれだけ
素敵に表現されている事は、まさに素晴らしい事だと思います!
確かにフランちゃんみたいに精緻さを求められるキャラも素敵ですけど、こういうルーミアみたいなキャラも
東方では必要不可欠な存在ですね。

そうそう、後でコメントさせて頂きますが、昨日UPされていたルーミアがとても可愛いですね!

これからもアミグリさんが描かれるルーミアもとても楽しみです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3218-06b292c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |