プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.出雲高校


B/バレエ音楽「四季」~第四場・秋(A.グラズノフ)


この学校はある意味大変興味深いです。
その理由は二つほどありまして、一つは、この高校の学区内に出雲第一中・出雲第二中と当時の
吹奏楽コンクールにおける名門中学校が二つもあり、出雲高校は確かに進学校で、この二つの中学校の
優秀な奏者が全部が全部この高校に入学出来る保証はなかったにせよ、ある程度の人数は、
一中・二中から出雲高校に進学し、何人かは出雲高校吹奏楽部の部員として活躍していたはずだと推察
出来るのですけど、大変言葉は申し訳ないのですけど、中学であれほど優秀だった奏者が高校に進学すると
なぜか伸び悩むみたいな雰囲気が部外者的には感じられたのは大変興味深いものがありました。
高校に進学する際には既に「伸びしろ」はなかった・・という事なのかな・・?
二つ目は、上記の通り出雲高校は大変な進学校なのですけど、確か当時のBJ・BPの記事を読むと
3年生は受験勉強に専念するため、3年生のコンクール出場メンバーはいなくて、出雲高校の全国大会メンバーは
1年生と2年生からのみで構成されているのは大変ユニークだと思います。
普門館に出場している学校の奏者は3年生が中核になっている事はごく普通の事だと思いますし、
やはり最上級生の3年生の指導力とか経験というのは本来はかなり大きいものなのだと思います。
そうした大変な戦力であるはずの「3年生」をあえて戦力から外して吹奏楽コンクールに臨むのは大変勇気がいる事だと
思うのですけど、出雲高校にとってはそれがむしろ「普通・・」というか「伝統」という事なのでしょうね。
そうですね・・・私自身も普門館で出雲高校の演奏は何度も聴きましたけど、金本先生時代も森脇先生時代も
演奏は確かに洗練されまとまっているようにも感じられるのですけど、
大変申し訳ないのですけど「鮮やかさ」・「個性」・「アクの強さ」というものは皆無に等しいと感じられます。
一言で言うと「優等生の演奏」で、良くもないし悪くもない・・・無難にまとめた・・という雰囲気の演奏で、
生で聴いていても「もどかしさ」とか「もっと吹っ切れた状態で大胆に思い切った挑戦をたまにはすればいいのに・・」
と思う事はしばしばでした・・・
音楽の基礎自体が完成されているから勿体ない感じはありましたし、
そうですね・・・たとえば、兵庫高校なんかは、あんだけ進学校で学業成績が優秀な学校なのに、
吉永先生とか松井先生みたいなとてつもなく個性的でアクが強い指導者が指揮をされると、あんだけとてつもない
「漲る個性のかたまり」の演奏になる事例があるだけに、
指導者の「アクの強さ」とか「個性」がもう少し求められたんじゃないのかな・・・?とふと感じる事もあったものでした。

さてさて・・1983年の金本先生時代の演奏ですけど、
そうですね・・まさに上記で書いた通りの演奏で、一言で言うと、良くもないし悪くもないし無難な演奏という言葉に
尽きると思います。
この年の課題曲はD/キューピッドのマーチ以外は全て大変素晴らしい名曲揃いでしたけど、
Bの「白鳳狂詩曲」は、決して悪い曲ではないのに、全体的に今一つ人気がなかったのは気の毒な感じもしました。
課題曲Bは、やはり福岡工大付属が一番の名演だと思いますが、この出雲高校も演奏も決して悪いものでは
ないと感じます。冒頭のコラールの重厚さとか前半の荘厳館感は大変素晴らしいものはありましたけど、
惜しいな・・と思ったのは、ピッコロのソロ辺りから、なぜかサウンドがモゴモゴしてしまい、冒頭の
重厚さという雰囲気が最後まで持続していなかった事はもったいなかったと感じます。
中盤は少しサウンドが濁り気味というのもマイナスポイントだったのかもしれないです。
自由曲の「四季」は、1988年の那覇高校の時にも感じた事なのですが、バンクロフトのアレンジが
正直あまり芳しくないという事なのだと思います。
課題曲同様、出だしは悪くはなかったのに、中間部の妙に分厚いアレンジのせいか、中間部のサウンドが
ぼやけてしまい、演奏がだれてしまった事は惜しまれます。
冒頭は「おお・・!」と感じさせる切れとスピード感は伝わりましたけど、中間部でもたれてしまい、
後半からラストのアレグロで再度追込みを図ったものの、中間部の印象が悪いまま、結果として
スレスレの銀賞に滑り込んだという印象が強いです。
今現在ですと、中間部の装飾音は原曲通りハープが使用されると思われるのですけど、
バンクロフトのアレンジは、ハープの代わりにマリンバを用いていて、マリンバのいかにも打楽器的な響きが
「やっぱりブラスバンドだね・・、なんかちゃちい・・」みたいな悪い印象を持たれてしまったような感じも
あるんじゃないのかもしれないですね。

さてさて・・ついでですので、ここでグラズノフについて簡単に語らさせて頂きたいと思います。

グラズノフというロシアの作曲家は、日本での知名度は今一つなのかもしれないですね。
私のように吹奏楽出身ですと、すぐにバレエ音楽「四季」より第四場・秋という曲が思いつくのでしょうけど、
全般的には「誰、それ・・・?」という感じなのかもしれません。
「四季」以外では、

〇ヴァイオリン協奏曲

〇交響詩「ステンカ・ラージン」

〇組曲「バレエの情景」

〇バレエ音楽「中世より」

などが比較的知られているかもしれませんけど、世間一般的には「誰・・?」という感じなのかもしれないですね。
グラズノフというと、個人的には小品なのですけど、
コンサートワルツ第一番という可愛らしい曲を強く推したいです。
この曲は、1980年代中盤のNHK・FMの朝八時からのクラシック番組のテーマ音楽にも
なっていましたけど、そんなの覚えている人はもういないでしょうね・・・(笑)

グラズノフは、ロシア5人組+チャイコフスキーとショスタコ・プロコフィエフ・ストラヴィンスキーの世代の
丁度中間に位置し、事実、グラズノフは、音楽院の院長時代にショスタコーヴイッチを直接指導していました。
(ショスタコの「証言」を読むと、その頃の話がかなり赤裸々に語られています)
グラズノフの作風は、特段これといった特徴がないというか、目立つ個性も無い代わりに
誰からも愛される資格がありそうという印象です。
人によっては「ロシアのメンデルスゾーン」と呼ぶ人もいるそうです。
ま、確かにショスタコみたいな毒もプロコみたいな不協和音も
ストラヴィンスキーみたいな明確な個性もありませんし、どちらかというと
チャイコフスキーの路線そのまんまという感じもしなくはありませんけど、中々分かり易くて
親しみやすい曲を後世に色々と残しています。
意外ですが、グラズノフはロシア革命後は、革命政権を嫌ったのか、ロシアを離れ
パリに亡命し、パリで生涯を閉じています。

さて、彼の代表曲、バレエ音楽「四季」ですが、
最初は第四場・秋を吹奏楽版で聴き、そのロマンティックと華やかさにすっかり魅了されてしまったのですが、
改めて全曲を聴くと、全四場とも全て同じ「テーマ」で曲が構成されていますので、
何かどの部分を聴いても同じように聴こえてしまいます。
何となく「金太郎飴」みたいな印象もあります。
でも正直に言うと、一番良いのは、やはり第四場・秋だと思います。
日本人の感覚だと、第四場、つまり最終場面に該当する季節は何かと言うと夏とか春を連想してしまいますが、
夏が短いロシアの人にとっては、「収穫の秋」こそが一番盛り上がる季節なのかも
しれませんよね。
「秋」は三つの場面から構成されていますが、
最初の出だしがいかにも収穫祭のうきうきとした感じがよく出ていて楽しいです。
中間部は、しっとりと歌い上げているし、ラストは冒頭の再現部分で、華麗に盛り上がっていきます。

私自身、この曲の生演奏は一度しかありません。
ロジェストヴェンスキー指揮の読響でしたけど、生で聴くと意外とこの曲は地味にも聴こえて、
指揮者としても「どこに盛り上がりの頂点を構成しようか」意外と判断に迷う曲なのかも
しれません。

CDは、ネーメ・ヤルヴィ指揮/スコットランド国立管弦楽団の演奏が一番気に入っています。
あ・・ちなみにですけど、現在NHK交響楽団の首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィの父親が、このネーメ・ヤルヴィです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そう考えますよね。

自分もこの学校は学区内にあの名門中学2校がありますので気にはなっていました。出雲吹奏楽団もありますよね。
秋田でいうと秋田南高校がそうですが(秋田県2位の進学校です)、自分世代だと必ずしもあの山王中から秋田南高校に進学者・吹奏楽部入部者が多かったようでもなくて、部長・副部長など当時は山王中出身者以外から出ることが多かったようです。
あと、私の地元で全国大会出場経験がある湯沢南中・湯沢北中もそうだったりしたんですが、「高校にいってまで吹奏楽はたくさん」という人もそれなりにいたみたいです。でも正直言ってもったいない。。。
秋田南高校出身の著名な方々は天野正道先生・木内恒先生・阿部智博先生がそうですが、いずれの方々も山王中出身ではないですね。
でも最近は、山王中から秋田南高校や同じく全国大会出場経験のある新屋高校に進学する人が多くなったみたいです。
中学で活躍した皆さんが高校でも頑張ってくれるのが一番の理想だと思いますが、吹奏楽部に入る・入らないの選択は個人の自由なので、難しいですね(笑)。

私の場合は・・

一秋田県民 様


そうですね・・・地方の場合ですと、上手な中学校の吹奏楽部の奏者がそのまんま地元の高校に進学し、その高校の吹奏楽部に
入り、中学の頃の先輩たちと高校でも同様に一緒に演奏をするというパターンはあるのかなと思いますが、
そういうケースって往々にして中学の頃の人間関係を高校でもそっくりそのまんま受け継ぐみたいな事も
もしかしたらあるのかもしれないてすね。

私自身はそういうのがとても嫌いだったというのか、高校という新天地では、「中学の頃の自分を全然知らない人たちばかり」
という環境で心機一転やり直したいという気持ちの方が強かったのかもしれないですね。

演奏の継続性とか上手さのキープという意味では、吹奏楽の名門中→名門高校のいう流れに勝るものは
ないのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3215-039f3d85
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |