プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1.日本大学豊山高校


A/吹奏楽のためのカタストロフィー(保科洋)


日大豊山を語る前に少しばかり余談を・・・・(笑)

もう大変古い話になってしまいますけど、先日アニメ「響け! ユーフォニアム」の第二期が放映開始となりました。
第一期の冒頭シーンは、麗奈が久美子に対して、県大会の結果がダメ金で関西大会に進めなかった事について
「悔しい・・死ぬほど悔しい・・」と語りかけていましたけど、
ま・・それを言ったら私なんか結果的に県大会・都大会予選は、まさに「悔しい・・死ぬほど悔しい」の連続でした。
だけど、コンクールとかスポーツの試合というものは、時に残酷なもので、
その過程の中でどんなに充実していたり又はとてもなく苦しくて厳しい練習をしていた状況であっても
吹奏楽コンクールで思った様な評価に結び付かなかったり、試合で負ける事と言うのは
決して珍しい話じゃありませんからね。
吹奏楽コンクールだって、支部大会ましてや全国大会に出場できる人達はほんとにわずかの人達のみで、
ほとんどの関係者は、地区予選・県大会で散っていますからね。

私の高校の1983年の野球部もそんな感じでしたね・・

この年・・1983年の夏は、私にとっては今にして振り返るととてつもなく「記憶に残る夏」だったと思います。

というのも、私の高校の野球部が、
当時の宮城県の甲子園出場は、毎年毎年仙台育英と東北高校の二大強豪校が争っているという状況の中、
地方の名も無いノーシードの県立男子高校の私達の学校が、何と奇跡的に仙台育英をベスト8で、東北高校を準決勝で
それぞれ終盤の大逆転の末、この二大強豪校を撃破するというとてつもない快挙を成し遂げたのです。
そしてあと一つ勝てば、あの甲子園へ・・・という所までいったのですが、
決勝戦でポロ負けし、とんびに油揚げをさらわれるような形で
甲子園出場を逃したのでした・・・
しかも、決勝戦は、9回1アウトまで、相手高校の投手にノーヒットノーランを食らっていましたからね・・
だけど負けたのですが、あの一瞬の夏の日の思い出は
何か今でも鮮明に私の記憶の中にインプットされていますし、確かにとてつもなく悔しくて
麗奈の「悔しい・・死ぬほど悔しい・・」という気持ちと全く同じなのですけど、それと同時に
「過ぎてしまった遠い夏の日の思い出・・」として私のポンコツ脳の中では完璧に美化されてしまっています・・・(笑・・)

さてさて・・・1983年の全国大会・高校の部のプログラム一番は、全国大会では初出場となる日大豊山でした。
現在の吹連の規定はよく分かりませんけど、この当時の高校の部は、出場メンバーに不足がある時は
付属高校の場合は付属中学校の生徒を出場させても良い旨の規定があり、
この年の日大豊山には数名中学生奏者も加わっていたとの事です。
(当時のレコードジャケットの写真を見ても、確かに中学生らしい雰囲気の奏者もいたようですね・・・)
85~86年の都大会と全国大会での日大豊山の演奏を生で聴いた限りでは、
確かに数名は何か幼い雰囲気の中学生らしき人が何人かはいたと記憶しています。

演奏は、初出場・プログラム一番というせいもあったと思いますが、
一言で言うと「不安定な演奏であり、伝わるものがほとんどない」演奏という感じです。
課題曲Aの冒頭からして既に音自体に不安定さが伝わり、前半のダイナミックスな動きも中間部の短いゆったりとした部分も
何となくですけど委縮して吹いているような感じが伝わり、もう少し伸び伸びと吹いて欲しかったような気持ちは
あります。
というか・・・これが「普門館には魔物が棲んでいる」と言われる所以であり、特に朝一番の普門館は
ホールが広いのに全然音が響いてこないみたいな雰囲気はあると思いますし、
まさに全国大会初出場の日大豊山はこの「普門館の魔物」に飲み込まれてしまったとしか言いようが演奏
だったと思いますが、朝一番・初出場というあまりにもシビアすぎる条件を考えると
「なんか気の毒・・・」としか言いようが無かったとも思えます。
自由曲の保科洋の「カタストロフィー」はあまりにも陰鬱な世界ですけど、
この日大豊山の全体的に少しおっとりとした優しいサウンドの学校としては選曲ミスなのかなぁ・・と
痛感せずにはいられない演奏だったと思います。
やはり冒頭から音自体が不安定ですし、あの「陰鬱な世界観」を聴く人に伝えよう・・何かは伝えよう・・という意図は
確かに伝わるものの、音の貧弱さと奏者の緊張感とか曲全体の構成力不足が災いし、
聴衆にはあまり伝わらなかったのかもしれないです・・
翌年の1984年も同じく保科洋の「交響的断章」を自由曲に選んでいましたけど、感想は「カタストロフィーと以下同文」
みたいな印象でした・・
このチームは、そうですね・・どちらかと言うと、こうした邦人の陰鬱な作品よりも
親しみやすい明るいクラシック音楽のアレンジものの方がチームカラーに合っているような感じがあると
思いますし、1985年の「ファウスト」とか86年の「サムソンとデリラ」におけるあの「伸び伸びとした感じ」は、
そうしたチームとしての長所を生かした選曲だったと思いました。

これは完璧に余談ですけど、1996~1999年にかけて勤務していたとある金融機関にて
中野区上高田~松が丘~沼袋エリアを担当していた際に、顧客であるお寿司屋さんの息子さんが
日大豊山高校在学時に、このカタストロフィーにて奏者として全国大会出場を果たし、指揮者の大橋先生も
このお寿司屋さんに食べに来たこともあると聞いて、驚いた事があります。
同時に「意外と世間は狭いものだな・・」と実感させられた瞬間でもありました!

大橋先生は、埼玉の所沢市民吹奏楽団も指揮されていて、何度か関東大会にも進まれていましたけど、
もしかして埼玉県とも何か「御縁」があるのかもしれないですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

この年は

こんばんは。
この年の高校野球は徳島県・池田高校の春夏連覇がかかっていました。
管理人さまの母校って、この年は仙台育英と東北を破ったんですね。
東北の1年生に佐々木主浩投手(横浜)と葛西稔投手(阪神)がいましたから、すごいですよ。
ボクの学校なんか1回戦勝てばオッケーっていうくらいの弱小ですから、大学は野球の強い学校に行こうって決めました。
ちなみに日大豊山高校は、ずうとるびの山田くんの母校として有名です。

余談ですけど・・・・

五航戦の愛鷹 様


実はなのですけど・・

その年の1年前の1982年の秋季大会にて私の母校は、決勝戦であの東北高校に1-0で勝ち、東北大会に出場しています。
俗にいう「すみいち」で一回の表に挙げた一点を死守し、東北に確か15安打ぐらい打たれながらも
守り抜いたものでした!
当時宮城県内では「公立高校の奇跡」と結構話題にはなっていました。
ちなみに東北大会では一回戦で大敗し、甲子園出場は逃しましたし、結果的に私の母校は
いまだに春夏通じて一度も甲子園に行っていません・・・(泣・・)



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3213-2cff1fb4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |