プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めに冒頭でお礼を・・・

昨日ですけど、当ブログで頂けた拍手数が累計で10万を突破いたしました!
これもひとえにこんな拙いブログでも日々ご覧になって頂けている皆様のおかげですので、
本当にいつもこのブログをご覧頂けている皆様に感謝の気持ちで一杯です!

いつも本当にありがとうございます!

今後とも目一杯精進いたしますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします。

尚、もしもですけど・・・私からの「今回10万回目の拍手を押して頂けたのは誰?」という問いに
早苗さんじゃないですけど「それ、わたし! 私!!」みたいに名乗り出てくれた御方には、私から特別に・・(笑)
「感謝の記念メッセージ」を送らさせて頂きたいと思います!


その①の続きです。

その①で書いた通り、うどんげちゃんは、実は地上の兎ではありませんし、ましてやてゐみたいな「地上の妖怪兎」でも
ありません。
元々は月に住む「月の兎」だったのですけど、アメリカによる月面着陸の話を聞きつけ、
「地上の民が月界に侵略してくる、もしかしたら月の最大の賢者で現在は地上にて暮らしている永琳の影があるのだろうか・・
もしも本当に地上の民が侵略してくるというのならば、捕えられて奴隷にされる前にここから逃げてしまおう!」と考え、
月から逃げ出して現在は、幻想郷にある永遠亭にて、永琳様・輝夜・てゐと共に暮らしています。

うどんげちゃんは、言うならば「逃亡者」なのだと思います。

同時に月の仲間たちを見捨てて、一人「自己保身」を図った「裏切り者」という評価も成り立つのかな・・とも思います。

うどんげちゃんの「逃亡」については、元の飼い主と言うか上司である綿月依姫からは「身勝手な臆病者」と
かなりキツイ評価を貰っていますけど、ま、そりゃ仕方が無いね・・という感じでもありますね。
そうした逃亡事件に関しては、東方「花映塚」にて四季映姫からもお叱りを受けて、
例によって例の如く(?)四季映姫様から長時間のお説教を食らっています・・・
ま・・この花映塚では登場キャラのほとんどは四季映姫様からお説教を食らっていて、チルノやミスチーなんかも
くどくど怒られていましたけど、果たしてあのおバカさんと鳥頭さんには、四季映姫様の言葉は
「記憶」として少しは留まっていたのかな・・・?
ちなみにあややは、四季映姫様のありがたいお説教にかなり真摯に謙虚に反省し、あややとしての改善事項を
見出している点は「さすが!」だと思います!
また「東方緋想天」においては、うどんげちゃんは、小野塚小町から
「お前は今のままではマジで三途の川を渡ることすら出来そうにもない」という事を示唆されています。
ちなみにですけど、それはうどんげちゃんの「罪の大きさ」を言っているのではなくて、
うどんげちゃんが幻想郷に来て間もない頃は、とにかく・・「妖怪が怖い、人間が怖い・・」と一種の対人恐怖症
みたいな感じになっている事を示唆しているのだと思われます。三途の川の橋渡しでもある小町の視点から見てみると
「三途の川を渡る段階で悪い事をしてなくても、人と人との繋がりが無かった人間は川を渡れない」という事であり、
これはつまりうどんげちゃんの「対人関係の消極さ」を表しているもだと思います。

だけど、それはある意味仕方が無い事じゃないのかな・・?

うどんげちゃんにとっては月から地上への逃亡と言うのは同時に「環境の激変」という事でもあるのだと思います。
生まれ故郷を捨てたのは確かにうどんげちゃん自身の「意志」なのかもしれないですけど、
それはその時点では「もしかしたら本当に地上の民が侵攻してくるのではないのか?」という当時誤まった認識が
月の兎の間にデマゴーグとして広がっていたという少し気の毒な事情はあったと思いますし、
その「逃亡」というのはうどんげちゃん自身の強い意志というよりは「そうせざるを得なかった・・」みたいな
何か消極的な理由の方が強いのかもしれません。
そして同時に四季映姫様からのお説教ではないですけど、うどんげちゃんが「仲間を見捨ててきた」というのは
紛れもない事実でありますから、うどんげちゃんの心の深層としては「後悔」というものよりも
「裏切って申し訳なかった・・」みたいな「後ろめたさ」の方が強いんじゃないのかな・・とも思ったりもします。

とにかくそんな訳で幻想郷にやってきて「永遠亭」に運よく保護されたはいいけど、
うどんげちゃんとしてはどこか「心にすっぽりと大きな穴が開いた」とか「何か大切なものを失った」とか
「癒す事の出来ない傷を心に負ってしまった」みたいなそうしたマイナス的なモヤモヤ感は
しばらく続いていたのだと思います。
そうした喪失感が、なんとなくですけど・・・うどんげちゃんの一つの持ち味でもあるあの「愚痴の多さ」に
繋がっているんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
当初の頃は、永琳様から「一人で幻想郷の人里に降りてきて、薬の行商をやってきて・・・
ちなみに本日の販売ノルマはこんだけね・・・」みたいな悪魔の無茶振りなんかをされても
元々真面目な性格ゆえに、本当は人里に行ったり、そこで人間や妖怪たちに会うのも嫌なのに
そこで営業までしなくちゃいけないのは本音では苦痛で苦痛で仕方が無かったはずだと思うのですけど、
どうにかこうにかそのノルマだけは達成して永遠亭に戻ってきてフラフラ状態・・・という感じだったのかもしれないですね。
これはなんとなくですけど・・私自身もそうでしたけど、
社会人になったばかりの頃とか、異動で他県の支店にやってきて右も左もよく分からない内は、
とにかく毎日毎日を「乗り切る事」だけに追われて家に帰ってくるとパタンキューで何にもする気持ちが起きない・・・
あるのはどうしようみない疲労感だけ・・
そういった感情に似ているんじゃないのかな・・とも思ったりもしますね。
うどんげちゃんの役割としては、うどんげちゃんは永琳様のような凄腕薬師じゃないから薬の調合とか
医者みたいな診察みたいな真似はまだ出来ません。出来る事は、薬の配達と
富山の薬売りじゃないですけど、各家庭に「置き薬」として置いてきた薬箱への薬品の補充とか代金の補充とか
ちょっとした薬や病気の相談といったあわば「アフター巡廻」なのだと思います。
当初の頃は、阿求ちゃんや慧音大先生の評価としては、「怪しい薬を売っているヘンなウサギ」とか
「何を聞かれても無機質に専門用語を単調につぶやくだけ・・」とか
「あいかわらず意味不明の単語ばかりでわけがわからない・・」みたいな酷評もされています。

そうですね・・・この辺りはうどんげちゃんはまだ「幻想郷」に慣れていなかったという事もありますし、
何よりも「自分自身」に対して自信が持てなかったのがそうした「消極さ」の一因になっていたのかも
しれないですよね。
そして何よりも自身の「月から地上に逃げてきた経緯」という心の重しが相当大きかったのではないかと
思われます。

だけどうどんげちゃんは徐々に「変化」を見せるようになってきます。

その心境の変化として大きな要因は、やはり師匠の永琳様の存在じゃないのかな・・・?

その①とか今年1月の永琳様語りで述べてきたように、実は、永琳様自身も言ってみれば「月からの逃亡者」
みたいなものなのだと思います。
本来は「犯した罪が消えた」として月に戻らないといけない輝夜を守るために、
永琳様は月の使者を全員皆殺しにしてしまい、結果的に月へ二度と戻れなく状況をわざと作りだしてしまい、
「月からの逃亡者」として永遠に輝夜として幻想郷内で生きる覚悟をされていました。
その永琳様の「私達はこれから・・・そう、あなた・・うどんげも含めて全員、月の民ではなくて地上の民として
生きていく!」という固い決意の気持ちをうどんげちゃん自身が知る事になった事が
うどんげちゃんの気持ちをかなり和らげていったんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
うどんげちゃんとしては・・・
「そっか・・実はお師匠様も私も同じ逃亡者なんだ・・その永琳様が地上で生きていく事を決意されたのだから
この私だってこの地上で頑張って生きないといけない!!」みたいな事を決意したんじゃないのかな・・・と
私なりに考えたりもします。
三月精の中で、永琳様とうどんげちゃんが一緒に薬の営業をしていて
永琳様なんかも「私達にも生活があるから・・」とか「生活のためには永遠亭を離れて人里に近い所で
商売をした方がいいのかも・・」と永琳様がつぶやかれているのも
永琳様の「私達はこの幻想郷で生きていく!」という強い意志を示唆しているとも言えるのかもしれないですよね。

この辺りからうどんげちゃんも段々といい意味での「変化」が見られるようになっていったと思います。

最近の作品においては、「東方鈴奈庵」においては、里の人間達に独断による対面販売を大成功させたり、
「東方紺珠伝」においては、今までは怯える対象であった月の本拠地へ真っ向から乗り込み、
その月すら脅かす強敵(純狐・ヘカ―ティア様)にも臆することなく立ち向かうなど、精神面において大きく成長した姿が
見られる様になったのは「素晴らしい!」としか言いようかないと思います!

そうですね・・・この「鈴奈庵」におけるうどんげちゃんの活躍ぶりとか魔理沙との軽妙なやり取りなんかは
ここで語るとキリがないものですので、
その辺りは次回のうどんげちゃん その③・・いや、その④あたりのかな・・にて
語らさせて頂きたいと思います。

そうそう・・「東方紺珠伝」における早苗さんの例の「このヘンなTシャツヤロー」も素晴らしかったのですけど
実はうどんげちゃんも純狐やヘカーティア様に対しては、結構過激な事も言っていましたよね・・


純狐:万策尽きて暴挙に出たとでも言うのだろうか。月の民のその様な姿を見たくは無かったですね。
うどんげ:……誰?
純狐:私の名は純狐。月の民に仇なす仙霊である。
うどんげ:月の民にこんな敵がいたなんて聞いてないわ!
純狐:まさか月の兎(せんし)を送り込んでくるなんて……
    ん? どういうこと? 何故お前はそこまで穢れている?
    何故お前はそこまでミスを受け入れているのです?
うどんげ:ああ、ミスを受け入れている訳じゃ無いけど……
    私はもう月の兎を止めたんだ。今はもう地上の兎なのよ。
純狐:な、何だって?
    そんな月の民に奇策が……月の兎を地上に堕として私にぶつけるだなんて、素直に感心したわ!
うどんげ:え、あ、そうなの?
純狐:でも奇策は奇策。月の民も愚かなミスをしている。
    この地上の兎は必要以上に穢れを負っているわ。
    これでは私の力の前では無力! 絶対的無力!
    だが、不倶戴天の敵、嫦娥よ。見ているか?
    お前が出てくるまで、こいつをいたぶり続けよう!

ヘカーティア:兎? もしかして月の兎? 嫦娥の部下の。それなら見逃せないね。
うどんげ:だ、誰よ?
ヘカーティア:私は月と地球と異界の三つの身体を持つ地獄の女神。純狐の策で夢の世界に罠を張っていたのよ。
うどんげ:そうか、月で見た妖精のご主人様って貴方の事ね。変な格好してるからすぐに判ったわ。
ヘカーティア:でも純狐? 月の兎一匹の為に何でわざわざ私が?
純狐:ただの兎じゃない。この兎こそが、月の民の切り札だった。この兎のおかげで我々の敗北が半分だけ決定した。
ヘカーティア:ええええ? 何でそんな事が……。
        まさかこんな兎一匹で我々の作戦が失敗するなんて。しょうがない。消すしか無いか。
うどんげ:やっぱりそうなるのね。もう私は月の兎じゃ無いのに……。
ヘカーティア:月の兎は宿敵、嫦娥の部下。この兎を生かして帰す訳にいかないね。
        お前に楽しい選択肢をやろう! 月、地球、異界……殺されたい身体を自分で選べ!

この辺りはまさに大変な迫力がありましたよね!

純狐のあの有名なセリフ・・・「嫦娥よ。見ているか!」はここで飛び出してきたのですね!

そうそう・・・うどんげちゃんがヘカーティア様の事を「変な格好」と呼んでもヘカーティア様はほぼ無反応なのに
早苗さんが「さっさと勝負しろ! このヘンなTシャツヤロー」と挑発すると
ヘカーティア様は激高されていましたよね・・・
うーーむ、変な恰好もヘンなTシャツヤローも大して差が無いような気もするのですけどね・・・(笑)


最後に・・・

そうですね・・なんか永琳様とかうどんげちゃんを語っていると何となくですけど条件反射的に
このお方のお名前を出してしまい、またまた大変恐縮ではあるのですけど、
このブログの大切なブロとも様のお一人で、いつも当ブログが大変お世話になっている
五月雨日記<仮の宿>の管理人の風月時雨さんは、リアル社会では永琳様のような素敵な薬剤師さんを
されています。

風月時雨さんの五月雨日記<仮の宿>の初期の頃とかのお話とか2014年頃の記事なんかには
たまーにですけど、
自身の薬剤師としての不安とか
「今度一人完全出勤になったらどうしよう・・」とか
「先日の私のミスで周りの人たちに迷惑を掛けてしまった・・私なんか・・全然ダメ・・」みたいな事も吐露されていて、
まるで幻想郷に来たばかり頃のうどんげちゃんを思わず彷彿とさせるものがあったりもするのですけど、
最近の風月時雨さんは、社会人として・・・一人の薬剤師として徐々に経験を積まれ、少しずつ自信を深められ、
最近では「土日の完全一人出勤を無事に果たされる」とか「周りのスタッフに対する配慮」とか
うどんげちゃん以上の「素晴らしき成長」に本当に目を見張るものがあると思います。

永琳様やうどんげちゃんは「私達はこの幻想郷で生きていく!」と覚悟を決めた事で何か吹っ切れましたけど、
そうですね・・・
そこには風月時雨さんの「私はこれからも管理薬剤師として活躍していく!」という強い意志があると思いますし、
そこには一人の若き社会人としての「素敵な成長物語」があったのではないのかな・・と
思ったりもします。







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年6月に描かれたウェディングうどんげちゃんです!

東方キャラのウェディングというとアミグリさんは過去作品の中にウェディングチルノとかウェディング早苗さんという
とっても素敵な作品があるのですけど、
こちらのウェディングうどんげちゃんも負けず劣らずとっても素敵だと思います!

というか・・この幸せ絶頂みたいなうどんげちゃんのこの可愛い笑顔! このチャーミングなウィンクに
私はも―――、まさにKO寸前のヘロヘロ状態でありますっ!!
こういうミニの純白のウェディング衣装は、まさに「人類の宝物」だと思います!!

本当にこのハッピー感に溢れるうどんげちゃんは最高だと思います!

うーーむ、一体どの幸せな御方がこんな可愛いうどんげちゃんをお嫁さんにしちゃうのかな・・・?

まさか・・・本当に純狐だったりして・・・??

上記のうどんげちゃんの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

上記にて「東方紺珠伝 」の話が出ましたけど、この中に登場するキャラの一人が「クラウンピース」なのです。
最近ではなんと・・・!
あの可愛いかわいいポンコツ妖精ちゃんが大活躍する「東方三月精」においても四匹目の(?)妖精としても
すっかりお馴染みと言うのか、最早三月精の不動のレギュラーと言っても過言ではないと思います。

アミグリさんが昨年末に描かれたこのクラウンピースも、とってもアメリカンな感じでフレンドリーな感じがして
とっても素敵です!

このクラウンピースをご覧になりたい方は是非こちらから!! → 【東方project】クラウンピース!【イラスト】


アミグリさん! どうぞこれからも宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

拍手10万おめでとうございます!これからも楽しく拝見させていただきます(^^)

ありがとうございます!

ごにぎり 様


ありがとうございます!!

そうですね、これを一つの励みとして今後も頑張っていきたいです!
いつもこまな拙いブログでも見て頂きありがとうございます!

ごにぎり 様もブログ、頑張ってくださいね!!

やっぱりうどんげですよね!
東方キャラで一人だけ選べといわれたらうどんげを選びます!(本当はもっと選びたいけど……)

クラウンピースには紺珠伝でひどい目に遭わされました。
ちょいトラウマです。

10万拍手おめでとうございます(^_^)
とてもすごい数ですね!
これからもたくさんブログを
楽しんで下さいね(o^^o)

うどんげちゃん、素敵ですよね!!

かめとと 様


コメント頂きありがとうございます!

うどんげちゃん、とっても健気で可愛くて素敵ですよね!

無茶ぶりとかてゐからのチクリに健気に耐えるその姿勢も素敵ですけど、あの可愛いミニスカートとか太ももが
じつにけしからん!と思えるくらいのキュートな可愛らしさがありますね!

当ブログの東方語りは年内一杯は、射命丸文とうどんげちゃんがメインとなりますので
是非またご覧頂ければ幸いです!

どうか今後とも宜しくお願いいたします。

ありがとうございます!

kirakiya.rumari 様


ありがとうございます!

これもひとえに、kirakiya.rumari 様をはじめとする皆様との「素敵なご縁」の一つの通過点だと
思いますので、今後とも出来る限り精進したいと思っております。

こんな拙いブログですけど、いつもご覧になって頂けている事にとても感謝しております。
いつもありがとうございます!

そしてこれからも何卒宜しくお願いいたします。

こんばんは
10万拍手おめでとうございます!
ぬくぬく先生さんは皆さんから愛されているんだなーっと感じます(っ´ω`c)
これからも語りを楽しみにしています!

優曇華は見た目は可愛いのに弾幕がなかなか恐ろしい(つд`)
分裂する弾幕に何度も苦しんだ記憶はあります…

ありがとうこざいます!

Bär 様


いえいえ・・そんな過剰なお褒めのお言葉を頂けますと、なんか照れてしまいますね・・(笑)

でもありがとうございます!
こんな拙いブログでもこうやって見て頂ける人がいる事に感謝の気持ちしかないですね!

そして、これからも宜しくお願いいたします!

優曇華院の弾幕ですけど、確かに強烈ですよね!
一部では、「あれは座薬に似ている・・」みたいな声もあるようですけど、「確かにね・・」と思う事も
ありますね・・・(笑)

10万拍手おめでとうございます!

10万拍手おめでとうございます!
これからも、ぬくぬく先生のブログを応援させていただきます。

そして、うどんげちゃんのイラストを載せていただき、ありがとうございます!
ウエディングドレスの東方キャラを描くのは大好きなので、また機会があれば描いてみたいですね。

ありがとうございます!!

アミグリ 様


素敵なお祝いコメントを頂けてとってもうれしいですっ!!

アミグリさんからこんな素敵にお祝いして頂き、なおかつあんな拙いブログでも応援して頂けるだけで
とっても嬉しいものがあります!
どうぞこれからも宜しくお願いします!

私もアミグリさんが描かれるイラストがとても大好きですので、私もアミグリさんの「dream fantasy」を
全力で応援させて頂きたいと思います。

うどんげちゃんのウェディングドレスはとっても可愛くて改めて惚れ惚れとしますね!
ウェディングチルノも素敵ですし、明日・・・転載させて頂くアミグリさんのオリジナルイラストのウェディングも
とっても大好きです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3212-238e39fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |