プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少しばかり、ヘンな話を・・・

これは1990年11月頃の話だったかな・・、この当時の私は山梨県在住で、とある金融機関の
遠隔担当の営業担当として、日々一日車の走行距離が100キロ前後ととにかく一日ほぼフルに顧客宅を
駆けずり回る日々でした。
当時は、平成の大合併前の頃ですので、まだ白根町・若草町・市川大門町・鰍沢町・田富町・六郷町といった市町村名が
あった頃でしたね。
こうした遠隔顧客の中で甲府市内の店舗から一番遠い顧客って、多分ですけど、南巨摩郡早川町にある「西山温泉」内にある
とある温泉宿でしたけど、ここはまさに日本の秘境!! そして武田信玄公の「怪我の治療の隠し湯」として温泉マニアの間では
かなり有名な所でもあります。
だけどここの西山温泉は遠かったですね!
甲府市内から車で片道2時間程度は掛かったと思います。というか、この近辺は、
今はどうかわかりませんけど、電車もバスも何も走っていないところで、まさに「陸の孤島」!!
この秘境温泉に行くとしたら、自家用車で行くしかない所です。
当時大変大変だったのは、この西山温泉に行く場合、途中に一か所とてつもなく狭いトンネルがあり、
このトンネルは自働車2台がすれ違う事ができないほど狭いトンネルで、
ここのトンネルを通過する際はとある「ローカルルール」がありまして、
片方の出口に入る前に思いっきりクラクションを鳴らし、もう一方の出口に車が止まっていない事を
ヘッドライトのパッシングの確認をした上で、入らないと入れないみたいなルールがありました。
ちなみにこのトンネルは、地元では「何か・・幽霊が出るスポット」として大変有名な所でもありました。
(マジで、当時の「日本の幽霊スポット紹介」こみたいな雑誌で取り上げられたこともあったようです・・)

さてさて、毎月に一回のこの西山温泉街の定例訪問を終えて甲府に戻る際、
帰り道は当然ながら山の下り道という事になります。
この下り道には対向車もほとんど通らないせいもあると思うのですけど、信号機はほとんどありませんでした。
数少ない信号機の前で停車している祭に、突然なのですけど、何やら白っぽい着物というのかモンペみたいな衣装を
身にまとったどうみても80~90歳くらいの老婆が何を思ったか、いきなり問答無用で
助手席に乗り込んできて、
「おまん、今からどっち方面いくずら・・? え・・甲府方面・・? それはありがたい・・
甲府方面に行く途中に鰍沢病院という大きい病院があるずら。
この病院から先ほど連絡があり、入院している娘がいよいよ危ないと連絡があったから、
おまん、わしをこの鰍沢病院まで大至急連れていけし・・!」と
甲州弁丸出しでそんな事をいきなり言いだしてきました。
ちなみに・・ずら・・とかおまん・・とか××いけし・・というのは甲州弁です・・(笑)
だけど、あの時は本当にびっくりしました。だって・・いきなり白い着物を着た老婆がいきなり他人の車のドアを
ズカズカと開けて助手席に普通に座っていてそんな話をいきなりしてきましたので、
まさに・・「びっくり」というよりもあまりのその大胆さに言葉を失った・・という感じでした!
確かこの出来事の前後に、甲府信用金庫の女子職員の誘拐殺人事件みたいな物騒な事件も発生していて
「知らない人から声を掛けられても・・」みたいな雰囲気がある世相でしたから、
本人自ら全然知らない人の車にいきなり乗りこんでくるとは・・というのがまさにびっくりでしたね・・

でもね・・ま、これ古い話ですし、私自身が既に高齢化&痴呆化(?)が進展しているもので
当時の記憶が既に怪しいのかもしれないですけど、
その老婆が「娘が危篤」と言っていたのですけど、その老婆自身がなんかいかにも虫の息・・みたいな感じで
車内でも、ずっとぶつくさぶつくさ独り言みたいな事を口走っていて、しかも・・・
顔面は真っ青というよりは「真っ白・・」みたいな印象でしたし、
申し訳ないのですけど、運転中も・・
「あれれ・・この人、本当に生きているのかな・・」とか
「まさか・・幽霊を車に乗せてしまったのかな・・??」みたいな気分でしたね・・
その「娘が危篤・・」が本当の話ならば、顔面が真っ白とか生きているのか死んでいるのかよく分からない雰囲気というのも
分かりますけど、運転していて私自身が感じた事は
「隣にいる人は・・なんか・・生きている・・みたいな感覚があんまりないな・・」みたいななんか妙にゾクッ・・とした
冷たい雰囲気は感じたものでした。

ま・・だけど、さすがに「幽霊さん」の訳はないですね・・・・

だって・・鰍沢病院に到着した際に、「おまん、悪かったずら・・お駄賃くれてやるから持ってけし」と言って
500円という「お金」を置いていきました。
よくタクシードライバーの「怪談噺」のオチとして、
「幽霊は足がないから、タクシー乗車賃という御足代が払えない」みたいなものがありましたけど、
この老婆は一応は・・御足代を置いていきましたからね・・・
だけど・・
この「500円」なのですけど・・・
よーーーく見てみたら、なんと・・!!
500円硬貨ではなくて、当時は既に流通もしていなかった岩倉具視の旧・500円札でした・・!!

うーーん・・やっぱりあの御方は・・・昭和の頃の幽霊さんだったのかもしれないですね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

興味深いですね。
旧500円札を渡すっていうのもすごいですけど、
押しの強さもすごいですね💦
私でしたら怖くて乗せられないです💦
でも読んだ感じでは断っても
降りてはくれなそうですね(^_^;)
実際はどちらだったのでしょうね?
でも幽霊系だとテレビとかでも、
お金を持っているのは見たことないので、
やっぱり幽霊ではないかもしれないですね(^_^)
どちらにしても不思議な話ですね。



昔、500円玉が誕生した事で子供心に「これでお年玉は最低1000円から」になるとワクワクしたものの、袋開けたら500円札だったオチを思い出しました。

ヘンな話ですよね・・・(笑)

kirakiya.rumari 様


そうですね・・・この話の背景として甲州人の独特の押しの強さというのか強引さ・気の強さがあると
思います!
それにしてもいきなり他人の車のドアを開けて問答無用で入ってくるそのエネルギーには
脱帽するしかないのですけど、
やはり幽霊にはそこまでのエネルギーは無いと思いますので、やっぱりあれは・・生きている人なのかも
しれないですね! (笑)

少し意外かも・・・!?

四浪人(しなもんゃ) 様


すいません・・少し何か笑ってしまいました・・(笑)

だって・・・四浪人様のあのブログでのあの若々しい感性に「四浪人様は20代?」と思い込んでいた私は
500円玉登場のお話で「へーそーなのかー」とまるでルーミアみたいに感じてしまいました!

いつもコメント頂きこんなヘンなブログを見て頂ける事に本当に感謝しております!
いつもありがとうございます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3211-2283e582
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |