プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1983年は、私が高校3年生の年で、高校最後の定期演奏会&吹奏楽コンクールに臨んだ年でもありました。
私達の高校の定期演奏会は、ファーストステージは吹奏楽オリジナル曲をメインに構成し、 
サードステージはクラシックアレンジ作品を演奏し、比較的重厚で長時間の曲を演奏し、全3ステージの中で
最も力が入るメインステージという感じがありました。
セカンドステージは、ファーストステージとサードステージの間に挟まれた「お遊びの時間帯」みたいな雰囲気でして、
ここでは「ポップスステージ」の別名通り、洋楽・アニメソング・ポピュラーソング・映画音楽・メドレー音楽・歌謡曲などから
構成されていました。

このステージは、どちらかと言うと練習時間は少ないステージでしたけど、演奏する方としては、
特に難しい事も考えないで「まずは自分たちが吹いていて楽しければそれでいいじゃん!」みたノリでしたし、
結果的にそうしたお茶らけ雰囲気が会場内にもなにかリラックス雰囲気を生んでいたと思います。

この1983年のポピュラーステージで演奏した曲ですけど、やはり「時代」を反映していますよねぇーー! (笑)

〇ハッスル

〇君の瞳に恋している

〇う・ふ・ふ

〇ミンキーモモのテーマ(→これはアニメソングで、「魔法少女」系の走りみたいなアニメでした!)

〇映画音楽「E・T」

〇サタデーナイトフィーバーメドレー

〇宇宙のファンタジー

〇うる星やつら~ラムのラブソング

〇ソウルトレイン


まさに時代を感じてしまう選曲ですよね。
E・T何かは、この演奏会直前に封切られたもので、当時としては最新という感じでしたし、
エポの「う・ふ・ふ」はリアルタイムのヒットソングという印象があります。

ラムのラブソングとかう・ふ・ふとかミンキーモモなんか、既に「忘れられてしまった曲」とも言えるのかなぁ・・と
思いますけど、中には、ハッスルとか君の瞳に恋しているなんかは、
今現在でもたまーにバラエティー番組等のBGMでも使用されていますし、
宇宙のファンタジーなんかはもいまだに「不滅の名曲」だと思います。
「サタデー・ナイト・フィ―バー」の「ステイアライブ」なんかは、当日一番会場内からの反響が大きかった曲でしたね!
あの「ステイアライブ」は吹いていて、吹いている方が感極まってしまうある意味「魔法」みたいな曲でも
ありました!

こうしたポピュラーステージで演奏した曲一つとっても、やはり「時代」とか「流行」みたいなものは
感じずにはいられないものですね!!

さてさて…1983年吹奏楽コンクールの番外編も今回で終了・・・次回より本編を開始させて
頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

懐かしいです!ミンキーモモやうる星やつら…。
時代を反映する曲を聴くのは大好きです。その時の出来事まで
思い出せる事も含めて。

めぞん一刻の時は、私は中学生でした。バドミントン部でしたが、
陸上部以上に走らされていました(^^;)

懐メロなのかも・・・(笑)

薬屋の嫁 様


確かに・・・

昔のなつかしい曲を聴いたりすると「あー、この曲が流行っていた時にはこんな事が身の回りに起きたよね」と
思う事は多々ありますよね!

めぞん一刻もなつかしいですね・・・(笑)

薬屋の嫁 様がバトミントン部というのは少し意外な感じもしたものでした・・(笑)



あれ?意外でしたか?
名前と血液型は「絶対違う!」と言われたりしましたが、
コレは初めてです(^^)ぬくぬく先生から見る私は何部
なのかしら…?

そうですねぇ・・・(笑)

薬屋の嫁 様


そうですね・・・

私の勝手なイメージで申し上げると、

血液型はA型、学生時代の所属部は文化部系で、書道部とか茶道部みたいなものを連想していました! (笑・・)

ブログ全体の知的なイメージがそのように感じさせるのかもしれないですね。

私はA型です。…大人になってからはA型と言っても何も言われなく
なりましたが、学生の頃は笑われました(^^)

気も短いので、家では結構体育会系の育児をしています(^^;)
楽器はエレクトーンをかじった程度には習いましたよ。
…「ブログでは、なるべく丁寧に」と言葉には気を付けるようには
しています。どんな印象なのか教えていただいてありがとう
ございます!

少し意外なのかも・・??


薬屋の嫁 様


血液型がA型というのはイメージ通りなのかもしれないですけど、「短気」(??)というのは普段のあの知的な記事からの
イメージとは少し意外なものもあり、
面白いものだなぁ・・と感じたものです。

「体育会系の育児」という言葉はうまいですね!! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3210-1c8e0721
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |