プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


これを書いてしまうと実年齢がバレバレになってしまいますけど(笑)、1983年は私は一応は名前ばかりの
受験生でもありました。吹奏楽コンクールに関しては「今年で最後・・・」みたいに気合は入っていたとも思いますけど、
同時に確かに受験生でもありましたので、
「うーーん、やばい・・・・本当は吹奏楽コンクールになんか出ている場合じゃないのに・・・」と
思う気持ちもありました。
ま、二律背反みたいなものでしたね・・・
だけど、結果的に9月までは吹奏楽コンクールにばかり目が行ってしまい、受験勉強らしき事を始めたのは10月以降かな・・・
とにかくなんにせよ、田舎の県立高校生らしいのんびりとした話ですよね・・・・(苦笑・・・)
というか、私、結局冗談抜きで「受験勉強」ってほとんどやらなかったですね・・ 結果的に一応受験生らしいことを
していたのは、10月から翌年の1月の正味3~4ヶ月程度だったのかもしれません。
これは一つの自慢なのかもしれないですけど、
実は私はこれまでの生涯において、「塾」に通った事は一度もありません。
子供の頃のお稽古ごとの定番のそろばん・英会話・ピアノ・・・そういった習い事も一度も行った事がありませんでした!
今月よりついに「響け! ユーフォニアム」の第二期が放映開始となりましたけど、第一期において久美子の幼馴染みの
葵が「塾に通う事と吹奏楽部の練習の両立が困難」という事で退部という流れになっていましたけど、
今現在のように、学習塾とか予備校に通う事が最早普通になっているみたいな感じですと、
吹奏楽部のハードな練習と塾とか自分の勉強を完璧に両立させるなんて「大変・・!」の一言に尽きると思いますし、
私が高校生の頃あたりは、そうした塾・予備校に通う事自体がそれ程一般的で無かった事を考えると
今現在の中学生・高校生は大変ハードだよなぁ・・・大変だよなぁ・・と感じてしまいますね。

余談ですが、仙台の代々木ゼミナールは私が高校3年生の時に駅前に開校されました。
でもあの立派な建物の代ゼミの仙台校は既に閉校という事が決まっているそうですね。
やはり少子高齢化の波と浪人生激減の影響はとてつもなく大きなものがありそうですね・・・・

これは既に何度となく語っている事ですが、私が高校3年の頃って、
「とにかく仙台の親元を離れたい!!」という気持ちが大変強くて
どうすれば合法的に家を出る事が出来るだろう・・・、とそればかり考えていて、
「難関の東北大学は自分の脳みそでは逆立ちでも受かる訳はなく、私立の東北学院は、
自分にとってはレヴェルが低い・・・(←失礼な話ですよね・・・・、東北学院は名門私立ですよ・・・・苦笑・・)
自分が行くべき学校は、上京し都内の学校に通うしか存在しない」と
勝手な理屈を付けていたものの、
実は単に私自身が親元を離れたかっただけ・・・・早く田舎を離れたかっただけというのが本音だったと思います。

でも・・・

当時としては、
「①学費が安くて ②東京23区内にキャンパスがあって ③ある程度の知名度と伝統があって、
④吹奏楽団が学内にあり、都大会に出場する事で普門館のステージにタイル可能性がある」
という私の勝手な4条件を満たす学校って3つほどしかなく
しかもそれがいい具合に、記念受験・実力相応・すべり止めと分散してくれていましたので、
とにかく当時としては、この3校のどれかに滑り込みたい・・・・という気持ちが大変強く、
実は、高校3年の9月まで普通に吹奏楽コンクールに出場し、10月からやっと受験勉強を始めた身としては
とにかくあせりまくってはいたけど、動機不純ではありましたけど、確かにある意味「目的」はしっかりしていたので(?)
「なぜ勉強するのか・・・」という迷いは全く無かったと思います。
だって、そりゃその3校のどれかが受からないと「親元を離れる」という自分の最終目的が
達成できなくなりますから、そりゃある意味必死でしたね・・・・(苦笑・・)

上記で塾や予備校に通ったことは無いと記しましたけど、代ゼミの模擬試験とかは何度か受けた事があり、
それを口実にして代ゼミの「自習室」は利用させて頂いたことは何度かありました。
当時は、別に代ゼミの受講生でなくても、そうした自習室に入り込むのは案外簡単でしたし、部外者チェックもない
ある意味のんびりとしたいい時代だったと言えるのかもしれないですね。
なんで自習室を利用したかと言うと、どうしても家の自室だとだらけてしまう事もあるし、
ついつい音楽なんか掛けながらの「ながら勉強」になってしまうという事を回避するという意味もありましたし、
なによりも、他の受験生が真剣な眼差しで自習している光景を目の当たりにして
自分自身に対してプレッシャーというのか良い意味での緊張感を与えるという意味があったのだと思います。
こういう予備校の自習室なんて、ある意味「殺気」が漂っていますから、
さすがに勉強しないでボーーッとする訳にはいかない環境でしたからね・・・

代ゼミって大晦日限定で「24時間自習室開放」みたいな事をやっていて、
1983年の大晦日って、午前中は確か代ゼミ内の模擬試験を受けて、午後から深夜にかけてはずっとこの「自習室」に
こもって、一応は勉強していたような記憶があります。
あの瞬間が一番受験生らしい雰囲気を自分自身が醸し出していたのかもしれないですね・・・(笑)

自転車で家路についたのが深夜2:00頃だったかな・・・・

とにかく「寒かった!!」という記憶が今でも鮮明に残っていますね・・・・

これは翌年の1984年の話になってしまいますけど、大学受験の際に上京し、一週間宿として使っていたのは、
昔の東京オリンピックの選手村でもあった代々木にある「受験生村」という季節限定の施設でした。
(受験生村なんてまだやっているのかな・・・? 朝食と夕食付で一泊3000円程度だったと記憶しています
但し部屋は5~6人程度の相部屋です)
受験の一週間前後はここに寝泊まりしていました。
その最終日に、中央線の水道橋にある大学を受験した際、たまたまその日の東京は
歴史的な大雪の日で、受験生村は早めに出発したものの
市ヶ谷~飯田橋付近で電車が止まってしまい、水道橋駅に着いたのは受験開始の結構ギリギリ
だったというのは、当時は焦りまくりでしたけど、なんか懐かしい思い出です。
駅から会場までかなりダッシュし、試験開始の瞬間から
息がゼーゼーでしたので、試験は散々な出来だったと記憶していますけど、
結果的にここの学校しか合格しなかったので、この学校に四年間お世話になる事になるのでした!

とにかくこんな田舎のポンコツ受験生に「救いの手」を差し伸べてくれて、無事に「親元脱出」を果たせましたので
まさに「感謝、感謝!」という気持ちしか無かったですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

大学選び

こんにちは。
学校選びで基準となるのは、自分が勉強したい学部学科があるかどうかなんですけど。
ボクの場合は野球が強いかどうかでした。
別に野球部に入るワケでもないし、高校野球経験者でもありませんが。
強いところは夏にセレクションをやってて先物買いしてます。
単純にソコの大学出身のプロ野球選手の後輩になりたいだけで。
結局は地元の私立大学に行きましたけど。
神宮大会で六大学や東都のレベルの高さに愕然としました。
よくよくメンバーを見るとプロ入りした人が3人もいました。
そのうち1人はホークスに来ました。

五航戦の愛鷹 様らしいチョイスだと思います!

五航戦の愛鷹 様


いやーー、実に五航戦の愛鷹 様らしい選択だと思います!

コメントを拝見させて頂き「なるほど、五航戦の愛鷹 ならそうするよなぁ・・」と感じたものでした!

確かに・・・

実は私の母校は東都リーグの学校なのですけど、私自身、吹奏楽団員として何度か応援に行きましたけど、
正直、六大学とレベル的には全く遜色がなくもかなり高水準という印象が強かったです。
ちなみにですけど、私の母校の野球部からは、私が在学当時においては、前・阪神監督の和田さんが
ドラフトで一位指名をされていました。

え?

こんばんは。
阪神の和田豊さんといえば、在学時代にロス五輪で公開競技だった野球の代表メンバーでした。
それに高校時代は同じクラスに「フレッシュプリキュア」のシフォンの中の人(こおろぎさとみさん)がいたのは有名な話です。
まあ管理人さまは既にご存知だと思いますけど。

古田と同じ釜の飯・・?

五航戦の愛鷹 様


和田選手ですけど、東都リーグの頃から「長打力は無いけどセンスは光る選手」だったと思います。
応援していて「ここは打って!」という時は結構打ってくれていましたし、当時強かった駒澤とか国士舘をたまに撃破してくれたのは懐かしいですね!

ロスオリンピックというと、では古田と同じメンバーだったのですね!

あの時の金メダルは予想外でしたけど、まさにサプライズでしたね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3209-407d2ee8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |