プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


既に忘れられがちなのですけど、実は当ブログは、そもそもが吹奏楽コンクールとクラシック音楽という
「音楽ブログ」みたいな事を予定していたはずなんですけど、
なぜかいつの間にか「プリキュア」と「東方Project」に溢れたブログに変貌を遂げていました・・(笑)

最近の東方語りにおいて「物部布都」について
「元ネタが石上神社の巫女さんで、山岸涼子先生の漫画の中では、あんなに儚い苦労続きの女性として
描かれていたのに、一体・・布都・・・一体あなたは東方の世界において幻想郷にやってきて以降は、
どうしてここまでポンコツ化してしまったのか・・・?」みたいな事を書いたと思うのですけど、
当ブログを本当にごく初期の頃からご覧になって頂いているほんの僅かな人たちの目からご覧になって頂くと、
「当初は音楽ブログとして始まり、結構固い音楽の事も記事にしていたこのブログが
どうしてこうなってしまったのか・・?」みたいに感じられる人もいるのかもしれないですが、
そうですね・・・・
私も物部布都の事を「このポンコツちゃんめっ・・!」と言う資格は無いのかもしれないですよね・・・(笑)

ま・・・一応うちのブログはなんだかんだ言っても「吹奏楽・クラシック音楽」は、ネタの一つとして立派な柱の一つに
なっていますし、クラシック音楽カテゴリもなんだかんだ言いながらも350本近く記事にしていますので、
今後もこのカテゴリは細々ではありますけど、書き続けていきたいと思います。

それと、うちのブログのクラシック音楽記事は、アーノルドとかウィリアム・シューマンとかアルヴェーンとか
かなりマイナーな作曲家の事ばっかり書いている傾向もなくは無いのですけど、
今回ばかりはたまーには「誰かは知っている・・」みたいなある程度の知名度&人気度がある曲を一つ
ごく簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。


マーラーの交響曲第5番第四楽章「アダージェット」ですけど、この交響曲全体は聴いたことが無くても
第四楽章の認知度というのか「あれ・・? この曲どこかで聴いたことがある・・」という方は案外多いのかも
しれません。
この楽章は映画とかテレビのCMでも結構使用されている頻度は高いと思います。
一番有名な事例では、ビスコンティ監督の映画「ベニスに死す」だと思いますし、最近でもないけど、
JR東日本の東京駅改装のCMのBGMでもかなり効果的に使用されていました。

このアダージェットは本当に不思議な空間です。

聴いていて「儚い・・」とか「美しい・・」とか「耽美的なんだけどとにかく美的限界に達するほど美しい・・」みたいな
印象しかないです!
とにかくあの耽美的でこれほどまでに耳に優しい音楽は「他に無いんじゃないのかな・・?」とすら
感じてしまいます。
クラシック音楽でスケベ的要素満載の官能的な音楽は、私が知る限りにおいては、
R.シュトラウスの楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊りというサロメが着ているものを一枚一枚脱いでいく
あのドスケベ要素満載の曲だとも思うのですけど、
マーラーの「アダージェット」ほど聴いていて「儚い・・」とか「耽美的・・」という言葉しか出てこない音楽は無いとすら
思っています。

マーラーの交響曲第5番なのですけど、この第四楽章「アダージェット」は、
第一~三楽章と歓喜に包まれる第五楽章の間に挟まれた楽章なのですが、
単にそれまでの楽章の「激しさ」と第五楽章・ロンド=フィナーレのあの歓喜を繋ぐ「架け橋」とか「つなぎ役」という
役割に留まらない、独特の「安らぎ」という雰囲気を持った不思議な楽章です。
この第四楽章・アダージェットは、使用される楽器は弦楽器とハープだけですので、それまでの楽章で疲弊した管楽器を
休ませる意図もあるのかもしれないですね。

生の演奏会でもこの交響曲は何度か聴きました。
孤独な第一楽章、一瞬の勝利をつかんだものの、静かに終わる第二楽章、
次から次へと難題がふりかかり、綱渡りというのかまさに「薄氷を踏む思い」に満ちていそうな第三楽章を経ての
この第四楽章なのですけど、一番最初聴いた頃は、動と動の楽章の間に、
突然癒し系の音楽が乱入するような印象が私の中では拭い去る事が出来ずにいて、
正直作曲者の意図があまりよく分かりませんでした。
そうですね・・・率直な印象としては、他人の家にいきなりどかどかと上り込むような違和感みたいなものがあったと
思います。
だけど、例えばCD等であの第四楽章・アダージェットの部分だけを単独で聴いている内に
曲としてのあまりにも完成度が高いあの不思議な透明感・耽美感に感銘をし、このアダージェット自体が
「一つの完成された曲」という認識としてこの交響曲全体を見渡すと、
アダージェットが実は第五楽章の壮大な前奏曲なのではないのか・・?みたいな解釈も成り立ち、この解釈の上で
この交響曲第5番を聴いてみると改めて「なるほど・・」と感じるようにはなったと思います。

私個人の印象として、このアダージェットは、
生きている一人の人間が、過去を回顧し、現在においては既に逝去して彼岸の彼方の人たちを静かに振り返り、
語りかけているようなシーン、死者たちと生者の静かな晩餐会のような感覚もあったりします。
生きている人間が死者の幻影に対して
「あの時はこんな事があったよね・・」と時に恨みつらみで語りかけ、時に「あの時はこんな楽しい瞬間があったよね・・」と
優しい眼差しで語りかけているような印象があったりもします。

このアダージェットは、指揮者によって本当に解釈に差が出ますよね。

マーラーの愛弟子のワルターみたいにさくさくと速いテンポで進展させ、8分程度で曲を終わらせる解釈も
あるかと思えば、ハイティンクのように14分も時間を掛けて異常にテンポの遅い解釈を取っている方もいらっしゃり、
多様な解釈があると思います。
ちなみにですけど、私個人はワルターではなくてハイティンクみたいなゆったりと遅いテンポの方が大好きです!

この曲の作曲当時マーラーは、確か新婚ホヤホヤだったと思いますが、
第一楽章をいきなり不吉極まりない葬送行進曲で開始するあたりは、「一体なにを考えているの・・?」みたいな
印象がありますね・・・(笑)
この第一楽章の葬送行進曲のテーマは、前作の交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」の
第一楽章でも使用されているのは面白いと思います。
ああした穏やかで「天国の生活」をイメージさせた交響曲第4番においても、
「実は、天国にも悪魔はいるのだよ」という事を描きたかったのかもしれませんよね。

最後に・・上記でマーラー解釈の多様性についてですけど、一つ極端な例があったりもします。

シェルヘン指揮・フランス国立放送響のマーラー/交響曲第5番なのですけど、
これは、カットとか珍解釈を語る上では避けられない、ある意味凄い演奏です・・・
マーラーの5番は、第三楽章が全五楽章の中で18分程度と一番長いのですけど、
なんとシェルヘンは、この楽章を5分程度にウルトラ強引なカットをしています。
つまり正味13分程度丸々カットしたことになります。
これって一体どんな意図や解釈があったのでしょう・・謎です。
この演奏は実はライブ録音だと思うのですが、
第三楽章で、奏者がカットのためだと思うのですが、慌てて譜面をめくる音らしきものまで
しっかりと収録されています。
そして面白いのが、演奏終了後は、ブラボーコールとブーイングがほぼ同時に沸き起こり、
「なるほどね・・・」と思ったりもします。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3208-b6f719ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |