プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こんな記事を書いてしまうと、またまた「また昔話かよ・・全く・・・人は年を取ると、今現在のこの瞬間起きている事よりも
はるか昔の事の方を鮮烈に覚えている事の方が多くて、更にひどいことに、
そういう人に限って・・昔はよかった・・みたいな懐古的な後ろ向きの事ばっかり言って
まさに人畜無害じゃん・・!」みたいに言われてしまうのかもしれないですけど(苦笑・・)
「だって仕方が無いじゃん・・! 好きで年を取った訳じゃないんだしぃー!」とすっかり開き直った事を言ってしまいます・・(苦笑・・)
あれれ・・この「じゃないんだしぃー!」みたいな言い方は・・そう、! まるでどっかの現役プリキュアのポンコツな紫のあの御方
みたいな表現ですね・・
そっか・・やっぱり、ポンコツちゃんというのは「話し方」も似てくるもんなのですね・・・(苦笑・・)

さてさて・・通勤電車というとほとんどの方の場合ですと、「混雑」とか「超満員」とか「新聞とかを読むスペースすらない」とか
「長時間通勤」とか「乗換が面倒」みたいなご苦労が多いのではないのかな・・とも思います。
私の場合ですと、「浦和の調ちゃん」カテゴリにて「最近の京浜東北線は電車遅延ばっかり・・!」みたいな愚痴記事を
掲載する場合もあったりはするのですけど、
通勤時間自体が大変短いので、皆様が普段お感じになられるような苦労とか大変さはほとんど感じておりませんので
その点は大変助かってはおります。

自宅から会社までドアtoドアで25分程度ですし、電車はわずか4駅・10分程度なのですけど、
ここ数年は、わずか4駅・10分でも空いている座席があればついつい座ってしまいますね・・・
10代~30代前半の頃は、空いている座席があっても絶対に座らないというか
「座ること」イコール「年寄り」みたいな妙な意識があったりして通勤時に座るという事に頑なな抵抗感があったのですけど、
最近は「年」のせいなのか(?)そうした抵抗感は全くなくなってしまいました・・・(泣・・)
うーーむ・・それが冒頭の言葉じゃないけど「年を重ねた事」の一つの表れなんじゃないのかな・・とも思ったりもしますね。
以前ですと、空いている席があって、その空席に向かって突撃していくおばさんなんかを見たりすると
「あーあ、やっぱりああいうばあさんみたくはなりたくないね・・、ああいうのはなんか見苦しいよね・・」みたいに
感じたものですけど、今現在は、そう言っていた当人がまさに
「そうした見苦しい人」(苦笑・・)になっていますからね・・・

前述の通り、わずか4駅しか電車に乗っていないのですけど、座って目をとじている間にうとうと寝てしまい、
乗り過ごすという失態も最近一度演じてしまい、
さすがに「あれはいかんね・・あれはまずいよね・・」と感じています。

社会人になって間もない頃、当時は千葉の京成電鉄の船橋から佐倉まで約40分程度の通勤時間でしたが、
あの当時は「朝の通勤時に座る」という意識は全然なかったです!
何ていうのかな・・・当時の私自身の美意識(?)の一つとして「朝からそんな座席に腰かけてうとうとしているようじゃだめじゃん!」
みたいなものは間違いなくあったと思います。
だけど、現在はわずか4駅でも、空いている座席があればさっと座ってしまうこの体たらく・・・
うーーん、やはりこれも「年」ですかね・・・・(苦笑)
あの当時は、会社の船橋の寮に住んでいたのですけど、船橋駅からその寮までがとにかく無茶苦茶遠かったですね・・
徒歩だとまともに歩いて30分程度は掛かっていたと思います。
一応バスはあったのですけど、本数が少ないし、バス停まで行くだけでやはり10分程度も掛かってしまうし、
とにかく「陸の孤島」という印象しかない辺鄙な所でした・・(泣・・)
船橋駅とか船橋の駅周辺はかなり賑わっているのですけど、ちょっと駅前を離れた住宅街になると
とてつもなく不便さを感じてしまうようなところだったと思います。
勿論、それはバブル以前の話ですし、現在は多分ですけど相当変わっていると思いますけどね。
朝、うっかり朝寝坊なんかしてしまうと、冗談抜きで朝から、寮から駅周辺までダッシュする羽目になる事も何度か
あったものですし、
そうそう・・京成船橋駅は、JR船橋駅構内にある訳では無くて、JR船橋駅から更に離れた場所にありましたので、
そのちょっとした距離ですら、そうした場合は恨めしく感じていたものでした・・
京成電鉄ですけど、職場の最寄駅は「臼井」という本当に何もない所でしたので、電車は各駅停車しか停車しません。
そのため、勝田台・津田沼・八千代台みたいに大きな駅に停車している時は、
本土の場合、スカイライナー・特急・急行が通過するのを待たないといけなくて、そうした「通過時間」が結構長かったですし、
帰宅が深夜になってしまい「早く帰りたい・・」と思っている時に、ああした長時間の通過待ち合わせ時間というものには
本当に当時泣かされていたものでした・・
大抵の場合、そうした待っている間のドアは開けっ放し状態ですので、冬なんかは冷たい風がビュービュー
入ってきてめちゃくちゃ寒かったですね・・

学生の頃、アパートと学校と吹奏楽部の練習場とアルバイト先は全て「中央線」に集約されていました。
その関係でほぼ毎日中央線に乗っていましたけど、
ある日の飲み会の後、中央線の水道橋駅で乗り、中野駅で降りようとしていましたけど、
何か眠かったので座ってウトウトしていたら、いつのまにか「爆睡」してしまったようなのです。
気が付いたら、なぜか「御茶ノ水」駅でした。
「あれ、なんで下り電車なのに、上り方面の駅にいるんだ・・・」とボーーッとした頭で考えたら、
時間の経過から判断してみると、
降りる駅の中野を乗り過ごし、終点の高尾にまで行ってしまい、
そのまんま折り返し運転で、高尾から続けて乗ってしまい、お茶の水で目が覚めたという事に
なるのですね。

うーーん、さすがにこれは少し「寝過ぎ」でしたね・・・




はび







そうですね・・・若い頃は「電車で座ったらだめじゃん・・!」みたいな感じでもよかったとは思うのですけど、
ま・・今や既にご老体の身・・・(??)
「席が空いていたら別に座ってもいいじゃん!」みたいな感じになっていますね!

そして・・・短時間と言えども、電車に腰かけてうとうと・・と微睡むのは、案外・・「究極の幸せの一瞬」
なのかもしれないですね。

ハピネスチャージの合宿回のようにあんな可愛い女の子たち4人が周りでうとうと微睡んでいた誠司は
やっぱり幸せ者と言えるのかもしれないですね。
ま・・あの回は、結局はポンコツひめちゃんのせいで、途中停車駅でまさかの乗り過ごしをやらかしてしまい、
とばっちりを誠司は受けていましたので、
あれは・・「幸せは長続きはしないもの・・」というハピネスのテーマをまさに具現化したものなのかもしれないですね。

電車じゃないけど、スイートのように、ベンチでうとうとする響が少し寝ぼけて奏に体を密着させていましたけど、
あれは「響大好きっ!」の奏にとっては、まさに「究極の幸せの一瞬」だったと言えるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

電車でうとうと…わたくしも、やらかしたことがあります!
それは、マンガのアシスタントをしていた時!(><;)
小田急線で、豪徳寺で降りなければいけないところを、各駅電車で爆睡!!2駅だけですけれども、遅刻してしまいました!!!
まあ、そのときの先生は、ご自分もご自宅で寝過ごしておられて、ぜんぜん叱られなかったです…てへ!(>◇<)❤

てへっ・・・・(笑)

Baby pink amy 様


amy様は漫画さんのアシスタントを務められていたのですね!!

それって何気に凄い事だと思います!! さすがですね!!

それにしても先日の大怪我の際もそうでしたけど、そういうピンチの時に「てへっ・・」と
困難を乗り越えられてしまうBaby pink amy 様が
素敵すぎます!!

寝たくなっちゃいますよね💦
座りたいのもわかります!

けれど私は寝てる間に間が抜けた顔をしちゃうんじゃないかと
それが怖くて寝れないです(笑)
車の座席に乗っていても同じです(笑)
眠くても必死で起きてます。
ある意味では無駄な闘いですね(^_^;)

疲れもたまりますから、
座れるなら座った方がいいと思います(o^^o)

ついつい寝てしまう・・

kirakiya.rumari 様


最近は、眠りについたら大体1分後には寝てしまいます・・

だから短時間の昼寝でも長時間睡眠でも「そんな寝顔なんかしるかーい!」みたいな
ノリになってしまいますね・・(笑)
さすがに、10分程度の電車移動時間で寝てしまうのも「乗り過ごし」の原因になってしまいますので
極力立っているようにしていますけどね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3202-51e9c37c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |