プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・
(と言うか、この射命丸文語りは当分の間、延々と続くと思います。多分ですけど年内一杯はずっと
性懲りもなく、このあややの事を語っているのかもしれないですね・・笑・・)

前回の概略を一言で述べると・・・・

あややは「天狗」というか・・・「鴉天狗」なのですけど、同時に幻想郷内の素敵な「新聞屋さん」という事で
「文々。新聞」(=ぶんぶんまる新聞)という新聞を発行し、
東方の世界としては比較的古いキャラの一人です。
ちなみに最新の第12回東方人気投票でも10位に入るなど、その人気は相変わらず高いという感じですね。
そして何よりもあの白いフリルが付いた黒ミニスカートがとっても可愛い!
という事なのだと思います・・・(笑)

東方の「幻想郷」内での役割としては、マスコミ関係を一手に引き受けていると言えるのかもしれません。
あややの発行する新聞は「文々。新聞」(=ぶんぶんまる新聞)」という名称なのですけど、
1970年代あたりまで新聞記者さんは「ブン屋さん」とよく呼ばれていましたし、なんとなくそのネーミングは
分かるような気もします。
プリキュアシリーズで例えると・・・・増子美香(増子美代)みたいに位置づけ・・・という感じかもしれないですね。

そして・・! あややというとやっぱり真っ先に思い浮かぶのはこの「文々。新聞」なのだと思います。

「文々。新聞」とは、あやや・・つまり射命丸文が発行する新聞です!
鴉天狗自体元々がゴシップ好きな種族である上に、あややの「文々。新聞」もそうなのですけど、
天狗が発刊する新聞と言うのは個人で新聞を制作している事が多い為、
どうしても記事内容が偏ってしまうという傾向は強いようです。
花映塚におけるあややの紹介記事においては、「嘘だらけの新聞である」とハッキリ酷評すらされていました・・・
ま・・あやや自身の基本的性格は、真面目でどちらかというと融通があんまり利かないタイプであり、
他の天狗たちの新聞のように極端なガセネタとかインチキ記事は少ない傾向にあるようでして、
東方書籍の「香霖堂」においては、あの森近霖之助からは意外にも・・・(?)
「内容はともかくとして、天狗の仲間内での内輪受けとしての新聞よりも、
文々。新聞の方が考察と知識を深められている」とかなり高めの評価を受けています。
あややは、真実のみを記事にし、裏の取れない情報は記事にしないというポリシーがあるようです!
(ま・・時にガセネタっぽい記事とか自作自演記事もやらかしているようですけどね・・笑・・)
あややの自作自演記事と言うのは、決してヤラセとかそういうのではなくても
真実でさえあれば記事のネタを自作自演することもあるという事なのですけど、ま・・半分ヤラセみたいな事も
たまーーには(?)やらかしているのかもしれないですね・・・(笑)

なにぶん一人だけで新聞の取材・編集、果てには新聞配達等を行っているため
(印刷だけは山伏天狗という種族の天狗が担当しています・・)
文々。新聞の発行は月間5回程度が限界との事です。しかし・・・あややのあの「号外だよ―」でお馴染みの通り、
号外も発行していて、定期購読者以外にも幻想郷内で幅広く配布しているようです。
号外の発行はかなりのハイペースのようで、中には霊夢のように、配られた新聞が溜まり過ぎて
困っている人・妖怪もいるみたいですね・・・
そうしたかなりハイペースな号外発行という事もあり、幻想郷内で大量に号外をばら撒いているのが
功を奏したのかどうかはよく分かりませんけど、意外と幻想郷の人里内での知名度は高いと言えるのかもしれないですね。
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においても、あややの新聞については
「アンニュイな午後を過ごしたい人には向いているのかも・・」みたいな評価も受けているようです。
人里でのカフェ内にこの文々。新聞が定期購読されていたり、
意外にも・・・・? なんと! あのおっかない(?)吸血鬼姉妹が棲んでいる紅魔館に対しての「大口契約」も取れたようでして
(紅魔館には大量の妖精メイドが暮らしていますので、そのメイド達が定期購読しているのかもしれないですね・・・笑・・)
意外とあややの文々。新聞は、収益がそこそこ出ているのかもしれないですね・・(笑)

最近のあややは、更に販路を拡張しているようです!

それを示唆していたのが鈴奈庵のルポライターあややでした!

:幻想郷内の人里内の貸本屋である鈴奈庵の一人娘・・本居小鈴に、天狗としての正体を隠して
「ルポライター」として小鈴に接触を図り、
「鈴奈庵にも私の文々。新聞を取り扱ってほしい」とかなり強引に売込みを図っていました!
あの時の小鈴ちゃんは、例によって(笑・・)パニックを起こし、
「お母さん・・! 天狗がうちの店内に・・」と喚こうとしていたところ、小鈴の背後にすーーっと廻り、小鈴の口を
塞いだ上で、紳士的に且つ恫喝的にそうしたお願いをしていたのは、
まさに狡猾な天狗に相応しい仕事ぶりだったと思います!
あの時のあややの衣装は、天狗としての正体を隠すために、
紅葉色のジャケットに、キャスケット帽をかぶりショルダーバッグをかけたジャーナリスト然とした出で立ちをしていて、
怪しい人間と思われないよう「社会派ルポライターあや」と書かれた名刺も持ち歩いていたのが大変印象的でした!
そして結果的にあややは、鈴奈庵にも「人間向きの」文々。新聞を置いて貰う商談に成功し、
小鈴ちゃんによると、結構そこそこの売り上げはあるようで、立ち読みしようとしていた魔理沙に対して
「お客さん、立ち読みはダメですよ!」と諭していたのは大変印象的なシーンでした!
そう言えば・・・三月精では何度かルナ・チャイルドが、コーヒー片手に文々。新聞を読んでいる描写がありましたけど、
あれは・・・ルナ・チャイルドはお金を払っての定期購読ではなくて、
カフェでコーヒー豆を盗み出したと同時にこの文々。新聞も一緒にちょろまかしてきたと解釈するのが
妥当なのかもしれないですね・・(笑)

あややの東方初登場は「東方文花帖」という書籍なのですけど、あの中では、
あややの文々。新聞は一応は妖怪も人間たちも購読可能なものの、実質的には大半の購読者は身内の天狗に
限られてしまう傾向にあり、まさに「内輪受け」の典型的事例みたいなもので、
永琳様からも「学級新聞みたいなものね・・」と皮肉られている始末でしたけど、
こうやって考えてみると、あややも初登場の文花帖から随分と購読者層も拡販してきたという感じのようですね!

あやや! よかったねーー!! やったじゃん!!という感じもあったりします。

内容的にもどちらかというと幻想郷内の人里の人間にも受けるような感じになっているのかもしれないですよね。

他の天狗たちの新聞は、前述の通り、どちらかと言うと身内内の出来事みたいな内輪受けみたいな内容とか
妖怪の山の河童がどうとか仙人がどうとかといった特定の偏ったジャンルの記事が書かれることが
多いようなのですけど、
あややの文々。新聞は、「幻想郷内の日常」といったいわば「些細な地元ネタ」を好む傾向にあるようでして、
幻想郷の少女たちが起こす不思議な事件が主な記事になっているものの、
他にも自然の脅威や病気の流行等に対する注意喚起、各種イベントについての情報、食品関係の話題、
香霖堂や永遠亭の商品についてのインタビュー等、多様な記事が掲載されているのが
他の天狗たちの新聞との違いと言えるのかもしれないですね。
あやや自身も「本当は霊夢の異変解決という武勇伝を取りあげれば、霊夢も喜ぶだろうし、
記事としての迫力も出てくるのだろうけど、霊夢の異変解決は霊夢しか知らない事ばかりでウラが取れないし、
どうも信憑性に欠けるから記事にしにくい・・」と語っている通り、
よくいわれがちのように、あやや=天狗=ほとんどがインチキガセネタという事は決してないと思われますし、
そこにはあややとしての意外な(?)真面目さがあるのかなぁ・・と思いますね!

うーーん、やっぱりあややは素晴らしいですね! あんな黒ミニスカふりふりでとっても可愛いのに、それでいて
確かに一部ガセネタ&自作自演はやらかす場合もたまーには(?)あるようですけど、
基本的には自分の仕事に対して「誇り」を持っていて真面目に仕事に取り組んでいる様子は、
やっぱり「あやや最高!!」と感じずにはいられないですね!
(おいおい・・つい先日まで、ゆかりん最高! 早苗さんは素敵すぎる!!とか散々言っていたくせにね・・苦笑・・)

そうそう・・・

天狗社会においては、年に一度、「天狗の新聞大会」が開催されているようですけど、
あややの「文々。新聞」は、あまりよい成績は残していないようでして、あやや自身は「負けてばっかり・・」と
愚痴っているようですね。
だけどそれは仕方が無いのかな・・?
天狗は典型的な上下社会ですし、例えば、大天狗の新聞「鞍馬諧報」が毎回優勝を果たしているように
結局は「年功序列」と言えるのかもしれないですよね。
そうした保守的な傾向が強い天狗の新聞においては、あややの人間にも受けるような内容というのは、
案外画期的と言えるのかもしれないですし、
あやや自身も「三月精」においては、「人間にも分かりやすい記事を書かないといけない・・」みたいに謙虚に
反省するシーンもありましたから、
やっぱり、あややは最高ですよね!!




006_convert_20160511163901.jpg



あややは鴉天狗ですけど、その鴉天狗の後輩にはたてちゃんがいます。
はたては、あややの「文々。新聞」について、
「出鱈目の記事なのに、不思議と魅力がある」事とか「他の天狗の新聞とネタがほとんど被らない」事に疑問を感じていまして、
「事件を記事にしているのではなく、文が事件を起こしているのではないのか・・」
みたいな事を推察していましたけど、
そうですね・・・一部は確かに当たっているのかもしれないけど、
上記の通り、あややはその辺りは意外と真面目ですので、はたてちゃんが推測するような
「全部が自作自演記事・・」というのは、残念ながら「外れ」と言えるのかもしれないですね。

だけど・・・

時折、あややは、まさにそうした「自作自演」もやらかしてくれています!!

それを示唆していたのは、「東方三月精」のお話でした!

あややは「事件が無い時は自分でネタを作るのが新聞記者」という考えも確かに持っており、
実際に光の三妖精をそそのかして事件を起し、それを自ら記事にするという自作自演を演じる事もあったのは
とっても面白かったです!

妖怪の真似事をして霊夢を驚かしてやろう!と考えていた光の三妖精ですけど、
当然ながら霊夢には全く通用しません・・・(ま・・当たり前ですけど・・・)
ガッカリする三妖精に対して、接近を図り、よからぬ知恵を授けたのはあややだったのでした!
つまり・・・
文々。新聞とか号外を全く読まないで、新聞そのものを倉庫に放置していた霊夢に対して、
あややは「そういう事をしていると、新聞という紙に宿っている付喪神が凶暴な妖怪化をしていき、
やがて紙を飛び越えて、神社内至る所に乗り移っていき、神社そのものをやがて崩壊させる。
そうならないためにも、とにかく新聞を全て読み、付喪神が凶暴化させないようにする必要がある」と
半分霊夢を恫喝し、霊夢が倉庫に足を踏み入れた瞬間に、
光の三妖精のルナ・チャイルドが周囲の音を消し、サニーミルクが自分の姿を消し、そしてサニーミルクが
倉庫内の新聞を散乱させ吹き飛ばし、
サニーたちの姿が見えない霊夢にとっては、まさに新聞に付喪神が憑依したようにしか見えない結果となり、
霊夢は慌てふためき、過去から現在の文々。新聞を全て目を通さざるを得ない・・という事に
陥ってしまいます・・・

そうですね・・多分ですけど、翌日の文々。新聞にて、
「博麗神社の巫女、新聞の付喪神に神社を占拠される!」みたいな記事を掲載したのでしょうね・・(笑)

これはまさにあややの自作自演であり、
「ネタが無い時は自分でネタを作る!」と高笑いをするあややがとっても素敵でした!!

そうそう・・三月精のあの回の中で、木の枝の上で足を組んで三月精と作戦会議(?)をしているあややは
色っぽいけどとっても可愛くて素敵でした!!!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年1月に描かれた「射命丸文」です!!

このあややは・・何となくですけど私のイメージでは、あややの自画像またはあややがはたてとかに描かせた
「ポートレイト」みたいな雰囲気が漂ってきますね!
どことなく知性とか気品みたいな伝わってくる素敵なあややだと思います。

そうですね・・・むしろ「ポートレイト」というよりは、あややがはたてに頼んでやってもらった「念写写真」としてのあややを
彷彿とさせてくれそうですね。
あ・・ちなみにはたてとは、あややと同じく鴉天狗に所属し、あやや同様、新聞を発行しているのですけど、
あやや以上に天狗の新聞大会ではランキングとか認知度が低いようですね。
なぜかと言うと、はたての能力は「念写」ですので、
あややみたいに積極的に出歩き自分でネタ探しとか取材をしないで、
自室にこもって念写で写真を撮り、その念写写真をベースにはたての妄想記事みたいなものを書くという感じ
ですので、もしかして・・あやや以上にガセネタが多いのかもしれないですね・・・(笑)
はたては、あややの新聞の事を「最低の新聞」と酷評し、あややは、はたての新聞の事を「妄想新聞・弱小新聞」とか
からかっています。
よく二人は「不仲なの・・?」みたいに言われますけど、実際はよきライバル関係みたいのようでして、
もしかしたら、はたて自身も「あややみたいになりたい!」みたいな憧れの感情も有していて、
そうしたはたてのあややに対する気持ちが「念写」として表れた一枚が、もしかしたら・・
アミグリさんが描かれたこのあややなのかもしれないですね!
この一枚は、はたて自身があややに対して実はほのかに感じている「あこがれ」みたいな感情が
秘められているようにも私には感じられますね!

なんかこんな私の脳内妄想を起こさせてしまうとっても素敵なアミグリさんのイラスト紹介コーナーでした! (笑・・)

最後に・・・さきほどちらっとその名前が出てきましたけど、光の三妖精の一人で
実は三妖精の中では一番のZUN神主のお気に入りなのでは・・?と評価の高いルナチャイルドを
アミグリさんが2012年7月に描かれたイラストも是非皆様にご覧になって頂ければとっても嬉しいです!
背景とかルナチャイルド自身のミステリアスな雰囲気を是非お楽しみください!

この幻想的なルナチャイルドをご覧になりたい方は是非こちらから! → ルナチャイルド

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

射命丸は、東方で貴重なミニスカキャラだったことに最近気が付きました……(笑)あの黒ミニスカフリルのスカートはとっても可愛いですよね!!

そして、イラスト紹介も、ありがとうございます!!
確かに、ポートレート風ですね!
私のイラストで素敵な妄想もしていただき、嬉しい限りです…!!

ルナチャイルドの記事紹介も、とっても嬉しいです!
個人的にですが、私は三妖精の中ではルナチャイルドが一番お気に入りかもしれないです。
もちろん、サニーミルクとスターサファイアも大好きですけどね…(笑)

ポートレイトというか心の景色・・

アミグリ 様


いつもアミグリさんの素敵なイラストを転載させて頂きまして本当にありがとうございます!

自分で言うのも何ですけど、あのポートレイトみたいなあややは、アミグリさんの作風の中では少し
異色の一枚なのかもしれないですけど、
なぜかあの一枚は「ポートレイト」というよりもはたてが感じたあややに対する「心象」・・・
ほのかなあこがれの気持ちを表したと言えるのかもしれないですよね。

とても内省的なすてきなイラストだと改めて感じたものでした。

ルナチャもとっても素敵に描かれていて、サニーミルクとは明らかに異なるファンタジー感が漂っていたのは
とてもお見事でした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3200-de707422
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |