FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1982年の全日本吹奏楽コンクールは、残念ながら生で聴くことはありませんでしたが、
レコード(当時はCDがまだ普及していなかった・・・)で高校の部は、何度も何度も聴き
感銘を受けていた記憶があります。

以前にも書いたと思いますが、この年最も印象深い見事な名演を聴かせてくれたので
仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲だと思います。このチームの演奏は東北大会で生で聴く機会に
恵まれましたが、全国では午前中という事もあり、初出場という事もあり、
惜しいミス(トランペットとファゴットの目立つ音外し・クラのリードミスなど)もありましたが、
そのアレグロでのスピード感と緊張感、隙のない演奏はお見事の一言に尽きると思います。
同じ指揮者にて、98年に新屋高校が矢代秋雄の交響曲を演奏しましたが、
カットの問題・アレンジの違い(82年は指揮者自身のアレンジ 98年は天野正道版)
の理由により、私は断然仁賀保の方が大好きです。

この年、銅賞でしたが、非常に印象に残る演奏をしてくれた学校があります。

それが、東海代表/屋代高校の松村禎三の交響曲より第三楽章です。

東海地区は、当時名電・浜松工業・東海第一の三大巨人がしのぎを削っていましたが、浜工と東海を
蹴落としての全国出場はお見事だと思います。
というか、現時点で屋代高校は全国出場はこの年の一回だけ・・・

松村禎三の交響曲は、個人的に大好きな曲の一つです。
残念ながら生で聴く機会は極めて少ないのですが、唯一回だけ、都響の定期演奏会で
松村禎三の作品シリーズを聴く機会に恵まれ、このシンフォニーと前奏曲・ピアノ協奏曲第二番を
聴くことが出来ました。

この交響曲は生で聴くとすごいエネルギー感を感じますね。
熱気というか、内面的な充実感をものすごく感じる曲です。
第一楽章と第三楽章の激しさに閉ざされた静粛感の漂う第二楽章も短いのですが
印象的です。
圧巻は第三楽章に尽きると思います。
クラリネットのつぶやくようなソロから始まり、
段々と盛り上がっていき、戦場での馬の悲鳴・雄叫びのような展開を経て
少し静かになって突然和音を叩きつけて終わるという感じなのですが、
本当にこのエネルギーにはただただ脱帽するしかないです。


屋代高校の演奏は確かに難もあります。
まず木管楽器があまりにもか細い。そして音が薄い。貧弱で濁りもある。
だけどffでのパワーは原曲に迫るものもあります。
アレンジも原曲を再現しながらも、独自のカラーも出しています。
いい例がコンサートチャイムの使い方だと思います。
中間部での強奏において、ピアノがそのリズムを支える役割がありますが、
屋代高校では、ピアノの代わりにコンサートチャイムを何と二台も使用し、斬新な響きを
展開させていきます。
チューバなどの低音楽器も比較的大胆に使用し、重圧感も醸し出していたと思います。

とにかく屋代高校は、普通の先生と生徒たちが夏の間に手作りで自分達の音楽を作り上げ
自分達なりに表現できたと言う意味で本当に素晴らしいと思いますし、敬意を表したいと
思います。

松村禎三の交響曲は、その翌年に東海大学が大学の部で、第一楽章を自由曲として
取り上げています。
こちらも見事な演奏だと思います。
但し、残念な事に当時のレコードは、大学の部は金賞意外収録されないし、
大学の部の演奏会場が、宮城県民会館という音響上最悪な場所でしたからね・・・
当時は、日本ワールドレコード社という所に、
カスタムテープの製作を個別に依頼するしか、この演奏を聴く事は出来ませんでした。
あっ、というか、日本ワールドレコード社ってまだ存在しているのでしょうか?

レコードの裏ジャケットの演奏団体の演奏写真を見てみると、
屋代高校は、半袖の制服姿でしたけど、確かこの日は10月の終わり、
寒くはなかったのでしょうか・・・?

それにしても1982年は、仁賀保・屋代の他にも色々と印象に残る演奏をしてくれた
学校は多かったです。

サウンドのスピード感は抜群だったものの、スペイン奇想曲でのクラリネットの
リードミス(これ位見事に失敗するとかえって気持ちが良い)が痛すぎる尼崎西・
古典的情緒を楽しませてくれた観音寺第一・正統派という言葉がぴったりの福岡工大付属
有無を言わせない圧倒的迫力の名電・甘美さと清潔感が同居している就実・
ほのかに暗い日本的情緒を醸しだした錦城などなど
当時の皆様の演奏に、30年後の私から敬意を表したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

松村 交響曲/屋代高校

私服高校だったんで、制服じゃないんですよ。
コンクール用にシャツ(ブラウス)とズボン(スカート)&タイを揃えました。
貧乏学校だったんで、それ以上揃えるなんて思っていませんでしたし、まさか全国にいけるとは思っていませんでした。
長野から上京したんで、東京が暑くて腕まくりしてたんでしょう!

-------------------------
屋代高校は、半袖の制服姿でしたけど、確かこの日は10月の終わり、
寒くはなかったのでしょうか・・・?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/32-5a21a208
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |