プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の「まゆみの失恋話→まさかの勝木さんとの百合カップリング成立」というのも素敵なお話でしたけど、
今回は事前の予告を見た限りでは・・
「ふーーーん、またあのポンコツちゃんが無謀にも(笑・・)生徒会長選挙に立候補して、またまたドタバタポンコツ喜劇を
繰り広げてしまうのかな・・」みたいなギャグ回を予想していたのですけど、
予想以上に結構真面目なお話となり、意外な感じは確かにあったのですが、
リコちゃん自身の「私が本当にやりたい事って・・」みたいな「問い」を再度リコちゃん自身が再確認出来たとも言えるお話ですし、
これはこれで十分に今後の展開に繋がる話だったと思います。

今作の「魔法つかい」は、前作の姫ブリと明らかに違う点はどこにあるのかと言うと、
前作はごく初期の段階から各自に明確な「夢」があり、夢としてはかなりハードルが高い目標設定にもなっているのですけど、
そう難易度の高い夢を実現していく・・とか実現するにはどうすればいいの・・?みたいな感じで設定されていて、
どちらかというと(私にとっては)少し重たいシリーズみたいな印象もあったものでした。
対照的に今作の「魔法つかい」は、テーマは「夢の実現」ではありません。
今回とかこれまでに何度かリコちゃんとかはーちゃんが感じていたような「私がやりたい事って何なの・・?」みたいに
「私が将来やりたい事ってなーに?」みたいにこれから「夢を探していく物語」と言えるのだと思います。
そして、これは別に前作からの比較から言って「シリーズとしての内容の後退」とかそういうものでは決して無くて、
否! むしろ自然体な事ではないのかな・・とすら感じています。
リコちゃんやみらいぐらいのお年頃ですと、正直・・「既にやりたい事とか夢が見つかっている」という方が
どちらかというと「珍しい」と言えるのかもしれないですし、
逆に「魔法つかい」の設定のように「これから夢を見つけていく」というスタンスの方がむしろ中学生らしいみたいな
感じなのだと思います。
前作とかドキドキに比べて、キャラ全体に少し「幼さ」を感じるのは多分そのせいだと思われますけど、
繰り返しになりますが、みらいたちの本来の成長度合いから考えるとその方がむしろ自然体なのだと
私は思います。
そして・・・根が「おこちゃま」みたいなこのポンコツ管理人の私にとっては、
どちらかと言うと、魔法つかいとかハピネスチャージの世界の方により魅かれるのは・・・
ま・・それはある意味仕方が無いのかも・・・という感じですね・・・(笑・・)
(多分ですけど・・カテゴリは違いますが、管理人同様おこちゃまのレミリア様も多分・・・同じ事を言われるんじゃないのかな・・?)

プリキュアの「魅力」って何なのかな・・?と考える時、私としては「未完成としての魅力」なのかな・・とも思います。
つまり、まだ自分のやりたい事が見つかっていないとかこれから自分の夢を見つけるとか
そうしたまだ「自我の未確立」状態の女の子たちが頑張っていき、敵との戦いの中とかそうした日常生活の中で
自分がやりたい事とか夢を見つけていき、プリキュアとしての一年間(または最長2年間・・?)の任期の間は、
「夢を模索中」とか「まだまだ蝶として羽ばたいていくのは早い・・今はまだ蛾とか蛹の段階・・」なんだけど
未来に向かっての可能性は限りなく大きいという感じでいいのだと思います。
ドキドキプリキュアがシリーズでも珍しい「全員が聡明で各自がそれぞれ夢を初期段階から有している」というのは
2013年当時としてはかなり斬新で新鮮な感覚であったのですけど、
そうですね・・・言葉は大変悪いけど、そうした「メンバーが全員聡明で夢ほ最初から持っている」みたいな設定に関しては、
前作の姫ブリについては「二匹目のドジョウはいなかった・・」という感じになるのかな・・? 少なくとも自分の中では
そう感じています。

とにかく・・

プリキュアに関して言うと、今回リコちゃんが
「生徒会長になって私がやりたい事ってなんだろう…。いつもそう。自分のやりたい事が分かってない…」とか
「私、なんで立候補したんだろう…」
みたいな悩みが生じているのは、それは逆にいかにもプリキュアらしい悩みなのであり、
むしろプリキュアらしいアプローチなんじゃないのかな?とも思っています。
姫プリの中で、あの優秀の誉れ高いみなみですら、最終決戦直前に
「私が本当にやりたかった事って実は・・・」みたいな悩みとかブレが生じていましたし、
あの六花ですら、「私が医者を目指していたのは単に母親の憧れにすぎないんじゃないの・・?」みたいに
悩みが生じていましたし、
大変古いシリーズになりますけど、プリキュア5のあの聡明なかれんさんですら、シリーズ一期目の後半近くまで
「私ね・・私には実はまだ将来の目標とか夢が決まっていないの・・」とすら言っていたくらいですから、
リコちゃんやはーちゃんに「私ってなんなの・・?」みたいな根幹的な悩みが生ずるのは、繰り返しになりますが
ブレキュアとしては実は全く正しいアプローチなのだと思います!

そしてこれは以前も口にしていましたけど、本作が素晴らしいと感じる点の一つは、
タイトルに確かに「魔法つかい」となっているのですけど、ま・・・ナシマホウ界に来たばかりの頃のはーちゃんは例外とすると
そんなに安易に「魔法」に頼っていないのは大変素敵な事だと思います。
今回の話だって、魔法を駆使して生徒達を洗脳させてリコが「生徒会長」に当選すればそれでいいじゃん!みたいな
安直な事はさせなかったのは、当たり前と言えば当たり前なんですけど、
その前に「何が大切な事なのか自分達の頭でちゃんと考えてよね・・!」みたいな事をきちんと投げかけていたのは
大変素晴らしい事だと思いました。







fc60d5c0-s_convert_20161004092620.jpg



そうですね・・・そもそも一体何でリコちゃんは生徒会長になんか立候補したのかな・・・?

うーーむ、本人自身が実はよく分かっていなかった・・というのが今回の話になってしまうのかも・・・

リコちゃんも特にビジョンとか「私は生徒会長になったらこういう事をやりたい!」みたいな「絵」が頭の中に
全く思い描けていなくてなくて、単に、「なんかかっこうよさそう・・・」みたいなノリで立候補をしてしまったという感じは
否定できないと思います。
悪く言うと、権力欲だけで立候補してるみたいな感じなのかもしれません。

ここで思い出されるのは、スマイルプリキュアの第37話です!

あの時、ウルフルン太郎はれいかに対して「てめーは、何がしたいかがさっぱり分からねーんだよ!!」と指摘を
していましたけど、その指摘はまさにリコちゃんに対しての指摘と言っても過言ではないのかも
しれません。
リコちゃん自体、「私が生徒会長になったらこういう事を実行します」みたいな明確なヴィジョンが
ありませんでしたし、
結果的にそうした迷いがまたまた「私が魔法使いになったとしても、それで結局は何をやりたいのだろう・・」みたいな
迷いに繋がっているのだとも思います。

今回の生徒会長選挙の話の中で、みらい達は生徒達からの要望事項というものを
アンケートとしてヒアリングを図っていきます。
そり中で出てきた回答の中に「おやつの時間を作って欲しい…宿題をなくしてほしい…」みたいなものがありましたけど、
それってまさに、スマイルプリキュアの中でも出てきましたよね・・・(笑)
やっぱり、シリーズを超えても中学生たちの「悩み」は同じなのかもしれないですね・・(笑)
そんな中、皆からの要望事項を眺めていたみらいは、さすが、ピンク系主人公! 鋭い事を言ってのけます!

「夏休みをもっと長くしてほしい」「放課後のグラウンドをひとりじめしたい」かぁ…。
みんなの要望を叶えたら、ほんとに素敵な学校になるのかなぁ?

うーーむ、このみらいの指摘はまさに今回の話の本質を突いていると思います。

確かにそうした一人一人の要望みたいなものを「魔法」かなんかで解決しちゃうのが一番手っ取り早いのだと思います。
だけど、魔法つかいプリキュアは決してそんな安易な事は絶対にやりません。
生徒会長と言えども出来る事には「限度」がありますし、
時には「全体のためにはこうした個別の要望は飲むわけにはいかない」みたいに厳しい事を言わないといけない局面だって
くるかもしれません。
そうした中で、生徒会長と言ういわば生徒の代表として「自分が本当に現実的に出来る事」をよくわきまえた上で
「こうした点はこのように改善すればこのような結果としてみんなに実感して貰える可能性がある」みたい事を
提示するのが生徒会長の本来の姿なのであり、
果たして・・そうした提示を出来る覚悟が果たして本当にあるのか・・?みたいな事を
例え言葉に出して言わなくても示唆していたのが
ゆうとの「十六夜さんが生徒会長になってやりたいことって何?」というセリフだったと思いますし、
その点がリコちゃんに足りていなかったものなのかなぁ・・と思ったりもします。
ゆうとは、日常的に自発的に花壇を手入れしたりとか本棚を整理整頓したり、
確かに・・・悪く言うと「それってあなたの仕事なの・・?」みたいな感じになるのかもしれないですけど、
常に「自分はこのように学校をよくしていきたい」みたいな意識が高く、やはりその点がリコちゃんにとっては
「私に決定的に足りないもの・・」と自覚するきっかけにもなったのかな・・と思いますね。

結果的に・・・ま・・・リコちゃんとしては、選挙当日と言うかまさに投票直前に自発的に
「降りる」結果みたくなってしまいましたけど、それはこの時点のリコちゃんの
「私に足りないものって・・」とか「私が本当にやりたい事とは・・」の意味に気が付いたという意味では、まさに
正解だったと言えると思いますし、そうしたリコの決断は潔いというよりは「尊い」ものなのだと思われます。

「本当の事を言うと、私は生徒会長になりたいって思う前に自分のやりたい事が分かってなかったんです」

「だからみんなの要望を聞いても、どうしたらこの学校が良くなるのか答えが見つからなかった」

「でもゆうと君は最初からちゃんと自分の答えを持っていて…ゆうと君が生徒会長なら、きっと素敵な学校になります!」

この辺りのリコちゃんは本当に素敵でしたね!

まさに・・・ゆうととの「志」の違いを自覚し、「己の未熟さ」を自覚した瞬間でもありましたし、
それを公衆の面前できちんと認める事ができたリコちゃんが素敵なのであり、まさにリコちゃんの「成長」と
言えるのだと思います。
ま・・私としては・・・歴代プリキュアの生徒会長はみなどの御方も優秀な人ばかりですので、
ここに初めて「ポンコツ生徒会長」が加わるのも面白いのかな・・ともふと思ったのですけど、
生徒会長キュアにリコちゃんが加わったら、かれんさん・みなみあたりからクレームが入りそうな気も・・・??

でも・・歴代プリキュアの生徒会長は、私にとってはれいかさんでほぼ決まりです!

スマイルでのれいかさん役の西村さんの投票直前における演説の長セリフは本当に素晴らしいものがありました!
多分ですけど、単独セリフの過去最長セリフはあのれいかさんの演説だと思います!

ここから先は少し余談になります・・・

れいかはスマイルのあの回の中で「宿題はきちんとやりましょう」とか「校内ルールはちゃんと守りましょう」みたいな
至極もっともな事をいっています。それに対してウルフルンたちは、
「宿題廃止」とか「校内でゲーム容認」とか「校内にお菓子持込みOK」みたいな事を主張し、
生徒にとっては「受けが良い主張」を展開する事で、高い支持を受けることになってしまいます。
ま・・・これって別に漫画やアニメの世界のお話というのではなくて、現実社会・・・というかごく最近の日本でも
起きている事なんですよね・・・

「国民の皆様に子ども手当を支給します・・・子供一人当たり一律26000円を至急させて頂きます」
「消費税は据え置きします」
「ガソリン税を廃止します」
「え・・・財源・・・?? そんなの官僚を締め上げてムダを削ればいくらでも出てくる!! 隠れ財源も
山のようにあるはず・・」
「最低でも県外に基地は移転させます」

そーーんな出来る訳も無い「甘い事」を散々並べても
結局は・・・・「勢い」と「主張のわかりやすさ」だけで国民の支持を取り付けて選挙に圧勝して
政権を取ったものの
結局は・・・・
「すみません・・やっぱり日本にはそうした財源はありませんし、アメリカとの絡みがあるからそんな事は出来ません・・」と
なってしまい、
結果的に国民の失笑と失望を招いたどっかの政党と大して変わりがないような気がしますね・・・

「民主主義」って何か言葉が独り歩きして
「絶対的に正しいもの!!」みたいに思われてしまう傾向にあるのですけど、
これって大変難しい問題も含んでおりまして、
決して絶対的に正しいシステムとは到底思えない・・という側面もあるんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
要は・・・・
選挙においてのみ、国民にウケる甘い事を散々言っておいて「政権」を一度奪取してしまえば
もしかして・・・その後に待ち構えているのは・・・・
とんでもない事態・・・ということだって十分あり得ると思いますし、
事実、あのナチス政権だって、合法的な選挙で選ばれた政権ですからね・・・

難しいのですよね・・・・

国民にとって「耳の痛い政策」を唱えると「選挙」での当選が難しくなってしまうし、
だけど一方
「未来の国や国民」の事を本気で心配すると、今現在「痛みを伴う政策」を施行しないと
その未来に地獄しかない場合だってありますし、
そのためにはちゃんと「耳に痛い事」をきちんと提示しなければいけないことだってあると思うのです。
要は・・・・
「選挙」というものは「単なる人気取り」ではないと思うのです。
きちんと「国民にとっては不都合な事実」も提示した上で
「そうした事態を回避するためには、取り急ぎ今は、こうした事をやらないといけない!!」ときちんと説明するのが
政治家の第一の役割だと思うのですけど、
ま・・実態は・・・みんなどいつもこいつも「自己保身」ばかり・・
「自分の当選」しか眼中にないですよね・・・・

政治家の役割の一つは「国民に未来図をきちんと提示・説明をする事」
国民が果たすべき責務は、「未来に対してきちんとビジョンを描けている人に選び信託する事」
だと思うのですけど
ま・・・それが出来ないから、今日の日本・・否! 世界のこうした「体たらく」が起きているのだと思います。





be80adb7-s_convert_20161004092549.jpg



今回はリコちゃんが主役でしたので、戦闘シーンでも久しぶりにキュアマジカルに見せ場があったような気もします。

それと・・・個人的には魔法つかいのフォームは、第一話から登場している「ダイヤスタイル」が
結局は一番しっくりきているような感じもありますね。



0096e50f-s_convert_20161004092455.jpg



最後に・・・・

次週はあのイケメンメガネ敵幹部さん・・、オルーバが登場するようですけど、これはとっても楽しみです!

なんかあの御方は・・・東方の「森近霖之助」みたいな雰囲気があるような気も・・・?

それと・・・オルーバのスパイ役のあの子は・・・なんか「みなしご ハッチ」みたいですね・・・・(笑・・)

うーーむ、古いな・・みなしごハッチなんて・・・確か私が小学校の頃に放映されていたアニメでしたね・・・
なんか年がバレてしまいそう・・・

この子は、プリキュアたちのスパイに赴くのですけど、
まゆみの「モフルンにも重要な役目を持ってもらうわ」という一言を勘違いし、
オルーバに対して
「オルーバ様、仰せの通りプリキュアどもを観察したところ、一緒にいる熊が一味を繋ぐ重要な役割を持ってるみたいで…」と
勘違いなんだけど、結果的に間違っていなかった的な展開になっていたのは
なんかとっても面白かったです!

今後、このハッチくんにも大注目ですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ここでもスマイルのオマージュ…

生徒会長候補・十六夜リコへの提案には「おやつの時間を作って欲しい」「宿題をなくして欲しい」などがあり、これは転校生になりすまし生徒会長に立候補したウルフルン達が「宿題廃止」「お菓子持ち込みOK」などを提案したのと同じです。「いけません!」というれいかの台詞が印象に残っており、リコではなくれいかであれば即、この台詞が出るでしょうか。このときはれいかも立候補しており、この無茶苦茶な提案のおかげでれいかへの支持率がほとんどない状況でした。後にウルフルン達の変装がばれ、当選したのはれいかでしたが。
リコは生徒会長にならず…というのは、自分としては東北新幹線E5系列車の愛称が「はつね」にならず「はやぶさ」に決まった時を思い出しました(E5系のカラーリングが初音ミクに似ているとしてこの運動が持ち上がったという)。仮にリコが生徒会長になったとしても、留学生の身ではどうかと考えていました。
あと、蜂の妖精チクルンですが、聞き覚えがある声だと思っていたら、演じているのがリボーンの人でした。確かにチクルンはみなしごハッチないしみつばちマーヤを連想させる姿でした。余談ですが、みなしごハッチの平成版でハッチを演じたのは、モフルンの中の人である斎藤さんでした。

本当に、リコちゃんくらいの年齢でどうしていきたいか明確に定まっていて、
なおかつそれを本当に大人になるまで継続して叶える子ってわずかですよね。
今回はあくまで生徒会長という、そんな大それた夢に比べれば
小さなテーマでしたが、リコちゃんが未来の自分と向き合う一歩と
なったのではないかと思います。

中学生くらいの子に大事なことは、自分がどうしていきたいか、
どういう立ち位置で動いていきたいかを考えるよりも、
基礎的な勉強に励んだり、友達と関係を築く中で
思い悩んだりすることな気がします。
それから、集団で授業を行なったり、校長先生の長い話を聞いたりと言った
集団生活、小さな社会で耐えることを身に付ける…。
これは大人になってからやるには遅過ぎます。(僕も最近になって気付きましたから…)

僕もリコちゃんくらいの頃、今もそうですが焦ってばかりいて、
その頃やるべきことができなかった経験たくさんありますから、
リコちゃんには、夢を見つつも、あくまで今やるべきことを忘れないで
やり続けて欲しいですね。
まぁリコちゃんは成績優秀なので大丈夫だと思いますが(笑)。

Re: ここでもスマイルのオマージュ…

鎌倉快速 様


そうですよね! 今回の話はまさに4年前のスマイルの生徒会長選挙の回の素敵なオマージュだと
思いますね!
ウルフルン達の「宿題廃止」・「お菓子持ち込みOK」という主張は、今回の話の中でもアンケート結果として
出ていまして「4年前と同じじゃん・・」と思ったけど、これは素敵なスマイルに対するオマージュだと
私も思います。

「みなしごハッチの平成版でハッチを演じたのは、モフルンの中の人である斎藤さんでした」というのは
教えて頂きありがどうございます!
なんかあれは・・・
意図的な作為みたいなものも感じてしまいそうなデザインですね・・(笑)


まずは隗より始めよ ・・という事なのかな・・・

takumi 様


そうですね・・「生徒会長」という身の丈を超えた事よりも
もっと身近で大切なことがあるんじゃないの・・?
そしてそれを実現するにはどうすればいいの?みたいな事をリコちゃんが相手候補のゆうきの真摯な姿を見て
気づかされたというのは、いかにもプリキュアらしい話だと思いますし、
古い故事ですけど、「まずは隗より始めよ ・・」というか
まずは自分が率先して自分が出来る事からスタートしなさいみたいな事を丁寧に提示した
素敵な回だと思いますね!





ハッチ君かわいいですね(^ ^)
敵方のようですので、
たぶん悪い事しそうですが、
ちょっとヘマしそうなところが
憎めない感じがありますね^ ^

私に部下なんていないですけど、
もしハッチ君が部下だったら
面白いことしてくれそうです(笑)

政治家て、そうですよね。
選挙の時に言ったことは、リップサービス、なのですもの。
実は、オバマ大統領も、そうだったので、信用は・・・

リコちゃん、恰好良い自分、素敵な自分、そんなことに、憧れていて。
でも、その頃て、それでも、良いと思うのです。
それを悩む所が、リコちゃんて、真面目な子。
そこが、リコちゃんの、魅力なのかな~
良い教育アニメです、プリキュアて。

かしこ

実は・・名前が既にあったようです! (笑・・)

kirakiya.rumari 様


実はなのですけど、あのみなしごハッチみたいなハッチくんなのですけど、
既に「チクリン」と言う名前が付いていました!

なんかいかにもスパイみたいな名前なんですけど、
なんかこのチクリンはどこかポンコツみたいな香りも漂っていますので、
今後何か色々と仕出かしてくれそうなので、チクリンの活躍も楽しみですね!

リコちゃんの人としての道・・

みかんゼリー 様


そうなんですよ!!

やっぱり「プリキュア」というのは下手な道徳の教科書で堅苦しく教えるより
よっぽと「人としての道」をきちんと丁寧に提示しているとっても素敵なアニメだと
私も思います。

リコちゃんが、「自分に足りないもの」をきちんと自覚し、
単なる「自己顕示」としての立候補を結果的に取りやめたのは、まさに素敵な正解だったと
感じますね。

ハチだけにチクルン

最近リアルタイムで追えてないですorz
最近は映画も近いからかモフルン推しもTVで凄いですね。

所で10日イオンモール川口前川に
キュアラブリーがやって来ます!

Re: ハチだけにチクルン

りえ太 様


何かとお忙しそうですね。どうかご無理をなされぬようにご自愛下さいませ・・

スパイという事で「チクリン」と言うのかなと思ったら、ハチということで「チクルン」でした・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3199-39cabcc8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |