プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ロシアの作曲家、シチェドリンを知っている人はかなりのクラシック通なのかもしれませんよね。
正直日本ではほとんど馴染みが無い作曲家だと思います。
1990年代に吹奏楽に関係した人ならば、
シチェドリンと言うと、バレエ音楽「せむしの仔馬」の吹奏楽アレンジ版で
「あー、あの人ね・・」という反応があるかもしれません。
(1990年の川口アンサンブルリベルテの「せむしの仔馬」の演奏は実に素晴らしかったですね・・・)
シチェドリンは、実は現在も生存されていますが、2000年に交響曲第3番が作曲されて以降は
あまりその名前を耳にしていませんので、
もしかしたら創作活動からは遠ざかっているのかもしれません。
確か2009年頃に奥様とのツーショット写真がUPされていましたけど、写真で見た限りはまだまだお元気そう・・という
印象がありました。
旧ソ連時代は、ブレジネフ時代から1990年頃まで、ソ連作曲家同盟の議長もされているようですので
国内では大物なのかもしれませんね。但し1990年にこの議長職は解任されているのは、政治的な背景があるのかな・・?

シチェドリンというと、
やはり「せむしの仔馬」の音楽が素敵ですね。
ロシアバレエというと、メロディー豊かで抒情性に溢れているといイメージがありますが、
「せむしの仔馬」の場合、伝統的手法と前衛さの境界スレスレみたいな感じの部分も多々あり、
聴き方によっては「悪趣味」とも受け取れない部分も確かに無くはないのですけど、
才気煥発というか、発想力豊かと言うかかなり音楽に関してはスリリングで面白いと思います。
シチェドリンには、知る人ぞ知る交響曲第2番「25の前奏曲」という曲があるのですけど、
こちらは前衛的感覚と言うか、何か聴き方によってはシェーンベルクとかウェーベルンみたいな
無調的響きが炸裂しています。
出だしの金管楽器の咆哮からして凄まじいのですけど、
何か全体的に「訳の分からん面白さ」があると思います。
方向性としては、プロコフィエフの交響曲第2番に近いものがあるのかも・・・
シチェドリンの交響曲第二番の生演奏を一度聴いてみたいですね。
実は1986年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会にて、秋田県代表の花輪高校がなんと
この曲を自由曲として取り上げましたが、あまりの斬新さ・過激さのせいか審査員に嫌われ、
東北代表として選ばれませんでした・・・
個人的感想ですが、山形南が代表になるのだったら、よっぽど花輪を選んだ方が
絶対に良かったと未だに私は思っています。
ま、全国に出場したとしても、1983年のベルク/三つの管弦楽曲同様、あまりにも斬新・鮮烈すぎて
やはり審査員からは嫌われてしまうような評価になると予想しますが、私はあの花輪の演奏は大好きです!

何か話がそれてしまいました・・・

シチェドリンには、面白い作品があります。

ビゼーのあの有名な歌劇「カルメン」を、編曲と言う形でバレエ組曲にしたものです。
元々はバレエとしてのカルメンの舞台音楽をショスタコーヴイッチとハチャトゥーリアンという
当時のソ連の二大巨匠に依頼したものの二人のその大御所からは断られ、
仕方なく依頼者のバレエ団のプリマドンナのご主人であるシチェドリンに白羽の矢が立ったというのが作曲の経緯です。
でもハチャトゥーリアンに委嘱しても、
恐らくは民族舞踊炸裂のカルメンになってしまい、何かすさまじいミスマッチになりそうな感じは
しますけどね・・・

でもこのビゼー原作/シチェドリン編曲の「カルメン」はすごく興味深いと言うか面白い曲ですよ。
音楽の旋律はビゼーのあの有名な旋律が次から次へと出てくるのですが、印象は全く異なります。
何となく「精神病理学的な」音楽にも聴こえますし、心理ドラマのBGMのようにも聴こえます。
表現は大変悪いのですけど、曲自体どこか「病んでいる」みたいな印象すらあります。
あれ、面白い感覚だと思います。だってビゼーのあのあまりにも有名なカルメンのメロディーラインを曲の随所に
使っているのに、「あれれ・・ビゼーとは全然違う曲」みたいに感じさせてくれています。
これは「編曲」となっていますけど、シチェドリンの「創作」と言っても過言ではないとすら感じます。
ではなんで同じ素材を使用しながら、原作のビゼーと印象が全く異なるのかと言うと、この編曲版には色々と仕掛けがあり、
最大の特徴は、楽器編成にあると思います。
シチェドリンの編曲版の場合、膨大な打楽器セクションと弦楽器だけの編成で構成し、
管楽器は全て外しています。
だから感覚としては、音が生々しく感じるというか、弦のしなやかさと打楽器のむきだしの荒々しさが
ミックスされていて、最初は違和感はあるものの、慣れてくると
音がダイレクトに脳に届くという感じになります。
オルフの世俗カンタータ「カルミナ=プラーナ」には、
打楽器・二台のピアノ・合唱で構成され、弦管楽器が全て省略という版も存在するのですが
感覚としては、それに近いものがあると思います。
つまり、感情とか表現がストレートに伝わってくるというのか、
感情があらわにされて伝わってくるような印象があります。

やはり繰り返しになりますが、この曲は「編曲」というよりは、むしろビゼーの原曲をベースにした
シチェドリンのオリジナル曲と言っても過言ではないとさえ思います。

シチェドリンのカルメンの場合、出たしが非常に示唆的で、
コンサートチャイムの音で「ハバネラ」のメロディーが静かに奏でられますし、
冒頭から「あー、ビゼーの曲と思って聴いていると、とんでもない目にあうぞ」という事が象徴されていると
思います。
曲のラストも、コンサートチャイムの余韻の中、弦がpppで静かに閉じられます。
また意図は不明ですが、同じくビゼーの「アルルの女」のファランドーレの踊りが途中で乱入したり、
「アルカンの竜騎兵」の拍子が原曲の三拍子から変更になったりと
色々とやりたい放題してくれます。

あ、それとこの曲の最大の見所は打楽器奏者の持ち替えですね。
生でこの曲を聴くと分かるのですが、ティンパニーを含めて打楽器奏者は5名指定されているのですが、
多種多様な打楽器を色々と持ち替えているので、色々と大変だとは思います。
確かある奏者は、ヴィヴラフォーン・シロフォーン・小太鼓・シンバル・タンバリン・トライアングル・
ウッドブロックなどと次から次へと持ち替え、見ているだけで結構ハラハラします。

一度、現田茂夫指揮/読売日本の演奏会で
前半⇒シチェドリン版カルメン 後半⇒ビゼーの「カルメン」の演奏会形式というプログラムを
聴いたことがあるのですが、
やはり対比してみると、メロディーラインは同じなのに印象が全然異なり、
かなり面白かった印象があります。

それにしてもやはり「クラシック音楽」は奥深いものがありますし、人間の「繊細さ」には改めて感銘を受けてしまう
一つの事例なのかなぁ・・と思いますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3197-71d96cdc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |