プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


これは過去記事とか「響け! ユーフォニアム」カテゴリで既に散々愚痴っていた事なのですけど、
私自身は、中学と高校の吹奏楽部では、一応・・形式的には「部長」みたいな事をさせて頂いては
おりましたけど、まー―――、実態は・・
自分で言うのもなんですけど、本当に典型的なダメな「ポンコツ部長」でしたね・・・・(苦笑・・)

結局は、「自分が可愛い、かわいい・・」みたいな感じになってしまって、
自分を抑えてでも「部」全体の事を第一に考えるとか、必ずしも実践できた訳では全然なくて、
中学の時もひどかったですけど、高校の時も本当にひどすぎるポンコツ部長だったと
今更ながら思ってしまいます。

私が高校時代に在籍した吹奏楽部も先日「創部50周年記念演奏会」みたいな事をやっていましたけど、
そんな歴代の部長の中では、私なんか本当に大した事績もないまま忘れられちゃった存在に
なっているんだろうなぁ・・・・

だけどそんな中、一つだけ、「これだけは何か一つ置き土産として残せるものがあった!」みたいな事も
実はあったりします。
それが何かと言うと、私が在籍している間には無かった「ペダルティンパニ一式」をやっとこさっとこ調達できて、
この四台のペダルティンパニ一式を、「かつて私はここにいた!」みたいな事を
気持ちの上でも現物的な意味でも「置き土産」として残すことが出来た事だけは良かったなぁ・・なーんて
今更ながら思う事があります。

私が入部した頃のティンパニって、3台しか無くて、1台がヤマハの一番安いシリーズの一番小さいもので、
2台が銅製ケトル型の手締め式で、
通常ティンパニは「4台1組」のため、一台足りず毎年のように他校に
「余っているティンパニを貸して下さい」と頭を下げ続けていました・・・(苦笑・・)
そうやって毎年他校から楽器を借りるのもなんか癪でしたし、何よりも、
自分自身の部長職として臨んだ1982年の高校2年の吹奏楽コンクールでの演奏を当時何度も聴き直してみると、
色々と欠点が浮かび上がってきて、
「金管の破裂音が酷い時があるし、高音になるとピッチのぶら下がりが散見される」
「ソロの音色が魅力的でない」
「木管・・特にクラリネットの絶対的不足は致命的」など色々思い当たる節もありましたけど、
その中で、小学校時代に少しばかり打楽器・・というかティンパニ経験者でもあった私が感じた事は、
「打楽器セクションのお粗末プレイが多過ぎ・・・、だけど、その原因の大半は、
ティンパニの締りの無いポヨンポョンとした音色が原因なんだけど、なんでそんなポヨポヨとした音になってしまうかと言うと、
手締め式で皮がゆるんだものを使用しているから、結局そうなってしまう・・・
これは奏者の問題と言うよりは楽器の問題と言っても過言ではない」という事でもありました。
そのため・・・
「そうだよなぁ・・まずはあのティンパニをどうにかしないと・・
毎年あんなふにゃけた手締め式の音ばかりだと進化はないし、全体のレヴェルを向上させるためにも
まずは取り急ぎ・・・手締め式からペダル式のティンパニに替えて、
なんとか低音の土台をビシッ・・と固めないといけない・・
そのためにも、何とか自分が在学中にペダルティンパニの導入を図らないといけない・・・
それが自分が在学中に出来る数少ない事の一つであり、使命なのかもしれない・・」と考えたものです。

そこで・・・部長職としての任期が切れる頃が、毎年、各運動部・各文化部の「予算」の割り当ての審議会の
時期でもありましたので、
その審議会の場で、生徒会の会計担当とかなりかなり熱い「陳情」を繰り広げていたのは
なんか今でもよく覚えていますし懐かしい思い出です。
うちの高校は、運動部はかなり盛んで、テニス・フェンシング・弓道はインターハイの常連校でしたし、
ラグビー部も一度だけ花園に出た事もありますし、
野球部も県内では当時、強豪校の一つとして認識されていたと思います。
そうした部なんかは、毎年50~100万前後の「高額予算」が割り当てられていましたけど、
文化部なんてほとんどの部は、そうですね・・・毎年2~5万前後ぐらいの「シブチン予算」ばかりでしたね・・
文化部の例外は、「楽器の管理メンテナンス」がある吹奏楽部でしたけど、それだって、毎年せいぜい25万ぐらいが
限界でしたし、それもほとんどが楽譜購入・楽器の修理代で消えてしまっていましたね・・
ま・・吹奏楽部の場合、リードとかオイル等の消耗品の購入は全て自腹でしたし、
25万の年間予算では全然足りず、毎月300円程度の「部費」は徴収していました。
だけどそれでも全然足りなかったですね・・・

だけど・・・

ペダルティンパニって高いのですよね・・・

もちろん、パール・ギュンター・リンガー・ラディック・アダムス等の高いメーカーの高級仕様なんて
夢のまた夢という感じでしたし、
日本のスクールバンドにとって価格的に手頃というとヤマハの一番安いカスタムシリーズだったと思いますが、
残り3台をまともに揃えようとすると、1台25~50万前後が当時の一つの目安でしたので
(ティンパニは音程の関係から胴縁等大きさが異なり、大きいものほど価格は高くなります)
合計最低でも100万近くに到達してしまい、
とてもじゃないけど、こんな田舎の貧乏県立高校では手が届きません・・・(泣・・)

そこで・・・

生徒会の会計担当とやりあったのは「特別予算枠」として認めて貰うかどうかでした。

特別予算というのは一般予算とは少し異なる会計枠でして、
どうしても必要不可欠と認められた場合に限り、その年限定で予算枠として承認して貰う感じでしたけど、
当然この特別予算枠にも限りがありますので、この予算枠の承認については、他の有力な運動部が
毎年虎視眈々と狙っていたものでした。

会計担当は当然ながら楽器の事は何も知りませんので、
「え・・・ペダルティンパニ・・・? そんな高いの買わなくても別にいいじゃん・・」とか
「この楽器カタログを見てみると、ニッカンでは、プラスチック製の手締め式が1台6万になっているよ。
別にとりあえずはこれでいいじゃん・・
取り急ぎ1台足りないのでしょ・・」とか冷淡な事ばかり言うものでして、
私としても・・・やむを得ず、楽器店にその会計担当を連れて行き、
「いい・・、じゃー今から自分が実演するからとにかく聴き比べてみて!
いかにプラスチック製の手締め式とペダル式に音自体に違いが出るのか、その耳で確かめてみよ!!」と力説し、
私としても当然ながらプラスチック製を叩く際は、わざとぽよんぽよんに叩くなど
下手な小芝居をし、ある意味手加減をする事でその違いを強調したものでした。

この楽器店のやり取りが功を奏したかどうかはよく分かりませんけど、
結果的に特別予算枠は認められなかったものの、一般予算が「一年間限定」でペダル式ティンパニ1台分を
購入できる分だけは増額を認めて貰い、残り2台分は・・・
過去10年間の吹奏楽部の演奏会の収益貯金と部員からの特別徴収、そして・・・これが一番大きかったのですけど
OBからのカンパによりどうにかこうにか残り2つも購入することが出来て、
1983年の大会で初めて・・・念願の「オールペダルティンパニ導入」を図る事が出来たのでした!

うーーむ・・・考えてみると、このくらいしかなかったですね・・私が後世の部員に残す事ができたものって・・・

だけど・・それはそれで私としては大満足だったのかもしれないです・・・(笑)




lks405pg_convert_20160308123528.jpg




これが「ティンパニ」です。
昔は手締め式でしたけど、最近は足元のペダルで音程を調整するペダル式が圧倒的な主流です。
普通は4台で一組です。

昔のレコードジャケット写真なんかを見てみると、特にオーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団の
ジャケット写真に感じるのですけど、
ティンパニや大太鼓なんか相当年季の入った薄汚れた皮を使用していますよね。
あの頃のフィラデルフィア管弦楽団のティンパニなんか、写真で見てみると
ペダル式ではなくて、手締め式を使用していたようにも思えます。
当時の皮というと、恐らくは羊の皮を使用していたのかもしれませんよね。
何となくの先入観なのですけど、ああいう動物の皮というのは、中々破れないという感じがします。

音楽評論家のエッセイなんか読んでみると、打楽器に関して、
昔と違って今のティンパニの音は人工的で軽いなんて書いていましたけど、
あれもやはり皮の素材が、動物の皮からプラスチック製に変わったせいもあるのかもはれませんね。
同時に動物の皮を使用し、且つ手締め式のティンパニなんて相当扱いは難しいような気がします。
リハーサルと本番では、楽器の感覚が全然違うなんて事ももしかして日常茶飯事だったのかもしれませんよね。

現在のティンパニ奏者が使用するティンパニは、足元のペダルで音域を調整するペダル式が
ほとんどであり、手締め式のティンパニーを使用している吹奏楽団なんかは、さすがに最近の吹奏楽コンクールでは
全く見かけなくなりましたね。
だけど1970年代の終盤頃までは、
手締め式が主流で、ペダル式ティンパニを揃えている学校にお目にかかると
「わー、すっげー、金持ち学校・・」なんて羨望の眼差しで見ていたものです。
だけど、手締め式の場合、ティンパニ奏者はチューニングなんか大変ですよね。
ましてや、吹奏楽コンクールの場合、課題曲と自由曲があるから、課題曲終了と同時に、手でネジみたいなものを廻して
音程を変更していましたから、結構大変そうでした。
私が中学の頃は、指揮者の先生も、課題曲と自由曲を合わせると、12分という制限時間スレスレという年の場合、
課題曲が終わって自由曲に入る時間を少しでも短縮するために
ティンパニ奏者に対して「課題曲が終わると同時に、この台はネジを何回回すと、ピッチが合わせられ、
この台は何回・・・と体に染み込ませて覚えておけ」なんて無茶振りをされていたのが何か妙に印象に残っています。

高校に入っても、県立の田舎の貧乏学校のため、上記で書いた通り、
ティンパニは3台しかなく、2台が手締め式、1台がかろうじてヤマハの一番安いカスタムシリーズでしたが、
ティンパニは4台一組のため、毎回毎回一台足りず、
毎年毎年他校に頭を下げて余っているティンパニを借りたものです。
そしてその都度うちの吹奏楽部の名前だけの「音楽のおの字も知らない」顧問に「借用書」を書いて貰ったのですけど、
毎回毎回判で押したように
「チンパニーをお借りします」という文面になっていて
借りる学校に対して借用書を提出するのがなんか恥ずかしかったのですけどね・・・

時代が進展し、今や手締め式ティンパニなんて言っても現在の若い奏者なんて全然ピンとこないでしょうね。
ティンパニーの扱い方も時代と共に進歩し、
例えば西村朗氏なんかは、ご自身のティンパニ協奏曲の中で、奏者にバチ代わりにマラカスを持たせて、
マラカスと音とティンパニの音を両方同時に出させる演出なんかもしています。
ちなもーみにですけど、この奏法は
確か1984年の課題曲A「変容-断章」でも池上敏氏が使用していました。

クラシックの分野では、最初にペダル式ティンパニの効果を自作に遺憾なく発揮させたのは
R.シュトラウスと言われることもありますよね。
確かに、「ティル=オイレンシュピゲールの愉快ないたずら」はペダル式の効果が感じられますよね。
20世紀以降、ティンパニの使用で印象に残っている曲は色々あるけど、
個人的には、

〇ウォルトン/交響曲第一番

 ⇒第四楽章では奏者2名による凄まじい連打が聴き応え十分

〇ニールセン/交響曲第4番「不滅」
 ⇒やはり奏者2名による凄まじい連打が印象的

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第5番

 ⇒終楽章冒頭の打撃は相当インパクトがあると思います。


〇小山清茂/管弦楽のための木挽き歌のⅣ.フィナーレ

 ⇒ソロの部分がホント、格好いい・・・

〇シベリウス/交響曲第一番第一楽章

あたりが印象的です。
勿論、まだほかにもたくさんありますけどね・・・

だけど吹奏楽曲では、何といっても
1985年課題曲A/Overture Five Rings に尽きるのでは・・・??
あれは、ティンパニのティンパニによるティンパニのための課題曲と言っても
過言ではないような気がしますね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

予算折衝!懐かしいですね!
私は中学の時にやったことがありますが、当時の顧問が入れ知恵を
してから挑んだ経験があります(^^;)

特別予算・・・??

薬屋の嫁 様


自分て記事書いて言うのもなんですけど、こうした特別予算とか一般予算とか
まるでどっかの国の「特別会計」とか「一般会計」みたいなものですよね! (笑)

とにかく、吹奏楽部はお金がかかる文化部でしたね!

本当は毎年新品楽器を買いたいのですけど、ほとんどか備品・消耗品・楽譜だけで終わってしまいましたね・・

さてさて・・薬屋の嫁 様は、昔は何部だったのでしょうか・・?
なんか気になりますね! (笑)

時代は変わりました。。。

今や、ペダル式ティンパニどころか、チャイムもハープも小編成部門の学校のほとんどが持ってたり、管楽器もダブル管のバストロンボーンもほとんどの学校が持ってますし、ある程度の強豪校ならコントラバスクラ・コントラファゴット・ロータリートランペット・イングリッシュホルンも持っていてビックリです。。。
ホルンはシングル、トランペットでなくYAMAHAのインペリアルモデルのコルネット、3本ピストンのチューバ、銀メッキでないユーフォだった自分の頃の母校がみすぼらしく感じました。
ミュートだってヘコミのあるのを使ってたのになぁ……( T∀T)。

メロフォン!

一秋田県民 様


いやいや、私が在籍していた中学は、1970年代後半においてでも、当時未だにホルンの代用楽器として
「メロフォン」というピストン式のホルンみたいな楽器を使用していましたし、高校の時なんか、
部内にある数少ない学校所有楽器の一つのクラリネットなんか、「プラスチック管」を使用していましたし、
チューバはロータリー式ではなくてやはりピストン式でした・・・(苦笑・・)
大太鼓なんかも固定スタンドすら無くて、強打の場合は、酷い時は一人の奏者が叩くのとは別の側を押さえつけている
なんていう場面もあったと思います。

やはり今の奏者は恵まれていて羨ましいですね・・(笑)

私がコントラバスクラ・コントラファゴット・コールアングレ・コンサートチャイムを間近で見れるようになったのは
大学の吹奏楽団以降というものですから、
やはり田舎の県立高校の貧乏度合いはひどいものがありそうですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3196-e09e930c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |