プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「人は一人では生きていけない」みたいな言葉はよく耳にします。
基本的には異論はないのですし、人が生きる上においては、
その人が山奥で仙人みたいな生活をして他人と一切関わらないで完全に自給自活の生活をしない限りは、
誰かと関わらないで生きていくことはまず不可能だと思います。

どんなに孤独を愛する人でも、人間が一人文明社会で生活をする上では、多少の「他人とのコミュニケーション」は
絶対的に不可欠なのだと思います。
だけど確かに表面的なコミュニケーションだけをうまくこなして、その人の心の「深層」としては
「別に自分はこの後の生涯を誰とも口を利かないで、第三者と全く会話をしなくても
生きてはいける」とか
「もしも・・仮定の話だけど、衣食住等最低限の生活が保証されるのならば、別に誰ともかかわらないで
自分一人だけの世界で生きていける」
みたいな事もありうるのではないのかなぁ・・とふと思ったりもします。

私ですか・・・? (笑)

そうですね・・私は結局なんだかんだ言っても「さみしがり屋さん」みたいなところも大ですので
結局は誰かと関わらないと・・
換言すると誰かにかまってもらわないと・・誰かに「私」という存在を認知しないと生きていくのがちょっとつらい・・
みたいなものは間違いなくあるのかなぁ・・とも思います。

さてさて・・・確かに上記の事は確かにその通りなのかもしれないのですけど、
別の視点で考えてみるとやっぱり人は一人では生きていけないもんだなぁ・・とと感じる瞬間もあったりもします。
どういう事かと言うと、
別に誰か一人が「自分は一人でも生きていける」と勝手に考えられて、表面的にはどうかわかりませんけど
心の本音としてそのように感じる方もいるのだとは思います。
だけど、人は一人では生きていけないという事を換言すると
人は他人の迷惑さえ考えなければ自分勝手に生きていくことは確かに可能なのかもしれないけど、
そうした「一人の人間の生き方・考え方」というのは同時にその人の周りの人にも何かしらの影響を与えているという
事ではないのかな・・?とふと感じる事もあります。
自分たちの周りに、とにかく生き方が凛としていて、かっこうよくて、「この人を私の生きる上でのお手本にしたい!」と
プラスの方向で・・いい意味で影響を与えてくれる人もいますし、
それと同じくらい、その人が自分の周りにいるだけで
「やってらんねぇーよ!」とか
「自分が今こういう境遇にいるのは、過去に××という奴が自分の足を引っ張って陥れたからだ」とか
「自分の成績が上がらないのは、あいつが自分に協力してくれないとかろくな顧客がいないからだ・・」とか
「自分は決して悪くない! 運が少しないだけで、上司があいつでなければ自分は絶対に上昇するはずだ」
みたいなひたすらマイナスの愚痴ばかり蔓延させ、
その人がいるだけで周囲のやる気とか前向きな気持ちをそいてしまうような人もいると思います。

そうした意味で・・・実は人は一人で生きていけないのかもしれません。

自分と言う存在がいるだけで、実は自身の環境で関わっている多くの周りの人たちに
プラスの作用ももたらしていると思われますし、
逆にとてつもないマイナスの作用をもたらしている場合もあるんじゃないのかな・・?とも思ったりもしますね。

そして往々にして・・・

自分が周りに何か悪影響を及ぼしている時って・・・・自分ではその事自体に気が付いていない事は
結構多いんじゃないのかな・・?と思ったりもします。

だから・・・人っていうのはどこかで誰かと繋がっているし、相互に影響を及ぼし合っているのだと思います。








4d0352ad_convert_20150903230117.jpg



「ハピネスチャージプリキュア」も実はかなり奥が深い物語でもありまして、
今更言うのもなんですけど、ハピネスに限らず「プリキュアシリーズ」というのは、絶対に単なる
小さい子供用の娯楽アニメじゃないと思いますよ!
そこには人が生きる上での何か大切な「提示」もあるんじゃないのかな・・と思ったりもします。

ハピネスの一つのテーマって「自分としての幸せ探し」という事も確かにありましたけど、
同時に上記の話ではありませんけど「人と人との関わり」とか「人のつながり」を提示した素敵な物語でも
あったと思います。

ハピネスの主人公のめぐみは、なんでプリキュアになってしまったのか・・?
「これに当たった人が私の最初の友達!!」という事でキュアプリンセスがテキトーに空に向かって放り出した愛の結晶という球が
たまたま・・・
そこを通りかかっためぐみの頭を直撃したから・・・という
大変テキトーな理由でめぐみはプリキュアになってしまいます。

2014年1月にリアルタイムの第一話を見ていた時は、この場面は特に何とも感じなかったのですけど、
実は、このシーンは最終回においても結構大事なエピソードとして提示されています・・・

つまり・・・

たまたま・・クラスが同じだったから・・・

たまたま・・・テキトーに投げた愛の結晶が当たったから・・・

たまたま・・・プリキュアになってしまったから・・

たまたま・・・幼馴染だったから・・・

ま・・人と人との出会いは・・そのきっかけというのは色々とあるとは思うのですけど
ほとんどの場合、それは「偶然」という「たまたまな事」だと思うのです。
人が生きていく場合・・・・全てが計画通り、予定通りという「予定調和」で進展する事は・・まずないと思うのです。
出会いにしたって・・・
「こういう人と知り合いになりたい!!」と思っていても、中々そううまくはいきませんし、
ほとんどの場合・・
たまたまクラスが同じだった・・・職場でたまたま部署が同じだった・・たまたまご近所さん同士だった・・・
たまたま席が隣同士だった・・
たまたま部活が同じだった・・・など
色々な「偶然」というものが人と人とを繋いでいるのかもしれません。

ハピネスの場合・・・・

人と人が知り合うきっかけと言うのは、そうした「偶然性」・「たまたま」要因が強いのだから、
「一期一会」ではないけど、
そうした人と人とのつながり・出会いを大切にしていきましょう・・・みたいな事を最後に
「メッセージ」として伝えたかったのではないのかな・・・とも思ってしまいます。

そしてそれを一番私達に強く提示していたのは・・・そう、他ならぬめぐみ=キュアラブリーだと思うのです。

こうやって第一話と最終回だけを見ても、ハピネスのテーマの意外な重さとか
人はどこかで誰かと繋がっているもの・・・相互に影響を与え合うものという事がきちんと提示されている事は
やはり素晴らしいな・・と思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

人はひとりでは生きていけないってよく聞きますよね。
たしかにその通りかもしれませんし、正論なんでしょうけど、
自分のように持って生まれた障害で人から疎まれて友達ができず
孤立してしまうことが多い自分には、人はひとりでは生きられない
という正論は、何の救いにもなりませんでした。

自分にとって、人間はひとりじゃ生きていけないという正論よりも、
孤独や?孤立を怖れるなという言葉の方がよほど救われます。

人それぞれ・・・

ponch 様


素敵なご意見ありがとうございます!

多種多様な意見があるからこその私達の「社会」が成り立っているのかもしれないですよね。
「あの人は絶対的に正しい」とか「間違っている」という絶対的価値観はこの世には無いのかも
しれないですね。

自分という存在を自分自身が仮に否定しがちであっても他人にとっては「素敵」と思えたり「ちょっとね・・」と
感じる事もあるでしょうし、そうやって色々と相互作用をもたらす所が
社会で生きる一つの意義なのかもしれないですね。

うん…そうね。

私は、若い頃は気がついてなかったと思うの。
支えられてるってことに。

「がんばれる!」
「だいじょうぶ!」
「最後に自分が責任取ればいいんだから」

って、本気で思ってた。

うん、ムリよね。
精神を病んだ時、10年間苦労を掛けた家族だの、
友人だの有難味はわかんなかった。
わかったのは、何とか持ち直し、1人で外出しても寝込まなくなった頃を過ぎ、周りを見渡せるようになってからだもん。

あの頃があったから、私は人とのつながりを大事にしたいと思うし、財産だと思えるようになった。
人生、負けることも必要なのね(笑)

いい意味でも悪い意味でも・・・

mama.ikuko 様


まさにその通りなのだと思います。

私達ひとりひとりが「社会」で生きている限りにおいては、良きにせよ悪しきにしろ
「誰か」か関わりはもたないといけないと思います。
確かに一人で無理して頑張る事も尊いですし、それ以上に誰かに支えられて生きる事も素晴らしいと思いますし、
自分と言う存在がいい意味でも悪しき意味でも「自分以外の他人」にも影響を及ぼし合っているのだと
思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3195-918892b0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |