プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歴代プリキュアの中でのなぎさとのぞみに見られたように
「たこ焼きにチョコレート」という組合せは、確かにあんまりお勧めできそうな組合せではないのかもしれませんけど、
歴代プリキュアにおいては、なんでもかんでも・・・とにかくどんな料理にも
「とりあえずようかんでも・・」とか何とか言って
西洋料理でも和風料理でもとにかく何でもかんでも「ようかん」を入れてしまう恐ろしい先輩が約1名いらっしゃいましたね!

その先輩とは、言うまでもなくプリキュア5の秋元こまちなのですけど、
このお方は・・・とにかくおかゆでもサンドイッチでもホットケーキでも、
なぜか「ようかん」を入れないと気が済まないヘンな人でしたね・・・(笑)



縺薙∪縺。繝サ鄒顔セケ_convert_20161001173127



スイートプリキュアの第5話にて、奏が「創作ケーキコンテスト」に応募した際・・・
そうですね・・・
もしもあの場にこまち先輩がいたとしたら、やっぱりケーキにようかんでも入れてしまうのかな・・・(苦笑・・)

そうそう・・・・

こまちの実家は「和菓子屋」なのですけど、「和菓子屋」というと・・・・
そう・・!! もう一人いましたよね!
姫プリのピンク系主人公、はるかの実家も、埼玉県川越市で和菓子屋を営んでいましたよね!
はるかのどら焼きにこまちの豆大福・・・
なんだか先輩後輩を超えた壮絶な「和菓子バトルの勃発」みたいな予感もありそうですね・・・(笑)
そうですね・・・こまち先輩ならば、はるかに対して
「あらぁ~、埼玉県の和菓子屋の娘が、うちの豆大福にケチをつけるなんて100万年早いんじゃないの・・・?」と
あのニコニコした笑顔で因縁を付けてくるのかもしれないですよね・・(笑)

でも・・こまちは・・・ある意味すごい存在感がありますよね・・・・

キュアミントとしては「防御のプリキュア」ですし、外見上は変身前もとてつもなくはかなくて弱そうに見えるのですけど、
敵幹部たちもなめてかかってしまうと大抵の場合、
ほとんどが痛い目に遭ってしまい見事に返り討ちに遭ってしまうパターン多かったですよね!
「大和撫子」という言葉が大変よく似合ってはいるのですけど、
かれんさん以上に怒らせると何をしでかすのかわからない人でしたし、
プリキュア5の中では一番予想困難な人でしたね!

だけど、もしかして、歴代プリキュアの中で一番肝が据わっているというのか怖いもの知らずと言うのか、
まさに「天下無双」な御方でもありました!
理不尽な事を言われたとか親友のかれんさんが周囲から無茶な要求をされた場合、
「それ、違うんじゃないのっ!!」って啖呵を切るこまちは、まさに決然としていましたし、凛々しかったですね!



縺薙∪縺。繝サ繧医≧縺九s_convert_20161001173103



ま・・・そんなこまちも、前述の通り、料理はなんでもかんでも「ようかん」ばかり入れちゃう人でしたけど、
プリキュア5【無印版】とか二期のGoGo!版の後期EDにおいては、
「お粥」にすら「ようかん」を入れてしまうこまちがいたものでした! (笑・・)

あのシーンを見てしまうと「え―ー、こまちの味覚は絶対にヘン!」と思われがちなのですけど、
実際はどうなのかな・・?
実は「お粥に羊羹なんて、あずきとお米みたいなもので、あんこ餅みたいなもんじゃないのかな・・・・
意外とそれはそれで合うのではないのかな・・?」みたいな疑問(?)が以前から私の中で
あったものでして、
「それじゃ、物は試し!」みたいな感じで、実際にお粥の中にようかんを入れるという事を実践してみました!

あ・・さすがに「虎屋の羊羹」みたいなあんな固い高級品みたいなものだと、お粥とうまく融合しませんので、
ここは・・・羊羹はようかんでも柔らかくて崩れやすい「水ようかん」で試してみる事にしました。
あらかじめお粥を作っておいて、その中に「水ようかん」を入れて、お粥の中で水ようかんを溶かすみたいな感じに
かき混ぜてみて、そうした状態で更に火を掛けてみると、
味は・・・
そう! 前述の通り、ぼた餅というのか「おはぎ」に近い味になっていたと思います。
というか、全然「ゲテモノ食い」みたいな感じではありませんでしたし、
簡単に言うと、「おはぎを熱して食べる」みたいな食感に近かったような気もします。
全然「まずい」とか「美味しくない」という感じですし、少なくてもアニメ本編みたいな「へんな味覚・・」みたいな
感じではなかったと思いますよ・・・・! (笑)

更にいうと、「すいかに塩」ではないですけど、この水ようかんを溶かしたみたいな感じの熱いお粥に
ちょびっと塩を入れると、更に味が締まると思います!

それにしても「プリキュア5」のメンバーは、第一期の段階では、りんちゃん以外は、まともに料理すら
出来ない人たちばかりでしたね・・・(苦笑・・)
のぞみは仕方が無いとしても、うらら・こまち、そして・・・なんとかれんさんすら「料理下手」という
ある意味凄まじい集団でありましたよね! (笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!(>∀<)❤
飯テロにならない、すごいメニューだ…(・д・;)
食べられない…

えと、お見舞いコメント、ありがとうございました…!
(=人=)❤
毎年、冬は、日照時間が減るせいか、鬱になるのですよ…
ほっといたら治りますが、コメント、とってもとってもうれしかったです!!!!!
(>ω<人)❤❤❤
ありがとうございました!!!

amy様のイラストも風月時雨さんのイラストもとても楽しみですね!

Baby pink amy 様


いえいえ・・そんなお見舞いコメントだなんて・・・

秋から冬はメランコリーな季節ですので、そうした季節こそ夏では感じられない
「少しアンニュイな気分」を是非是非みんなで楽しみたいものですね!
そういう時こそ「食欲の秋!」
焼き芋とか肉まんを「あつあつ」しながら食べるのも素敵ですよね!

そうそう、風月時雨さんのプリキュアのイラストも楽しみですけど、同じくらい
風月時雨さんが描かれた東方の素敵な吸血鬼のレミリア様という吸血鬼姉妹のあの素敵なイラストをベースに
amy様がどのように素敵にアレンジ・料理されるのか・・・
今からとっても楽しみですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3193-bc527bde
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |