プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1983年の全国大会・高校の部は興味深い演奏が多い大会だったと思います。
私個人の印象なのですけど、前半よりは後半に行くほど魅力的な演奏が多かったような気もします。
ま・・プログラム第4番は、まさにあの伝説の名演の「野庭高校」のアルメニアンダンスパートⅠなのですけどね!
東海大四の内省的な渋い雰囲気、日本海を彷彿とさせる富山商業の「海」、
絢爛豪華で聴く者を「参ったかぁー!」とばかりに圧倒させる高岡商業とか、ファンタジーな雰囲気の秋田南とか、
ホルンの雄叫びがとにかく印象的な習志野とか
男子校の骨太の「エルザ」を豪快に聴かせてくれた茨木とか、まさに元気溌剌な東海大一とか、
松井節が「これでもかっ!」と炸裂した明石北にやはり吉永陽一先生の「個性」が正攻法に発揮された兵庫とか
聴く者に間違いなく「何か」を伝えた淀川工業の神話の響きとか、
神秘的かつ豪快な福岡工大付属などなど、とにかく個性的な演奏が揃っていたと思います。
私個人の感じ方なのですけど、とにかく1980年~83年の4年間の高校の部のレベルの高さは、異常というのか
とにかく凄まじいくらいのハイレヴェルだったと思います。
それだけに翌年の1984年の銅賞チームの体たらくは、さすがにちょっと「えっ・・・」という感じでした・・

そうした中、1983年の高校の部は、個人的には、花輪高校のベルク/三つの管弦楽曲より行進曲の演奏が
とにかく色々な意味で興味深く、当時まだ無調音楽のなんたるかを全く知らなかった私の脳みそをストレートに
直撃したものでした!
(花輪高校のコンクールの評価としては銅賞でした・・審査員に完璧に嫌われたと言えるのかもしれないですね・・)

前年度花輪高校は、グループ表彰開始以来初めて東北大会でダメ金で、全国大会に進むことが
出来ませんでした。
1978年に小林先生が赴任され、ラフマニノフの1番~ショスタコの1番~ハチャトゥーリアンの2番~プロコフィエフの3番と
「俺が花輪の小林だっ! どだっ! 参ったかぁー!」みたいな独特のロシアマイナーシンフォニー路線を歩み、
小林先生のこの間の歩みは、まさに「軌跡は奇跡!」みたいなものだったと思います。
本当に素晴らしい名演が続出していました!
だけど・・・1982年の東北大会では、ウィリアム=ウォルトンの「交響曲第一番第四楽章」を
感動的に高らかに鳴り響かせてくれて、当時、吹奏楽とかクラシック音楽なんかそれほどまだ興味がなかった私自身を
クラシック音楽の深い森の中に引きずり込むきっかけを作ってくれたのですけど、
結果はダメ金で全国大会に進めないという大変残酷な結果になったものでした・・

当時なのですけど、花輪高校の自由曲のタイトルを初めて耳にした時は、
「そっか・・花輪高校の小林先生は前年のダメ金が余程悔しかったのかな・・」
「昨年の反動で、今までのような難曲のマイナーシンフォニー路線から、万人受けする明るく爽やかなマーチ路線に
シフトしたのかな・・」と当時は思ったものでした。
(当時高校生の自分には、ベルクなどのような無調音楽は知る由もなかったです・・
 というか、曲のタイトルから「そうなんじゃないのかな・」と勝手に連想しただけです。)

だけど・・・ そう! 花輪高校の小林先生はそんな一年足らずの挫折だけで、自分のやりたい音楽を
引っ込める御方ではないのです!

でも当時は、まさかああいう無調音楽バリバリの路線で勝負を掛けてくるなんて夢にも思わなかったです。

この演奏を初めて聴いた時は、「何じゃ、これ?」という感じでした。
だってメロディーは全くないし、喜怒哀楽のような表情が全くないし、
何となく音符を機械的に割振っただけのような感じもありました。
当初は、「一体この曲のどこが行進曲なの・・?」みたいな思いで一杯でした!

ただ何となくですけど、漠然と曲自体に魅かれるものはあり、当時の私の脳内妄想では、全員うつむきながら
処刑される刑場まで無言でうなだれて重い足を引きずって歩いていくような漠然としたイメージは
なんとなくですけどうっすらとは感じておりました。

このベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」は、とてつもない陰鬱な曲でして、
この曲を耳にしただけで「生きているのが嫌になってしまう・・」みたいな感じでもありました。
さてさて、この曲は途中で視聴覚的にとてつもないインパクトを与える箇所が登場します。
何かと言うと、打楽器奏者が木製のハンマーを持ち、このハンマーでもって鉄の棒らしきものを叩きつける
場面があったりもします。
あのハンマーは、叩きつけられた瞬間に「ゴツン!!」ととてつもない残響音を発生させ、
聴く者に間違いなくインパクトと驚きは与えていると思います。
ハンマーを床に叩きつけて「ゴツン!」というとてつもない効果音を発生される曲の例として他にも
マーラーの交響曲第6番「悲劇的」第四楽章があるのですけど、
この交響曲の中でマーラーはハンマーを運命に例え、「運命の一撃によって英雄は打倒される」という事を
意図していますので、ベルクのこのハンマーの叩きつけというのも
「運命の一撃」みたいな事を示唆しているのかもしれないですね。
ちなみにですけど、ベルクはマーラーの弟子・・・みたいなものでもあります。



ハンマー



「日本の吹奏楽83」のレコードの裏ジャケットには、花輪高校の演奏写真がカラーで掲載されていて、
その演奏写真を見てみると、打楽器奏者の一人が、まさにハンマーを叩きつけている演奏箇所のようにも見えます。

花輪高校の演奏は決して悪いものではなく、技術的には確実性があります。
1983年の同じ銅賞でも、関東一高とか日大豊山みたいな演奏と同一レベルではとらえて
ほしくないと思います。
前述の通り、あの曲の難解さや鬱々とした感じが審査員に受け入れられなかったのでしょうね。

1983年当時において、ベルクやシェーンベルクみたいな超難解の無調音楽バリバリの音楽を
自由曲にしようなんていう発想はまずありえなかったと思います。
だけどそうした従来の「吹奏楽コンクールの非常識」にあえて積極果敢に挑戦し、
「吹奏楽コンクールは常識に囚われてはいけない世界」という事を私たちに提示してくれた花輪高校の小林先生の
功績はあまりにも大きいと思いますし、
この小林先生の姿勢に、この演奏から33年後の私から、強く強く敬意を表させて頂きたいと思います。

この年の花輪の具体的な演奏の感想については、後日・・本編にて語らさせて頂きたいと思います。

最後に・・・

最近の吹奏楽コンクールでは、たまにですけど、シュミットの交響曲とかディティユーの交響曲とか
ベルクのルルみたいな超難解な自由曲とか
昨年みたいなブルックナーの交響曲を自由曲にする事例がありますけど、
そうですね・・・
これらの積極果敢に現代音楽を自由曲に取り上げる大きな「先駆け」となったのが
まさに・・・・
この年、11983年の花輪高校なのだと思います!

花輪高は、翌年の1984年は、いかにも花輪高校らしい「ロシアマイナーシンフォニー」路線へ戻り
ハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」で前年と前々年の鬱憤を
晴らしてくれています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3190-4268e419
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |