プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日、もしも当ブログをご覧頂けた方が、本日のトップ記事をご覧になってしまわれると
「え――――、先日あんだけ天狗とかこのあややについて暑苦しく語っていたのに、
本日もまたあやや=射命丸文なのかよぉーー」と思われるのかもしれないですよね・・・(笑)

いいんですっ!

だって、あややはとにかくとってもとっても可愛いですし、過去記事においてもグリフォンとかグッドスマイルカンパニーの
あややのフィギュアは既に紹介させて頂いているのですけど、この第7回博麗神社例大祭開催記念の特注フィギュアの
完成度がとてつもなく高くて、まさにあややの魅力を300%以上引き出していると思いますし、
「このあややフィギュアが可愛すぎて生きるのがつらい・・・」みたいな雰囲気にもなっていますので、
二日連続のあやや記事になってしまうのですけど、
改めてこの「第7回博麗神社例大祭開催記念の特注フィギュアのあやや」を簡単にご紹介を
させて頂きたいと思います。



縺ゅd繧Юconvert_20160928140354



まず初めにお断りをさせて頂きますと、今回のこのあややのフィギュアは、
例えば、グリフォンとかコトブキヤなどのようなメーカー系のものではなくて、あくまで同人サークル系制作
という事で、言ってみれば必ずしも「メーカー正規品」ではない・・みたいな扱いになるのかな・・?
第7回博麗神社例大祭のイベントの中の一つの企画商品と言っても差し障りは無いのかな・・とも思えます。

簡単に商品概要を記させて頂きますと・・・

博麗神社例大祭開催記念の射命丸文フィギュアが登場!

【商品詳細】
セット内容:フィギュ本体、刀、天狗のお面、台座、説明書、水転写シール×2シート(1枚は予備)
サイズ:全高約22cm(台座含む)
価格 : イベント特別価格 6000円  通常販売価格 7350円
発売元:博麗神社社務所

第7回博麗神社例大祭オフィシャルグッズという事で、同人フィギュアでもありますので、
基本的にはこの例大祭のイベントが終了すればフィギュアの販売も終了となっていますけど、実際には
イベント終了後もとらのあな・ホワイトキャンバス等で販売されていたようです。
そんな訳で、元々もが同人系でイベント限定商品ゆえに制作した数自体が極めて少ないようで、
現在では中古おもちゃ店等の流通ルートで見かけることはほとんどないと思われます。
それゆえ、アマゾン・ヤフオク等でもそんなに頻繁に出品がされていない模様です。

あ、そうそう・・このあややのフィギュアなんですけど、全てが完成品として販売されていないようでして、
あややの衣装の細かい装飾なんかは、扱いが面倒で大変となにかと評判が悪い「水転写シール」をフィギュア本体に貼る
仕様のようでして、これは結構面倒みたいですね。
(失敗することが多いから予備用を含めて2セットも水転写シールが付属されているのですね!)

そうした水転写シールが面倒とか同人系だからとか色々と難点はあるのかもしれないですけど、
フィギュアとしての仕上がりは素晴らしいと思いますし、
まさに申し分のない仕上がりだと思います!
あややの可愛らしい雰囲気とか「鴉天狗」のというスピード感と躍動感の雰囲気も遺憾なく発揮されていると
思いますし、天狗のお面とか刀の小物の仕上がりもかなり精緻だと思いますし、
あややの一つの特徴でもあるあの「黒のフリル付ミニスカート」のふわっとした感じとか
本当に「お見事!!」としか言いようがないと思います。

まさに・・このあややのフィギュアを見てしまうと、
「このあややのフィギュアが可愛すぎて生きるのがつらい・・」みたいな世界に突入してしまいそうですね・・・(笑)




譁・・繧、繝ゥ繧ケ繝・convert_20160928144800



箱にあったイラストは、デザインを担当した赤りんご氏によるものです。
これがいわゆる「元絵」という事になるのだと思いますけど、まさにこの元絵からあの素晴らしいあややが
降臨してきた! みたいなものですね!

このイラストのあややもとっても可愛いと思います! まさに「素敵な新聞記者のお姉さん!」みたいな雰囲気が
とってもよく出ていると思います。

東方の同人フィギュアは外注の場合、原型師名を明かさないものが多いようですね。
このあややのフィギュアもまさにそんな感じでして、このあややのフィギュアは、
箱書きに原型師名はおろかデザイン担当の氏名も書かれておらず、
それどころか元絵担当の赤りんご氏の名前すら書かれていないのは、なんか赤りんご氏にとっては
気の毒な話なのかもしれないですね・・・



縺ゅd繧・・繝サ繝サ_convert_20160928144738


蟆・多荳ク譁㍉convert_20160928141407



繧・d縺ゅd_convert_20160928140529



元デザインに比べると何となくですけど少しだけ顔が丸みを帯びているようにも感じられます。
あややの元ネタは鴉天狗→カラス、つまり一応は「鳥」でもありますので、やはり鳥と言うと、ガリガリに
痩せているよりは多少ふっくらした方が宜しいのかな・・・とも思ったりもしますよね・・(笑)
ま・・あややは鳥でもありますので、焼き鳥・鳥鍋は絶対的な反対論者でもあり、その点だけは
ミスティア・ローレライと意気投合しているのはとったも面白いものがあると思います。
とにかく、私としては、少しふっくらとしたあややの方が全然可愛いと思います!

あややは鴉天狗という事もありまして、一番の特徴はこの「黒い翼」なのかな・・?
デザインされた赤りんご氏によると、やはりこの「鴉」という雰囲気をかなり重視したとの事です。
先日の記事の中で、あややの背中の翼は、作品によっては付いている場合と付いていない場合が
あると書いたのですけど、例えば・・・公式漫画版の儚月抄や三月精においては、翼や羽の描写はないのですけど、
あややは普通に空を飛んでいます。
そうですね・・この点に関しては、

1.あややは翼が無くても、霊夢のように空を飛べることが出来る

2.普段は翼は折り畳んであるから、表面的には無いように見える、つまり、翼は「出し入れ自由」である。

という二つの解釈のうち、どちらかが適用されているという捉え方で宜しいのかもしれないですね。
儚月抄や三月精においては、背中の肌は露出しておらず服が背中を覆っていますので、
普段は服に隠れて見えないほど、幾重にもコンパクトに折り畳まれているという事なのかもしれないですね・・(笑・・)

背中の翼とか黒ミニスカというと、あやや以外では、あの「絶対領域」ですっかりお馴染みの封獣ぬえが
いるのですけど、ぬえの場合は、あまりにも羽が多過ぎて、とてもしゃないけどコンパクトに折り畳み用が
無いですので、羽自体も普段から露出していたのがとても印象的です。
ま、もっともあややの場合、元々が凄まじいスピードさと驚異的運動能力を有していますので、
仮に翼を表に出していなくても、その大跳躍により、いかにも空を飛んでいるようにも見え.ると思います。
それは人間の感覚からすると、「空を飛んでいる」事にしかみえないのだとも思います。

それにしてもあややのすらりとした足は、とにかくお綺麗だと思います!
このスッと細く綺麗な足は、黒ミニスカートとも大変よく合っていると思います。太ももが眩しすぎますっ・・! (笑)

も―――――、本当にあややはなんて可愛いんだぁ―――――!!という感じですね!

このあややの可愛らしさは反則です!

まさに「あややが可愛すぎて生きていくのが辛い・・」みたいな感じなのだと思います!!

あややは、公式の設定では1000歳以上となっているのですけど、
こんに可愛くて素敵な1000歳は間違いなくいる訳ないですね!
も――、こんなに素敵で可愛いおねえさんと、是非是非外界でデートをさせて頂きたいものです! (笑)

刀や天狗のお面・高下駄等の小物も中々芸が細かい仕上がりだと思います。あややの場合、天狗のお面を
半分付けていたとしても十分可愛いですし、お面を全て被っていたとしても、
全体的な可愛らしさの雰囲気のためか、「なんて素敵な天狗さん!」と思ってしまうのかもしれないですね。
天狗の面を被ってもあややの可愛さは、見ている人に間違いなく「なんて可愛いお人・・」みたいな
印象を与えているのだと思います。



縺ゅd繧・ー・多荳ク_convert_20160928141308




公式においては、あややは「刀」を使用する事はほぼ無いものですので、こうやって刀を脇に刺したあややというのは、
赤りんご氏の「想像の世界」という感じなのかもしれないですね。
こういう刀を差すあややというのもなんか「凛とした女性剣士」みたいな雰囲気もあり、なかなか凛々しいものが
あると思います。

そして、やっぱりあややのこのフリル付の黒ミニスカは、とにかく感動しちゃいます!
とにかくめちゃくちゃ可愛いと思います!

それにしてもあややのスカートはかなり短いですね! どんなに長くても膝上程度ですので
これはまさに・・「東方ミニスカキャラの鑑」ですね!

私の個人的な印象では、東方の素敵なミニスカキャラと言うと・・・このあやや以外では、ぬえとうどんげちゃんが
双璧なのかな・・・とも思ったりもしますね!

そしてこのスカートの細かい装飾品は、素晴らしいのですけども、水転写シールをフィギュア本体に貼るというのは、
さすがに厄介で大変だと思います・・・
でもちゃんと無事に貼れた時は、まさに「決まったぁ――!」みたいなドヤ顔をしそうですね・・(笑)




縺ゅd繧・d繧Юconvert_20160928140644



鴉天狗と言うと、なんかついつい古くからのイメージでは「山伏のなれの果て・・」みたいなイメージも
無くは無いのですけど、
このあややは、そうした「山伏」っぽい雰囲気もちゃんと伝えているところは素晴らしいと思います。

そして山伏っぽい雰囲気もあるのだけど、ショートカットの正統派の素敵な美人さん! みたいな雰囲気も濃厚で
本当に完成度は高いと思いますし、
制作者の「あやや愛」みたいなものも感じてしまいますよね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あややいいっすね~。ポーズがいいですね。作っている人が謎っていうのもなんだか本人のこだわりを感じますね~。まさに職人ですね^^

フィギュアに水転写って、
とても難しそうです💦
失敗したら予備があっても再挑戦は
躊躇しそうですね(^_^;)
かといって普通のシールでも、
見た目がちょっと💦
ってなってしまうのでしょうね。

あややは最高です! (笑)

八咫烏 様


いつもコメント頂きありがとうございます!

あややは本当に最高ですよね!

八咫烏 様はまさに「カラス」の神様のような御方でもあると思いますので、鴉天狗の射命丸文こそは、
まさに八咫烏 様にとっては一つのシンボル的存在と言えるのかもしれないですね。

近々コトブキヤのあややフィギュア記事も掲載させて頂きますが、こちらはもっとすごい事になると思います!

水転写シール

kirakiya.rumari 様


一般のフィギュアって当然「完成品」の状態で販売されるのですけど、
こうした同人誌系のイベント限定の場合ですと、どうしても経費削減とか手間のカットみたいな事が
行われてしまいがちですね・・・(笑)
ご指摘の通り、水転写シールは貼るのが大変難しいし、とてつもなくイライラします・・・(笑)
手先が相当器用でないと多分ですけど、なかなか美しい仕上がりにはならないような
印象が極めて強いですし、とっても厄介ですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3188-9d93ffd9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |