プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いや――、とっても素敵な回でした!!

私、こういう話はとっても大好きです!!

ま、確かに、歴代プリキュアにおいても「恋愛とプリキュアの相性は実は宜しくない・・」という感じでもありましたし、
それを立証したのが、ハピネスのブルーとめぐみなのですけど
(しつこいようですが、私はいまだにめぐみを大泣きさせたあの青い神様が許せないですね! キリッ!!)
傾向として、プリキュアやその関係者の恋愛話は「悲恋」に終わるかはたまた、初代におけるなぎさと藤P先輩とか
ラブと大輔の「しーらないっ!」じゃないけど
「なんとなく曖昧のまんま閉じる・・」というのが定番だと思いますけど、
そうした中、スマイルのあかねちゃんとブライアンの話はあれはまさにプリキュア史上一つの「奇跡」みたいなものだと
思います。
ま・・・歴代プリキュアでの最大の恋愛における「悲劇のヒロイン」はめぐみなのかな・・・と思ったのですけど、
ま・・めぐみには誠司がちゃんといるという事を考慮すると、
やっぱり・・・りんちゃんなのかな・・・?
りんちゃんのプリキュア5【無印版】におけるド派手な失恋は・・・あれはちょっといくらなんでも気の毒なのかも・・・?
ま・・・ビジネス的に言うと、りんちゃんは「夏木花店」の大事な顧客の一人に手を出した・・という事にもなるので
「ま・・しょうがないか・・」みたいな感じにもなるのですけど、
いいんです! りんちゃんには、プリキュア史上、私的には最大の百合カップルのお相手とも言える「のぞみ」が
いるのですから!! (笑・・)

その「百合」というのが今回の最大のオチと言うのもいかにもプリキュアらしくて素晴らしいと思います。

そっか・・「魔法つかいプリキュア」の百合カップリングは、みらいとリコちゃんだけじゃなかったのですね!
まさかこういうかな-まゆのカップリングが成立するとは夢にも思わなかっただけに
これはこれで素敵なサプライズだったと思います。
確かに今回の話は、あまりにもベタな失恋話だったと思います。
(というか・・・出会いが雨の中、まゆみが転んで男子に「大丈夫・・?」なんて声を掛けられる事自体、
「お前ら、ここは70年代アニメなのか・・?」と突っ込みたい気持ちで一杯でありました・・・笑・・)
相手に打ち明けたい・・・→だけどそんな勇気がない・・・→仲間からの励ましで「告白」を決意・・・
→勇気を出して告白するものの見事に撃沈・・!
も―――、まさに「お約束通りの展開」としか言いようがないのですし、
まさに・・・・プリキュアの恋愛話ではないけど、一般的な話をさせて頂くと、「初恋とは残酷なもの・・」という事を
見事に謳い上げていたと思います。
だけど「魔法つかい」の場合、「素敵だなぁ・・」と感じさせたのは、そうした「失恋」を契機に
女の子同士の友情を芽生えさせてしまう展開にさりげなく持っていく点は、「話がうまいなぁ・・」と思いますし、
プリキュアの場合、「ま・・確かに異性との交際も素敵だけど、やっばり女の子同士がいいよね・・」という
感じなのだと思います。
かなにとっては、まゆみが周囲にはいくら言っても理解も賛同もしてくれなかった
「魔法使いは本当に実在している!」みたいな胡散くさい(?)話をきちんと誠実に聞いてくれたまゆみの存在が
眩しく感じたと思いますし、まゆみにとっても自分の失恋の痛みをまるで「自分の痛み」のように共感し
共に泣きじゃくってくれたかなの存在はまさに「救世主」だったと思います。
そうした意味からも、プリキュアくらいのお年頃だと、「異性よりもまずは仲間ね!」の方がむしろ自然なのかな・・・?とも
感じますし、そうした意味においても、私自身はとっても自然な流れで素敵な回だったと思います。

失恋を踏み台にした百合回に繋げてくるあの展開はすごい・・としか言いようがないです!
プリキュアの百合は、みらいとリコちゃんだけじゃないという制作者サイドの「気合」みたいなものすら伝わってくる
感じもありました!
そして・・・みらいはみらいらしく前向きに応援してあげよう・・という気持ちもストレートに伝わってきて
とても素敵です!

ま・・・だけど今回の話に限らず、どうしても「初恋は残酷な結果・・」になってしまうものなのかな・・・?

そうですね・・・私自身もそんな感じだったのかな・・・(苦笑・・)

私の初恋は、中二の頃でしたね・・・お相手は・・・そうですね・・・東方Projectで例えると、そう! まさに「阿求ちゃん」
みたいな雰囲気の女の子でした!
おかっぱのショートカットでいかにも「私、お勉強ができます・・」みたいな才女みたいな雰囲気の子で、
清楚でおとなしめ・・みたいな雰囲気もあるのだけど、話すと結構毒があって、
割と人の痛みとか弱さはポンポンと的確についてくる毒舌キャラみたいな感じは、まさに阿求ちゃんそのもの
だったのかも・・・?
なんかね・・・この子とはどういう訳か気が合って、とにかく二人でやたらめったらべちゃくちゃ楽しくお話している内に
なんか私自身も「あ・・なんかこういう娘、いいなぁ・・」みたいに意識し始め、
「この娘のためにも、吹奏楽部とか勉強とか頑張らないといけない!」みたいな感じになっていたのかも・・・??
だけどねぇ・・・・こういうのって廻りは、結構優しく見守ってくれない・・みたいな雰囲気もあり、
そのうち・・・なんかクラス中で「あのふたりはできている・・」みたいななんかヘンな噂が持ち上がるようになって、
その娘も元々・・・才女みたいな感じてもあったし、私自身もなんかそうしたヘンな噂が嫌だったし、
いつの間にか・・自然にお互いに話をするのがなんか「気まずい・・」みたいな雰囲気になってしまい、
私の「初恋」は自然に幕をおろしたものてした・・
別に自惚れているつもりはないのですけど(笑・・)、この頃、そんな私の事でも私の事を一方的に「好き!!」みたいに
言ってくれる女の子もいたのですけど、なんか別に好みのタイプでも無かったので、
なんか放置状態になっていたのですけど、
その娘にある日、なんかついつい調子こいて
「あれれ・・・お前の事を野球部のSという男子が好きという噂が充満してるぞ! よかったねー
そんなお前でも好きと言ってくれる男子が出てくるなんてさぁ―」なんて言った瞬間に、廊下の公衆の目前で
その娘から思いっきり平手打ちを食らってしまい
「ばかぁーーーー!!」なんて思いっきり泣き叫ばれてしまい、その時、自分自身の
決して言ってはいけない失言に気が付いたものでした・・・
うーーむ・・・デリカシーが無いのは、今も昔も変わらない・・といったところなのでしょうか・・・
私は・・・ハピネスのめぐみの事を「鈍感娘」なんて言う資格は全く無い・・と言えるのかもしれないですよね・・
あれは・・・まさに私の大失言でした・・・(泣・・・)

ま・・・・人生色々・・・恋愛もいろいろ・・・と言った感じなのかもしれないですね・・・







照れてしまい、みらいの背中にそっと隠れてしまうまゆみがとっても可愛いです!

ごめんね…勇気が出せなくて…

仕方ないよ!恋ってそういうもんって漫画で読んだし!

みらいとまゆみの会話から示唆される通り、実は・・・みらい自身は「恋愛未経験者」なんですよね・・・

だけどそういう恋の百戦錬磨じゃなくても「自分はまゆみを応援しよう!」というみらいの気持ちは大変尊いものが
ありますし、
上記の私の中二のクラスメイトには全く欠けていたものが、みらいにはあると思いますっ! キリッ!!




923b6491-s_convert_20160927125953.jpg


1f17f42a-s_convert_20160927125843.jpg



今回の話で意外と「隠し味」だったのがはーちゃんだと思います。
(リコちゃんは・・・そうですね・・・次回のまさかまさかの・・・生徒会長選挙で頑張って欲しいと思います・・・苦笑・・・)

はーちゃんの「お話しないと気持ちは伝わらないよ?」とか「好きって言わないの?」と言うのは、
そうですね・・・
これはまだ「恋」のなんたるかを全く知らない純真なはーちゃんらしいお言葉だと思いますが、実は正攻法の正解を
言っているというのが凄いと思います。

それとみらいとの会話・・・

「ねぇねぇ!なんで好きな人に好きって言うのにドキドキするの?」

「みらい好き!リコ好き!モフルンも大好き!」

「はーちゃんが言ってくれた「好き」と、まゆみの「好き」は、ちょっと違うんじゃない?」

この辺りはいかにも純粋無垢なはーちゃんらしい雰囲気がとってもよく出ていたと思いますし、
あれはまさに・・・
likeとloveの違いそのものですよね!!

そう言えば・・・ハピネスのハロウィン回におけるゆうゆうの「いろんな好きがあるから・・」とうセリフは、
これはまさに「love」の方の好きという事なのでしょうね・・・
というか、ゆうゆうがそんな事言うと、「経験者は語る・・」にしか聞こえないのが凄いですよね・・・(笑)

それと・・・はーちゃんが「告白」にためらうまゆみに対して、例えば・・「勇気を出す魔法」をまゆみに
掛けてしまうような安直な方法ではなくて、
大量の鳥を放出させて、告白相手の男の子の集団から告白対象の男の子を一人きりにさせてしまう
はーちゃんの「気遣い」というのもはーちゃんの一つの進歩と言えるのかもしれないですよね。
ま・・今作の一つのテーマは、「魔法は素敵なものだけど絶対的なものではない・・、大事な事は自分で掴み取りましょう!」と
いう事でもありますので、はーちゃんのアプローチはまさに本作に相応しいものだと思えます。




de25a929_convert_20160927130140.jpg


5375abc3-s_convert_20160927130027.jpg



上記の話じゃないけど、まさに「初恋とは残酷なもの・・」をプリキュアらしく提示した場面だと思います!

確かにとてつもなくベタなんですけど、

なんか見ている方がいたたまれませんし、ついつい熱くなってしまいます・・・



2e935b91-s_convert_20160927125917.jpg



とにかく、かなまゆという新しい百合カップルが誕生した事は素敵な事だと思いますし、
まゆみの失恋と言う確かに痛い話を、女の子同士の友情にきちんと昇華できるプリキュアはやっぱりすごいと
思います!

次回は・・・リコちゃんのまさかまさかの生徒会長立候補話・・・

それしはいいとして(笑)、新しいイケメンさんの敵幹部がなにやらとっても気になりますね・・・
なんかあの御方は「ペルソナ」みたいな雰囲気があったようにも思えます・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プリキュアでの恋愛

今話において「かなとまゆみを大泣きさせた男子生徒はブルーと同等か?」などといったネタは聞かれず、とくにかなの大泣きを見て、兵庫県の野々村竜太郎元県議を思い出してしまった今日この頃です。過去にも「ヒメルダ竜太郎」「愛乃竜太郎」などといったネタが生まれており、まさか「勝木竜太郎」とか出てきたりとか…。
プリキュアでの恋愛はなぎさや咲、ラブなどに代表され、まゆみのように失恋した例はラケルと八嶋、あかねとブライアン、めぐみとブルーがいて(あかねの場合は失恋という訳ではなさそう…)、とくにブルーはこの件からネット上で叩かれるといった件があります。そしてかなとまゆみを元気にするにはイチゴメロンパン、というみらいの台詞があり、これがゆうこであれば間違いなくハニーキャンディでしょうか。ちなみにイチゴメロンパンは、実際に第一屋製パンから発売されているとか。

かなとまゆみが名前呼びじゃなかったのが意外でした。
まあ初恋は大抵実らず、来週のリコちゃんも
生徒会長にはならないだろうと思います(笑)

過去シリーズで貧乏くじっぽかったのは
なんとなくブロッサムのつぼみかなと思ってます。
コッペ様にいつきに一目惚れしてましたよねw

あと、情報だけですが
10/29(土)印西市牧ノ原モアにて
「キュアラブリーがやってくる!」が有ります。
さすがに遠いのですが、珍しいと言うことでw

Re: プリキュアでの恋愛

鎌倉快速 様


ヒメルダ竜太郎」「愛乃竜太郎」なーんていう言葉があるのですね! (笑)

これは初めて聞きましたけど、なんか「なるほどね・・」と思わせてくれるお話だと感じました。
そうですね・・・今回のあの男子生徒のに「罪」はないけど、
ブルーの「罪」は山ほどあるから、こんなにも叩かれているのかもしれないですね・・

ゆうゆうの「特製ハニーキャンディ」はまさに「万能」でしたね!
あのいおなやハワイのプリキュアですら、あのキャンディで餌付けをしていましたからね! (笑)

え・・・まさか・・あの御方が・・・!?

りえ太 様


そっかー・・・・確かに「ブロッサム」という事例もありましたね!!

ま・・・ブロッサムの場合「悲恋」という雰囲気は微塵も無くて、つぼみの「勘違いさん・・」みたいな
感じのちょっとした失恋みたいなものだったのが救いなのかも・・・??
でもブロッサムもとっても可愛かったですね!!

え・・・まだあの偉大なあの御方が「単独営業」されているのですね!!

これすごいですね・・・

そうですね・・私としてはあの御方の「偉大さ」を証明していると思いたいのですけど
単に「使用料が安かった・・」という感じなのかな・・・?
ちなみにですけど、10/12の記事は「ラブリーお誕生日」のお祝い記事です!!

初恋は物語とかでは
あまり成就したのは見たことないですね。
現実の方でもあまり見たことないですけどね(^_^;)
この頃の年代は恋愛話自体に興味がありますよね。
誰が誰を好きだとか、気になってるとか(笑)
女の子が話をすると大抵そんな話題でした。
嘘も含まれちゃってる事があるのが、
怖いと思いましたけど💦
ですが、確かにそういう恋愛相談や失恋に対しての、
友情やひたむきに支え合っている
というような場面も多くありましたね。
懐かしい年代話題です(笑)

ちょっと、心配していました。
何となく、プリキュアには、恋愛て、合わないような~、て思っていたので。
でも、中学生くらいでは、恋愛て、関心ある子、多いですよね。
恋愛は、人生の一部だけなので、嵌らないで欲しいです。
その点、今回のお話しは、子供に安心して、見させられる感じで、良かったです。
恋愛よりも、人の心とか、大事なことは、いっぱいだよ、て感じで。
う~ん、良いアニメです、プリキュアて。

かしこ

どもです(*´▽`*)ノ

ホント、プリキュアってさりげなく
百合的展開に引っ張っていってくれることがありますよね。
大きなお友達の勝手な解釈かな、なんて思うこともあるのですが、
どうもそうじゃないなぁ、なんて。

今回もまゆみの初恋を、かなが応援するも失敗するまでの一連の経緯の中で、
確実に、少なくとも友達以上の何かが生まれている…。
まゆかなの今後が描かれなくても、
大きなお友達の中では妄想が膨らみますね(笑)。

もちろんそういったマニアックな世界の話だけではなく、
友達とか恋愛とか、友情とか愛情なんてものには、
世間一般で言われたり、考えられたりしているような
カタチなんて本当はないってことを、教えてくれているような気がします。

こういう百合展開に限らず、一見、女児(子供)向けに作られているアニメだけど、
決して子供のうちには理解できないような
深いメッセージ性を込めようと頑張っている所が、
僕個人的に、プリキュアシリーズの好きな所です。
子供達の親世代も楽しめることはもちろん、
子供達がそれなりの年齢になってから、思い出したり、見返したりして、
ようやくわかるような強いメッセージ性、ストーリー展開…。
さりげなく組み込まれている気がします。

恋に恋するお年頃・・?

kirakiya.rumari 様


中学生くらいですと、具体的な「恋話」というよりも
「恋とは・・愛とはどんなもんなのたろう・・?」みたいな漠然とした憧れに恋しているみたいな感覚なのだと
思いますね・・
確かにご指摘の通り「あの人とあの人は出来ているのかも・・?」みたいな噂話というのかゴシップ話の方が
話していて面白いという感じなのかもしれないですね。

高校生くらいになると、そうした話にいよいよ具体性が出てきて、
そうした恋の経験とかが絶対的に足りないから、周りに色々と相談するというのも
なんか素敵な思い出だと思います。

やっぱりプリキュアは素晴らしい!

みかんゼリー 様


歴代のプリキュアにおいても、確かにプリキュアと異性との交際はあんまり両立はしない傾向に
ありましたので、果たしてどんな感じにまとめてくるのかな・・と興味津々で見ていたら、
百合っぽくもあり、真剣な意図もあり、「今は、恋よりももっと大切なものが何かありそう・・」みたいな提示を
さり気なく示唆していたのは
とっても素敵な事だと思います。

魔法とか他力よりもまずは「自分の力でなんとかしましょう」みたいな事もうまく子供たちに
伝える事が出来ていたとも思えますね。

百合キュア

takumi 様


中学生頃あたりだと、「まずは異性よりも女の子(男の子)同士の友情ね」みたいな意識の方が
むしろ自然だと思いますし、
そうした考えの中での今回の話でしたので、
話としてはすんなりと入っていったと思いますね。
そうした流れの中で、のぞみ-りんとか咲-舞とか響-奏とかマナ-りつみたいな「百合キュア」と
言われているようなカップリングが派生したとも言えるのでしょうね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3185-f83b3669
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |