プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この一つ後の記事が「10月9日は天狗の日」なのですけど、
こうした記念すべきイベントの日をもって東方の鴉天狗の射命丸文(しゃめいまる あや 通称、あやや)の
あやや語りをスタートすることが出来てとっても嬉しいです!
多分ですけど、年末近くまではこの「あやや語り」を楽しく展開をさせて頂きたいと思います。

「射命丸 文」は、しゃめいまる あやと呼びます。
私も東方の事を何も知らない頃は、しゃめいまるぶんと呼んでいましたし、あややが発行する「文々。新聞」は
「ぶんぶんまる新聞」と呼び、あやあや新聞とは呼ばないため、
「文」をぶんと呼んでしまう事はある意味やむを得なかったのかもしれないですね。
考えてみると、東方キャラでは、意外と読み方が「あーー、そう読むのか・・・!?」みたいなキャラもいたりもして、
例えば・・・ゆかりん・・八雲紫は、「やくも むらさき」と読んじゃいそうですけど、実は「やくも ゆかり」が正解です。
ゆかりんの式神の八雲藍は、「やくも あい」と読んじゃいそうですけど、実は「やくも らん」が正解です。
あと・・そうですね・・寅丸星は、「とらまるほし」と読みそうですけど、実は正解は「とらまるしょう」です。
また紅魔館の門番の紅美鈴は、華人でもありますので、実は読み方は「ほんめいりん」です。
はたまた・・・永遠亭のお姫様、蓬莱山輝夜の「輝夜」は、ついついうっかり「てるよ」と読みそうですけど、
かぐや姫を元ネタにしているため、読み方は「かぐや」が正解です。

射命丸文は、実は私の大のお気に入りキャラの一人でもあります!

東方全キャラの中で「5人に絞って・・」と言われたら・・・悩みますけど、今だったら、
さとり様・こいしちゃん・早苗さん・ゆかりん、そしてこの射命丸文になってしまうのかも・・・・!!
そして・・・この5人の中から、一人だけ「一日だけ外界に連れ出してデートしてもいい・・」みたいな嬉しい話になったら、
そうですね・・・
私は間違いなく、あややを選ぶと思います。
早苗さんは、つい最近まで外界の女子高生をしていたから、あまり外界への新鮮さはないだろうし、
ゆかりんは・・私の脳内妄想では、外界で色々と悪だくみ&策略をしているという感じで、やはの外界に慣れているでしょうし、
さとり様は・・・外界の他の女の子をチラ見しただけで
「あなた・・今、私以外の女の子の事を考えたでしょ・・・」とお叱りを受けそうですし、
こいしちゃんは・・・外界に来るととてつもなくはしゃいでしまい、いつも以上にあっちへフラフラ、こっちへフラフラと
多分ですけど数分後には行方不明になるかもしれません・・(笑)
あややは、元の性格が真面目ですし分別をきちんとわきまえていますし、
外界に連れ出したとしても、多分・・・うまく適応してくれると思います。
後述しますけど、あややは天狗と同時に新聞記者でもありますので、外界で見る事聞く事が全て新鮮に
感じてくれると思いますし、あややのそうした「外界ってすごーーい!!」みたいなフレッシュな気分を間近で
見れたら、なんかとってもハッピーな気持ちになれそうです!
ま・・・翌日の幻想郷内の「文々。新聞」のトップ記事が「これが外界だ!」みたいな特集記事になるのは
目に見えていますけどね・・・(笑・・)
その際に・・・不肖・・この私とあややのツーショット写真がその「文々。新聞」」の一面を飾ってくれれば・・・
気分としては「その時、私は命を落としても構わないと思った・・」(By 「響け! ユーフォニアム 第一期第8話より)
みたいな感じになるのかな・・・??

あややの外見的特徴として
黒いフリルの付いたミニスカートと白いフォーマルな半袖シャツといったいかにも社会人らしい服装・・・!
みたいなイメージがありますね!
なんか・・・
「取材拒否」とか「見た目で胡散くさく思われる事」を嫌がった結果、あややなりに
「じゃーこういういかにも新社会人みたいなフォームの方が幻想郷の人達にも受け入れられやすいのかも・・・」みたいな
あややとしての「計算」みたいなものもそこにはありそうですね!
ちなみにですけど、「東方鈴奈庵」第5巻においては、
紅葉色のジャケットに、キャスケット帽をかぶりショルダーバッグをかけたジャーナリスト然とした恰好をお披露目
してくれています。
(ま・・・さすがにあの格好は、天狗らしい雰囲気はほぼ皆無でしたね・・・)
怪しいものと思われないよう「社会派ルポライターあや」と書かれた名刺も持ち歩いているところがとっても素敵です!
外見的特徴として他には、黒髪ショート・赤い瞳・赤い山伏風の帽子・赤い天狗下駄というのもありますね。
でもやっぱり、あややと言うと、私的にはあのフリル付の黒のミニスカートという印象が大変強いですし、
幻想郷内であややほどあの黒ミニスカートが似合っているキャラもあんまりいないような気もします。
(ま・・・・封獣ぬえもいるのですけど、ぬえはどちらかというとミニスカというよりはあの絶対領域の印象が強すぎますよね!!)
でも本当にあややって可愛い素敵なお姉さんだと思います!!

そうした可愛い外見の一方で、鬼の萃香からは
「強いものには下に出て、弱いものには強気に出る。もの凄く強いのに適度に手を抜く。
頭が切れるのに惚ける。やたらと狡猾」
みたいな評価を受けてもいます。
要は・・・頭が切れてしかも世渡り上手みたいな性格の御方と言えるのかもしれないですよね。

あ・・・なんかその①からいきなりヒートアップ気味ですけど、それも私の「あやや大好き!」からくるものと
思って下さい・・・(笑)
そうそう・・あやや、つまり射命丸文の概要について何も語っていないのに、随分と既に色々な事を語ってしまいましたけど、
改めて、文の概要について書いてしまうと・・・
鴉天狗の妖怪で、天狗という一つの組織社会の中では、「鴉天狗」として報道部隊に属している新聞記者とも言えまして、
「文々。新聞(ぶんぶんまるしんぶん)」という個人新聞を発行しています。
妖怪としては、かなり寿命は長く、
幻想郷の妖怪の山に鬼が存在し、幻想郷に「海」が存在していた当時から生きていますので、
そうですね・・・既に現時点での寿命は1000歳を超えているのは間違いないようですね!
(1000歳なのに、あんな可愛いミニスカートがお似合いだなんて、も――、本当にあややは最高ですよね!)
元は鴉なのですけど、カラスから出世して鴉天狗となり、現在は妖怪の山に棲みついています。
性格は基本的には大変真面目で融通が利かない面もあるのですけど、
取材対象の誰とでも友好的に話す事はちゃんと出来ています!
頭脳明晰で非好戦的、しかも・・・思考能力は非常に高く、人の何倍ものスピードで考えを巡らせるというのも
凄い事だと思います。
そして、あややはその能力も素晴らしいものを色々と有していますよね!
よく言われる事が、実は幻想郷内での最速No.1という事で瞬間移動みたいな域に達するレベルとまで言われていますよね。
吸血鬼であるレミリア様よりも速いとすら言われていますし、
漫画版の儚月抄」では、霊夢と魔理沙の会話の中でもレミリア様より速いと明言されていて、
あやや自身も吸血鬼のことを下に見ているような節も実はあったりもします。
あややが手に持つ団扇を振ることで風を起こせるのですけど、その風は何でも吹き飛ばす台風のような風から、
岩をも削り取る竜巻まで自由自在というのがもはや・・無茶振り設定に近いものがありそうですね・・・(笑)
風評も操る事が出来るとの事ですけど、ま・・あややは一応はマスコミ関連ですし、
そう言えば、「東方三月精」ではガセネタ記事みたいな事も色々とやらかしてくれていましたよね・・(笑)
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においては、天狗は、ある事ない事書いて噂をばら撒く事もあるから
あんまり天狗に逆らわない方が無難・・とまで書かれてしまっています・・

あやや自身は、幻想郷の中でも最高クラスの力を持つのですけど
他の御長寿キャラのような威厳や貫禄を見せてはおらず、とても若々しくエネルギッシュな点も
とっても素敵な魅力だと思います!!

改めてですけど、あやや=射命丸文は「鴉天狗」で、元々は「カラス」から出世をした存在です。
だけど・・皆様ご存知の通り、カラスは大変頭が良くて賢くて、知能指数は相当高いと言われています。
「東方儚月抄」にいて、ゆかりん=八雲紫様が幻想郷内で紅魔館・永遠亭等に放ちスパイ活動をさせていたのも
実は他ならぬカラスでしたし、
ま・・・ゆかりん自身も一度はあややに対して、冗談なのか本気なのかはよくわかりませんけど
「ねえ、あなた・・一度私の式神やってみない?」と言っているくらいですから、
元々がカラス出身であるあややの優秀さは保証済という感じなのかもしれないですよね。
カラスも一応は鳥なのですけど、東方で「鳥」というと、ミスチーとかお空とかいますけど、いずれも
「鳥頭」という事でおバカキャラとしてお馴染みであるのとはエライ対照的ですね・・・(笑)

そうそう、あややの背中に鴉の羽なのですけど、実はあややに本当に羽が生えているのかは公式でも
見解が分かれているのですよね・・・(笑)
「花映塚・「文花帖(ゲーム版)・風神録」・「緋想天」・「ダブルスポイラー」は立ち絵・キャラグラフィック
ともに羽は付いていない為、羽を持っていないのが一応は公式設定と思ってもいいのかもしれません。
しかし、文花帖(書籍)」・「求聞史紀」の挿絵では一部羽が付いていますけど、
三月精と儚月抄の漫画版では、羽が付いているかは不明ですけど実際に空は飛んでいます。
「文花帖(書籍)」においては、永琳様に対して
「なんて言うかスピード感が無いというか。羽毛が生えて以来、あんなにゆっくり空を飛んだことがないもので」と
明言していますので、うーーん・・・どうなんでしょ・・? その辺りは・・・??
私としては、あややには空を飛んでほしいし、そのためにも羽が付いているとという解釈を取っています・・・(笑)

あややに関して語りだすと本当にキリがありませんし、今回はあくまで概要という事で
次回以降もう少し掘り下げてあややを語らさせて頂きたいと思います。

→あやや その②へ続く・・・







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年8月に描かれた「射命丸文」です!!
一度、早苗さん語りの際にこのあややのイラストは転載させて頂いているのですけど、アミグリさんが
描かれるこのあややがとっても可愛いので、アミグリさんのご了解の下、再転載を
させて頂きたいと思います。

あややは、東方の世界としては比較的古いキャラの一人ですけど、ZUN神主様のお気に入りという事もあり(?)
最新の第12回東方人気投票でも10位に入るなど、その人気は相変わらず高いと思います。

アミグリさんの描くあややは、この天狗といった要素を大事にされながらも
白シャツにフリル付き黒スカートとか比較的すらっとした雰囲気など「可愛らしさ」の要素も具備されていて
とっても素敵ですよね!
こんなとっても素敵で可愛いブン屋さん=新聞記者だったら、いつでも取材OK!!だと思います。

前述の通り、あややは背中に羽が付いているのかいないのかは公式でも見解が分かれているのですけど、
アミグリさんが描かれるあややには、ちゃんと羽が付いていて
私としては・・・「さすがアミグリさん! 分かっていらっしゃる!!」と共感の思いで一杯です!! (笑・・)

あややを含めて天狗たちは、早苗さんの神社の守矢神社が建立されている妖怪の山にて暮らしていますので、
実は、あややと早苗さんは顔見知りと言った感じでもあります。
あややにとっては一番身近な取材対象という感じてもありますし、
最近の早苗さんがとにかくも―――、まさに「やりたい放題」でもありますので、あややとしても
興味津々の取材対象の一人と言えるのかもしれないですよね。

ちなみにですけど・・・

天狗のイメージ形成の一役を担ったという説のあるサルタヒコと巫女の祖であるアマノウズメは夫婦でありますので、
この「あやさな」という文と早苗さんのカップリングというのも
実は意外と由緒正しいものなのかもしれないですよね・・・(笑)

最後に・・・・あややが暮らす「妖怪の山」の頂上に建立されているのが守矢神社であり、そこに祀られているのは
早苗さん・神奈子・諏訪子たち外界から幻想郷に湖と神社ごと移住をしてきた神様たちなのです!

アミグリさんが今年の夏における「夏らしい絵を描こうプロジェクト」の第四弾として選ばれていたのが
その諏訪子なのです!
この諏訪子はとっても可愛くて夏らしい雰囲気に溢れています!

この夏仕様の諏訪子をご覧になりたい方は、是非こちらから!! → 夏仕様の諏訪子ちゃん


アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

射命丸!

確かに、東方キャラの名前って「そう読むのかー」なキャラがいっぱいいますね!
射命丸もその一人ですよね。

ぬくぬく先生の、射命丸への愛がとても伝わってきました…!!

そして、
射命丸のイラストを載せてくださり、
ありがとうございます!

あやや!

アミグリ 様


文の呼び方もそうでしたけど、実は東方においては「知らなかった・・」という事もいまだに一杯あって
たまに自分でもびっくりする事があります。
これはいずれ記事にしますし、アミグリさんにイラスト転載をお願いするつもりですけど、
「毎月7日はルーミアの日」の由来と言うのは、実は、例のあの「そーなのかー」→「そう、7日なのか」
という事だったのですね!
実はアミグリさんの過去掲載のルーミア記事を拝見させて頂き、
初めて知ったのでした! (笑)

アミグリさんが描かれたあややは、白黒のコントラストが鮮明で素敵ですね!

あやや語りは、まだまだ当分続きますので、こちらも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3184-55a2e627
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |